スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    大谷翔平


    賭博関与疑惑を真っ向否定!大谷翔平の元同僚が証言


    大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
    348キロバイト (48,917 語) - 2024年4月17日 (水) 06:44


    大谷翔平選手は本当に凄い選手ですよね。向上心があるからこそ今の成功があるのだと思います。

    大谷の野球に対する真摯な姿勢はチームメイトたちにも伝わっている(C)Getty Images

     前代未聞のスキャンダルに巻き込まれながらも、信頼が揺らぐことはなかった。

     ドジャースの大谷翔平の元通訳である、水原一平容疑者が違法賭博に関わっていたことが開幕直後に発覚し、2024年のMLBは激震に揺れながらシーズンがスタートした。その後、水原容疑者が大谷の口座から24億円もの金額を不正送金していたという驚愕の事実も明らかとなっている。

    【関連記事】水原容疑者が大谷翔平に“なりすませなかった”理由 銀行員との会話を聞いた米捜査員が証言「オオタニは流暢な英語は話さない」


     韓国でのパドレスとの開幕カードの最中より報じられたこの一連の騒動では、ブックメーカーへの送金の名義をめぐり、当初、大谷の関与の可能性を問う声も上がるなど異常事態に発展。後の捜査の結果、大谷が関わった事実はなかったとの連邦当局の見解が示された。

     多くのファンや球界関係者が大谷の“潔白”を信じていたものの、一部では疑いの視線があったことも事実。しかし、かつて共に時間を過ごした元チームメイトより、大谷がスキャンダルとは無縁であると強く主張していたことなども伝えられている。

     エンゼルス専門メディア『Halos Today』では、2018年から3シーズン、エンゼルスでプレーしていたマイケル・エルモシーヨのコメントを紹介している。

     現地時間4月18日配信の記事では、「エンゼルスでダグアウトを共にしていた人々は、真っ先にオオタニの関与を否定した」と綴られており、その上でエルモシーヨの見解を記している。

     エルモシーヨは「賭博のことが話題になったとき、私はすぐに『オオタニが関係しているはずがない』と思った」と語っており、また怪我から復帰へ取り組む姿も見てきたと述べるとともに、「彼は常に上を目指している。24時間365日野球に夢中で、どうすればもっと良くなれるかを考えている」と振り返ったとしている。


     また、トピック内では「結局、連邦当局とメジャーリーグの調査によって、オオタニの容疑は晴れた。一方、ミズハラは銀行詐欺の重罪とギャンブル依存症治療プログラムへの出席義務という結果に直面した」と事件の経緯を説明。

     その上で同メディアは、「このように、オオタニが野球の素晴らしさをひたすら追求したことと、元通訳をめぐる不運なスキャンダルとの間には、明確な隔たりがある。この事実は、ファンや同僚に、オオタニの野球への集中が確固たるものであることを保証する結果だ」などと論じている。

     大谷と同じシーズンにメジャーデビューを果たしたエルモシーヨが語ったコメントは、元同僚としての本心であることは間違いないだろう。そしてその言葉の通り、今後も大谷の野球への信念は変わらず、揺るぎないものとなっていくはずだ。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    「関係しているはずがない」大谷翔平の”向上心”を知る元同僚が”賭博関与疑惑”を真っ向否定!「彼は常に上を目指している」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【賭博関与疑惑を真っ向否定!大谷翔平の元同僚が証言】の続きを読む


    大谷翔平、打撃不振の声も「軽く打って170キロ超え」の驚異的なパワーに注目が集まる


    大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年〈平成6年〉7月5日 - )は、岩手県水沢市(現:奥州市)出身のプロ野球選手(投手、指名打者、外野手)。右投左打。MLBのロサンゼルス・ドジャース所属。 現在日本で最も人気・注目を集めるスポーツ選手・アスリート。日本人の好きなスポーツ選手で1位を獲得して…
    348キロバイト (48,917 語) - 2024年4月17日 (水) 06:44


    大谷翔平は本当に凄い選手だと思います。毎試合、新しいものを見せてくれるし、170キロの速球を打つなんて、誰も真似できないですよね。アンチは悔しくて叩いているだけだと思います。

    【写真・画像】大谷翔平、一瞬で消えた! 中継カメラが追いつけない… 走り出した瞬間に急加速するスピードがヤバい “爆速内野安打”にファン騒然「笑うしかない」「この人ピッチャーだぞw」 1枚目

    【MLB】ドジャース0-2ナショナルズ(4月17日・日本時間18日/ロサンゼルス)      

    【映像】大谷、軽く打って170キロ超えの高速ヒット

    4月17日(日本時間18日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対ワシントン・ナショナルズの一戦で、ドジャース・大谷翔平が2番・DHで先発出場。その第1打席で、いきなり快打を放って出塁し、野球ファンの注目を集めている。

    ナショナルズが2点を先制し、0-2、ドジャース2点のビハインドで迎えた1回裏、1死走者なしの場面で大谷は、カウント0-1からの2球目、ナショナルズ先発ジェイク・アービンが投じた内寄りの変化球を鋭いスイングでしっかりと叩くと、打球は低い弾道で右方向へと飛び、瞬く間にライト前へと落ちる打球速度173キロのシングルヒットに。ここ数試合、ホームランが出ていないことから調子が再び下降気味であると指摘する声も少なくない中、そうした声をかき消しつつ、早いカウントから確実に打てそうな球を仕留めにいくことでまずは出塁し、自らが攻撃の起点となるという、大谷のチームプレーへの姿勢を見せた一打となった。

    こうした大谷に、日米の野球ファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「完全にチームバッティングやな」「状況に応じてかなりバッティング変えるからな、今年の大谷さんは」「この打撃見て不振はおかしいwww」「アンチはよくエ軍時代と比較するやつおるけど、そもそもチーム事情が全然違うからな」「アンチ涙目w」「ド軍はランナー出してためて、連打で返すスタイルやから」「地味やけどこれは最高の仕事」「やっぱ大谷さんてすげえんだなw」「たぶん打とうと思ったらヒットならほぼ確実に打てる」といった様々な反響が巻き起こっている。

    (ABEMA『SPORTSチャンネル』)

    打撃不振…? 大谷翔平、打ってるのに何故か叩かれる 軽く打って170キロ超え“高速ヒット”がヤバすぎると話題に 「アンチ涙目w」「毎回打撃を変えてる」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大谷翔平、打撃不振の声も「軽く打って170キロ超え」の驚異的なパワーに注目が集まる】の続きを読む


    野球少年大谷が資金流用を招いた「スキ」とは?米識者が分析する


    水原 一平(みずはら いっぺい、1984年12月31日 - )は、日本人の通訳者である。大谷翔平の専属通訳として、2017年から2024年まで大谷のメディア出演やチームメイトとの交流の際に日英・英日の通訳を務めたことで知られる。 6歳まで北海道苫小牧市で過ごし、1991年に和食料理人の父・英政がロ…
    24キロバイト (3,151 語) - 2024年4月18日 (木) 03:00


    水原氏の違法賭博問題から1か月が経過しても、この問題についてはまだまだ疑問が残りますね。何が真実なのか気になります。

    大谷にとっても大きな痛手となった(C)Getty Images

     ドジャース・大谷翔平の元通訳、水原一平容疑者は、銀行詐欺罪で訴追された。

     大谷の口座から1600万ドル(約24億5000万円)以上を不正送金したとされる事件をめぐっては、3月20日(日本時間21日)に所属のドジャースを電撃解雇されて以来、約1か月が経過した。すでに37ページにも及ぶ訴状で水原氏と違法賭博の胴元との詳細なやり取りも明らかになっている。大谷の携帯記録も調べられ、20年から24年に及ぶ水原氏との膨大なやり取りの中では賭博関連の言葉はなかったとされる。

    【関連記事】なぜ水原氏の資金盗用を許したのか? 大谷翔平のド軍同僚が語った“リアルな事情”「オオタニはログイン方法すら知らない」


     今回の事件をめぐっては、大谷と水原氏の親密な関係性から米国では大谷への関与が一時疑われるなど陰謀説も飛び交った。しかし捜査当局が「大谷は明らかに被害者」と発信、一連の見方への流れが変わりつつある中、今回の出来事ですべてにおいて完璧と見られていた大谷の”スキ”を指摘する声も上がっている。

     米国を代表する有名スポーツライター、スポーツ専門局『ESPN』のジェフ・パッサン氏は、このたび米ポッドキャスト番組『The Rich Eisen SHow』に出演。

     パッサン氏は今回の出来事では「壮大な陰謀説もささやかれている」と現在も水原氏を隠れみのとして、大谷主犯説が一部には残っていると指摘しながらも、訴状の内容に触れた上で「大谷と水原のメールのやりとりの中で、大谷がギャンブルに関して何かを知っていたとの痕跡は全くなかった」とコメント。

     大谷は被害者で、賭博には一切かかわっていないという見方を支持した上で、給与が振り込まれる自身の口座に3年以上アクセスしていなかったという事実に対しても「彼は極めて裕福で、お金は彼にとっては全く気にするものではない。色々な物を買うことを追い求めるのは彼のスタイルではないのです」と一定の理解を示した。


     一方でパッサン氏は「もし今回、彼のことで何かを責めることがあるなら、間違った人が周りにいたこと、もしくは自分で囲っていたこと、それと、あれほどの大金をもらう立場として必要な金融リテラシーを持っていなかったこと」とコメント。大谷自身が水原氏を信用して専属通訳に使命したこと、巨額資金を得る立場として、もう少しお金の流れに目を配っておくべきだったとした。

     大谷と水原氏は同氏が球団通訳を務めた日本ハム時代から親交を深めた。入団時から外出を制限するなど球団も大事に育ててきたが、まさか信頼を置く”身内”に裏切られるとは想定外だった。 

     疑惑の目を向けられている賭博への関与に関しては「証拠から非難することはできない」とパッサン氏も潔白を認めながら、今回の事件における大谷の”スキ”を指摘してみせた。動画内ではほかにも代理人のバレロ氏含め、マネジメント体制も不十分だったとした。

     水原氏の一連の事件が明らかになってから約1か月が経過した。その間、大谷も会見を行うなど対応に追われたが、本業の野球に専念するなど少しずつ日常を取り戻しつつある。何とも痛い授業料となったが、すべてを糧に前に進んでいく。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    水原氏違法賭博問題から1か月が経過「彼を責めることがあるなら…」 米識者が指摘した”野球少年”大谷が資金流用を招いた「スキ」とは


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【野球少年大谷が資金流用を招いた「スキ」とは?米識者が分析する】の続きを読む


    大谷翔平が全国の小学校にグローブ贈る“真意”とは?野球への思いを明かす


    大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年〈平成6年〉7月5日 - )は、岩手県水沢市(現:奥州市)出身プロ野球選手(投手、指名打者、外野手)。右投左打。MLBロサンゼルス・ドジャース所属。 現在日本で最も人気・注目を集めるスポーツ選手・アスリート。日本人
    348キロバイト (48,917 語) - 2024年4月17日 (水) 06:44


    大谷選手の温かい心が伝わってくる素敵な行動ですね。子供たちにとっては、大谷選手からの贈り物が、野球への情熱を育むきっかけになるかもしれませんね。

     米大リーグ(MLB)・ドジャースの大谷翔平が、17日に投稿された三菱UFJ銀行のYouTube動画に登場。昨年末に日本国内約2万校の全小学校にジュニア用グローブ約6万個を寄贈した大谷が、その“狙い”を明かした。

    【動画】そんな思いがあったのとは…大谷翔平が小学校にグローブを贈った“真意”明かす

     「幼い頃からスポーツに触れるとどんな学びがあるのか」という問いに、三菱UFJフィナンシャルグループの亀澤宏規社長が「人としての基本姿勢を学んだ」「チームワークを学んだ」と挙げると、大谷は「そこももちろんある」と大きくうなずきつつ、「僕はグローブを贈りましたけど、それを例えば野球をやったことがない子が『やってみたいな』と思って、やったことがない子を誘ってグラウンドに行くだけでも僕はうれしいですし、別にその後ずっと野球を続ける必要ももちろんない」と説明した。

     まずはそれをきっかけに「(野球に)触れてもらうということと、その後、例えばサッカーであったりとかバスケットボール、ラグビー、いろんな競技に行くことももちろん可能ですし、そういう可能性を広げていってほしい」と願った。

     続けて「あとは単純に面白い、体を動かすことの楽しさだったりとか、それに付随する教育のチームワークであったりとか、いろいろなことが学べると思うので、まずは触れてもらえる機会を作りたいなとは思ってました」と意図を明かした。

    大谷翔平 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大谷翔平が全国の小学校にグローブ贈る“真意”とは?野球への思いを明かす】の続きを読む


    大谷翔平、相手バッテリーを崩壊させる不敵な笑み!ファン騒然のプレーに注目


    大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年〈平成6年〉7月5日 - )は、岩手県水沢市(現:奥州市)出身プロ野球選手(投手、指名打者、外野手)。右投左打。MLBロサンゼルス・ドジャース所属。 現在日本で最も人気・注目を集めるスポーツ選手・アスリート。日本人
    348キロバイト (48,917 語) - 2024年4月17日 (水) 06:44


    大谷翔平の圧倒的な存在感にはいつも驚かされます。やはり彼は日本の誇りですね。

    【写真・画像】大谷翔平に一体、何が起こったのか…!? 今まで見せたことがない“表情”がヤバすぎると話題に 予想外の事態にファン騒然 「貴重すぎる」「可愛すぎるだろw」 1枚目

    MLBドジャース4-6ナショナルズ4月15日・日本時間16日/ロサンゼルス

    【映像】ファン騒然… 大谷、不敵な笑みを浮かべる瞬間

    4月15日(日本時間16日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャースワシントン・ナショナルズの一戦で、ドジャース大谷翔平が、自身の足を活かす形で作り出した“ノーヒットで三塁”の場面が、野球ファンの間で注目を集めている。

    2-6、ドジャース4点のビハインドで迎えた6回裏・ドジャースの攻撃は、この回の先頭の2番・大谷が打撃妨害で出塁すると、続く3番フリーマンへの2球目に、一塁走者の大谷がスタート。ナショナルズバッテリーが警戒し、ウエスト気味で投じた1球であったものの、相手投手のモーションを盗み、完璧なスタートを切ったことで、悠々二塁を陥れることとなった。そしてそんな大谷の走塁が、相手バッテリーに少なからず揺さぶりをかける形となったのか、カウント2-1からの4球目は、フリーマンの足元付近への暴投に。捕手のアダムズは一瞬、この球をキャッチしたかに見えたものの、ボールは転々し、その間に大谷は三塁へ。打撃妨害をキッカケに出塁し、足でかき回す形で“ノーヒットで三塁”という状況を作り出した大谷は、その後の1死から、4番ウィル・スミスの三塁ゴロの間に生還。この回、ドジャースはノーヒットで1点を返すことに成功した形となった。

    こうした大谷の“足”で稼いだ反撃の1点に、ネット上の野球ファンからは「せやで!今年は足でも撹乱する野球や」「完全にバッテリーが動揺してるわ」「なんか周東みたいな感じやなw」「ここまで走っていろいろやれる昨季の本塁打王w」「もう大谷1番でいいんじゃね?www」「もはや打席に立っただけで得点圏」といった様々な反響が寄せられている。

    (ABEMA『SPORTSチャンネル』)

    大谷翔平、ニヤリ… 不敵な笑みを浮かべて怖すぎる 足でかき回して相手バッテリーを崩壊させた瞬間 ファン騒然「打席に入るだけで得点圏」「大谷さん1番でいい」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大谷翔平、相手バッテリーを崩壊させる不敵な笑み!ファン騒然のプレーに注目】の続きを読む

    このページのトップヘ