スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    日本代表


    欧州メディアが報じた!久保建英に93億メガオファーの可能性とは?


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市麻生区出身のプロサッカー選手。ラ・リーガ・レアル・ソシエダ所属。ポジションはミッドフィールダー(右サイドハーフ、インサイドハーフ)、フォワード。日本代表。 2004年、2歳の時よりサッカーを始める。…
    73キロバイト (8,312 語) - 2024年4月6日 (土) 08:42


    バルサもバイエルンも、是非久保建英選手を獲得して欲しいですね!彼の才能は世界中で認められているので、どこのチームでも大化けするでしょう。

     サッカー日本代表MF遠藤航を擁するイングランドの名門リヴァプールが、スペインのレアル・ソシエダで活躍する日本代表MF久保建英の獲得に関心を示しているという。4月17日までに複数の欧州メディアが伝えている。

     今季のラ・リーガで24試合出場、7得点3アシストという記録を残し、チームの中心的存在となった久保。ソシエダも同日時点で勝ち点50の6位につき、来季のヨーロッパリーグ出場に期待がかかるが、もしかすると久保は大きなステップアップを遂げることになるかもしれない。

     スペインメディア「Football Fan Cast」によると、リヴァプールが6000万ユーロ(約93億円)もの移籍金をオファーする準備があるとのことで、英メディア「TEAM talk」がリヴァプールによる「久保への攻勢」が強まっていると報道している。同クラブでは、久保と同ポジションにあたる右ウイングを、長くエジプト代表FWモハメド・サラーが陣取ってきたが、今季をもってサウジアラビアリーグへと移籍する可能性が噂されているが、同メディアでは現在のリヴァプールが狙う有力なサラーの後釜候補として、バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWレロイ・サネ、バルセロナのブラジル代表FWラフィーニャ、そして「最有力のメインターゲット」に久保が名を連ねていると伝えた。

    「リヴァプールは“日本人好き”の指揮官ユルゲン・クロップが長く在任してきましたが、2023-24シーズン後の退任が決まっており、新監督にはスポルティングCPを率いるルベン・アモリムが就任濃厚とされています。このままアモリム新監督となれば、彼が最も得意とする“ダブル・トップ下”のフォーメーションを敷く可能性が高く、チャンスメイク能力に秀でた久保にとっては相性も抜群と言えるでしょう。ただ、現状ではチームの核となる活躍を披露できているソシエダを離れて、ポジション争いが熾烈な強豪クラブへ加入するかは未知数。久保自身、言語も流暢に話すことができるスペインでの継続を望んでいるとされ、今年2月にはソシエダと29年6月末までの契約延長も発表したばかり。もちろん、リヴァプールへの移籍は欧州最高峰の舞台であるチャンピオンズリーグへの出場も増えることから、選手としての成長にはつながるものの、“ベンチが定位置”になるリスクもはらんでいます。このあたりは久保が冷静に天秤にかけて熟考することになるでしょう」(スポーツライター)

     現在22歳の久保。仮に93億円ものメガオファーが実現した場合には、日本人選手として断トツで史上最高額の移籍金となるが、はたして…?

    (木村慎吾)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【欧州メディアが報じた!久保建英に93億メガオファーの可能性とは?】の続きを読む


    堂安律のオフショットにファン大興奮!圧巻ゴールのカッコ良さに絶賛の声


    堂安 (どうあん りつ、1998年6月16日 - )は、兵庫県尼崎市出身のプロサッカー選手。ドイツ・ブンデスリーガ・SCフライブルク所属。ポジションはミッドフィールダー(攻撃的ミッドフィールダー、右サイドミッドフィールダー)。日本代表。 兄は元プロサッカー選手の堂安憂。…
    56キロバイト (5,652 語) - 2024年3月27日 (水) 03:30


    「堂安律のプレーは本当に魅力的ですね!オフショットも楽しみです!」

    フライブルクの日本代表MF堂安律が見せたオフショットが話題だ。

    14日、ブンデスリーガ第29節でフライブルクはダルムシュタットとアウェイで対戦。この試合に先発した堂安は、見事なカットインからのミドルシュートでゴールを記録。チームの0-1の勝利に貢献した。

    その堂安は一夜明けて自身のインスタグラムを更新。「ピッチの外側」として、数々のオフショットを投稿した。

    ソファで上半身裸の堂安がタブレットでサッカーの試合を観ているショットや、飛行機でアイマスクをしているショット、日本の街中での写真やビリヤードを楽しむ写真など、さまざまなオフショットがアップ。最後は犬と戯れる堂安の動画で締められていた。

    色々なオフの堂安を見ることができる投稿にファンは「顔熱くなる」、「サービスショット過ぎ」、「かっこよすぎます」、「相変わらずかっこいい」、「オフの姿も好き」、「流石にこれはヤバすぎる」、「カッコ良過ぎて耐えられない」、「こんなにたくさん死んじゃう」と大興奮の様子だ。

    このところ調子を上げており、出場機会だけでなく結果も残している堂安。このまま残りのシーズンも突っ走るのか注目だ。



    PSGvsバルセロナのCLベスト8は
    WOWOWでライブ配信!
    >放送予定など詳しくはこちら



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【堂安律のオフショットにファン大興奮!圧巻ゴールのカッコ良さに絶賛の声】の続きを読む


    前田大然、ハムストリング負傷の心境を吐露「仲間を信じて頑張る」


    前田 大然(まえだ だいぜん、1997年10月20日 - )は、大阪府南河内郡太子町出身のプロサッカー選手。スコティッシュ・プレミアシップ・セルティックFC所属。ポジションはフォワード(センターフォワード、左ウイング)。日本代表。 2010年1月の全国高校サッカー選手権で優勝した山梨学院大学附属高…
    32キロバイト (3,097 語) - 2024年3月30日 (土) 04:53


    本当に残念なニュースですね。前田大然選手がんばってほしいです。

     セルティックに所属する日本代表FW前田大然は14日、公式Xで自身の負傷について言及した。

     現在26歳の前田は、今季公式戦32試合に出場して9ゴール3アシスト。7日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ(スコットランド1部)第32節、宿敵・レンジャーズとの“オールドファーム”(△ 3-3)では試合開始早々に先制点を決めるなど、大きな活躍を見せていた。

     だが、セルティックのブレンダン・ロジャーズ監督は、13日の第33節セント・ミレン戦(〇 3-0)の前日会見で前田の負傷を発表。ハムストリングの負傷によって今季絶望となる可能性があることを示唆した。

     前田は、自身の公式Xを更新し、負傷を負った後の心境を次のようにつづった。

    「パパのサッカーが超超超超大好きな息子にプレーしてる所を見せれないのがなにより悔しいけど、今は仲間を信じて俺にできることをやるしかない!(力こぶの絵文字)」

     チームがセント・ミレンに勝利した後、Xを更新した前田。チームメイトへの信頼を表した。

     なお、ロジャーズ監督は前田の負傷を公表した会見にて「今後数週間でどのようになるかを確認しなければならない。今後1週間ほどでどうなるかを見ていくことになるだろうし、いずれはシーズン終了までに彼をチームに加えることができるかどうかがより明確になるだろう」とも語っている。


    【画像】前田大然「パパのサッカーが超超超超大好きな息子に……」 子どもたちの写真を添えてX更新

    ハムストリングを負傷したセルティックの前田 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【前田大然、ハムストリング負傷の心境を吐露「仲間を信じて頑張る」】の続きを読む


    槙野智章、W杯での激戦で顔が腫れる!その驚きの理由とは?


    槙野 智章(まきの ともあき、1987年〈昭和62年〉5月11日 - )は、広島県広島市西区出身の元プロサッカー選手、サッカー指導者、解説者、タレント。現役時代のポジションはディフェンダー、フォワード。元日本代表。 妻は女優の高梨臨。 サッカーファンでサッカーをプレイした父…
    55キロバイト (5,174 語) - 2024年4月4日 (木) 01:57


    「槙野選手の献身的なプレーがすごいですね。顔がパンパンに腫れても、チームのために全力を尽くす姿に感動しました。」

    7大会連続でFIFAワールドカップに出場してきた日本代表。

    2022年シーズン限りで引退した槙野智章も2018年大会のワールドカップに出場している。彼はJ-WAVEで放送されている『ORIENT STAR TIME AND TIDE』で、こんな話をしていた。

    「子供の時にプロサッカー選手になりたいという夢を描いていたんですけど、それと同時にW杯に出たいと思ってたんですよ。

    子供の時の夢って日本代表になりたいとか、W杯に出たいとか、サッカー少年からしたら当たり前なんですけど、僕も同じように抱いていました。

    けど、いざ自分の夢が叶った時、叶えた時ですね。もうストイックに…僕は8年かかったので、最初の落選からW杯に行くまで。その8年間、ほとんど朝から夜までほぼずっとトレーニングしていたんですよ、だって夢なので。

    その夢が叶った、W杯を掴んだ時に唇と顔がパンパンに腫れて…。頑張りすぎて、自分の体の異変に気付かないくらい、本当にストイックに休まない、とにかくトレーニングをする。ちょっとでも休んだら、周りの人はもっとトレーニングをしているって思うですよ。

    ずっとトレーニングをしているので、回復できていないんですよ。でも、体をいじめるんですよ。となった時に朝起きた時にパンパンに顔が腫れあがっていて。

    オーバートレーニングですよ。それくらい体に異変が…僕も初めてです。ふと鏡を見た時に自分では気づかなかった。

    W杯で試合に出る前にチーム全員で顔合わせをします。その時に『マキ、お前、顔大丈夫?』って言われて。『ええ?なんで?』って言ったら、顔が腫れてるよって言われたんですよ。

    『え、腫れてるかな』と思ったんですけど、5~10分経ったらどんどんパンパンになっていって。次の昼ご飯の時には顔中がとんでもないことになってました。これはやばいなぁと思って…」

    槙野は2010年に22歳で日本代表にデビューすると8年越しでW杯出場の夢を叶えた。

    日本代表、定着・招集に期待したい新イケメン候補5人

    ピッチに立ったのはグループステージ最終節ポーランド戦だけだったが、顔が腫れあがっていたとか。

    「お前、顔大丈夫?」 槙野智章、8年越しの夢を叶えた2018年W杯で顔がパンパンに腫れた話


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【槙野智章、W杯での激戦で顔が腫れる!その驚きの理由とは?】の続きを読む


    U23アジアカップに挑む日本代表、選手たちの意気込みを語る


    内野 航太郎(うちの こうたろう、2004年6月19日 - )は、神奈川県出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。 小さい頃から横浜F・マリノスの下部組織で育ち、筑波大学へ進学し、アジア大会のメンバーに選ばれると、4ゴールと躍進。 決勝でも韓国相手に先制点を決めるなどしたが、その後、逆転され、日本は2大会で優勝を逃した。…
    3キロバイト (208 語) - 2024年3月24日 (日) 06:50


    内野航太郎のサプライズ招集に驚きました!これからの日本代表の活躍が楽しみですね。

    日本サッカー協会(JFA)は4日、4月15日(月)からカタールで開催されるパリ五輪アジア最終予選「U23アジアカップ2024」に向けたU-23日本代表メンバー23名を発表した。

    大岩剛監督のもと、8大会連続の五輪出場を目指すメンバーは以下の通り。

    GK:

    1.小久保玲央ブライアン(ベンフィカ/POR)
    23.山田大樹(鹿島アントラーズ)
    12.野澤大志ブランドン (FC東京)

    DF:

    16.内野貴史(フォルトゥナ・デュッセルドルフ/GER)
    21.大畑歩夢(浦和レッズ)
    3.西尾隆矢(セレッソ大阪)
    5.木村誠二(サガン鳥栖)
    2.半田陸(ガンバ大阪)
    4.関根大輝(柏レイソル)
    15.鈴木海音(ジュビロ磐田)
    22.高井幸大(川崎フロンターレ)

    MF:

    20.平河悠(FC町田ゼルビア)
    11.山田楓喜(東京ヴェルディ)
    10.佐藤恵允(ヴェルダー・ブレーメン/GER)
    6.川﨑颯太(京都サンガF.C.)
    7.山本理仁(シント=トロイデン/BEL)
    8.藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン/BEL)
    14.田中聡(湘南ベルマーレ)
    17.松木玖生(FC東京)

    FW:

    9.藤尾翔太(FC町田ゼルビア)
    19.細谷真大(柏レイソル)
    13.荒木遼太郎(FC東京)
    18.内野航太郎(筑波大)

    3月の親善試合に招集された選手たちを中心に、そこに呼ばれていなかった木村誠二や昨年のアジア競技大会で活躍した大学生の内野航太郎らが招集されている。

    日本代表、北朝鮮との3月シリーズで「株を上げた」3名の選手

    様々な条件の中でのベストメンバーが集ったU-23日本代表は、16日に中国、19日にUAE、22日に韓国と対戦する。

    U-23日本代表、パリ五輪最終予選「U23アジアカップ」に臨むメンバー23名を発表!内野航太郎がサプライズ招集


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【U23アジアカップに挑む日本代表、選手たちの意気込みを語る】の続きを読む

    このページのトップヘ