スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    水原一平


    「福岡ドームが『水原一平ドーム』に?驚きの異例命名がネットで話題」


    永山則夫(連続ピストル射殺事件〈警察庁広域重要指定108号事件〉犯人、小説家):網走市 平田信(元オウム真理教幹部) 水原一平(プロ野球チーム通訳者、大谷翔平の専属通訳) 平沢貞通(帝銀事件の犯人とされた人物。ただし冤罪を主張し続け、現在も再審請求中。画家。) 伊達和希(『ピクチャーフレアボレミスト』):札幌市…
    201キロバイト (23,012 語) - 2024年4月17日 (水) 23:51


    「水原一平ドーム」ってどんな意味があるんだろう?福岡ドームって名前の方が馴染みあるけど、新名称ってことは何か特別な理由があるのかな?

    水原一平

    25日、X上で「水原一平ドーム」という単語が話題になった。ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手の元通訳・水原一平容疑者の名前を冠したその単語の正体は…。

     

    ■「みずほPayPayドーム福岡」に改称

    同日、福岡ソフトバンクホークスの本拠地である「福岡ドーム」について、株式会社みずほフィナンシャルグループとPayPay株式会社、福岡ソフトバンクホークス株式会社が施設命名権(ネーミングライツ)の契約締結を発表。これにより新しいドーム名が「みずほPayPayドーム福岡」となった。

    この契約はプロ野球球場の1軍本拠地における国内初の連名ネーミングライツとなり、球場名に2つのブランドが並ぶ異例の命名となる。これを受け、Xではその略し方が話題に…。

     

    関連記事:水原一平氏、ギャンブル依存症に陥った理由は“背徳感”? 箕輪厚介氏の考察に「闇が深い」の声も

    ■略し方は…

    「みずぺいドームだから水原一平ドームね」「みずほPayPayドーム → みずぺい → 水原一平 → 水原一平ドーム」「みずほPayPayドームの略称がみずぺいドームなので実質水原一平ドームとか言われてて流石に笑った」と、“みずぺい”から水原容疑者を連想する人が続出。これによりXで「水原一平ドーム」がトレンド入りする事態に。

    関連する単語が軒並みトレンド入りしたことで、困惑するユーザーも。

    「水原一平ドームって、なんぞや?」「誰や 水原一平ドームとか言い出したの」「水原一平ドームって何? 笑」「水原一平ドームてなんだよ(笑)」「水原一平ドーム呼ばわりはさすがに風評被害すぎる」といったコメントも寄せられている。

     

    関連記事:和田アキ子、ドジャース解雇の水原一平氏に「何してんねん」 パネルを叩いて叱責

    ■ドジャーズから解雇

    水原容疑者は先月20日(日本時間21日)、違法賭博疑惑によってドジャースから解雇されたことが報じられた。

    賭博では膨大な金額の借金を作っており、大谷選手の銀行口座から1,600万ドル(約24億5,000万円)以上を不正送金していたとして、アメリカの捜査当局が今月11日(同12日)に銀行詐欺容疑で訴追。

    同月12日(同13日)に保釈金2万5,000ドル(約380万円)を納付し、「大谷選手への接近禁止」などの条件付きで保釈されている。

    「水原一平ドーム」が突如トレンド入り 福岡ドーム“異例の新名称”が話題


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「福岡ドームが『水原一平ドーム』に?驚きの異例命名がネットで話題」】の続きを読む


    ピート・ローズ氏が大谷翔平をイジる!サインに批判の声集まる


    イチローローズ 記録に透ける2人の人となり ^ スラックス姿で指揮…ピートローズ氏 独立Lで監督 Sponichi Annex 2014年6月18日 05:30 ^ a b ピートローズ氏 レッズの球団殿堂入り決定「非常に光栄」 - スポーツニッポン, 2016年1月20日付 ^ イチロー
    46キロバイト (4,547 語) - 2024年3月30日 (土) 10:52


    ピート・ローズがなんだかんだ言っても偉大な選手だからな。ただ大谷翔平には賭け事は止めてほしいよね。

    ピート・ローズ氏がまたも大谷を揶揄する言動をした(C)Getty Images

     野球賭博への関与で球界から永久追放されているピート・ローズ氏が、元通訳の水原一平容疑者の違法賭博事件を巡る問題で大谷翔平に対して再びからかうような言動をした。

    【動画】歴史を塗り替える一発!大谷翔平がメジャー日本選手最多176号を放ったシーン


     米メディア『TMZ SPORTS』の記事によると、ミネソタ州セントポールで開かれたサイン会に出席したローズ氏は、集まったファンへのサインボールに「野球に賭けてごめん」「大谷も『ごめん』と悔やんでいる」「俺にも通訳がいれば良かったなあ」と記したという。

     同メディアは、ローズ氏がサインしたと思われるボールの写真を紹介し、「連邦捜査局はオオタニが被害者と述べているが、ローズ氏は信じていない」と伝えている。

     通算4256安打のメジャー記録を持つローズ氏は、レッズの監督時代に野球賭博をしていたという調査結果を受けると、1989年にMLBから永久追放処分を受けた。本人は10年以上その主張を否定していたものの、2004年にようやく賭けをしていたことを認めている。

     ローズ氏は以前にインスタで「1970、80年代の自分にも通訳がいれば良かった。そうすれば無罪放免だった」と、大谷を皮肉る動画を投稿して話題になった。


     ローズ氏の大谷を揶揄する言動は非難の的となっているのが現実だ。米メディア『Baseball Legends』はXで「ピート・ローズ氏がオオタニを非難」と、ローズ氏がサインをしている様子と、ボールの写真を添えて投稿している。これには「やめろよピート、歓迎されてないぞ」「殿堂入りの負け犬」などと、ローズ氏への批判が集まっていた。

     過去にもローズ氏は、自身のメジャー歴代最多安打記録(4256安打)を抜いたイチロー(日米通算4367安打)に対しても、日本での記録は認めないという主張をしている。
     
     現役時代に偉大な記録を打ち立てながら、自身の賭博スキャンダルで殿堂入りも除外された。サイン会に集まるようなファンがいる一方で、アンチも多く存在していることは明らかだ。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    「殿堂入りの負け犬」と言われ…ピート・ローズ氏の大谷翔平イジり「野球に賭けてごめん」のサインに批判集まる現実


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ピート・ローズ氏が大谷翔平をイジる!サインに批判の声集まる】の続きを読む


    大谷翔平の絵本に水原一平元通訳の姿消失!出版社がコメント


    水原 一平(みずはら いっぺい、1984年12月31日 - )は、日本人の通訳者である。大谷翔平の専属通訳として、2017年から2024年まで大谷のメディア出演やチームメイトとの交流の際に日英・英日の通訳を務めたことで知られる。 6歳まで北海道苫小牧市で過ごし、1991年に和食料理人の父・英政がロ…
    24キロバイト (3,151 語) - 2024年4月18日 (木) 03:00


    水原一平元通訳の姿が絵本から消えるとは残念です。彼も大谷選手の活躍に大きく関わってきた方なので、今後の展開に注目ですね。

    米大リーグ・ドジャースの大谷翔平選手の半生を描いた絵本『野球しようぜ!大谷翔平ものがたり』(3月20日発売)から、水原一平元通訳の登場シーンが消されたことがわかった。

    版元の世界文化社(東京都千代田区)は4月19日、弁護士ドットコムニュースの取材に、大谷選手サイドと協議したうえで修正したことを認めた。スポーツ賭博による一連の不正送金問題を受けての対応とみられる。

    ●4月中旬出荷分から水原元通訳は消えた

    絵本は、メジャーリーグで活躍する大谷選手の幼少期から現在に至るまでを描いている。

    全国の小学校に寄付した「大谷グローブ」や、WBC(ワールドベースボールクラシック)の活躍、ドジャース入団まで、さまざまなエピソードを紹介しており、売れ行きも好調だという。

    絵本を発行する世界文化社は4月19日、弁護士ドットコムニュースの取材に、絵本から水原元通訳が消えたことは「事実です。4月中旬出荷分の3刷目より対応をしております。大谷選手サイドと協議をした結果、修正致しました」と認めた。

    もしも、すでに購入した人が、水原元通訳の登場しない内容の絵本への取り替えを求めたとしても、対応はできないという。

    「本の奥付にも明記してありますように、落丁、乱丁のある場合はお取り替え致します。 それ以外のお取替えにつきましてはご対応致しかねます」(世界文化社)

    X(エックス)上では数日前から、絵本から水原元通訳がいなくなっていると指摘されて、話題になっていた。

    絵本の発売日と時期を同じくして、水原元通訳の違法賭博問題がクローズアップされて、その後、大谷選手の銀行口座から1600万ドル(約24億5000万円)もの金を引き出してブックメーカーに不正送金していた問題が明らかになった。

    こうした事態を受けてか、大谷選手と水谷元通訳が隣合わせで登場するページから、水谷元通訳が消えたとみられている。

    大谷翔平の「絵本」から水原一平元通訳の姿消える…出版社認める「大谷選手サイドと協議した結果」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大谷翔平の絵本に水原一平元通訳の姿消失!出版社がコメント】の続きを読む


    大谷翔平絵本の水原容疑者バージョン、高額出品相次ぐ


    大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
    349キロバイト (49,093 語) - 2024年4月20日 (土) 02:43


    「やっぱりこの絵本は人気なんだね。水原容疑者の絵本が高値で取引されているとは驚きだ。この絵本を手に入れた人はラッキーだな」

     ロサンゼルス・ドジャースの大谷翔平選手の半生を描いた絵本『野球しようぜ!大谷翔平ものがたり』(世界文化社)。前通訳の水原一平容疑者とみられる人物が描かれていたとするバージョンが「メルカリ」で高額出品されています。

    【画像】本の中身

    ●内容の修正話題呼ぶ

     絵本はドジャースが韓国で開幕戦を行った3月20日に発売。大谷選手のドジャース入団会見を描いたページには、長年通訳を務めてきた水原容疑者とみられる人物が載っていました。

     しかし、絵本の発売後に水原容疑者の賭博スキャンダルや銀行詐欺容疑が発覚。4月中旬には、絵本の最新版では水原容疑者らしき人物が消えているとSNS上で話題を呼び、出版社側が内容の修正を行ったことが複数媒体で伝えられていました。

     「メルカリ」では20日現在、「水原さん有」「水原一平記載」「一平あり」との説明書きとともに、水原容疑者らしき人物が描かれたバージョンだとする絵本の出品が続出。新品の定価は1760円ですが、その4.5倍となる8000円程度で売られているケースもありました。

    大谷翔平絵本の「水原容疑者あり」バージョン出品相次ぐ(画像は世界文化ホールディングスニュースリリースから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大谷翔平絵本の水原容疑者バージョン、高額出品相次ぐ】の続きを読む


    賭博関与疑惑を真っ向否定!大谷翔平の元同僚が証言


    大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
    348キロバイト (48,917 語) - 2024年4月17日 (水) 06:44


    大谷翔平選手は本当に凄い選手ですよね。向上心があるからこそ今の成功があるのだと思います。

    大谷の野球に対する真摯な姿勢はチームメイトたちにも伝わっている(C)Getty Images

     前代未聞のスキャンダルに巻き込まれながらも、信頼が揺らぐことはなかった。

     ドジャースの大谷翔平の元通訳である、水原一平容疑者が違法賭博に関わっていたことが開幕直後に発覚し、2024年のMLBは激震に揺れながらシーズンがスタートした。その後、水原容疑者が大谷の口座から24億円もの金額を不正送金していたという驚愕の事実も明らかとなっている。

    【関連記事】水原容疑者が大谷翔平に“なりすませなかった”理由 銀行員との会話を聞いた米捜査員が証言「オオタニは流暢な英語は話さない」


     韓国でのパドレスとの開幕カードの最中より報じられたこの一連の騒動では、ブックメーカーへの送金の名義をめぐり、当初、大谷の関与の可能性を問う声も上がるなど異常事態に発展。後の捜査の結果、大谷が関わった事実はなかったとの連邦当局の見解が示された。

     多くのファンや球界関係者が大谷の“潔白”を信じていたものの、一部では疑いの視線があったことも事実。しかし、かつて共に時間を過ごした元チームメイトより、大谷がスキャンダルとは無縁であると強く主張していたことなども伝えられている。

     エンゼルス専門メディア『Halos Today』では、2018年から3シーズン、エンゼルスでプレーしていたマイケル・エルモシーヨのコメントを紹介している。

     現地時間4月18日配信の記事では、「エンゼルスでダグアウトを共にしていた人々は、真っ先にオオタニの関与を否定した」と綴られており、その上でエルモシーヨの見解を記している。

     エルモシーヨは「賭博のことが話題になったとき、私はすぐに『オオタニが関係しているはずがない』と思った」と語っており、また怪我から復帰へ取り組む姿も見てきたと述べるとともに、「彼は常に上を目指している。24時間365日野球に夢中で、どうすればもっと良くなれるかを考えている」と振り返ったとしている。


     また、トピック内では「結局、連邦当局とメジャーリーグの調査によって、オオタニの容疑は晴れた。一方、ミズハラは銀行詐欺の重罪とギャンブル依存症治療プログラムへの出席義務という結果に直面した」と事件の経緯を説明。

     その上で同メディアは、「このように、オオタニが野球の素晴らしさをひたすら追求したことと、元通訳をめぐる不運なスキャンダルとの間には、明確な隔たりがある。この事実は、ファンや同僚に、オオタニの野球への集中が確固たるものであることを保証する結果だ」などと論じている。

     大谷と同じシーズンにメジャーデビューを果たしたエルモシーヨが語ったコメントは、元同僚としての本心であることは間違いないだろう。そしてその言葉の通り、今後も大谷の野球への信念は変わらず、揺るぎないものとなっていくはずだ。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    「関係しているはずがない」大谷翔平の”向上心”を知る元同僚が”賭博関与疑惑”を真っ向否定!「彼は常に上を目指している」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【賭博関与疑惑を真っ向否定!大谷翔平の元同僚が証言】の続きを読む

    このページのトップヘ