スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    武尊


    武尊、ダウンタウン浜田に感謝!異例の対応に驚きと感激


    武尊(たける、1991年7月29日 - )は、日本のキックボクサー、 YouTuber、実業家。鳥取県米子市出身。team VASILEUS所属。現ONE世界フライ級キックボクシング2位。 K-1  史上初 世界3階級制覇王者 。第4代K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者。初代K-1 WORLD…
    47キロバイト (5,274 語) - 2024年4月28日 (日) 17:10


    武尊さんと浜田さんのコンビネーションは最高ですね!素晴らしい対応に感謝します。

     「K-1 WORLD GP3階級制覇」、「10年間無敗」世界の格闘技界にその名を轟かせた武尊が、紆余曲折の半生を語った『ユメノチカラ』(徳間書店刊)。武尊は同書で「心折れそうなとき、道を逸れてしまいそうになったとき、自分を支えてくれたのは『夢』の力だった」、「幼いころに誓った『K-1のチャンピオンになる』『格闘技で成功する』その夢を持ち続けたから、今がある」、「格闘技には、人の心を動かし人生まで変えてしまうとてつもないパワーがあると僕は信じている」などと語る。リアルな心境がつづられた同書から、ダウンタウンの浜田雅功とのエピソードを、一部抜粋して紹介する。

    【全身カット】1年ぶりの復帰戦で豪快KO勝利した武尊 初海外リングでムーンサルト&フランス語も披露

    ■プロローグ 優しさ

     突然、テレビの制作スタッフから、思いがけないメッセージが届いた。「浜田さんが『武尊がいけるんやったらやろう』と言ってます」

     浜田さんとは、ダウンタウンの浜田雅功(まさとし)さんだ。あの一戦後、すっかり気持ちが沈んでしまっていた僕には、とても大きな意味を持つ提案だった。

     2022年6月19日、東京ドームで開催された「THE MATCH 2022」。実現まで7年を費やした「世紀の一戦」、那須川天心対武尊の結末を目撃するべく、ドームには5万6339人の大観衆が集まり、ABEMAのPPV(ペイパービュー)は約50万件を売り上げたと言われる。日本格闘技史上最も注目を集めたカードは、那須川が判定勝利。敗れて、控え室に戻っていく武尊には大勢の観客が駆け寄り、「ありがとう!」

     「いい試合だった!」「また試合見せてくれ!」と口々に激励の声を掛けた。武尊は涙をこらえきれずに号泣した。

     試合終了のゴングを聞いた時、「これで終わりだ……」と思った。

     長い時間をかけて、ようやく実現させた試合。あとは「勝利」という結果で、これまで応援してくれたファンと協力してくれた人たちに恩返しをする――そう決めて、僕はこの日に臨んでいた。

     けれども、結果は出せなかった。その悔しさと、これまでやってきたことのすべてを失った喪失感。忘れるはずもない強烈な出来事だったのに、今思い返しても、試合後の記憶は曖昧(あいまい)だ。

     ただ、控え室へ戻る時に、お客さんから「ありがとう!」という感謝の言葉や励ましの声がいっぱい聞こえてきたことは、うっすらと覚えている。この声は正直、意外だったし、心も動いた。

     負けた選手には誰も興味を持たない。負けたら誰にも気にされず、ひっそりと去っていく……。

     そんなイメージを持っていた。もしかすると、観てくれた人は「勝ち負け」だけを観ていたわけじゃないのかもしれない。そんな気持ちも少しだけ浮かんできたけれど、試合直後の喪失感を埋めるほどのものじゃなかった。

     翌日から「引退」か「現役続行」かを考え続けた。続行するにしても、何をモチベーションに戦っていけばいいのか。こんなボロボロの心と体で、これ以上、戦うことはできるのか……。

     気持ちが揺れ動く中で一つだけ、決めていたことがあった。

     「今後一切、メディアに出る活動をやめよう」

     詳しくはこのあとの章で言うけれど、この時の僕は体とメンタルに問題を抱えていて、しばらくは休養して治療をする必要があった。

     その時は、「負けた選手には、テレビに出る資格はない」と考えていたということもある。

     試合後の直近の予定では、ダウンタウンの浜田さんの番組『ごぶごぶ』(MBS系)のロケが控えていた。「勝って、ご褒美(ほうび)ロケをやりましょう」と浜田さんや番組スタッフの人と話していたのに、結果を出せずに終わってしまった。みんなの期待を裏切ってしまったことが申し訳なくて、僕はマネージャーを通して浜田さんと番組スタッフの人たちに、「しばらくテレビに出る活動はやめようと思っています。番組のロケに参加できなくてすみません」とお断りの連絡をした。

     すると、浜田さんはこう言ってくれたそうだ。

     「いや、武尊は今やめたらあかんよ。こういう時だからこそ、ちゃんと人前に出て行かないと」

     そして、オフで自宅に帰っていた浜田さんから番組スタッフを通して伝えられたのが、冒頭の言葉。

     「武尊がいけるんやったら、東京でロケをやろう」

     浜田さんはその日、オフだったのに、僕のために休みを返上して、東京でのロケを組んでくれた。これは異例中の異例らしい。

     以前から番組収録の合間に話しかけてくれたり、プライベートの集まりに呼んでくれたりして、とてもお世話になってきた浜田さんが「オフを返上する」とまで言ってもらったら、断るわけにいかない。

     「わかりました。ロケに行きます。お願いします」

     6月28日に都内で『ごぶごぶ』のロケが決まった。

     浜田さんから「武尊が自腹で俺に美味しいものをおごる、みたいにしたらおもろいんちゃう?」と提案してくれて、「武尊プロデュースで、浜田さんにぜひ食べてもらいたい美味しい店を回る」というロケになった。

     美味しい焼き肉や寿司を食べて、「美味しい!」と絶叫したり、僕のオリジナルカレーをその場でつくり、浜田さんに食べてもらったり。

     浜田さんは、僕が試合の話をしようとすると、「あー、ええから」と話を変えて、試合の話をさせなかった。普段以上にテンションの高い僕と、普段と変わらない浜田さんで、楽しいロケになった。

     「あれ、武尊は落ち込んでないんだな。前と変わらず元気なんだな」

     番組を見た人はそんな印象を持ってくれたようだけれど、実は浜田さんから事前にこう言われていた。

     「悔しいし、苦しいのもわかるけど、武尊が元気な姿を見せないと、ファンの人も悲しむしな。テレビの前だけでも元気な姿を出したらいいよ。無理にでも笑っていれば、自分も元気になるから」

     ロケの合間も浜田さんにテンションを上げていただいて、たくさん笑って、たくさんどつかれた(笑)。

     また、ロケで出会った人たちから「この前の試合見たよ」「また応援してるね」などの言葉をいっぱいもらえたのもよかった。

     実は、このロケの後、休養を兼ねて海外に行くことが決まっていて、僕は「当分は表舞台から消えよう。人前に出たくないし、人にも会いたくない」と思っていた。

     そんな気持ちを、浜田さんはお見通しだった。

     オフを返上してまで番組ロケという「表に出る場所」を用意してもらって、僕は「ああ、またこうやって表に出ても大丈夫なんだ」と感じた。何か謹慎明けで、浜田さんにどつかれて「禊(みそぎ)」を済ませたみたいに。

     ロケが終わり、別れ際に浜田さんと話をした。「もう芸能活動はやめようと思ってました」

     そう言うと、浜田さんは首を振った。「やめたらあかんよ。求められてるうちは出とかな」

     そうして、こんなアドバイスをもらった。

     「ちゃんと人前に出たほうがいいよ。人前に出なくなると、気持ちもどんどん落ちていくから。人前に出たら、無理してでも笑うし、そうするとどんどん自分も元気になるから」

     浜田さんの優しさで、僕は悔しくてつらくて手痛い敗北から立ち直ることができた。

     今度は僕が、悩んだり、苦しんだり、つらい思いをしている誰かを、励ましたり、元気づけたりすることができたら、と思う。そんな気持ちをこの本に込めたい。
    2024年1月  武尊

    自著『ユメノチカラ』を発売した武尊


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【武尊、ダウンタウン浜田に感謝!異例の対応に驚きと感激】の続きを読む


    野杁正明、ONEと契約!新たな挑戦者が誕生か


    野杁 正明(のいり まさあき、1993年5月11日 - )は、日本のキックボクサー。愛知県名古屋市出身。K-1 GYM SAGAMI-ONO-KREST所属。至学館高等学校卒。第2代K-1 WORLD GPウェルター級王者。第2代K-1 WORLD GPスーパーライト級王者。K-1 WORLD GP世界2階級制覇王者。GLORY…
    27キロバイト (2,328 語) - 2024年4月24日 (水) 03:51


    すごい!野杁選手とONEのコラボ、楽しみですね。武尊選手との共闘も見逃せません!

     K-1ウェルター級王者の“怪物”野杁正明(30)が、アジアの格闘技団体『ONE Championship』(以下ONE)と独占複数試合契約を締結したことが発表された。今後、ONEのナンバー大会や、ONE Fight NightなどONEを舞台に活躍の場を広げていく。

    【動画】武尊、復帰戦でロッタンとの対戦を熱望 今後の試合についても言及

     “怪物”の異名通り、K-1で圧倒的な強さを見せてきた野杁。今年3月にK-1と契約解除し、新たな舞台に挑むことになった心境について「率直に嬉しいです。やっと!という気持ちが強いです。それとワクワクします。早く強豪しかいないリングで戦いたいです」と胸を高鳴らせる。

     新たな戦場としてONEを選んだ理由は「やはり立技最強の舞台はONEだと思っているので、そのリングに挑戦したかったからです」と明快。「自分は世界最強を目指して格闘技をやっているので、今の野杁正明がONEにも通用するのかを試してみたかったのでこのキャリアを選びました」と断言した。

     目標は「必ずONEのベルトを獲ること」とズバリ。そして「自分だけじゃなく武尊くんと一緒に。そして日本人の強さを証明していきます」とK-1時代からの盟友の武尊とともに、ONEでも王者を目指す。

     対戦したい相手は「誰との試合でも挑戦者だと思うので誰でもいいです。ランキングに入っている選手はもちろん、とにかく強い選手と戦っていきたいです」と険しい道のりを進む覚悟を示した。

     野杁のONEデビュー戦は追って発表される。

     野杁はK-1甲子園2009優勝をはじめ多くのタイトルを総なめにし、国内外の強豪たちを次々と撃破。17年6月のK-1さいたま大会で初代スーパー・ライト級王者ゲーオ・ウィラサクレックに勝利して、第2代同級王座に就いた。21年9月には第2代K-1ウェルター級王座決定トーナメントで優勝し2階級制覇を達成。「K-1 AWARDS 2021」では最優秀選手賞(MVP)にも選ばれ、名実ともにK-1を代表する選手となった。

     22年6月の「THE MATCH 2022」ではシュートボクシングの海人に延長判定1-2で惜敗し、この試合で負った拳の怪我で試合から遠ざかる。23年3月に10ヶ月ぶりに復帰し、ジャバル・アスケロフを右ストレート一撃でマットに沈める。同年7月のアマンシオ・パラスキフにKO勝利した試合が、K-1でのラストマッチとなった。

    “怪物”野杁正明、ONEと独占複数試合契約を締結


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【野杁正明、ONEと契約!新たな挑戦者が誕生か】の続きを読む


    ONEチャトリCEOが重大発表、日本人選手の参加決定!


    ONE Championship(ワン・チャンピオンシップ、略称 ONE)は、シンガポールを拠点とする総合格闘技、ムエタイ、キックボクシング団体。アジアを中心に活動している。 シンガポール政府投資公社、テマセク・ホールディングス、アイコニック・キャピタル、セコイア・キャピタル等の投資会社から支援を受けている。…
    31キロバイト (685 語) - 2024年3月1日 (金) 22:28


    日本人選手の参加が決定したということは、ますますONEチャンピオンシップが日本でも盛り上がりそうですね!楽しみにしています!

     キックボクサーの武尊やMMAファイターの青木真也らが所属するアジアの格闘技団体『ONE Championship』(以下ONE)のチャトリ・シットヨートンCEOが来日し、先月よりスタートしたU-NEXTと日本国内のパートナーシップ契約や、今後のビジョンについて語った。

    【動画】武尊、復帰戦でロッタンとの対戦を熱望 今後の試合についても言及

     長年にわたってABEMAで放送されてきたONEだが、U-NEXTを新たな日本のパートナーに選んだ理由について「私たちのグローバル戦略が世界のあらゆる国や地域において、最高峰の放送局と提携することだからです。たとえばアメリカではAmazon Prime Video、欧州ではSky Sports、中東ではbeIN Sports、中南米はSeven Networkですね。これらはすべて最大かつ最高の放送局でありU-NEXTも同じレベルだと思っています。なかでもU-NEXTを魅力的に思う理由は、世界最高峰のリアルスポーツを届けているからです」と語る。

     今年1月に4年ぶりに開催した日本大会『ONE 165』は大盛況となった。今後の日本戦略については「日本のアスリートのために武道・格闘技に投資し、新たなヒーローとストーリーを見つけたいです。その2つがあれば日本の次のスーパースターを見つけ出せると思っています」と話す。

     しかし、「真の武士道や武道の文化はあるものの、適切な投資が行われているとは思えません」と指摘し、ONEが日本人アスリートに投資していくことを明言。「私は格闘技界の“大谷翔平”が見つかると信じています!これはとてもエキサイティングな試みですね」と期待を寄せた。

     注目している日本人選手として武尊と秋元皓貴の名前を挙げ、「さらに交渉中のため詳細は控えますが、重大な発表が近々あります。日本人選手がONEに参加する事が決定していて、とても楽しみにしています」と予告した。

    ●チャトリCEOインタビュー全文
    ・U-NEXTを日本国内のパートナーとして選んだ理由について教えてください。
    【チャトリ】私たちのグローバル戦略が世界のあらゆる国や地域において、最高峰の放送局と提携することだからです。たとえばアメリカでは Amazon Prime Video、欧州ではSky Sports、中東ではbeIN Sports、中南米はSeven Networkですね。これらはすべて最大かつ最高の放送局でありU-NEXTも同じレベルだと思っています。なかでもU-NEXTを魅力的に思う理由は、世界最高峰のリアルスポーツを届けているからです。そこにU-NEXTのビジョンと価値観が表れていると思いますし、最終的には日本のスーパースターから世界的な超一流のスターをU-NEXTとともに生み出したいと考えています。

    ・日本戦略について
    【チャトリ】日本のアスリートのために武道・格闘技に投資し、新たなヒーローとストーリーを見つけたいです。その2つがあれば日本の次のスーパースターを見つけ出せると思っています。私は日本の「大和魂」や「武士道」を心から信じています。それは私が日本とのハーフだからだし、今も母と暮らすなかでは毎日、日本語を話しています。私にとって日本は戦士の国なのです。だからこそ日本が素晴らしい格闘技を持つ国であることを世界に伝えたいと思っています。

    約30年前には日本に偉大な格闘家がいると誰もがいいましたが、今では少し衰退してしまいました。日本の人口1億2500万人で見ると、多くの人は中学や高校で剣道、合気道、柔道、空手など武道が必修となりその文化に触れています。ただ真の武士道や武道の文化はあるものの、適切な投資が行われているとは思えません。テレビやデジタルのソーシャル視聴率において世界最大規模の視聴者数を誇る巨大な組織となったONE championshipのような団体が、日本のトップアスリートと次世代アスリートに本格的に投資するのはこれが初めてだと思います。私は格闘技界の”大谷翔平”が見つかると信じています!これはとてもエキサイティングな試みですね。

    ・グローバル戦略について
    【チャトリ】私たちの戦略はキックボクシング、ムエタイ、総合格闘技など、あらゆる分野にわたって世界選手権に出場するような世界で最も優れた武道家のみを採用するという指針を掲げ、最大の格闘技組織となることです。私たちは毎週金曜日に世界190か国で試合をお届けしています。今年は少なくとも61のライブイベントを予定しています。これは日本人選手が自分たちの偉大さを世界にアピールする素晴らしい機会です。私たちは常に選手がヒーローである事、またそのストーリーや価値を重視してきました。それがファンを魅了してきたONEの1つの戦略でもありますが、それ以上に重要な事はONEに世界から最高の格闘家が集まり、多岐に渡る種類の格闘技で常に競い合える場がある事だと思います。

    ・ONEが注目している日本人選手を教えてください。
    【チャトリ】MMAであれキックボクシングであれ、ムエタイであれ、ここ数年日本への投資で最も困難だったことの1つは、日本人選手がONEにおいてまだ良い結果を出し切れていないということです。
    もちろん、今後は変化が見られることを願っているし、キックボクシングのスーパースターである武尊は、日本中の若い世代に多くのインスピレーションを与えたと思います。これだけは言えますが「ONE 165: スーパーレック vs. 武尊」の後にアスリートたちの関心が非常に高まったと言えます。日本でも最強の選手たちがONEに興味を持ったのです。彼らは日本に名誉と栄光をもたらしたいと思っているのです。

    もちろん武尊も、今もONEの世界チャンピオンになる事を諦めていないし、そうなれば彼のキャリアにおける最大の偉業になると思います。彼の階級は非常にタフで倒さなければならない競争相手がたくさんいますが、私は武尊が世界チャンピオンになる大きなチャンスを持っていると信じています。

    一方、秋元皓貴のような空手の世界王者の選手もいます。彼のスキルと才能があればONEで再び王者になることも可能だと思います。平田樹や三浦彩佳のような新世代の選手達もいます。2人とも柔道の強豪選手です。まだとても若くキャリアの初期段階で、成長もしなければいけないし、今は結果も様々ですが、進歩を続ければチャンスはあります。

    さらに交渉中のため詳細は控えますが、重大な発表が近々あります。日本人選手がONEに参加する事が決定していて、とても楽しみにしています。

    『ONE』の日本戦略について語ったチャトリCEO


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ONEチャトリCEOが重大発表、日本人選手の参加決定!】の続きを読む


    武尊(たける、1991年7月29日 - )は、日本のキックボクサー。鳥取県米子市出身。team VASILEUS所属。第4代K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者。初代K-1 WORLD GPフェザー級王者。初代K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王者。現ISKA世界ライト級王者。現K…
    46キロバイト (5,172 語) - 2024年2月20日 (火) 12:50
    「UFC以外の格闘技ランキングの価値について懐疑的な意見が存在します。特に、キックボクシングのパウンド・フォー・パウンド(PFP)ランキングで那須川と武尊が1位に選ばれたことに対する反応は、ランキングの信頼性や基準に疑問を投げかけています。UFCは世界最大の総合格闘技団体としてその地位を確立しており、そのランキングは広く認知されているため、UFC以外のランキングが同じような権威を持つことは難しいというのが、この意見の根底にあります。

    那須川や武尊のようなトップ選手がPFPランキングで高い位置につくことは、彼らの実力や人気を反映しているとは言えるものの、格闘技の世界は非常に多様であり、各団体ごとに異なるルールや競技レベルが存在します。このため、UFC以外のランキングが同じ基準や視野で作成されることは稀であり、ランキングに対する評価は分かれるところです。

    しかし、UFC以外のランキングにも価値がないと一概に言えない面もあります。これらのランキングは、特定の競技や団体における選手の活躍を評価し、その成果を表彰する目的があり、選手やファンにとっては重要な意味を持つことがあります。那須川や武尊のような選手が評価されることは、彼らの努力や才能を認めることに繋がり、格闘技界全体の活性化に貢献する可能性もあります。

    結局のところ、ランキングの価値はその作成基準や目的、そしてそれをどのように受け止めるかによって大きく異なります。UFC以外のランキングに対する懐疑的な見方は理解できますが、それぞれのランキングが持つ独自の価値や意義にも目を向けることが重要です。」

    【「UFC以外のランキングへの懐疑的見解: 那須川、武尊を巡るPFPランキングを例に」】の続きを読む


    武尊(たける、1991年7月29日 - )は、日本のキックボクサー。鳥取県米子市出身。team VASILEUS所属。第4代K-1 WORLD GPスーパーフェザー級王者。初代K-1 WORLD GPフェザー級王者。初代K-1 WORLD GPスーパーバンタム級王者。現ISKA世界ライト級王者。現K…
    46キロバイト (5,162 語) - 2024年1月29日 (月) 13:25
    「武尊の試合はいつも見応えがありますが、今回の結果は本当に残念でした。彼の技術と努力は本当に素晴らしいですが、相手のスーパーレックも非常に強く、互いに限界まで戦い抜いた結果だったのかもしれません。次回はきっと彼の再起を見せてくれることを期待しています。」

    【【衝撃】武尊、スーパーレック戦での無念判定負けに涙…這い上がる闘志に感動!】の続きを読む

    このページのトップヘ