スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    金原正徳


    鈴木千裕、会見相手不在に苦言「PRIDEの五味さんで来てほしい」


    鈴木 千裕(すずき ちひろ、1999年5月14日 - )は、日本の男性プロ総合格闘家、キックボクサー。東京都あきる野市生まれ、三鷹市出身。クロスポイント吉祥寺所属。現RIZINフェザー級王者。現KNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王者。 兄はプロキックボクサーの鈴木宙樹。…
    32キロバイト (3,585 語) - 2024年5月8日 (水) 07:37


    鈴木さんのコメントには共感しかありません。ちゃんと相手と向き合ってこそ、真のコミュニケーションが生まれるのです。

     RIZINフェザー級チャンピオンの鈴木千裕が9日、都内で行われた『KNOCK OUT CARNIVAL 2024 SUPER BOUT “BLAZE”』(6月23日/国立代々木競技場第二体育館)の対戦カード発表会見に出席。特別ルールで対戦する五味隆典が不在だったことに怒りを示したが、理由を聞いて「100%に仕上げてくれるんだったら許します」と語った。

    【動画】鈴木千裕、会見欠席の五味隆典に怒り「プロじゃねぇな」“師弟対決”に本音吐露

     先月29日の『RIZIN.46』で行われたタイトルマッチで挑戦者の金原正徳にTKO勝利し、ベルトを防衛した鈴木。ホームリングである『KNOCK OUT』への久々の参戦で、師匠である五味とボクシングに準じた特別ルール(73キロ契約)で対戦する。

     金原との試合前会見では、タイで合宿していた金原が不在だったことに「なんで来ないんですか。練習をしているなら、自分も練習がしたいですよ」と不快感をあらわにしていた鈴木。今回も五味が会見を欠席したため「意味が分からない。僕だってこの時間に練習したいんですよ。PRIDEのときの五味さんじゃない」と苦言を呈した。

     同席したKNOCK OUT山口元気会長が、五味の欠席理由を「減量のための山ごもり。体重が落ちるまで帰ってこないみたいで、『走り込んでるんだからしょうがないだろ』って。こちらも困っている」と苦笑交じりに説明。

     五味が「20年前のPRIDEの時に戻してくる」と宣言し、決意を持った合宿に臨んでいることを聞いた鈴木は「PRIDE当時の完全に仕上げた体と集中力を持って、100%の状態でリングに上がってほしいです。100%に仕上げてくれるんだったら、会見に来なかったことを許します」と笑顔も見せた。

     また、この日は5試合の追加対戦カードと、龍聖、ぱんちゃん璃奈、バズーカ巧樹の参戦も発表された。

    ●6・23『KNOCK OUT CARNIVAL 2024 SUPER BOUT “BLAZE”』対戦カード
    ・KNOCK OUT特別ルール(※パンチのみのルール) -73.0kg契約
    3分3R・延長1R
    鈴木千裕 vs. 五味隆典
    ・KNOCK OUT-UNLIMITED -58.5kg契約
    3分3R・延長1R
    栗秋祥梧 vs. 中村優作
    ・スーパーファイト/KNOCK OUT OFG-RED -58.5kg契約
    3分3R・延長1R
    小笠原瑛作 vs. デーングリアングライ・シンマーウィン
    ・スーパーファイト/KNOCK OUT-RED -61.0kg契約
    3分3R・延長1R
    重森陽太 vs. レンタ・ウォーワンチャイ
    ・KNOCK OUT-BLACK ウェルター級
    3分3R・延長1R
    渡部太基 vs. 小川悠太
    ・KNOCK OUT-BLACK女子 -53.0kg契約
    3分3R・延長1R
    ルシア・アプデルガリム vs. NA☆NA

    会見に相手不在で苦言を呈した鈴木千裕 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【鈴木千裕、会見相手不在に苦言「PRIDEの五味さんで来てほしい」】の続きを読む


    鈴木千裕と金原正徳のタイトルマッチの舞台裏!知る人独占の秘話が明かされる


    鈴木 千裕(すずき ちひろ、1999年5月14日 - )は、日本の男性プロ総合格闘家、キックボクサー。東京都三鷹市出身。クロスポイント吉祥寺所属。現RIZINフェザー級王者。現KNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王者。 兄はプロキックボクサーの鈴木宙樹。…
    30キロバイト (3,307 語) - 2024年4月30日 (火) 02:10


    鈴木千裕と金原正徳の絆を感じる素敵な記事ですね。二人の努力と友情が成功につながった姿に感動しました。

    【写真・画像】 1枚目

     4月29日(月・祝)有明アリーナにて「RIZIN46」が行われ、RIZINフェザー級王者・鈴木千裕が挑戦者・金原正徳と対戦。鈴木の強打がさく裂し、グラウンドのパンチによるレフェリーストップで鈴木が初防衛に成功した。

     昨年11月に敵地アゼルバイジャンに乗り込み、ヴガール・ケラモフをKOして第5代RIZINフェザー級王座に就いた鈴木。初防衛戦ではRIZINフェザー級で4連勝、直近の試合では元RIZINフェザー級王者のクレベル・コイケにも勝利している“日本格闘技界・影の番長”こと金原を迎え撃った。

     体重超過によるノーコンテスト裁定になったとはいえ、鈴木から腕十字でギブアップを奪っているクレベルに勝利していることから、金原有利の声もあった一戦だが、いざ試合が始まると鈴木が持ち前の打撃のプレッシャーと腰の強さを発揮して金原のテイクダウンを阻止。これで一気に流れを掴むと、試合後に金原も「ガードの上からでも効いた」という強烈な打撃で、最後は鈴木がレフェリーストップを呼び込み、TKO勝利という形で王座防衛に成功した。

     試合後のバックステージインタビューでも触れられていたが、鈴木のMMAにおけるメイントレーナーを務めるパラエストラ八王子の塩田歩代表は、金原のかつての師であり、金原と共に世界を目指して戦った人物だ。今回の試合に向けて鈴木陣営が警戒していたのは金原の“リズム”だった。

     クレベル戦後のインタビューで、金原は「僕はあまり対策練習はしない。当日の体調や実際に動いた時の感覚で『今日はこれがいいな』という技で攻める。僕はリズムを大切にしていて、向かい合った時に自分と相手とリズム・波長が合うか合わないか。スタートの時点で一番大事にしているのはリズムと距離感です」と話していた。

     塩田代表も「金原くんが一番上手いのは相手のリズムを盗むこと。千裕くんともそこを気を付けてやろうと話して練習を続けてきました」と金原にリズムを合わされないことを意識していたという。

     勝負の流れを引き寄せたテイクダウンディフェンスについて、塩田代表は「もともと千裕くんは四つ組みが強いんですけど、タイガ―ムエタイにも練習に行ったり、高谷(惣亮)さん(※レスリングでオリンピックに3度出場)との練習の成果でレスリングも強くなっている。自信を持ってテイクダウンを凌げた、その先の展開を作らせなかったことが大きかったです」と振り返った。

     元教え子と現在の教え子がRIZINのベルトをかけて戦う。塩田代表はこのシチュエーション、そして2人への想いをこう語っている。

    「こんな大舞台で2人の試合が実現して、光栄としか言えないですね、僕は金原くんと一緒にやっていた時から世界で戦える選手を育てることを目指していて、金原くんとは試合だけじゃなくて一緒に海外にも練習に行きました。そこで培ったものを千裕くんにも同じように伝えたくて。千裕くんはもともとストライキングという武器があって、寝技の穴を埋めるためにずっとやってきて、ここまで来ました。だから感慨深いと言えば感慨深いですね。

    (金原に伝えたいこと)あの年齢でRIZINに来て、フェザー級で4連勝してタイトルマッチを実現させて、若い千裕くんと真っ向勝負して、これだけ会場を盛り上げた。客観的に見ても彼は本当にすごいファイターです。僕がそれ以上、何かを言うことはできないです。

    (鈴木に期待することは)千裕くんは金原くんの強さを分かっていて、そのうえで『やってやるよ!』という気持ちで、金原くんのことを恐れずに戦った。そういうメンタルの強さがあるし、だからこそ金原くん相手にも自分の試合が出来て、殴り勝てた。これから千裕くんは海外やUFCで活躍している選手の戦い方ができる選手だと思っています」

     試合後に金原は「俺に勝ったんだから、これからの格闘技界を背負ってもらわないと困る」と鈴木にエールを送り、鈴木は「今日で時代が変わったと思います。もっともっと上を目指してみんなを世界に連れて行きます」と更なる飛躍を誓った。戦いのバトンは確実に引き継がれた。

    文/中村拓己
    ©︎RIZIN FF

    鈴木千裕と金原正徳を“誰よりも知る”男が語ったタイトルマッチの裏側「金原くんと一緒に世界を目指して、そこで培ったものを千裕くんにも伝えた」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【鈴木千裕と金原正徳のタイトルマッチの舞台裏!知る人独占の秘話が明かされる】の続きを読む


    鈴木千裕が朝倉未来の辛口採点に激怒!「アンタにできんのかよ」と苦言


    鈴木 千裕(すずき ちひろ、1999年5月14日 - )は、日本の男性プロ総合格闘家、キックボクサー。東京都三鷹市出身。クロスポイント吉祥寺所属。現RIZINフェザー級王者。現KNOCK OUT-BLACKスーパーライト級王者。 兄はプロキックボクサーの鈴木宙樹。…
    30キロバイト (3,307 語) - 2024年4月30日 (火) 02:10


    鈴木千裕選手は本当に強いですよね!朝倉未来選手に対しての辛口コメントもさすがです。今後の試合が楽しみです。

    ■『Yogibo presents RIZIN.46』(29日・有明アリーナ)
     メインイベントのフェザー級タイトルマッチで、“最強の挑戦者”金原正徳にTKO勝利し、ベルト初防衛に成功した王者・鈴木千裕が、試合後インタビューで喜び以上に「俺が見たい景色はこんなもんじゃない、まだ満足してないし納得してない。もっと上を目指して世界へ連れて行く」とさらなる渇望を訴えた。

    【インタビュー動画】鈴木千裕、朝倉未来の解説席での発言に「アンタにできんのかよ」

     勢いに乗る24歳の若き王者と、41歳にして強さを更新し続ける挑戦者。2人の試合は鈴木の強烈な打撃をいかに金原がかいくぐって寝技に持ち込むかがポイントと見られていたが、金原の警戒を強引に吹き飛ばすほどの強烈なパンチを浴びせた鈴木が、見事に勝利した。

     リングで対峙した金原について「ベテランのオーラや圧力がすごくて、目に見えない戦いがあった。お互いに一歩も出せない読み合いの戦いが長くなって、来ないはずのものを予想してしまったり葛藤があった」と押される部分もあったが、若さと勢いを込めたパンチで、強引にねじ伏せた。

     次に見据えるのは、「日本のRIZINを世界のRIZINに変えること」。そのために、パトリシオ・ピットブルが持つBellatorフェザー級のベルトを「奪いに行きます」と敵地へ乗り込んでチャンピオンになることを宣言。さらに、7月28日の『超RIZIN.3』への参戦にも意欲を示した。

     その前に、6月23日にKNOCK OUTのリングで師匠の五味隆典とのボクシングマッチが控えている。金原を倒して一つの時代を変えたが、「五味さんとの試合は時代を変えるっていうより、五味さんの格闘技の歴史を僕の体の中にすべて入れ込みたいんです。練習と試合では学べるものが全く違って、僕は金原さんからリングでしか学べないものを教えてもらって。だから、天下無双の稲妻ボーイを引き継いだ僕が、五味さんのすべてをリングの上で学ばないといけないんです」と並々ならぬ決意を述べた。

     金原戦を解説していた朝倉未来が、「試合は100点、試合後のマイクは30点」とコメントしていたことを聞かされると、「それが天下無双の稲妻ボーイでしょ。良いじゃないですか、勝ったんだから。アンタにできんのかよ、これは俺しかできないんだよ」と一蹴。

     さらに、最後は間もなく発売する著書『夢を叶える「稲妻メンタル」』をたっぷり宣伝し、「朝倉未来選手が読んだほうがいいんじゃないですか(笑)」と王者らしく余裕も感じさせた。

    鈴木千裕 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【鈴木千裕が朝倉未来の辛口採点に激怒!「アンタにできんのかよ」と苦言】の続きを読む


    金原正徳、試合後の本音語る「自分を褒めたいけどベルトが欲しかった」


    金原 正徳(かねはら まさのり、1982年11月19日 - )は、日本の男性プロ総合格闘家。東京都武蔵村山市出身。リバーサルジム立川ALPHA主宰。初代SRCフェザー級王者。 小・中学校は野球をやっていた。東京都立田無工業高等学校に進学するも、中退。たまたま近所の道場へ見学に行った事を機に格闘技を始める。…
    23キロバイト (1,898 語) - 2024年4月30日 (火) 00:50


    金原選手の負けた悔しさが伝わってきますね。でも頑張った自分を褒める気持ちも大事です。次に向けてまた頑張って欲しいです。

    ■『Yogibo presents RIZIN.46』(29日・有明アリーナ)
     メインイベントのフェザー級タイトルマッチで、王者・鈴木千裕に敗れた挑戦者・金原正徳が、試合後インタビューで鈴木との大一番を振り返り、「勝ちたかったなぁ」と思わず本音を漏らした。

    【公開計量動画】鈴木千裕vs.金原正徳 試合前から熱く火花を散らせる!

     勢いに乗る24歳の若き王者と、41歳にして強さを更新し続ける挑戦者。2人の試合は鈴木の強烈な打撃をいかに金原がかいくぐって寝技に持ち込むかがポイントと見られていたが、金原の警戒を強引に吹き飛ばすほどの強烈なパンチを浴びせた鈴木が、見事に勝利した。

     会見場にサッパリとした表情で登場した金原は「最後のつもりでリングに上ったし、この1年で3試合をやってケガもいろいろあるので、ちょっと長期休暇を取ります。それでまたやりたくなったらやればいいし、求められなければそのままだし。気持ちはそんな感じです」と引退ではなく“休養”を宣言。

     鈴木の打撃について「強いのはもちろんなんですけど、自分のやりたいことができなかった。それをさせなかった鈴木千裕のうまさもあるけど、手詰まりになって、打ち合いをさせられたというか飲み込まれてしまった。ガードの上からでもパンチを効かされた」と衝撃を語った。

     試合までの準備期間を含めて冷静に振り返るなかで「自分なりに一生懸命にやってきたので、この結果だろうが下を向かずに明日からも生きたいなと。負けるのは初めてじゃないし、ここまで頑張った自分を褒めてあげたい」と手応えを明かす一方、「最後にベルトを取りたいという思いが強かったんですよね」と話したところで「勝ちたかったな」と心の声がマイクを通して伝わった。

     この試合に向けた動画では、10歳の息子も登場していた。この日の家を出る直前、「大事な話がある。勝負の世界は勝つこともあるし負けることもある。でも精一杯やっていれば誰かが見てくれる。だから、パパの頑張ってる姿をちゃんと目に焼き付けてくれ」と息子に話していた。

     そして会場で試合を見ていた息子に向けて「良いことばかりじゃない、負けを教えるのも教育だと思うし、それでも明日からも頑張る姿っていう、良くも悪くもおやじの背中を見せられたかなと思います」と最後は父親の顔をのぞかせた。

    金原正徳 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【金原正徳、試合後の本音語る「自分を褒めたいけどベルトが欲しかった」】の続きを読む


    RIZINファイター金原正徳、試合後のインタビューで感情をあふれさせる


    金原 正徳(かねはら まさのり、1982年11月19日 - )は、日本の男性プロ総合格闘家。東京都武蔵村山市出身。リバーサルジム立川ALPHA主宰。初代SRCフェザー級王者。 小・中学校は野球をやっていた。東京都立田無工業高等学校に進学するも、中退。たまたま近所の道場へ見学に行った事を機に格闘技を始める。…
    23キロバイト (1,897 語) - 2024年4月29日 (月) 13:42


    金原選手、本当にいい試合を見せてくれましたね。次こそはベルトを手にすることを期待しています!

    ■『Yogibo presents RIZIN.46』(29日・有明アリーナ)
     メインイベントのフェザー級タイトルマッチで、王者・鈴木千裕に敗れた挑戦者・金原正徳が、試合後インタビューで鈴木との大一番を振り返り、「勝ちたかったなぁ」と思わず本音を漏らした。

    【公開計量動画】鈴木千裕vs.金原正徳 試合前から熱く火花を散らせる!

     勢いに乗る24歳の若き王者と、41歳にして強さを更新し続ける挑戦者。2人の試合は鈴木の強烈な打撃をいかに金原がかいくぐって寝技に持ち込むかがポイントと見られていたが、金原の警戒を強引に吹き飛ばすほどの強烈なパンチを浴びせた鈴木が、見事に勝利した。

     会見場にサッパリとした表情で登場した金原は「最後のつもりでリングに上ったし、この1年で3試合をやってケガもいろいろあるので、ちょっと長期休暇を取ります。それでまたやりたくなったらやればいいし、求められなければそのままだし。気持ちはそんな感じです」と引退ではなく“休養”を宣言。

     鈴木の打撃について「強いのはもちろんなんですけど、自分のやりたいことができなかった。それをさせなかった鈴木千裕のうまさもあるけど、手詰まりになって、打ち合いをさせられたというか飲み込まれてしまった。ガードの上からでもパンチを効かされた」と衝撃を語った。

     試合までの準備期間を含めて冷静に振り返るなかで「自分なりに一生懸命にやってきたので、この結果だろうが下を向かずに明日からも生きたいなと。負けるのは初めてじゃないし、ここまで頑張った自分を褒めてあげたい」と手応えを明かす一方、「最後にベルトを取りたいという思いが強かったんですよね」と話したところで「勝ちたかったな」と心の声がマイクを通して伝わった。

     この試合に向けた動画では、10歳の息子も登場していた。この日の家を出る直前、「大事な話がある。勝負の世界は勝つこともあるし負けることもある。でも精一杯やっていれば誰かが見てくれる。だから、パパの頑張ってる姿をちゃんと目に焼き付けてくれ」と息子に話していた。

     そして会場で試合を見ていた息子に向けて「良いことばかりじゃない、負けを教えるのも教育だと思うし、それでも明日からも頑張る姿っていう、良くも悪くもおやじの背中を見せられたかなと思います」と最後は父親の顔をのぞかせた。

    金原正徳 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【RIZINファイター金原正徳、試合後のインタビューで感情をあふれさせる】の続きを読む

    このページのトップヘ