スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    遠藤航


    欧州メディアが報じた!久保建英に93億メガオファーの可能性とは?


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市麻生区出身のプロサッカー選手。ラ・リーガ・レアル・ソシエダ所属。ポジションはミッドフィールダー(右サイドハーフ、インサイドハーフ)、フォワード。日本代表。 2004年、2歳の時よりサッカーを始める。…
    73キロバイト (8,312 語) - 2024年4月6日 (土) 08:42


    バルサもバイエルンも、是非久保建英選手を獲得して欲しいですね!彼の才能は世界中で認められているので、どこのチームでも大化けするでしょう。

     サッカー日本代表MF遠藤航を擁するイングランドの名門リヴァプールが、スペインのレアル・ソシエダで活躍する日本代表MF久保建英の獲得に関心を示しているという。4月17日までに複数の欧州メディアが伝えている。

     今季のラ・リーガで24試合出場、7得点3アシストという記録を残し、チームの中心的存在となった久保。ソシエダも同日時点で勝ち点50の6位につき、来季のヨーロッパリーグ出場に期待がかかるが、もしかすると久保は大きなステップアップを遂げることになるかもしれない。

     スペインメディア「Football Fan Cast」によると、リヴァプールが6000万ユーロ(約93億円)もの移籍金をオファーする準備があるとのことで、英メディア「TEAM talk」がリヴァプールによる「久保への攻勢」が強まっていると報道している。同クラブでは、久保と同ポジションにあたる右ウイングを、長くエジプト代表FWモハメド・サラーが陣取ってきたが、今季をもってサウジアラビアリーグへと移籍する可能性が噂されているが、同メディアでは現在のリヴァプールが狙う有力なサラーの後釜候補として、バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWレロイ・サネ、バルセロナのブラジル代表FWラフィーニャ、そして「最有力のメインターゲット」に久保が名を連ねていると伝えた。

    「リヴァプールは“日本人好き”の指揮官ユルゲン・クロップが長く在任してきましたが、2023-24シーズン後の退任が決まっており、新監督にはスポルティングCPを率いるルベン・アモリムが就任濃厚とされています。このままアモリム新監督となれば、彼が最も得意とする“ダブル・トップ下”のフォーメーションを敷く可能性が高く、チャンスメイク能力に秀でた久保にとっては相性も抜群と言えるでしょう。ただ、現状ではチームの核となる活躍を披露できているソシエダを離れて、ポジション争いが熾烈な強豪クラブへ加入するかは未知数。久保自身、言語も流暢に話すことができるスペインでの継続を望んでいるとされ、今年2月にはソシエダと29年6月末までの契約延長も発表したばかり。もちろん、リヴァプールへの移籍は欧州最高峰の舞台であるチャンピオンズリーグへの出場も増えることから、選手としての成長にはつながるものの、“ベンチが定位置”になるリスクもはらんでいます。このあたりは久保が冷静に天秤にかけて熟考することになるでしょう」(スポーツライター)

     現在22歳の久保。仮に93億円ものメガオファーが実現した場合には、日本人選手として断トツで史上最高額の移籍金となるが、はたして…?

    (木村慎吾)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【欧州メディアが報じた!久保建英に93億メガオファーの可能性とは?】の続きを読む


    サッカー日本代表の将来を担う選手たちに必要な「キャプテン遠藤航のメッセージ」とは?


    遠藤 (えんどう わたる、1993年2月9日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身のプロサッカー選手。プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。日本代表キャプテン。 小学1年生の時にサッカーを始める。当時は横浜F・マリノスのファンであり、頻繁に父親と横浜国…
    44キロバイト (3,905 語) - 2024年3月22日 (金) 15:07


    「遠藤航選手の言葉には力が感じられますね。日本代表の選手たちも、自信を持って試合に挑んでほしいですね。」

    【写真・画像】「犬のように走る」鉄人・遠藤航が“リバプールの心臓”になった瞬間 絶対的アンカーはチーム内で自分の役割を全うする「球際に行って、攻撃ではシンプルに」 1枚目

    リヴァプールの日本代表MF遠藤航が、ABEMA独占インタビュー『挑戦者の逆転劇』に登場。日本代表のキャプテンが、今のサムライブルーに必要なことについて語った。

    【映像】キャプテン・遠藤航が日本代表を語る

    『ABEMAスポーツタイム』でMCを務める槙野智章が、イングランドに渡って遠藤にインタビューを実施。さまざまなトークテーマで、リヴァプールで活躍する日本のサムライの魅力を深掘りした。

    国際Aマッチ歴代最多タイとなる8連勝で、史上最強と謳われた日本代表。今年1月に行われたアジアカップでも、3大会ぶりの優勝に期待がかかっていた。しかしグループステージ第2戦のイラク戦で敗れると、準々決勝のイラン戦では逆転負けを喫しタイトルを逃した。

    イラク、イランで明るみになった日本の課題について遠藤は「戦術的な部分で、5-4-1の5バックにした方が良かったとか、もっと出所にプレッシャーに行けば良かったとか色々ある。これから日本代表が目指すサッカーでいうと、もっと出所にプレッシャーに行きたい」とコメント。リヴァプールのようにプレス強度を高めたサッカーが必要だと語った。

    2022年に行われたカタールワールドカップでベスト16敗退して以降、日本代表は「主体的なサッカー」を目指してきた。遠藤は「アジアカップを経て、より主体的なサッカーを考えなきゃいけないきっかけになった」と語る。

    では、主体的なサッカーを実現するために必要なものとはなんだろうか。

    「自分の意見をはっきり言う。周りの選手や監督・スタッフに言わなきゃいけない。言いたいことは言わないと。それはチームを良くするため」

    「色んなオプションを持って、トライしていく時期ではあった。でも結果が出なかったので、もっとやり方を絞って、こういうサッカーをした方がいいと話す段階。もうちょっと決まり事があった方がいいと思う。これから改善していきたい」

    槙野は「最後の決断は、森保監督を含めてスタッフから提示があれば、より選手たちもプレーしやすい」と分析する。遠藤も「最終的に決めるのは監督。僕はずっと選手たちに言っている。意見を言うのはいいが、最終的に決めるのは監督」と、監督主導でのチームビルディングに賛成のようだ。

    ワールドカップ予選が控えている。遠藤は「アジア最終予選の枠が増えたとはいえ、勝ち抜くのは簡単じゃない。今回のアジアカップで理解したので、みんなが危機感を持ってやっている。ただ、ワールドカップで優勝するという目標は変える必要はない。そこに向けて何が必要かを考えて、まずは出場権獲得できるようにしていきたい」と意気込みを語った。

    (ABEMA 遠藤航 挑戦者の逆転劇)

    「言いたいことは言う」「勝ち抜くのは簡単じゃない」今のサッカー日本代表に必要な事とは? キャプテン遠藤航がW杯優勝に向けて選手たちに求めるサッカー


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【サッカー日本代表の将来を担う選手たちに必要な「キャプテン遠藤航のメッセージ」とは?】の続きを読む


    田中碧の日本代表復帰による中盤の課題解消に期待


    田中 田中碧 (野球)(たなか みどり) - 元女子プロ野球選手。 田中碧 (サッカー選手)(たなか あお) - 男子プロサッカー選手。 田中碧 (アナウンサー)(たなか あおい) - フリーアナウンサー。 このページは人名(人物)の曖昧さ回避のためのページです。同名の人物に関する複数の記事の水…
    353バイト (105 語) - 2023年4月24日 (月) 06:54


    田中碧の復帰は日本代表にとって大きなプラスになりそうですね。中盤の課題を改善するためには、碧の調整力と前向きなエネルギーが活かされることでしょう。

     3月21日・26日の2026年北中米ワールドカップアジア2次予選・北朝鮮2連戦は、サッカーの枠組みを超えて国際的にも関心が高まっている。東京・国立競技場でのホーム初戦に向けて、19日には北朝鮮が来日し、緊張感が一気に高まってきた。

     日本代表も18日の初日練習に間に合わなかったキャプテンの遠藤航、2019年12月のEAFF E-1選手権以来の代表復帰となった小川航基らが19日に合流。鈴木彩艶を除く24人が参加した同日のトレーニングでは、冒頭30分を非公開にして北朝鮮対策を入念に徹底。まさに臨戦態勢に突入したと言っていい。まさかの8強止まりに終わったアジアカップではロングボールや空中戦の対応、失点の多さなど数多くの課題に直面した。そこを一つひとつキッチリと改善しなければ、北朝鮮に隙を突かれるのは間違いない。

     イランに逆転負けを喫した後、守田英正が苦悩を吐露した中盤のバランスや距離感に関しても、修正しなければいけない重要ポイントの一つではないか。縦に速いスタイルをリヴァプールで突き詰めている遠藤航、ボールを握りたい他のMF陣との間で間合いやテンポが微妙にズレていたのも事実だ。インドネシア戦とバーレーン戦で旗手怜央が出ていた時間帯はある程度うまくいっていたが、彼がいなくなった途端やはりギクシャク感が見て取れた。「それぞれが一番生きるポジションに立ってプレーするところが一番ですし、それぞれ要素が出ると思う。動きすぎて、逆にグチャグチャにならないようにやっていけばいいかな思います」とイラン戦に出ていた伊藤洋輝も語っていたが、そのすり合わせは早急に着手しなければいけないテーマに違いない。

     そんなチームにとって朗報なのが、田中碧の復帰だろう。今年元日のタイ戦で先制弾を叩き出した男は当然、アジアカップにも参戦すると思われたが、まさかの選外。1月の欧州冬の移籍市場でのステップアップを目指して、あえて代表辞退を選び、森保一監督もその意見を尊重したと言われている。その後、ドイツに戻った田中は1月21日のリーグ再開初戦、ヘルタ・ベルリン戦からコンスタントにスタメン出場。存在感を発揮しているが、1月中の移籍は叶わず、今季ラストまでデュッセルドルフ残留が決まった。本人としてはやはり苦い思いを抱いたはずだが、めげることなくチームの1部昇格を目指して奮闘しており、ここまでリーグ戦では6ゴールと目に見える結果を残している。

    「結果が出ることはもちろん嬉しいですし、メンタル的にすごくポジティブになるのは、サッカー選手である以上、当然のことだと思いますけど、そこが全てではないですね。ここ最近、自分が出ているのはアンカーなので、あまり得点するチャンスはない。どちらかというと、後ろから出すパスでアシストできてることの方がポジティブです」

     田中碧はこう語っていたが、所属クラブでアンカー経験を積み重ねていることは代表にとって前向きな要素と見ていい。これまで森保ジャパンが4−1−4−1の布陣を採る際、アンカーに入るのは遠藤とほぼ決まっていたからだ。守田が入る形も何度か試してはいるものの、指揮官にしてみれば、守備の強度やデュエルの強さ、ボール奪取力という部分でどこか不安な部分があるのだろう。そういう状況だけに、田中碧がこの位置をしっかりこなせるようになれば、遠藤の負担も減り、違った中盤の関係性も構築できる。そうなれば、チームにとっての安心感も高まるはずだ。

     もちろん田中碧がインサイドハーフの一角に入ってプレーする従来の形も有効だ。カタールW杯アジア最終予選で見せた通り、守田は田中とインサイドハーフを形成した時は、お互いに思い切ってプレーでき、遠藤もより前向きな守備に専念できる。北朝鮮という非常にタフな相手との対戦を踏まえると、今回も中盤3枚で行く可能性は少なくない。むしろ、その方が中盤の安定感が増し、ボール支配率も高まるという見方もできそうだ。

    「タフな戦いになるというのは想像できますし、アウェイで勝てていないということも聞いています。そういった意味で覚悟を持ってやらなきゃいけないのは確か。今のところ2連勝してますし、ここでしっかりともう2連勝できれば、2次予選突破を決められると思うので、そういった意味では特にホーム、まずは初戦、勝ち切ることが必要かなと思います」と田中碧自身も改めて気合を入れていた。

     アジアカップに参戦しなかった分、彼はより多くのものをチームにより還元する責務がある。「(アジアカップの)試合は見てましたけど、自分の口から何か言うことはない。ピッチに立っている人しか分からないことがあるから」と多くを語らなかったが、彼なりに日本代表に前向きなエネルギーを与えたいと思っているはず。それをピッチ上で具現化し、勝利へと導いてくれれば理想的。攻守両面でインパクトを残せるこの男の本領発揮を楽しみに待ちたい。

    取材・文=元川悦子

    [写真]=三島大輔


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【田中碧の日本代表復帰による中盤の課題解消に期待】の続きを読む


    遠藤航、リヴァプール入団を直言「驚きの連続」


    遠藤 (えんどう わたる、1993年2月9日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身のプロサッカー選手。プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。日本代表。 小学1年生の時にサッカーを始める。当時は横浜F・マリノスのファンであり、頻繁に父親と横浜国際総合競技…
    45キロバイト (3,947 語) - 2024年3月14日 (木) 12:00


    「遠藤航選手がリヴァプールという名門クラブでプレーするチャンスを得たこと、本当に驚きですね。これからの活躍が楽しみです」

    世界的ビッグクラブであるリヴァプールでプレーする日本代表MF遠藤航。

    プレミアリーグ公式は「遠藤は瞬く間にリヴァプールにおいて最も重要な選手になった」として、彼のインタビューを伝えていた。

    「最もインスパイアを受けたのは、間違いなく父親です。父がサッカーをプレーするのをよく見ていたので、その影響でプレーするようにもなりましたし、友達と一緒にプレーするのも好きでした。

    父はあまり口数は多くありませんが、常にこう言っていました。自分で考え、自分の決断で行動し、自分の生きる道を選べと。僕は自分を信じていましたし、成功への決意が薄れることは決してありませんでした。

    Jリーグだけでなく、プレミアリーグの試合も多く見るようになり、そこでプレーすることを夢見るようになったんです。僕のように小さなクラブ出身者がプレミアリーグでプレーすることは、日本サッカー界にとって大きな意味があります。もちろん、夢見ていましたが、リヴァプールのようなチームでプレーするとは全く思っていなかったですね。

    具体的ではなく、単なる夢でした。いつかプレミアリーグでプレーしたいと思っていただけでしたが、いまの自分はその夢を実現しています。

    夢を追いかけ、努力を続けたこと、そしてここで成功できたことを本当に嬉しく思います。なぜなら、僕の物語が将来の子供たちに影響を与えることを願っていますから」

    父親から受けた影響が大きかったようだ。

    10代で父になった7人のスター

    なお、遠藤自身も10代で結婚し、現在では4人の子供を持つ父親になっている。

    遠藤航、本音告白 「リヴァプールのようなチームでプレーするとは全く思っていなかった」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【遠藤航、リヴァプール入団を直言「驚きの連続」】の続きを読む


    リバプール遠藤航が自宅を初公開!槙野智章との“逆転劇”を明かす


    遠藤 (えんどう わたる、1993年2月9日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身のプロサッカー選手。プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。日本代表。 小学1年生の時にサッカーを始める。当時は横浜F・マリノスのファンであり、頻繁に父親と横浜国際総合競技…
    45キロバイト (3,947 語) - 2024年3月14日 (木) 12:00


    リバプール遠藤航の自宅初公開、槙野智章との逆転劇が気になる!放送が楽しみですね。

     イングランドのサッカーリーグ「プレミアリーグ」の名門・リバプールに今シーズンから移籍して活躍している日本代表のキャプテン・遠藤航選手の挑戦の裏側に迫るドキュメント番組『遠藤航 挑戦者の逆転劇』が、ABEMAで16日午後6時から放送される。

    【写真】テレ朝の寺川俊平アナが公開したリバプールVSシティの試合の1枚

     同番組は、ブンデスリーガのシュトゥットガルトからプレミアリーグの名門リバプールへ電撃移籍した当時、現地で厳しい評価を受けても自分自身を見失わない精神論をはじめ、遠藤選手の球際の勝負強さをさらに引き出すことができた試合中のポジション修正などを、現地にて元日本代表DF・槙野智章が迫っていく。

     また、遠藤選手が運転する車中では、遠藤家の父親としての素顔や子どもが通う学校の意外すぎる環境なども赤裸々に告白。さらに、史上最強と謳われた日本代表が満を持して挑んだ「AFC アジアカップ カタール 2023」の準決勝にて、守田英正選手が先制点をあげるも後半ロスタイムにPKを献上し、惜しくも敗戦を喫してしまった当時の心境やチームメイトの本音に対して、遠藤選手自身の想いや考えなどを話すとともに、次回FIFA ワールドカップ26 アジア2次予選や本戦への並々ならぬ想いを語り尽くした。

     番組の冒頭では、遠藤選手の自宅に訪問した槙野を迎え入れるところからスタート。テレビ初公開となった遠藤選手の自宅には、本格的なジムや子どもがサッカーで遊べるほどの大きな庭などがあり、その庭でサッカーをする遠藤選手の子どもたちを傍らに、槙野は「初めて見た、もう日本住めないよ」と日本離れした私生活に笑顔を見せた。

     そのほか、槙野との対談で明かされる現地メディアやサポーターの批判を称賛へと変えた逆転劇や、プレミアリーグ第26節のルートン・タウン戦終了から2時間後の取材で語られた本音など、さまざまな角度から遠藤選手を深堀っていく。

    『遠藤航 挑戦者の逆転劇』(C)AbemaTV Inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【リバプール遠藤航が自宅を初公開!槙野智章との“逆転劇”を明かす】の続きを読む

    このページのトップヘ