スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    格闘代理戦争


    格闘代理戦争: 平本蓮が推薦選手の再出場を強くアピール!


    平本 (ひらもと れん、1998年6月27日 – )は、日本の男性プロ総合格闘家、元キックボクサー。東京都足立区出身。剛毅會所属。弟は格闘家の平本丈。 12歳で全国U-15ジュニアボクシング大会優勝、高校1年生でK-1甲子園2014 -65kg級優勝、高校3年生でK-1ライト級世界トーナメント準優勝。22歳で総合格闘技に転向した。…
    35キロバイト (4,145 語) - 2024年4月26日 (金) 08:00


    確かに、格闘代理戦争は選手の実力が試される舞台です。再出場を望む選手たちの熱意を尊重すべきだと思います。

     7月28日の『超RIZIN.3』での朝倉未来戦に向けてアイルランドで武者修行している平本蓮が、ABEMAのオリジナル格闘ドキュメンタリー番組『格闘代理戦争-THE MAX-』に推薦選手の“再出場”をアピールした。

    【動画】平本蓮「皇治出してる場合じゃないですよ」推薦選手の再出場をアピール

     平本が監督として推薦したのは、大学卒業後は広告代理店に就職したものの、昨年6月に脱サラして格闘家への道を歩み始めた異色の遅咲きファイター・向坂準之輔。1回戦にエントリーしたが、イゴール・タナベの推薦する寝技の強豪・トミー矢野にTKO負けし、番組から脱落した。

     1回戦で姿を消した平本監督だったが、「ABEMA格闘」Xで公開された動画で「僕が敗退して終わった番組みたいになったので、俺が出ないとマズいだろ」と、アイルランドから番組の盛り上がりを心配し、「皇治出してる場合じゃないですよ、平本だろ」と途中参戦している因縁の皇治をイジった。

     そして「向坂くんを使ってくれないかな、決勝のワンマッチで」と向坂の再出場を直訴。矢野戦は「サイズが全然違った。それは言い訳にならないけど」と敗因を分析し、「客寄せパンダ枠で出場させてほしいです」とアピールすると、ナレーションで「平本蓮が再び参戦!」と紹介された。

    『格闘代理戦争』平本蓮監督(右)が推薦した向坂準之助(C)AbemaTV Inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格闘代理戦争: 平本蓮が推薦選手の再出場を強くアピール!】の続きを読む


    朝倉未来監督が緊急参戦!スペシャルマッチに参戦決定


    朝倉 未来(あさくら みくる、1992年7月15日 - )は、日本の男性プロ総合格闘家、YouTuber、実業家。スポーツインストラクター、歌手でもある。BREAKING DOWN株式会社代表取締役。芸能事務所・MAPROMOTIONS代表取締役社長。 愛知県豊橋市出身。元THE…
    64キロバイト (6,878 語) - 2024年4月20日 (土) 16:20


    朝倉未来監督の緊急参戦、楽しみですね!どんな選手が登場するのか気になります。

    次世代の格闘技界を担うスターを発掘する、ABEMAオリジナル格闘ドキュメンタリー番組「格闘代理戦争-THE MAX-」#7が、ABEMAにて4月19日に放送された。

    【写真】JAPAN TOP TEAMにて練習を重ねる若手格闘家を「格闘代理戦争-THE MAX-」に送り込むことを発表した朝倉未来監督

    「格闘代理戦争」シリーズとは、「格闘技界の次世代のスターを生み出す」という目的のもと、第一線で活躍する格闘家が監督となり、格闘家の原石である若手ファイターを推薦して競わせることで新たなスターを発掘、その過程を追う“格闘ドキュメンタリー番組”。2017年の「格闘代理戦争 1st Season」の放送以降、シリーズごとに立ち技格闘技や総合格闘技などのテーマを設け、これまで5シリーズにわたり放送してきた番組の6作目となる「格闘代理戦争-THE MAX-」では、総合格闘技をテーマに8枠のトーナメント形式で行われ、優勝の栄光と賞金300万円を懸けて、若手ファイターたちがしのぎを削る。

    ■4月19日の放送では

    4月19日に行われた準決勝では、トーナメント1回戦を勝ちあがった4選手が激突する。RIZIN出場もかかる決勝戦に向けて、原石とは思えないアツい試合がくり広げられた。

    第1試合は、青木真也監督推薦の中谷優我選手対イゴール・タナベ監督推薦のトミー矢野選手が対戦し、結果はトミー選手が試合開始直後に組みにいき、関節技を決め1R、1本勝ちとなる。

    第2試合は、岡見勇信、中村倫也監督推薦の中村京一郎選手対ホベルト・サトシ・ソウザ監督推薦のギレルメ・ナカガワ選手が対戦し、中村選手がギレルメ選手のタックルをかわし、スタンドでの攻防の末、3Rにパンチのラッシュを浴びせて、TKO勝ちとなった。

    また、皇治監督、芦澤竜誠監督によるスペシャルマッチは、皇治監督推薦のガブリエル・クサノ選手対芦澤監督推薦の田端魂(もん)選手、皇治監督推薦の雄貴選手対芦澤監督推薦の脇田仁選手の2試合が行われ、結果は、第1試合は皇治監督推薦のクサノ選手の1R1本勝ち、第2試合は芦澤監督推薦の脇田選手が1RTKO勝利を収め、監督対決は1勝1敗でドローとなった。

    ■朝倉未来監督参戦

    また、朝倉未来選手の監督参戦も緊急決定し、自身が所属するJAPAN TOP TEAMにて練習を重ねる若手格闘家を、「格闘代理戦争-THE MAX-」に送り込むことも発表された。朝倉監督は、5月17日(金)に行われる決勝戦に、皇治監督と芦澤監督のようなスペシャルマッチとして参戦する予定だ。

    「朝倉海に匹敵するポテンシャルがある」と選手に絶大な信頼を寄せる朝倉選手は、いったいどんな選手を引き連れて、参戦してくるのか、注目が高まる。


    緊急参戦が決定した朝倉未来監督/(C)AbemaTV,Inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【朝倉未来監督が緊急参戦!スペシャルマッチに参戦決定】の続きを読む


    青木真也の愛弟子が電光石化の足関決着!驚きの展開にファン騒然


    青木真也の愛弟子が電光石化の技を披露してしまったとは驚きですね。まさかの結末にビックリしました。

    【写真・画像】 1枚目

     わずか18秒の衝撃的な完全決着だ。最初の攻防でタックルを許した次の瞬間、膝を極められ悶絶タップ。まさかの展開に青木真也の愛弟子は駆け寄ったメディカルスタッフの問いかけに応じられず両手を顔の前で合わせて呆然自失となった。

    【映像】衝撃の足関“18秒”葬

     19日に放送された「格闘代理戦争-THE MAX-」準決勝で、青木真也が推薦する中谷優我が、イゴール・タナベ推薦のトミー矢野に、膝十字固めで秒殺一本負けを喫した。

    「格闘代理戦争」とは、「格闘技界の次世代のスターを生み出す」という目的のもと、第一線で活躍する格闘家が監督となり、各自若手ファイターを推薦して戦わせる格闘ドキュメンタリー番組。今回、優勝者には7月の「超RIZIN3」への出場権が与えられる。

     準決勝に登場したのは、青木から「『こいつ伸びるな』っていう期待値がない。格闘家として致命傷だと思うよ」と言われ、涙を流していた中谷。それでも、1回戦では得意のグラップリングの展開に相手を引き込み完勝。意外な才能を見せていた。

     その後は中谷への密着が続き、先日は藤田和之&ケンドー・カシンというレジェンド級プロレスラーから直々のトレーニングを学び、日に日に成長している姿が見えた。おそらく、ファンもそんな中谷に期待を寄せていたはずだ。

     だが、結果は無惨なものだった。ゴングが鳴って早々、トミー矢野がタックルに入り、すぐさま足を取ると電光石火の膝十字固め。わずか18秒の出来事だった。解説席で見ていた初代RIZINフェザー級王者の斎藤裕は「テイクダウンが取れなくても自分から足を取りに行って……そこに行くまでが早くて正確で、すごく上手」、ONE championshipフライ級2位の若松佑弥も「本当すごいっすね。すぐ潜りにいったのが熟練の技を感じる」とトミーの技術に感服していた。

     タップ負けを喫した中谷は、ケージ内で頭を抱え呆然。足を引きずりながらリングを後にした。一方の監督・青木はどこかさっぱりとした表情をしていたが…試合後、二人の間でどのようなやり取りがあったのか。中谷の再起、今後の活躍も含めて注目したい。

    衝撃の“18秒”…電光石化の足関決着 青木真也の愛弟子、まさかの結末に呆然自失


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【青木真也の愛弟子が電光石化の足関決着!驚きの展開にファン騒然】の続きを読む


    一撃必殺!アマチュア試合で見せた衝撃的なKO!


    まさに瞬殺!興奮しすぎて思わず声が出ちゃいました。アマチュアの試合ならではの驚きがありますね。

    【写真・画像】 1枚目

     シリーズ史上最高のベストバウトだ。UFC戦士二人の推薦選手とボンサイ柔術の代理戦争は、最終ラウンドに衝撃的なKO劇。両陣営の持ち味を出し切った名勝負に会場は喝采。ファンからも「これがアマの試合か?」と驚きの声があがった。

    【映像】会場騒然の衝撃KO

     「格闘代理戦争-THE MAX-」のトーナメント準決勝第二試合で、中村京一郎とギレルメ・ナカガワが対戦。3ラウンド、中村がパンチの連打からギレルメをKO。「柔術には付き合わない」という言葉通り得意の打撃戦で決勝へコマを進めた。
     
      準決勝は二人の日本人UFC戦士とボンサイ柔術推薦による文字通りの“代理戦争”となった。岡見勇信&中村倫也が推薦する中村は、一回戦で秋山成勲が推薦するミスターホンデに1ラウンド1分36秒でTKO勝利。元海上自衛官からMMAファイターに転身してわずか4年、しかも格闘技のバックボーンなしという異色の存在だ。
     
     対するクレベル・コイケ推薦のギレルメは、日本のMMAを席巻しているボンサイ柔術が誇る逸材でアマチュアでの戦績は10戦全勝。準決勝直前に監督のクレベルが不在という混乱はあったものの、現RIZINライト級王者・ホベルト・サトシ・ソウザが代役と万全の状態で臨んだ。
     
     試合前に「柔術フル無視、打撃戦のみ」を試合テーマに掲げた中村が有言実行の戦いを見せた。肩の力の抜けた脱力スタイルでサークリングしながら伸びのある打撃を見せる中村に、ギレルメはなかなか手が出ない。

     ラウンド中盤、中村の低空のボディ打ちに合わせ、ギレルメがタックルを仕掛けるがこれも簡単に切られる。
     
      中村は離れ際に打撃、さらに強いプレッシャーをかけ左をギレルメのアゴへ。ギレルメも左ハイ二発で対応するが、距離を掌握する中村がさらに左ボディ、さらに顔面へ左と追撃を見せる。

     2ラウンド、ギレルメがタックルを仕掛けるが、中村は組みの攻防には付き合わない。ギレルメも打撃に切り替え圧をかけるが、中村は下がりながらの攻防。左と右の大きなパンチ、スーパーマンパンチ、さらには左ボディと当て、ギレルメに何もさせずにラウンドを終える。
     
     3ラウンドは両者の持ち味を活かしたスリリングな展開。まず中村がノーモーションで強烈な左ボディを放つと、ギレルメが組み付いてチョークの体勢。これを振り解いた中村が、飛び込むギレルメを左ストレートで迎撃、左ミドル、さらに左のパンチと連続攻撃。

     しかし手負いのギレルメがフルスイングの左、クロスカウンター状態になり中村の腰が一瞬落ちる。この試合ではじめて組みの体勢に持ち込んだギレルメは、シングルレッグを狙うが中村はここも付き合わず徹底して打撃勝負。
     
    ギレルメは打撃とタックルの合せ技で突破口を探るが、着実に左ボディ、左フックと当て、さらにフルスイングの左。体勢を崩したギレルメのアゴに目掛けて中村のパンチが5連発、腰から落ちた相手にさらに追撃の手を緩めず連打。ここでレフェリーが試合を止めた。
     
     徹底した打撃戦で打ち勝った中村の顔には笑みが見えるが、口から出血しギレルメとの激闘がうかがえる。ファンからも「これがアマ?」「両者頑張った」「代理戦争レベルじゃない」とハイレベルの試合への賞賛とともに両選手への労いの言葉も多い。
     
     試合後の中村は「テイクダウンが何度も来たんですけど、打ち合ってくれたし、イイのも貰ったんで。彼もここからだと思うし僕もまだまだ、これから二人上に行くと思います」と強気のなかにも対戦相手のギレルメへのリスペクトを感じさせる発言。
     
     中村陣営の監督・岡見も「ギレルメ選手は強かった。ファイターとして尊敬します」とコメント、中村倫也も「ギレルメ選手は今後上がって行く選手」と最大級の賛辞で称えた。
     
     中村の「トミーとは、一回戦から決勝でやろうぜと二人で言っていたのでいい試合になるかなと思う」の発言どおり、決勝戦はイゴール・タナベ推薦のトミー矢野と中村に決定。勝者に7月の「超RIZIN3」への出場権が与えられる。

    衝撃KO「これがアマの試合か?」ファン騒然 劇的決着に会場興奮


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【一撃必殺!アマチュア試合で見せた衝撃的なKO!】の続きを読む


    格闘代理戦争-THE MAX-に参加する選手たちが特別稽古で磨きをかける


    マッコイ斎藤(マッコイさいとう、1970年2月9日 - )は、日本のテレビディレクター、演出家、テレビプロデューサー、スカパーJSATグループ番組審議会委員、YouTuber。番組制作プロダクション「株式会社 笑軍」の代表取締役、タレント。名付け親は山本圭壱。場合によってはマッコイ斉藤と表記されることがある。本名:斎藤…
    13キロバイト (1,609 語) - 2024年4月5日 (金) 06:54


    素晴らしい特訓を受けられたんですね!レジェンドの方々から闘魂をもらえたなんて、羨ましい限りです。

    次世代の格闘技界を担うスターを発掘する、ABEMAオリジナル格闘ドキュメンタリー番組「格闘代理戦争-THE MAX-」#6が、ABEMAにて4月12日に放送された。

    【写真】皇治選手と代理戦争での直接対決を快諾する芦澤竜誠選手

    「格闘代理戦争」シリーズとは、「格闘技界の次世代のスターを生み出す」という目的のもと、第一線で活躍する格闘家が監督となり、格闘家の原石である若手ファイターを推薦して競わせることで新たなスターを発掘、その過程を追う“格闘ドキュメンタリー番組”で、2017年の「格闘代理戦争 1st Season」の放送以降、シリーズごとに立ち技格闘技や総合格闘技などのテーマを設け、これまで5シリーズにわたり放送してきた番組の、シリーズ6作目となる「格闘代理戦争-THE MAX-」では、総合格闘技をテーマに8枠のトーナメント形式で行われ、優勝の栄光と賞金300万円を懸けて、若手ファイターたちがしのぎを削る。

    ■4月12日の放送では

    4月12日の第6回放送では、本番組で総合演出を務めるマッコイ斉藤が、4月5日放送で監督参戦が決まった皇治選手の対戦相手として、監督参戦のオファーをしに芦澤竜誠選手の待つジムに突撃訪問した。

    マッコイと対面するや否や、芦澤選手は「見たぞ格闘代理戦争! 俺と皇治をやらせようとしてんじゃねーぞ」と一喝し、皇治選手についてさんざんば倒した末に、芦澤選手は「やってやるよって話だよ」とあっさり皇治選手との代理戦争での直接対決を快諾する。また、「あいつ、ビビって出てこれねーんじゃねーか!? やれんのか」と自信満々な口ぶりでマッコイに言葉をぶつけた。

    皇治選手は、2〜3人は選手を用意していることを伝えると、「2~3人くらいなら、俺も何とかできるわ!」と推薦選手の目星はついているようだ。

    ■中谷優我選手は

    幼い頃からアントニオ猪木さんと交流のあった中谷優我選手は、今回、その闘魂を学ぼうと猪木さんとゆかりのあるプロレスラーの藤田和之選手、ケンドー・カシン選手のもとを、青木真也選手とともに訪れた。藤田選手は「猪木イズム最後の闘魂継承者」としてプロレスや総合格闘技で活躍している、言わずと知れた一流レスラー、また、ケンドー・カシン選手は青木選手が尊敬する覆面カリスマレスラーという、レジェンドレスラーふたりに中谷選手の特別稽古を青木選手が依頼した。初対面の中谷選手に対して、藤田選手は「ひと言だけ。プロもアマチュアも突き進むには、精神力が大事だから。そういう目つきに変わってほしい。目標があるなら自分信じて、てらいをしないで、バカになれよ」といきなりきびしくも愛のこもった言葉を放つ。

    その言葉から始まった特別稽古は、200段もある階段ダッシュから始まり、まき割り、波打ち際でのダッシュなど地獄のメニューの連続で、きびしい言葉を浴びせられながらも、これに必死に喰らいつき中谷選手は、みごとにすべてのメニューをやりとげる。最後の波打ち際のダッシュを終えると、突然、藤田選手がTシャツを脱ぎ、中谷選手のひざ下まで海水に浸かる浅瀬でタックル、ボディスラムで水面に打ちつけるなど、とことん中谷選手を追いこむ。

    最後に藤田選手は、「俺を張ってみろ!」と中谷選手にビンタを要求するも、おそるおそる張り手をする中谷選手に対して、「そんなんで効くか! こうやってやるんだよ!」と気合いのこもったビンタをお見舞いする。よろける中谷選手に、さらに「くやしいか! 声出せ! 思いっきりこい!! お前のそういうやさしさが弱点なんだよ!! 張れ、オラァ!」と喝を入れると、これに呼応するように、中谷選手が気持ちのこもったビンタを放つ。すると藤田選手は「よくやった」と中谷選手を抱きしめ、「それでいい。負けんなよ。バカになるんだよ」と愛にあふれた言葉を投げかけ、地獄の特訓は幕を閉じた。

    これを見た青木選手は、「完璧ですよ。申し分ない」と言い、中谷選手は「猪木イズム……闘魂……試合前にいちばんいい喝を入れてもらえたと思います」と自信に満ちあふれた表情で稽古を終えた。


    #6が放送されたABEMAオリジナル格闘ドキュメンタリー番組「格闘代理戦争-THE MAX-」/(C)AbemaTV,Inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【格闘代理戦争-THE MAX-に参加する選手たちが特別稽古で磨きをかける】の続きを読む

    このページのトップヘ