スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    UFC


    矢地祐介、海外挑戦への準備着々!ファンの期待高まる


    矢地 祐介(やち ゆうすけ、1990年5月13日 - )は、日本の男性総合格闘家。東京都文京区出身。専修大学法学部卒業。フリー。元修斗環太平洋フェザー級王者。元PXCフェザー級王者。 小、中学生時代は野球をやっていた。中学の野球部を引退した後、キックボクシングの伊原道場に入門するも1、2か月で退会。その後、KILLER…
    27キロバイト (2,816 語) - 2024年4月1日 (月) 14:30


    海外での挑戦が待ち遠しいですね!矢地選手のさらなる成長が楽しみです。

     お祭り漢、花の都へ!RIZINで活躍する矢地祐介(33)が、現地時間5月17日にフランス・パリで開催の『BELLATOR CHAMPIONS SERIES PARIS』に参戦し、元ROAD FCライト級王者のマンスール・ベルナウイと対戦することが決定した。

    【動画】矢地祐介、待望の海外挑戦へ「年齢重ねた方が強くなる」 “格闘技以外のニュース”への本音もチラリ【単独インタビュー】

     かねて希望していた海外での試合が実現し、これまで以上に気合を込めて練習しているヤッチくんに、ORICON NEWSでは独占インタビュー。試合1ヶ月前のコンディションや自身の現在の「立ち位置」の冷静な分析、過去に海外で対戦していた超大物、今月開催の『RIZIN.46』の鈴木千裕vs.金原正徳や7月の『超RIZIN.3』の朝倉未来vs.平本蓮の分析、さらには格闘技とは関係のない“あのニュース”についても言及してくれた。

    ■元ROAD FC王者との対戦は「願ったりかなったり」かつては超強豪選手と海外で対戦!?

    ――『BELLATOR』フランス大会まで1ヶ月となりました。2月末にはRIZIN佐賀大会で白川陸斗選手と対戦され、3ヶ月以内の連戦となりますがコンディションや準備状況は?

    【矢地】僕はそんなに減量があるタイプじゃないし、前戦はケガもなかったので、対戦相手が決まってから対策をしていて、試合に向けた練習をしているので万全の状態で迎えられると思います。

    ――矢地選手はフランスに行ったことは?

    【矢地】あります。トランジット(乗り換え)で3時間くらいあったので、2時間くらい街に出てみました。街並みが古くてカッコよくて、日本では見ないお城みたいな建物も多くて。あとは街の中を走っているバスとか清掃車がベンツばっかりだったっていう印象です(笑)。

    ――かねて「海外で戦いたい」と話されていましたが、なぜ海外のリングを希望しているのでしょうか?

    【矢地】やっぱり格闘技の本場ってアメリカをはじめとした海外だと思っているので、やるからには本場で勝負したいという思いが強かったからです。

    ――RIZINから矢地選手を見ているファンの方はご存じないかもしれませんが、RIZIN参戦前は海外で戦っていて、PXCという団体の王者にもなられたんですよね。

    【矢地】チャンピオンになってました、実は(笑)。

    ――そして2016年に矢地選手からベルトを奪ったのが、前UFCフェザー級王者で5度も防衛したアレクサンダー・ヴォルカノフスキーでした。対戦したときは、ヴォルカノがここまで活躍すると思っていましたか?

    【矢地】すごく強くて自分はボコられて負けてますし、「強かったな」って思ってましたけど、そんな彼が後にUFC王者になるなんて1ミリも思ってなかったです。

    ――もしあの試合で矢地選手が勝っていたら…。

    【矢地】僕がUFCチャンピオンになってた世界線だったかもしれないですね(笑)。

    ―矢地選手を中心にRIZINとUFCが地続きだった。知らなかったファンの方はその辺も調べてみると、今回の矢地選手のBELLATORの試合がより楽しめそうですね。今回の試合に向けて、榊原CEOをはじめRIZINからのサポートもあったのでしょうか?

    【矢地】はい。詳しいやり取りの内容までは知らないですけど、以前から僕がBELLATORをはじめとした北米メジャー団体で戦いたいということはRIZINにアピールしていましたし、その中でアクションを起こしてくれたと思います。いろんな人が僕の思いを汲み取ってくれたことはありがたいですね。まぁ、今回は北米といいながら会場はフランスなんですけどね(笑)。

    ――対戦するベルナウイ選手の印象は?

    【矢地】ファイトスタイルは組み技が強くて、身長が高くてリーチも長い。実績でも3つの団体でチャンピオンになっていて、ROAD FCの賞金1億円トーナメントでも優勝して、戦績も20勝4敗くらいで19くらいフィニッシュしています。

    ――それだけ聞くと、とんでもなく強い選手だと思いますが、まさに望むところだと。

    【矢地】はい、まさに願ったりかなったりです。

    ――同じ大会にBELLATORライト級王者のウスマン・ヌルマゴメドフ選手も出場しますが、もちろん視野に入れている?

    【矢地】実績でいうと今は雲の上の存在で全く見えていないですけど、参戦するからにはそこを目指して、1戦1戦を勝っていきたいです。

    ■AJ・マッキーは「世界で1、2を争う実力者」アメリカで試合なら堀口恭司と久々に共闘も!?

    ――RIZINファンとしては、ライト級王者のホベルト・サトシ・ソウザに勝ったAJ・マッキーやパトリッキー・ピットブルを矢地選手に倒してほしいという期待も大きいです。

    【矢地】そう思っていただけるのはうれしいので、一つずつ勝っていって、いずれその人たちを倒してみんなに喜んでもらえるように頑張るのみですね。

    ――矢地選手から見たAJ・マッキーの印象は?

    【矢地】本当に強いですよ。身体能力も高いですし、その上でテクニックもめちゃめちゃあって、戦略や戦い方もうまい。(ライト級では)世界で1、2を争う実力者だと思います。

    ――そんな選手と同じリングに上がり、何戦か勝利すると対戦も見えてきますが、マッキーに勝てる自信は?

    【矢地】正直、いま勝てる自信はないです。僕はまだまだ未熟ですし、一つ一つアップデートしていって、いずれはリングで対峙するところまで持っていきたい思いはあります。

    ――BELLATORといえば、RIZINでも戦っている堀口恭司選手が契約しているので、リングの雰囲気などを聞いていますか?

    【矢地】まだないですね。「結婚おめでとう」って連絡はしたけど、「今日は何してるの?」って普段から連絡を取り合う仲でもないですし。ただ、BELLATORに継続参戦が決まって、次はアメリカでの試合だったら力を貸してもらうかもしれないですね。

    ――かつて同じKRAZY BEEだった矢地選手と堀口選手が、海を越えてタッグを結成したらロマンがありますね。一方で、BELLATORに参戦することで「もう日本で矢地選手の試合が見られない?」と心配しているファンもいらっしゃいますが…。

    【矢地】今回で結果を残してBELLATORに継続参戦したい気持ちはありますが、RIZINとBELLATORは仲良しな団体で、恭司も行ったり来たりしているし、自分もまだまだRIZINのベルトを目指しているので、もう日本で見られないってことは全然ないと思います!

    ――先ほど「まだまだ未熟」とおっしゃっていましたが、来月に34歳を迎えられる現在、体やマインドの変化を感じることはありますか?

    【矢地】体力的には落ちたとは全く感じなくて、そう思い込みたいとかではなく、シンプルに去年よりも体力がついていると思います。精神的な部分でも、いろんなことを経験して大人になったんで、いろんなことを冷静に処理できるようになってきたし、年を取ったって思うことが全くないですね。

    ――若い頃よりも進化している、と。

    【矢地】僕自身の体感ですけど、本当にそう思っています。

    ――矢地選手が練習しているジム「ロータス世田谷」には、矢地選手よりもベテランがたくさんいらっしゃいますね。

    【矢地】総合格闘技ってやることが多いので、年齢を重ねて時間をかけることによって習得できる技術や気づくことがあります。ただ若くて元気で体力があるからって勝てない世界で、年齢を重ねてから強くなる選手もいるのでけっこう面白いですよ。

    ――現在のUFCやBELLATORの王者も、30代中盤~後半の選手が多いですね。

    【矢地】若手でバン!って行く選手もいるけど、30代から一気にブレイクする選手も全然いますし、周りを見渡すとそのくらいの年齢で活躍している選手も多いので、まだまだ楽しみにしていてください。

    ■鈴木千裕vs.金原正徳、朝倉未来vs.平本蓮、そして“格闘技以外のニュース”への本音

    ――話題を変えて、YouTubeで試合予想をされている矢地選手に29日開催の『RIZIN.46』メインイベントの鈴木千裕vs.金原正徳戦の展開予想をお伺いしたいです。

    【矢地】打撃で勝負したい鈴木選手と、打撃と組みを織り交ぜながらMMAで戦いたい金原選手っていう構図になるんでしょうね。打撃の勢い、パワー、若さゆえの打たれ強さとかっていう面では鈴木選手が上だと思いますけど、MMAとしての幅や組んでからの展開では、クレベル戦で見せたように金原選手が圧倒的に上だと思うので、そこがどうなるかじゃないですか。

    ――お互いの得意とする部分がどうスイングするか。

    【矢地】そうそう、それを押し付け合うのが格闘技ですから。そこを押し付けるためにどんな作業をするか。すごくハイレベルな戦いになると思いますけど…、僕のYouTubeの方で詳しく話しているので、そちらを見ていただけたら(笑)。

    ――概要欄にリンクを貼らせていただきます(笑)。矢地選手は金原選手と練習しているので、その強さは身をもって知っていますね。

    【矢地】はい、なので気持ちとしては金原選手を大応援です。自分のBELLATORの試合が近いので会場に行くかはちょっと悩んでいますが、コンディショニングを含めて判断しようと思います。

    ――もう一つ、ちょっと先ですが7月の『超RIZIN.3』の朝倉未来vs.平本蓮戦についても、展開予想をお願いできますでしょうか?

    【矢地】両方とも“待ちの打撃スタイル”のファイターなので、凡戦になると思っています。こういう注目度の高い試合だと、試合が始まるまでの期待度はすごく高まるから、どうしても堅く勝ちにいきたいし、隙を見せた方が負ける展開になるので、お互いのファイトスタイルを考えると意外とスイングしないというか、動きのない試合になるのかな。2人ともカウンタースタイルのファイターで、自分からこじ開ける感じは正直ないですし、でもお互いに勘がいいし打撃も上手なので、ちょっと見合う展開が多くなるかなっていうイメージですね。

    ――ファンとしてはそれを覆すような激しい打撃戦を期待しますが…。

    【矢地】打撃は平本選手のほうが上手だろうけど、組みを交ぜながら戦っていくのが未来選手だと思うので、なんとなく想像できる試合内容になりそうだなって思いますね。…この辺も僕のYouTubeでたっぷりとお話ししているので、概要欄からご覧ください(笑)。

    ――未来選手と平本選手の試合に限らず、最近は「格闘技」や「RIZIN」という言葉を日常で聞くほどブームになっており、その要因の一つとしてSNSバトルや会見でのトラッシュトークなどの煽り合いが挙げられます。矢地選手はそういうことをほとんどやりませんが、この風潮をどのように感じていますか?

    【矢地】いいんじゃないですかね、プロで実績のある選手がそういうことをするのはすごくいいと思います。やっぱり盛り上がるし、お客さんがいてナンボの格闘技なので、注目を集める手段としてトラッシュトークやSNSの煽り合いは、ちょうどいい加減でやればいいのかなと。ただ、そこに実力が伴っていないと僕はカッコよくないと思う。人それぞれの格闘人生なので、他人がとやかく言うことではないですけど、僕はそういうふうに思っています。自分はそういうのがあまり好きじゃないし、名前を出すのもおこがましいですけど、理想を言えばボクシングの井上尚弥選手とか、それこそ恭司もそうですし、目立つような変なことをしなくても実力で沸かせて、有名になってお金を稼ぐ選手が一番カッコいいと僕は思っているので、そういうふうになりたいです。

    ――矢地選手と堀口選手の師匠である山本KID徳郁さんも、相手を煽るようなことを言わなかったですね。

    【矢地】KIDさんやKRAZY BEEの先輩たちのもとで育ってきてるので、「男は黙って試合で見せてナンボ」っていうスタイルでやっていきたい。ただ、トラッシュトークに否定的ではないです。そういう人たちがいるからRIZINが盛り上がるし、僕の試合も見てもらえるので、それぞれの役割でいいと思います。僕が無理してやってもしょうがないし、格闘技にひたむきに取り組んで、海外に出て日本人の強さを見せるためにやるだけです。

    ――最近は矢地選手のお名前を格闘技以外のニュースでも見ることも多かったのですが、それらに対して何か言いたいことはありますでしょうか…?

    【矢地】うーん…。さっきの話じゃないけど、結果的に格闘家が注目されて、それを見て「自分も格闘家を目指そう」って思ってくれる子もいるかもしれないですし、そういう意味ではまた違った形で貢献できてるのかなって思うと、「まぁいいのかな」って最近は思えるようになってきました。そこら辺の話は、雑誌『KAMINOGE』今月号のインタビューでいろいろと語っているので、目を通していただければ僕の本音が垣間見えるんじゃないかな、と。僕が出している本じゃないですけど(笑)。

    ◆矢地祐介が出場!『BELLATOR CHAMPIONS SERIES PARIS』
    日本時間5月17日深夜にU-NEXT独占で全試合見放題生ライブ配信
    https://video.unext.jp

    『BELLATOR CHAMPIONS SERIES PARIS』マンスール・ベルナウイ戦について語った矢地祐介 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【矢地祐介、海外挑戦への準備着々!ファンの期待高まる】の続きを読む


    勝敗予想で豪華グッズプレゼント企画も!UFC300に注目


    UFC 300: Pereira vs. Hill(ユーエフシー・スリーハンドレッド:ペレイラ・バーサス・ヒル)は、アメリカ合衆国の総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2024年4月13日、ネバダ州ラスベガスのT-モバイル・アリーナで開催予定。 UFCのナンバーシリーズ大会として300
    5キロバイト (409 語) - 2024年3月11日 (月) 10:34


    ケンコバ、高阪剛、大沢ケンジの3人が揃っての裏トークチャンネル、楽しみですね!勝敗予想も注目しています。

     14日にU-NEXTで配信する格闘技『UFC 300:ペレイラ vs. ヒル』(前7:00~)が、「U-NEXTオリジナル日本語版」、現地音声の「英語版」にくわえ、午前11時からのメインカードをケンドーコバヤシ、高阪剛、大沢ケンジによる特別解説版の「UFC 裏トークチャンネル」の3つのチャンネルで同時配信することが決定した。「日本語版」は実況・鈴木芳彦&解説・川尻達也が担当する。

    【動画】RIZINファイターも集結!平良達郎&鶴屋怜ら所属「THE BLACKBELT JAPAN」発足会見

     『UFC 100』『UFC 200』に続くメモリアルイベントとして、今大会では元GLORY王者でUFC二階級制覇のアレックス・ペレイラと、元ライトヘビー級王者ジャマール・ヒルのUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチをメインイベントに、元RIZINライトヘビー級&元UFC同階級王者のイリー・プロハースカらも参戦する。

     配信当日は、U-NEXT格闘技公式Xアカウントにて『UFC 300:ペレイラ vs. ヒル』に出場する選手や、本配信の出演者への質問ができるハッシュタグイベント、勝敗予想キャンペーンを開催。さらに「裏トークチャンネル」出演の3人が予想する勝敗で、最も的中数の多い人の予想者から抽選で3人にUFCスペシャルグッズのプレゼントキャンペーンも実施する。

    【『UFC 300:ペレイラ vs. ヒル』対戦カード】
    ■メインカード
    ・【UFCライトヘビー級タイトルマッチ】
    アレックス・ペレイラ vs ジャマール・ヒル
    ・【UFC女子ストロー級タイトルマッチ】
    ジャン・ウェイリー vs ヤン・シャオナン
    ・【ライト級】
    ジャスティン・ゲイジー vs マックス・ホロウェイ
    ・【ライト級】
    チャールズ・オリベイラ vs アルマン・ツァルキヤン
    ・【ミドル級】
    ボー・ニッカル vs コーディ・ブランデージ

    ■プレリム
    ・【ライトヘビー級】
    イリー・プロハースカ vs アレクサンダル・ラキッチ
    ・【フェザー級】
    カルヴィン・ケーター vs アルジャメイン・スターリング
    ・【女子バンタム級】
    ホリー・ホルム vs ケイラ・ハリソン
    ・【フェザー級】
    ソディック・ユサフ vs ディエゴ・ロペス

    ■アーリープレリム
    ・【ライト級】
    ジェイリン・ターナー vs ヘナート・モイカノ
    ・【女子ストロー級】
    ジェシカ・アンドラージ vs マリナ・ロドリゲス
    ・【ライト級】
    ボビー・グリーン vs ジム・ミラー
    ・【バンタム級】
    デイブソン・フィゲイレード vs コーディ・ガーブラント
    ※対戦カードは直前まで変更する場合あり。

    U-NEXT『UFC300』でケンドーコバヤシ、高阪剛、大沢ケンジによる特別解説版の「UFC 裏トークチャンネル」を配信


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【勝敗予想で豪華グッズプレゼント企画も!UFC300に注目】の続きを読む


    朝倉 (あさくら かい、1993年10月31日 - )は、日本の男性総合格闘家、YouTuber。愛知県豊橋市出身。第3代・6代RIZINバンタム級王者。初代THE OUTSIDER55-60kg級王者。JAPAN TOP TEAM所属。兄は同じく総合格闘家の朝倉未来。…
    40キロバイト (4,460 語) - 2024年2月17日 (土) 14:04
    「U-NEXTがUFCのコンテンツを取り扱うことを決定した背景には、朝倉海のUFC進出を見据えた戦略的な判断があると考えられます。これは、朝倉海が国内外で持つ著しい人気と、彼の将来的なUFC参戦の可能性に対する期待を反映したものと言えるでしょう。U-NEXTとしては、朝倉海のUFC進出が現実のものとなれば、彼をサポートするコンテンツを既に保有していることで、視聴者に対して付加価値を提供できると考えた可能性があります。

    このような青田買いは、ビジネスの観点から見ても極めて戦略的な選択です。朝倉海のような人気選手が国際舞台に進出することは、その選手のファンベースだけでなく、格闘技全体のファン層を拡大する機会となります。特にUFCは世界最大の総合格闘技団体として、高いブランド価値を持っており、朝倉海が参戦すれば、日本市場におけるUFCの注目度をさらに高めることに繋がるでしょう。

    U-NEXTがUFCコンテンツを取り扱うことで、朝倉海の試合を含むUFCの試合をストリーミングで提供できるようになれば、それは同社にとって大きな差別化要因となります。朝倉海のUFC進出を見越したこの動きは、将来的に大きなリターンをもたらす可能性がある賢明な投資と言えるでしょう。

    ただし、朝倉海のUFC進出がまだ確定していない現段階では、このような戦略が実際にどのような結果をもたらすかは不透明です。それにも関わらず、U-NEXTが取ったこの先見の明を持った行動は、エンターテインメント業界における戦略的思考とリスクマネジメントの重要性を示しています。朝倉海の今後のキャリアの進展とともに、この戦略がどのように展開するかを見守ることになります。」

    【「U-NEXTの戦略的動き: 朝倉海のUFC進出に賭ける」】の続きを読む


    堀口 恭司(ほりぐち きょうじ、1990年10月12日 - )は、日本の男性総合格闘家、空手家、YouTuber。群馬県高崎市出身。アメリカ合衆国フロリダ州ココナッツクリーク在住。アメリカン・トップチーム所属。現RIZINフライ級王者。初代・第4代RIZINバンタム級王者。第7代Bellator世界バンタム級王者。RIZIN…
    59キロバイト (6,404 語) - 2024年2月27日 (火) 14:08
    「堀口選手がここ数年、主に日本人選手に対して勝利を収めているという事実は、彼のキャリアにおける次のステップとして、よりタフな外国人選手との対戦が求められていることを示しています。確かに、堀口選手は技術的に優れ、戦略的な洞察力を持つトップレベルのファイターですが、国際的な舞台での激しい競争にさらされることで、彼の真の実力が試されることになります。

    堀口選手がこれまで対戦してきた日本人選手も決して軽んじられるべきではありませんが、グローバルな視点から見た場合、さらに高いレベルの競争相手との対戦が彼のキャリアに新たな価値をもたらすでしょう。タフな外国人選手との対戦は、堀口選手にとって新たな挑戦を意味すると同時に、彼が世界レベルでどの位置にいるかを明確にする機会を提供します。

    一部からは、堀口選手がタフな外国人選手と対戦した場合、苦戦する可能性があるとの懸念が示されています。このような見方は、国際的な対戦においては、予測不可能な要素が多く、どの選手も勝利を確実に保証されていないことを反映しています。しかし、このような対戦は、堀口選手にとって成長と進化の大きなチャンスとなり、彼の戦術、技術、そしてメンタルの強さをさらに磨き上げる機会を提供するでしょう。

    堀口選手の今後の対戦相手としてタフな外国人選手が望まれるのは、彼のキャリアをさらに高みへと押し上げ、彼が真に世界レベルのファイターとして認められるための試練となるからです。こうした対戦は、堀口選手だけでなく、ファンにとっても魅力的なものとなり、日本の格闘技界全体のレベルアップにも寄与することでしょう。堀口選手が国際的な舞台でどのように自身を証明し、新たなレジェンドを築くか、その道のりは困難であるかもしれませんが、間違いなく注目に値します。」

    【「堀口の対戦履歴と今後の挑戦: タフな外国人選手との対戦が待ち望まれる」】の続きを読む


    矢地 祐介(やち ゆうすけ、1990年5月13日 - )は、日本の男性総合格闘家。東京都文京区出身。専修大学法学部卒業。フリー。元修斗環太平洋フェザー級王者。元PXCフェザー級王者。 小、中学生時代は野球をやっていた。中学の野球部を引退した後、キックボクシングの伊原道場に入門するも1、2か月で退会。その後、KILLER…
    27キロバイト (2,764 語) - 2024年2月25日 (日) 09:12
    「ヤッチ君がUFCへの道を歩むにあたり、彼には限られた時間しかありません。彼には「デッカイ夢」としてUFCへの挑戦という目標があり、その達成に向けては一刻も早い行動が求められています。総合格闘技の世界は非常に競争が激しく、トップに立つためには才能だけでなく、献身的なトレーニングと戦略的なキャリアプランが不可欠です。

    ヤッチ君にとって、時間は貴重な資源です。彼がUFCという夢を追い求める過程では、日々のトレーニング、試合での実績積み重ね、そして身体のコンディション管理が重要な役割を果たします。UFCへの道は容易ではなく、多くの挑戦と犠牲が伴いますが、ヤッチ君がこの夢に真剣に取り組む姿勢は、多くの人々にインスピレーションを与えることでしょう。

    UFCという夢に向かって進むには、継続的な成長と進化が必要です。ヤッチ君がこの目標に向けてどのような取り組みをしているか、彼のトレーニング方法や心構え、そしてこれまでの経験から学んだ教訓など、彼の旅は多くの若手選手にとって貴重なケーススタディとなり得ます。

    ヤッチ君のUFCへの夢は、単に個人の目標を超えた、多くの格闘技選手が共有する野望の象徴でもあります。彼の挑戦と成長の物語は、夢を追い続けることの価値と、それを実現するために必要な努力と献身を明確に示しています。ヤッチ君にとって時間は限られていますが、その夢に向かう情熱と努力は、彼がUFCの舞台に立つ日を現実のものとする鍵となるでしょう。」

    【「ヤッチ君の限られた時間とUFCへの大きな夢」】の続きを読む

    このページのトップヘ