スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    那須川天心


    ダイアン津田が途中気絶?那須川天心との全力バトルの結末に注目


    ダイアンは、吉本興業東京本部(東京吉本)に所属するユースケと津田篤宏からなる日本お笑いコンビ。2000年4月結成、NSC大阪校22期出身。大阪を拠点に活動していたが、2018年4月より東京に活動拠点を移す。M-1グランプリ2007・2008ファイナリスト。 ユースケ(1977年(昭和52年)3月14日…
    51キロバイト (6,207 語) - 2024年4月15日 (月) 14:18


    ダイアン津田さんがあんなに強い人に殴られてしまうなんて、本当にビックリですね。身体のほうも心配です。

    【写真・画像】ダイアン・ユースケ、那須川天心に腹パンされ悶絶「思ってた5倍強かった」 1枚目

     お笑いコンビ・ダイアンの津田篤宏が、プロボクサー・那須川天心から何発もパンチをお見舞いされ、体に異変が起こる事態となった。

    【動画】天心にボコボコにされる津田

     今年4月からレギュラー放送がスタートした、ダイアンの冠バラエティ番組『ゲストダイアン』(毎週土曜午後4時〜、ABCテレビ)。本番組でのダイアンの立ち位置は、MCではなくゲスト。毎週異なるMCを迎え、番組内容も出演するMCに合わせて変化するのが特徴だ。13日の放送回は「那須川天心の俺がパワースポット」と題し、キックボクシングにおいて42戦42勝0敗を誇り、昨年プロボクサーに転向した那須川天心がMCを担当。普段から各地のパワースポットを巡り、最終的には自らが“人間パワースポット”になることを目標に掲げる天心が、ダイアンにパワーをチャージする企画が展開された。

    【写真・画像】ダイアン・ユースケ、那須川天心に腹パンされ悶絶「思ってた5倍強かった」 2枚目

     初めに天心とダイアンの2人は、日露戦争において圧倒的に不利といわれた海戦を勝利に導いた東郷平八郎が祀られ、必勝のご利益があるとされる東郷神社(東京・原宿)を訪問。天心も普段からよく足を運んでいるという同神社で、一行は本殿を参拝したり、境内の巨木に触れたりし、パワーをチャージした。その後は、天心が食べ物からパワーを得たいときに訪れるという、和食レストラン「奈美路や」(東京・日本橋)へ。江戸時代のレシピを忠実に再現して作られた、パワーフードの数々を堪能した。

     この時点ですでに2回、パワー注入という名の腹パン(腹部へのパンチ)を、天心からくらっていたユースケだったが、これはまだほんの序の口。レストランを後にした一行が向かったのは、ボクシングジム。ダイアンの2人は頭や手、上半身に防具を装着しており、先ほどよりもさらに強烈なパワー注入が行われることが予想された。そんななか、天心は「那須川天心のパワー注入」とテンション高めにコーナー名を紹介。不安な様子のダイアンに「まあ単刀直入に言うとボコボコですね」と告げた。

    【写真・画像】ダイアン・ユースケ、那須川天心に腹パンされ悶絶「思ってた5倍強かった」 3枚目

     「ボコボコ」という不穏なワードを淡々と口にする天心に、ユースケは「神社のときの天心くんと別人」と戸惑いを隠せない。すると天心は笑いながら「神社行ったり江戸の料理食べたりして(パワーを)注入したと思うんですけど、まだ足りないので、だったら物理的に入れようかなと」と説明した。

     こうして20秒間のパワー注入がスタートし、初めにユースケが連続パンチを浴びた。パンチを受けている間、ユースケは「ほんまにきつい、ほんまにあかん」などと悶絶。終了後は「めちゃくちゃ痛いよ」とぼやいていた。ユースケに続き、津田も文字通りボコボコにされた。何を思ったのか、「西澤、ユースケ、ユースケ、西澤、ユースケ、ユースケ、ユースケ、ユースケ!」などと相方の名前を連呼しながら、降りかかるパンチの雨に耐えていた津田。最後はその場に倒れ込み、「死ぬほどボディ打ってたぞ!真っ赤な顔してめっちゃボディ打ってたぞ!」と容赦ない天心に不満をぶつけた。

    【写真・画像】ダイアン・ユースケ、那須川天心に腹パンされ悶絶「思ってた5倍強かった」 4枚目

     そしてその後、ダイアンだけで反省会を行っていたとき、津田の体に異変が現れた。「パワースポットとかいうワード出して、ただただどつかれてただけ」とロケを振り返ったユースケに、津田は言葉を返そうと口を開いたのだが、舌が回っておらず何を言っているのかまったくわからない。そんな津田の様子を見たユースケは「舌回ってないもんな。どつかれすぎて」と納得の表情。続けて「途中、気絶してると思ったもん。ボディの力で立ってるだけやった。倒れようとしたらまたボディ」と、津田へのパワー注入がいかに強烈だったかを語っていた。

    ダイアン津田、那須川天心にボコボコに殴られ体に異変…ユースケ「途中気絶してると思った」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ダイアン津田が途中気絶?那須川天心との全力バトルの結末に注目】の続きを読む


    千鳥大爆笑!那須川天心が『相席食堂』で海に転落する衝撃映像が話題に


    那須川 天心(なすかわ てんしん、1998年〈平成10年〉8月18日 - )は、日本のプロボクサー、元キックボクサー、元総合格闘家。千葉県松戸市出身。帝拳ボクシングジム所属。血液型はB型。『キックボクシング史上最高の天才』などと称される。得意のストレートは『ライトニング・レフト』。初代RISE世界フェザー級王者。RISE…
    98キロバイト (11,700 語) - 2024年4月9日 (火) 19:41


    天心の遊び心満載の海落ち、本当にびっくりしました!笑いが止まらない光景でした。

    【写真・画像】熊田曜子、超セクシー衣装で本格ポールダンスを披露!千鳥も「うわすご!」と驚き 1枚目

     プロボクサーの那須川天心が、4月9日(火)放送のバラエティ番組『相席食堂』に出演。ロケでシャドーボクシングをしながら海に飛び込み、千鳥を爆笑させる一幕があった。

    【動画】那須川天心が“海落ち”する瞬間

     芸能人が街ブラロケを行い、その様子を千鳥(大悟、ノブ)がツッコミを入れながら見守る本番組。今回は、那須川天心が"旅人"となり、鹿児島県大島郡の徳之島を散策する。

     ロケ冒頭、広大な海をバックに、港のような場所に登場した天心。この日がロケ初挑戦だといい、「人と話すことが好きなので楽しみ。会って話すっていうのが今大事なことだとすごい思ってる」と凛々しい表情で意気込みを語ると、大悟は「25歳でそれ思うの早いよな。(ワシの25歳は)大スロット大パチンコの時期」と振り返り、笑いを誘った。

    【写真・画像】熊田曜子、超セクシー衣装で本格ポールダンスを披露!千鳥も「うわすご!」と驚き 2枚目

     天心はキックボクシングにおいて42戦42勝0敗を記録し、2023年にプロボクサーに転向している。そんな”神童”天心は「身体が温まってないんで、シャドーをしたい」と切り出し、上半身裸に。軽やかなステップで移動しながらパンチを繰り出し、空気を切り裂くようなシャドーボクシングを披露した。

     その様子を見ていた千鳥は、何か思うところがあるようでニヤニヤ。ノブは一度映像を止め、「ちょっと海が気になりますね」と大悟お得意の”海落ち”を示唆し、スタジオの笑いを誘った。大悟は「これいったらすごいよ」「シャドーしながら落ちていったらだいぶ面白い」と半分期待しつつも、2人は「ないない!」「大悟じゃないんだから」と、その可能性を否定した。

    【写真・画像】熊田曜子、超セクシー衣装で本格ポールダンスを披露!千鳥も「うわすご!」と驚き 3枚目

     その後も激しいシャドーを披露する天心に、千鳥は「危ないって!天心!」と心配の声。すると、天心は少しずつ後ろ向きのまま海に近づき、”縁に足を引っ掛けてしまった風”に海に転落。「うわぁー!」という叫び声と共に、背中からひっくり返るような、華麗な飛び込みを見せた。

     期待以上の展開に、千鳥は立ち上がって大爆笑。ノブは両手を上げて「最高です!」、大悟は「こいつすごいわ」と絶賛した。さらに大悟は、船の近くへわざわざ飛び込んだ天心に「船ある側行く?ワシでも後ろから行くの怖いで」と感心。2人はしばらく「天心のKOシーン誰も見たことないのに」「こんな天心見たことない」と、笑いがおさまらない様子だった。

     天心の”海落ち芸”シーンには、番組の視聴者からも大反響。「クッソ笑ったwwww」「通勤電車で思い出し笑いしそうだから午前休にした」「芸術性たけ~な」など、コメントが続々と寄せられていた。

    那須川天心が『相席食堂』でまさかの海落ち! 華麗すぎる転落っぷりに千鳥大爆笑「こんな天心見たことない」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【千鳥大爆笑!那須川天心が『相席食堂』で海に転落する衝撃映像が話題に】の続きを読む


    武尊(たける、1991年7月29日 - )は、日本のキックボクサー。鳥取県米子市出身。team VASILEUS所属。第4代K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者。初代K-1 WORLD GPフェザー級王者。初代K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王者。現ISKA世界ライト級王者。現K…
    46キロバイト (5,172 語) - 2024年2月20日 (火) 12:50
    「UFC以外の格闘技ランキングの価値について懐疑的な意見が存在します。特に、キックボクシングのパウンド・フォー・パウンド(PFP)ランキングで那須川と武尊が1位に選ばれたことに対する反応は、ランキングの信頼性や基準に疑問を投げかけています。UFCは世界最大の総合格闘技団体としてその地位を確立しており、そのランキングは広く認知されているため、UFC以外のランキングが同じような権威を持つことは難しいというのが、この意見の根底にあります。

    那須川や武尊のようなトップ選手がPFPランキングで高い位置につくことは、彼らの実力や人気を反映しているとは言えるものの、格闘技の世界は非常に多様であり、各団体ごとに異なるルールや競技レベルが存在します。このため、UFC以外のランキングが同じ基準や視野で作成されることは稀であり、ランキングに対する評価は分かれるところです。

    しかし、UFC以外のランキングにも価値がないと一概に言えない面もあります。これらのランキングは、特定の競技や団体における選手の活躍を評価し、その成果を表彰する目的があり、選手やファンにとっては重要な意味を持つことがあります。那須川や武尊のような選手が評価されることは、彼らの努力や才能を認めることに繋がり、格闘技界全体の活性化に貢献する可能性もあります。

    結局のところ、ランキングの価値はその作成基準や目的、そしてそれをどのように受け止めるかによって大きく異なります。UFC以外のランキングに対する懐疑的な見方は理解できますが、それぞれのランキングが持つ独自の価値や意義にも目を向けることが重要です。」

    【「UFC以外のランキングへの懐疑的見解: 那須川、武尊を巡るPFPランキングを例に」】の続きを読む


    那須川 天心(なすかわ てんしん、1998年8月18日 - )は、日本のプロボクサー、元キックボクサー、元総合格闘家。千葉県松戸市出身。帝拳ボクシングジム所属。血液型はB型。『キックボクシング史上最高の天才』などと称される。得意のストレートは『ライトニング・レフト』。RISE世界フェザー級王者。IS…
    97キロバイト (11,716 語) - 2024年2月2日 (金) 12:17

    【「天心、ボクシング界の新星としての謎: 武居戦後の井上との対戦計画」】の続きを読む

    このページのトップヘ