スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    秋山成勲


    「柔術無双!」クレベルの“秘蔵っ子”を粉砕する新人ファイターの驚異の戦績


    この新人ファイター、本当にすごいんですね!クレベルの“秘蔵っ子”を撃破できるなんて、まさに規格外の才能を持っているんですね。

    【写真・画像】 1枚目

     格闘技のバックボーンが無い元海上自衛隊出身の異色新人ファイターが、クレベル・コイケの秘蔵っ子との対戦に向け、規格外の作戦を明かし、自信をのぞかせた。

    【映像】“規格外”新人ファイターの正体

     「格闘代理戦争」とは、「格闘技界の次世代のスターを生み出す」という目的のもと、第一線で活躍する格闘家が監督となり、各自若手ファイターを推薦して戦わせる格闘ドキュメンタリー。6作目となる「格闘代理戦争-THE MAX-」では、青木真也、秋山成勲、岡見勇信&中村倫也、平本蓮、クレベル・コイケ、イゴール・タナベら豪華メンバーが監督として参加している上に、優勝者には7月の「超RIZIN3」への出場権が与えられる。

     すでに初戦が終了しており、準々決勝には、青木推薦の中谷優我、イゴール推薦のトミー矢野、岡見&中村推薦の中村京一郎、クレベル・コイケ推薦のギレルメ・ナカガワが勝ち上がった。最新回では、勝者のその後の様子が公開された。

     岡見&中村倫が推薦する中村は、元海上自衛官で、格闘技のバックボーンが無いにも関わらず、MMA参戦後に5戦4勝。勝ちのすべてを1R でフィニッシュさせる決定力を持っており、一回戦で対戦したミスター・ホンデも1分36秒で打撃KOした逸材だ。

     だが、次に戦うクレベル推薦のギレルメは、ブラジリアン柔術のかなりの使い手で、初戦もわずか40秒でトライアングルアームロックを決めた強豪。その対策のため、監督である岡見は「どんな厳しいシチュエーションでも乗り越えてほしい」と、300段の階段を登る「地獄のトレーニング」を用意していた。

     ボクシングの名門・大橋ジムの練習生たちと延々と階段登りを繰り返す中村。最初はまだ軽口を叩ける様子だったが、徐々に口数も少なくなり、「練習に参加してみて良かったですか?」という制作スタッフの質問に「うるさい」と疲労のボルテージもマックスに。

     そのハードな練習の後は、岡見と二人でギレルメの試合映像を見て対策を練る。柔術で勝負してしまうと、相手が一枚上ということもあり、「柔術フル無視作戦」を決行すると宣言。岡見いわく「柔術フル無視 打撃でブス―ン」と、ミスター・ホンデ戦で見せた“当て感”を次の試合でも発揮させるというものだ。

     「RIZIN」でも、日本人選手が苦しんでいるボンサイ柔術メンバーとの対戦。天才肌の中村はまたも魅せてくれるのか注目したい。
     

    「柔術フル無視作戦」規格外の新人ファイター、クレベルの“秘蔵っ子”撃破に自信


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「柔術無双!」クレベルの“秘蔵っ子”を粉砕する新人ファイターの驚異の戦績】の続きを読む


    青木真也がイゴール・タナベらを容赦なく批判!「小物」と断罪する談話


    ^ 青木真也(2016)p25 ^ 青木真也(2016)p25-26 ^ 青木真也(2016)p26-27 ^ 青木真也(2016)p29 ^ 青木真也(2016)p37 ^ 青木真也(2016)p31 ^ 青木真也(2016)p37-38 ^ 青木真也(2016)p38-39 ^ 青木 真也 バウトレビュー…
    75キロバイト (9,611 語) - 2024年2月25日 (日) 09:01


    青木真也のコメント、さすがの切れ味ですね。確かに、大物選手たちに比べると、小物感が否めない部分もあるかもしれませんね。

    【写真・画像】 1枚目

    格闘技界を担うスターを発掘する「格闘代理戦争-THE MAX-」に監督として参戦している青木真也が、次戦で対決するイゴール・タナベとその推薦選手、トミー矢野をこき下ろす一幕があった。

    【映像】青木節が炸裂 愛と地獄のリスタート

    「格闘代理戦争」とは、「格闘技界の次世代のスターを生み出す」という目的のもと、第一線で活躍する格闘家が監督となり、各自若手ファイターを推薦して戦わせる格闘ドキュメンタリー番組。6作目となる「格闘代理戦争-THE MAX-」では、青木真也、秋山成勲、岡見勇信&中村倫也、平本蓮、クレベル・コイケ、イゴール・タナベら豪華メンバーが監督として参加している上に、優勝者には7月の「超RIZIN3」への出場権が与えられる。

    すでに初戦が終了しており、青木推薦の中谷優我、岡見&中村推薦の中村京一郎、クレベル・コイケ推薦のギレルメ・ナカガワ、イゴール推薦のトミー矢野が勝ち上がった。ABEMA格闘チャンネルのYouTube最新回では、勝者のその後の様子が映し出された。

    青木は、前回中谷が勝利した後に「感動した!独り立ちする力はついた。これからは一人で頑張れ」とまさかの「監督辞任」を示唆。その後、本当に下りるのかどうかは報じられていなかった。今回、中谷が再度監督打診をしに向かったところ、「『お前を監督にしてやるから俺について来い』ぐらい言ってみろよ。それぐらいの意志がないとダメだ」と、闘争心のない中谷に火をつけようとする青木。

    「僕が青木さんを優勝させます」と、表現こそ柔らかくなったが、青木を引っ張っていく覚悟で次戦にのぞむという中谷。「そのぐらい言わないと。優勝させてくれよ俺を」と青木の監督復帰が決定した。

    その後、次の相手となるイゴール推薦のトミー矢野の試合を二人でチェック。フィニッシュに行かず、パウンドでレフェリーストップを誘ったトミーの試合を見た青木は「頑張れば勝てんじゃないすか」との言葉の後に「なんか……小物」と一蹴。「教えているのがイゴールと岡田(遼)でしょ。それも小物」「小さくまとまっている。要所要所抑えようとしている。上手にやろうとしているのは誰も見たくない」と何度も「小物」発言を交えてイゴール陣営を煽る。

    ただそれだけではなく、「しょっぱいとか試合が面白くないってネガティブに捉えてるでしょ?それを長所だと思われるぐらい徹底してやり続ければ“芸”になるから」と、前回終始グラウンドで抑え込んだ中谷に、「カッコよくやろうとするな、愚直にやれ」とアドバイス。今回の挑発の先には、どんな結果が待っているのだろうか。

    「あいつらは小物」青木真也、イゴール・タナベ&推薦選手をバッサリ斬る「小さくまとまっている試合なんて誰も見たくない」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【青木真也がイゴール・タナベらを容赦なく批判!「小物」と断罪する談話】の続きを読む


    元海上自衛隊員の秋山成勲が秘蔵っ子に残した衝撃KO!


    秋山 成勲(あきやま よしひろ、韓国名:秋 成勲(チュ・ソンフン、ハングル:추성훈)、1975年7月29日 - )は、韓国の男性総合格闘家。大阪府大阪市生野区出身。エーチームグループ所属。HERO'S 2006ライトヘビー級世界王者。血液型O型。 在日韓国人四世として生まれ、後に帰化し日本国籍を取得…
    47キロバイト (6,410 語) - 2024年2月24日 (土) 14:45


    秋山選手の勝利は本当に凄かったですね!彼のメンタルの強さには本当に驚かされました。これからも彼の活躍を楽しみにしています!

    【写真・画像】 1枚目

     総合格闘家・秋山成勲の“秘蔵っ子”が衝撃KOで沈められた。劇的な幕切れに「レベチで草」「めちゃ強くてw」など驚きの声が。さらにピンポイントで当てた左ストレートに対して「スナイパー」など当て感に対する称賛の声も相次いだ。

    【映像】戦慄の左で衝撃KO

     15日に行われた「格闘代理戦争-THE MAX-」1回戦に登場した“元海上自衛隊”ファイター”が、格闘家・秋山成勲の“秘蔵っ子”を打撃KOで沈めた。

    「格闘代理戦争」とは、“格闘技界の次世代のスターを生み出す”という目的のもと誕生した格闘ドキュメンタリー番組。第一線で活躍する格闘家たちが、「監督」として若手選手をそれぞれ推薦。トーナメント形式で試合を行い、優勝賞金300万円をかけて争う。

     1回戦に登場したのは、秋山推薦のミスター・ホンデことチュ・ジンギ。キックボクシング24戦20勝のストライカーで、「打撃は(ONE Championshipの)ユン・チャンミンより強いんじゃないかな」と秋山が評価するほど。以前は『BreakingDown』でも活躍し、朝倉海の愛弟子でもある“勾配ニキ”信原空をKOに下すと、2023年7月大会当時、プロ10戦10勝(4KO)のYURAにも判定勝ち。相当な実力者であることがうかがえる。

     対戦するのは、『格闘DREAMERS』出身で岡見勇信&中村倫也のUFC師弟コンビが推薦する中村京一郎。元海上自衛官でありながら、格闘技のバックボーンが無いという中村は、MMA参戦後に5戦4勝。4勝をいずれも1R でフィニッシュさせる決定力を持つ。事前番組では、「僕の試合を見たらビックリしますよ」「格闘代理戦争は通過点」と、ビッグマウスぶりを見せていた。

     1Rのゴングが鳴り、ホンデはオーソドックススタイル、中村はサウスポー構えで対峙する。試合後すぐに、ホンデのワンツーをかわした中村が、カウンターの右ストレート。前に倒れたホンデだったが、ここはすぐに起き上がり試合再開。しかし、足腰に来ているのか、積極的に打撃を放つことができない。そして1分36秒、ホンデの放ったパンチを交わした中村が、左ストレートで仰向けに倒し、パウンド連打で勝負あり。

     試合後、中村は「楽しめました。ホンデ選手も打撃に自信があると思ったので、打ち合えるところを見せられたかなと思います。誰が来ても僕が勝つのは一緒なんで準備していきます」と、息も上がらず余裕の表情。監督の岡見からは「(試合前から)ゆるい感じがしたんですけど、こういう(圧倒的な)内容で、新世代のファイターなんだなと。それを勉強させられました」と、強さを称える。

     また、解説席にいた鈴木千裕からも「3分は短距離みたいなもので、MMAルールはすぐ攻めに行かなきゃいけない。(中村は)このやり方で良いと思っています」と評価のコメント。視聴者からも「やっぱセンスあるな」「ノーダメージやん」「キックの選手を打撃でKO!」と、賛辞がやまなかった。

    元海上自衛隊の男、秋山成勲の“秘蔵っ子”を衝撃KO! 強すぎメンタルに「新世代のファイター」元UFCファイターも称賛


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【元海上自衛隊員の秋山成勲が秘蔵っ子に残した衝撃KO!】の続きを読む


    【衝撃】秋山成勲の新たな“とんでもない”指輪にファン騒然!


    秋山 成勲(あきやま よしひろ、韓国名:秋 成勲(チュ・ソンフン、ハングル:추성훈)、1975年7月29日 - )は、韓国の男性総合格闘家。大阪府大阪市生野区出身。エーチームグループ所属。HERO'S 2006ライトヘビー級世界王者。血液型O型。 在日韓国人四世として生まれ、後に帰化し日本国籍を取得…
    47キロバイト (6,410 語) - 2024年2月24日 (土) 14:45


    「まさに王者の風格を感じる豪華な指輪ですね。何億円もするだけの価値があります」

    【写真・画像】 1枚目

     “セクシー山”こと秋山成勲の左手小指に輝くえげつない指輪に注目が集まり「何億円するんや」「メリケンサックや」など驚きの声が相次ぐ一幕があった。

    【映像】秋山成勲の指に光る“とんでもない”指輪

     15日に「格闘代理戦争-THE MAX-」1回戦が行われ、監督を務める格闘家・秋山成勲の“豪華すぎる”指輪が話題となった。

    「格闘代理戦争」とは、“格闘技界の次世代のスターを生み出す”という目的のもと誕生した格闘ドキュメンタリー番組。第一線で活躍する格闘家たちが、「監督」として若手選手をそれぞれ推薦。トーナメント形式で試合を行い、優勝賞金300万円をかけて争う。

     今回、試合が行われる前に、秋山成勲、岡見勇信&中村倫也、青木真也、クレベル・コイケ、平本蓮ら監督と、出場者のインタビューをリング上で実施。秋山と、推薦する韓国からの刺客であるミスター・ホンデことチュ・ジンギが意気込みを語った後、マイクが青木のところに渡ると、「秋山監督の右手の小指が、ミラーボールのように輝いていて……」と発言。カメラが寄ると、何カラットあるのかというギラギラとした指輪が輝いている。

     それを見た視聴者からは「何億円するんや」「えっぐいw」「メリケンサックや」など驚きの声が殺到。青木は「これが今回の優勝賞金にプラスされるようです」と勝手にルールを追加し、格闘団体「ONE」でともに戦ってきた盟友からのトンデモ提案に、さすがの秋山も「やめなさい……」は苦笑いしながらたしなめていた。

     ちなみに、第1試合に登場した秋山推薦のミスター・ホンデは、1R 1分36秒、中村京一郎の左を被弾してパウンド連打によりTKO負け。秋山&ホンデ組は、結果として「秋山の豪華すぎる指輪」が目立ってしまった形となった。

    「何億円するんや」秋山成勲の“とんでもない”指輪に驚きの声殺到 「ミラーボールのように輝いていて…」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【衝撃】秋山成勲の新たな“とんでもない”指輪にファン騒然!】の続きを読む


    平本蓮が“脱サラ格闘家”を指導!『格闘代理戦争』新シーズンが開幕


    平本 (ひらもと れん、1998年6月27日 – )は、日本の男性総合格闘家。元キックボクサー。東京都足立区出身。剛毅會所属。弟は格闘家の平本丈。 12歳で全国U-15ジュニアボクシング大会優勝、高校1年生でK-1甲子園2014 -65kg級優勝、高校3年生でK-1ライト級世界トーナメント準優勝。。22歳で総合格闘技に転向した。…
    36キロバイト (4,408 語) - 2024年3月11日 (月) 01:03


    平本蓮さんは本当に格闘技の指導において優れた才能を持っているんだろうな。脱サラでもこんなに活躍できるなんて尊敬に値しますね。

     ABEMAのオリジナル格闘ドキュメンタリー番組『格闘代理戦争-THE MAX-』(毎週金曜 後9:00)が8日からスタート。第1回では、監督を務める青木真也、秋山成勲、平本蓮らが推薦する若手ファイターたちの全貌が明らかになり、各選手の魅力や強みを紹介するほか、それぞれが本番組にかける想いなどを掘り下げた。

    【番組先出し切り抜き動画】青木真也、推薦選手に「格闘技もうやめたほうがいい」

     「あんまり監督という立場ではなくて、選手と一緒に戦えたら」と語っていた平本が推薦するのは、自身が所属するジム・剛毅會の向坂準之輔(さきさか・じゅんのすけ)。18歳で空手道場に入門したのをきっかけに格闘技を始め、大学卒業後は広告代理店に就職したものの、昨年6月に脱サラして格闘家への道を歩み始めた。

     空手仕込みの打撃が一番の武器だという向坂の練習シーンでは、SNSなどで見せる顔とは打って変わって真剣な眼差しで指導をする平本の姿も。動きや距離感など細かなアドバイスをしながら「僕も進化の途中で、打撃のスキル・技術とか自分の勉強でもある。向坂選手だけじゃなくて自分たちの技術をみんなで共有し合う」「チームとして強い形で勝負に持っていけたらいいなと思ってます。結束力はどのチームよりも強い」と、チームで優勝を目指すと宣言。向坂と自身を鼓舞した。

     また、過去2回監督として参戦し、今回こそはと優勝を狙う青木が推薦するのは、国民的プロレスラー・アントニオ猪木さんと3歳の頃から交流があるという中谷優我(なかや・ゆうが)。5歳から柔道を始め、3年前にMMAに転進した中谷とともに、青木は「負けられない戦いです」と決意を新たにした。

     どうしても守りに入ってしまうファイトスタイルの中谷を懸念した青木は、“気合と根性”を叩き直すため皇治に特別コーチを依頼。皇治と青木が見守る中、“気合と根性”の地獄のスパーリングが敢行された。攻められると逃げ腰になってしまう中谷に、皇治は「ローキックと腹で倒れるのは格闘技する資格ない」などと檄を飛ばしつつも「気持ちさえ折れなかったらどうにかなる。気持ちと根性は本当に大事」と励ました。

     一方、青木は「向かないよね」と辛辣な言葉で切り出すと、「厳しいこと言うとやらない方がいい。結構恵まれたチャンスだと思う。そこまでの情熱とか想いが無いのであれば他人に譲った方がいい」と発言。青木の厳しい言葉に中谷が涙を浮かべる波乱の幕開けとなった。

     そのほか、秋山は2019年にキックボクシングでWBKF世界スーパーライト級王者に輝き、『BreakingDown』に韓国選抜として出場した経験を持つミスターホンデ、岡見勇信&中村倫也は「ABEMA」のオリジナル格闘オーディション番組『格闘DREAMERS』に出演し格闘技の道へ進んだ元海上自衛官の中村京一郎(なかむら・けいいちろう)、クレベル・コイケは数多くのブラジリアン柔術の大会で優勝し去年11月に黒帯に昇格したボンサイ柔術の秘蔵っ子、ギレルメ・ナカガワを推薦した。

     さらに、本放送にて監督参戦が発表されたイゴール・タナベは、21歳で柔術戦歴180戦以上、柔術世界選手権3位に輝いたトミー矢野を推薦。次回15日放送の#2では、トーナメントの残り2枠がついに発表される。一般公募枠、そして日本格闘界の超新星にして次世代を担う“天才”とされる“ミスターX”とは一体誰なのか。その発表選手を含めたトーナメント1回戦を夜7時より生中継する。

     同番組は「格闘技界の次世代のスターを生み出す」という目的のもと、第一線で活躍する格闘家が監督となり、格闘家の原石である若手ファイターを推薦して競わせることで新たなスターを発掘、その過程を追う“格闘ドキュメンタリー番組”。

    『格闘代理戦争-THE MAX-』第1回 (C)AbemaTV Inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【平本蓮が“脱サラ格闘家”を指導!『格闘代理戦争』新シーズンが開幕】の続きを読む

    このページのトップヘ