スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    朝倉海


    朝倉未来率いる格闘技エンタメ「BreakingDown」が縦スクロールマンガ化!魅力満載のストーリーに注目


    インタビュアー&レポーター BREAKING DOWN公式サイト BREAKING DOWN (@breakingdown_jp) - X(旧Twitter) BREAKING DOWN (@breakingdown_jp) - Instagram 【公式】BreakingDown / ブレイキングダウン…
    8キロバイト (547 語) - 2024年4月22日 (月) 23:17


    「BreakingDown」がマンガ化されるんですね!朝倉未来の魅力が存分に楽しめそうで、楽しみです。

    朝倉未来・海兄弟が主催する総合格闘技エンターテインメント「BreakingDown(ブレイキングダウン)」の縦スクロール漫画化が決定した。新作マンガ『BREAKING DOWN~成り上がってやる、絶対に~』として、4月29日(月・祝)よりDMMブックス・LINEマンガ・ebookjapanにて先行配信を開始している。


    制作はDMMグループのデジタルコミック出版社が担当し、ウェブトゥーンレーベル「GIGATOON」での展開となる。先行配信の開始にともない、あらすじなども公開されているほか、本作品に関するプロモーション動画が「朝倉未来 Mikuru Asakura」公式YouTube上で5月5日に公開予定の「BreakingDown12」オーディション動画内で公開されるとのこと。

    『BREAKING DOWN~成り上がってやる、絶対に~』作品情報

    原作:BreakingDown株式会社
    シナリオ:萩丸
    作画:ef toon studio
    レーベル:GIGATOON

    朝倉未来・海兄弟主催の「BreakingDown」が縦読み化!
    底辺配信者の主人公・夜神夏生は成り上がるために、朝倉未来の所へ乗り込む。幸運な事にスパーリングする事になったが、当然結果は瞬殺。恥をさらす結果となってしまう…!
    しかし、夏生には絶対に諦められない理由があって…?
    実在する「BreakingDown」の選手たちも魅力的なキャラとして多数登場!!
    成り上がり物語が今開幕するーー!!
    ※この物語はフィクションです

    ©BreakingDown株式会社・萩丸・ef toon studio/CLLENN

    朝倉未来率いる格闘技エンタメ「BreakingDown」が縦スクロールマンガ化 実在する選手も登場


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【朝倉未来率いる格闘技エンタメ「BreakingDown」が縦スクロールマンガ化!魅力満載のストーリーに注目】の続きを読む


    大阪最強の半グレが格闘王を襲撃!逮捕された「前田来い」の正体とは?


    TKO(レフェリーストップ:パウンド) 第3試合 バンタム級 3分3R △ 横山真樹 vs. 清水隼人 △ 3R終了 判定1-0 第4試合 フェザー級 3分3R ○ TAG vs. 西野聡 × 1R 2:05 TKO(ドクターストップ:額カット) 第5試合 ウェルター級 3分3R ○ 瀬戸哲男 vs. サップ西成 ×…
    4キロバイト (310 語) - 2020年8月1日 (土) 15:06


    こういう事件が起きると、格闘技界のイメージも悪くなるなぁ。早く解決してほしい。

     大阪の「西成」で生まれ育ち、かつて「大阪最強の半グレ」と呼ばれていたサップ西成氏。地下格闘技の選手を経て、地下格大会の運営者となり、現在は格闘技イベント「BREAKING DOWN」への参戦や格闘技大会のプロモートなどに邁進している。

     そんなサップ西成氏が、激動の半生を綴った著書『サップ西成自伝 奪還 「大阪最強の半グレ」と呼ばれた男』(徳間書店)を上梓した。ここでは同書より一部を抜粋し、サップ西成氏が起こした“前田日明襲撃事件”の内幕を紹介する。(全2回の1回目/2回目に続く)

    ◆◆◆

    前田来い、コラッ

     2013年9月8日、予定通り「THE OUTSIDER」が開催された。大阪市中央体育館は満員である。大阪初開催となる「THE OUTSIDER 第27戦」には、後に「BreakingDown」で活躍する朝倉海選手や啓之輔選手、金太郎選手が参加していた。

     第9試合が終了し、前田日明氏がリング上で勝者を讃えていた。それを合図に、私たちは一気に会場内になだれ込む。会場は紛糾したが口々に、

    「前田来い、コラッ」

     と、当人に詰め寄る。

     私は前田氏をつかみにかかり、揉み合いになった。間に関係者が入って前田氏は抱えられて控え室に向かう。そこで私はリングサイドに居座って、

    「前田を呼んでこい」

     と主張した。ところが、前田氏側が出てくる気配がない。

    「俺が1人で行くんやから話をさせろ」

    「俺が話をするから」

     と間を取り持ってくれたのがエンセン井上氏である。エンセン氏と一緒に汗をかいてくれたのが、最強のレフェリーと称された和田良覚氏だ。2009年9月13日、私はUFK Mixedウェルター級のベルトを巻いている。そのようなプロのリングでの活動を通じて、和田氏と面識はあった。

    「俺が1人で行くんやから話をさせろ」

     と私は主張し続けた。控え室の籠城が1時間くらい続いた頃だろうか。

    「手を絶対に出すな」

     という条件で、何人かの立ち会いの元で前田氏と対面することになったのである。エンセン氏、和田氏、前田氏のマネージャーなどを伴って1人で控え室に入った。私の覚悟は掛け値なしの命懸けである。

    前田日明から「お前ら、ヤクザだろ」と言われ…

     室内で前田氏は会議テーブルに座っていた。周りに何人かいるが、私は、そのまま机を蹴って、こう言った。

    「今すぐ俺とサシですんのか、詫び入れるのかどっちや。すぐ決めへんかったら、大会止まったまんま選手に迷惑かかるぞ」

     すると前田氏はこう告げた。

    「君たち、クロだろ?」

     クロというのは「暴力団」ということで、「X」が反社と関係していると繰り返し指摘するのだ。

    「お前ら、ヤクザだろ」

    「いや、全然違いますよ。どこかに面倒見てもらってるわけでも、カネを払ってるわけでもないです」

    「でも君たち、クロだろ」

    「一切、面倒も見てもらってないし、おカネも払ったりもしていません」

     こんな押し問答をしているうちに、私も落ち着いてきた。そこで、きちんとここに至った経緯も説明した。元々私は言葉が足らないところがあるので、どこまで伝わったかはわからない。だが、前田氏は、

    「まあ、サップの言うことはわかった。俺らも誤解してたから悪かった、すまん。また声をかけるわ」

    「それやったら帰ります。みんな引き上げます。試合やってください」

     最後は握手までして別れて控え室を出た。

     私は持っていたレコーダーのスイッチをオフにしたが、これで終わりになるはずがない。お互い子供ではないのだ。

     会場には警察が来ていた。運営側が被害届を出すことは確実だった。

    粗暴犯逮捕に数カ月後の背景

     想定通りだが「THE OUTSIDER」は被害届を警察に提出する。自身が汗をかき握手まで持っていったのに、ハッピーエンドとはいかなかったことに対して、情の人、エンセン井上氏の胸中は複雑だったと聞いた。

     捜査に動いたのは「同署によれば」報道でお馴染み、「X狩り」(※編注:「X」はサップ西成氏が運営していた格闘技団体の仮名)の最前線基地である南署である。

     襲撃事件から約3週間後の2013年9月29日、私は引退試合のリングに立った。舞台は「日本統一下剋上 Waru 頂上対決!」と銘打った、「WARU」大阪初上陸の大会である。

     私の事件は言ってみれば粗暴犯である。捜査にそれほどの時間を要するとは思えない単純な犯罪だ。イメージしていたのは試合前に私を逮捕、拘束して引退試合をできなくすることだった。

     あるいは運営側に働きかけて出場停止にすることも考えられた。

     ところがそうはならずに試合当日を迎える。会場の大阪府立体育会館には警察が来ていて、私の行動を確認しているのにもかかわらずだ。

     待てど暮らせど一向に「逮捕」とはならない。思わず南署に自ら出向いて、

    「なんで逮捕されないんですか」

     と直撃しようと思ったくらいである。

     考えられるのは背後関係の捜査だ。やはり警察は「X」や私の後ろ側に反社会的勢力がいることを疑っていたのではないか。そればかりか「THE OUTSIDER」にも同種の存在がいることも疑っていたのではないか。

    警察が時間をかけて入念に調べる理由

     今回の襲撃は「サップ西成個人」の犯行ではなく、背後の組織同士のトラブルと警察は筋読みをした。そうなると警察的には「美味しい」。ところが掘っても出てこない。今度は「ない」ことを裏取りして証明する。

     時間をかけて入念な調べをする理由は、そのくらいしか思いつかなかった。

     結局、事件は警察の思い描いた「美味しいモノ」でもなんでもなく、本当に粗暴な犯行だということにたどり着いた。

     だが長時間かけての調べを通じて私個人について出てきたものはすべて使うはずだ。逮捕までの時間が長いということは、私の勾留期間が長くなることを示していた。

    「俺はヤクザではないんや」“前田日明襲撃事件”で逮捕された“大阪最強の半グレ”が暴力と決別…サップ西成が明かした事件後の後悔〉へ続く

    (サップ西成,アンディ南野/Webオリジナル(外部転載))

    写真はイメージです ©akiyoko74/イメージマート


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大阪最強の半グレが格闘王を襲撃!逮捕された「前田来い」の正体とは?】の続きを読む


    朝倉未来&海兄弟とRIZIN社長の豪華3ショットが話題沸騰!


    GONG格闘技 ^ 朝倉兄弟始まりの路上スパーリングを初公開【最強の兄弟喧嘩】 (路上スパーリングの映像). KAI Channel/朝倉海のYouTubeチャンネル. 24 August 2019. ^ 朝倉兄弟を覚醒させた大恩人と対談してみた. KAI Channel/朝倉海のYouTubeチャンネル…
    40キロバイト (4,438 語) - 2024年3月21日 (木) 12:56


    朝倉兄弟と榊原CEOの3ショット、格好良すぎます!RIZINの未来が楽しみですね。

     RIZINの榊原信行CEOが4日、自身のSNSを更新し、朝倉未来&朝倉海の兄弟と3人で久しぶりに打ち合わせをしたことを報告した。

    【写真】朝倉未来&海兄弟と榊原CEOが久々に3ショット

     自身の右側に未来、左側に海と並んで3ショットをアップした榊原CEO。「3人で顔を揃えるのは随分久しぶりですが、今日朝倉兄弟と会って諸々打ち合わせをしました」と明かし、「2人とも相変わらず油の乗ったいい顔つきをしていましたよ!」と2人の様子を伝えた。

     そして「この先も朝倉兄弟が日米の格闘技界で話題をふりまくでしょうね」と、2人が日本だけではなくアメリカでも活躍することを期待した。

     この写真に「日米は激アツ匂わせ。期待しかない」「格闘家兄弟のtop of the top」「未来はRIZIN、海はUFCってこと!?」とファンから続々と興奮の声が寄せられている。

    RIZIN榊原信行CEO (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【朝倉未来&海兄弟とRIZIN社長の豪華3ショットが話題沸騰!】の続きを読む


    朝倉 (あさくら かい、1993年10月31日 - )は、日本の男性総合格闘家、YouTuber。愛知県豊橋市出身。第3代・6代RIZINバンタム級王者。初代THE OUTSIDER55-60kg級王者。JAPAN TOP TEAM所属。兄は同じく総合格闘家の朝倉未来。…
    40キロバイト (4,460 語) - 2024年2月17日 (土) 14:04
    「朝倉海選手がRIZINとの間にまだ数試合の契約を残しているという情報は、彼のファンにとって注目すべきニュースです。この契約状況は、朝倉海選手が今後どのような戦いを展開していくのか、そして彼のキャリアの進路にどのような影響を与えるのかに関心が集まっています。

    朝倉海選手は、その卓越した技術と戦闘スタイルで国内外の多くのファンから支持されており、RIZINにおける彼の試合は常に大きな注目を集めています。契約が残っていることは、ファンにとっては彼の活躍を引き続き見守ることができるという意味で、非常にポジティブなニュースです。

    この契約が朝倉海選手にとってどのような意味を持つのかは、彼の今後の目標と計画によって異なるでしょう。残された試合を通じて、さらなるタイトル獲得を目指すのか、それとも新たな挑戦者としての地位を確立しようとするのか、彼の戦略は注目されるポイントです。また、RIZINとの契約を最大限に活用して、自身のブランドをさらに強化し、国際的な舞台での活躍に向けた足がかりを固めることも可能です。

    朝倉海選手がRIZINとの契約をどのように履行し、残された試合でどのような成果を上げるのかは、彼のキャリアにとって重要な局面となります。ファンとしては、彼が見せる戦いぶりと、それによって彼のキャリアがどのように形作られていくのかを楽しみに待つことになるでしょう。朝倉海選手とRIZINの間の契約が、彼にとって、そしてファンにとっても有意義なものとなることを期待します。」

    【「朝倉海のRIZINとの契約状況: 残る試合数に関する最新情報」】の続きを読む


    団に抗議文を提出するのかと質問されると、「負けは負けで認めます。抗議はしません」とした。 2024年2月24日、RIZIN LANDMARK 8で野瀬翔平と対戦し、2Rにグラウンド状態での肘打ちの連打でTKO負けを喫した。 RIZIN公式YouTubeチャンネルより、瀧澤謙太の密着動画『RIZIN Preparation』(2021)…
    17キロバイト (1,784 語) - 2024年2月28日 (水) 17:32
    「野瀬選手の最近の試合でのパフォーマンスは、彼の格闘技における圧倒的な実力を改めて証明しました。特に、モトヤ選手を破り、その実力で注目されていた瀧澤選手に対して、何もさせずにフルボッコにするという結果は、野瀬選手が持つポテンシャルの高さを示しています。

    瀧澤選手がモトヤ選手を帰宅させた戦いは、多くのファンに強烈な印象を残しました。そのような実力者を相手にしても、野瀬選手が圧倒的な強さを見せつけたことは、彼が今後の競技界で大きな脅威となることを予感させます。野瀬選手のこの勝利は、彼のテクニック、戦略、そしてメンタルの強さが絶妙に組み合わさっていることを示しており、これらの要素が彼を現在の位置に押し上げていることが明らかです。

    野瀬選手のこのような圧倒的な勝利は、彼が今後直面するであろう挑戦に対しても、多くの自信を与えるものとなるでしょう。同時に、他の選手にとっても、野瀬選手が設定した高いベンチマークに挑戦する機会となります。この勝利は、野瀬選手がただの強敵ではなく、将来的にはさらに大きなタイトルを獲得する可能性を秘めた選手であることを業界に知らしめました。

    野瀬選手の今後のキャリアは、この勝利を起点として、さらに飛躍する可能性を秘めています。彼がどのような戦略を持って次なる対戦に臨むのか、そして彼の強さがどこまで伸びるのか、多くの格闘技ファンが見守ることになるでしょう。野瀬選手の今後の活躍に期待が高まる一方で、彼がどのような影響を競技界に与えるのかを見るのが楽しみです。」

    【「野瀬の圧倒的な強さ: モトヤを破った瀧澤を圧倒」】の続きを読む

    このページのトップヘ