スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    堀口恭司


    神龍誠、フライ級最強を目指す!RIZINでの挑戦を語る


    神龍 (しんりゅう まこと、2000年7月5日 - )は、日本の男性プロ総合格闘家。宮城県仙台市出身。神龍ワールドジム主宰。第5代DEEPフライ級王者。第10代CFFCフライ級王者。 小学生3年時に仙台市でレスリングを始める。中学生の時に千葉県柏市に転居。転居後もレスリングを続けながらムエタイや柔術も始める。…
    15キロバイト (1,544 語) - 2024年3月30日 (土) 03:39


    神龍誠の成長が楽しみですね。フライ級のトップランカーとして活躍してくれることを期待しています。

     昨年大みそかの初代フライ級王座決定戦で堀口恭司に敗れ、“フライ級最強”から“フライ級最強を目指す”チャレンジャーとなった神龍誠(23)が、春のRIZINに戻って来る。29日開催の『RIZIN.46』で行われる「日韓対抗戦3番勝負」で、昨年のROAD TO UFCに出場した韓国のイ・ジョンヒョン(21)と対戦が決定した。

    【動画】神龍誠、日韓対抗戦に意気込み「とりあえず僕が勝ちます」”因縁”堀口恭司にリベンジの思いも【RIZIN】

     以前のように堂々と「最強」と名乗るため“第2章”を歩み始めた神龍に、ORICON NEWSではインタビューを敢行。絶対の自信を持って臨むも返り討ちにされた昨年大みそかの堀口戦や、屈辱の敗戦から再びトップへ駆け上がる意気込み、さらには入場時にかぶっているマスクのこだわりなどをじっくりと聞いた。

    ■堀口恭司の“うまさ”は「世界のトップどころとの試合で磨かれた技術だと感じました」

    ――まずは、少し時間が経っていますが昨年大みそか『RIZIN.45』での堀口恭司選手とのフライ級タイトルマッチについてお伺いします。あの試合を経験して、神龍選手が感じたこととは?

    【神龍】経験値というか、堀口選手は引き出しの多さがあるなと思いました。戦ってみてすごく強いっていうより、終わったあとに「うまかった」っていう印象が残っています。

    ――うまさとは、イコール経験ということでしょうか。

    【神龍】はい。あの戦い方がデビュー戦では絶対にできないし、10戦くらいやっても「これがダメだったらこれ」っていう動きはできないと思うので、今までUFCで戦ったり世界のトップどころとの試合で磨かれた技術なんだと感じました。

    ――戦ってみて、まだまだ追いつけないと感じましたか?

    【神龍】それは全然ないです。頑張って1~2年でリベンジしたいです。実際に肌で触れて分かったこともあるので。

    ――堀口戦は大みそかという大舞台のメインイベントで、注目度も高い試合だったので反響は大きかったのでは?

    【神龍】試合が決まった時もすごい反響だったし、負けてしまって応援してくれたみんなをガッカリさせてしまったと思うんですけど、試合後もたくさんの声をいただきました。街で気づかれることも増えてきて、たまに電車とかで声をかけられます。知名度が上がるのはうれしいんですけど、僕は人見知りなんで話が続かないです(苦笑)。「応援してます」「ありがとうございます」で終わっちゃう感じなんですけど、話しかけてもらっても大丈夫です。

    ――RIZINで勝ち続けて、もっとメジャーになりたい?

    【神龍】もちろんそういう思いもあります。やっぱり注目されてなんぼだと思うし、試合を見てもらって僕の強さや戦い方、それに格闘技そのものをもっと広めたいです。

    ――堀口選手から試合後に「ATTに練習においでよ」と声をかけられましたが、神龍選手は「リベンジしたいので行かない」と拒否していました。最近は朝倉海選手をはじめ海外で修行するファイターが増えていますが、海外での練習には興味はありますか?

    【神龍】もちろんあります。ATTには行かないですけど他のジムは考えていて、次の試合が終わったらどこかに行きたいなと。今まで海外の大きなジムで練習をしたことがなくて、経験したいですね。大きなジムはアメリカが多いですけど、最近はタイのタイガームエタイに行く選手も多くて、UFCファイターもいると聞くのでまずは近くのタイから行くのもいいかな。

    ――朝倉海選手や朝倉未来選手の所属ジムが、海外のメガジムを目指してコーチ陣や設備を充実させた「JAPAN TOP TEAM」となりましたが、興味はありますか?

    【神龍】コーチがいっぱいいて、それぞれの担当トレーナーもいるのはすごいと思うので、タイミングが合って行けたら行ってみてもいいかなと思っています。

    ■イ・ジョンヒョン戦は「初めての年下との試合で、自分も年を取ったなって(笑)」

    ――次の試合について、イ・ジョンヒョン戦のオファーを最初に聞いた感想は?

    【神龍】日韓対抗戦でやるって聞いて、自分がRIZIN代表に選んでもらったことは率直にうれしかったです。今までずっと年上の選手との試合だったのですが、今回が初めて年下との試合なので、キャリアを重ねてきたな、年を取ったなって思いました(笑)。

    ――相手はROAD TO UFCに参加していましたが、そこは気になった?

    【神龍】優勝したわけじゃないので、特に何も気にしてないです。

    ――デビューから快進撃だった神龍選手ですが、昨年4月の北方大地が最後の勝利で、白星が遠のいています。

    【神龍】去年4月の大阪大会で勝って1年ぐらい経つので、今回は勝ってみんなで喜びたいですね。7月に目ん玉やられてショックを受けて、大みそかに試合でやられてショックを受けて、ファンのみんなを泣かせてばっかりで、そろそろ僕のカッコいいところを見せたいなって思っています。

    ――堀口選手へのリベンジを目指していくと思いますが、その堀口選手はUFC挑戦を表明しています。

    【神龍】そこは気になります。堀口選手がUFCに行くとなっても僕はすぐに追いかけることはできないので。だったらUFCに一番行きやすいのはRIZINのチャンピオンになることなので、まずはベルトを目指そうと思っています。堀口選手がいてもいなくても必ずUFCに行かないといけないし、必ずRIZINフライ級のベルトも取ります。

    ――そのために次の試合はいい勝ち方も求められますね。

    【神龍】そうですね、しっかりフィニッシュしようと思っています。

    ――大きなケガがなかった場合、次はどのくらいのペースで試合がしたいですか?

    【神龍】僕は1年で4試合はやりたいんです。去年の大みそかもノーダメージだったので、マネージャーに「すぐに試合をやりたいです」ってお願いして、2月でも3月でもやれたらと思っていたのですが、ちょっと時間がかかって4月に決まりました。僕はあまりケガをするタイプでもないし、まだ若いので隔月くらいで全然やれます。あと、やっぱりお金も稼ぎたいので、モチベーションはそこにあったりします。

    ――ファイトマネーはどういうことに使うのでしょう?

    【神龍】家賃ですね。今は千葉に住んでいますが練習に行きやすいように都内に引っ越す予定ですし、地元の宮城にも家があるので。

    ■大みそかの入場曲「ウルトラセブン」は大好きな漫画の“最強キャラ”をイメージ

    ――もう少し神龍選手のパーソナルな部分についてもお伺いします。入場時のマスクがトレードマークになっていますが、なぜマスクをかぶるようになったのでしょうか?

    【神龍】もともとプロレスが好きで、憧れもあったしプロレスの色を出すためにかぶり始めました。デザインは「神龍」なので龍をイメージしてトサカを付けています。最近は試合ごとに新しいマスクを作っていて、今は次の試合のデザインを相談中です。

    ――試合ごとのテーマはあるのでしょうか?

    【神龍】なるべくコスチュームに合わせたくて、色とか雰囲気は毎回変えています。カラフルだったり、去年の大みそかは真っ白だったり、いろんなパターンでやっていきたいです。次の試合のイメージもあるのですがまだ言いたくないので(笑)、試合当日を楽しみにしていてください。

    ――格闘技の入場でマスクといえば桜庭和志選手が元祖ですが、意識しましたか?

    【神龍】意識はしていないですけど、同じになっちゃったなって感じです(笑)。

    ――去年の大みそかの試合では、入場曲のイントロに「ウルトラセブン」の曲をミックスしていました。

    【神龍】僕は漫画『はじめの一歩』が好きで、鷹村守っていう世界チャンプの最強キャラクターの入場曲が「ウルトラセブン」なので、その人みたいになりたいなという思いを込めてやってみました。

    ――「ウルトラセブン」のあとは曲が「Danza Kuduro」に変わりましたが、あの曲を選んだ理由は?

    【神龍】映画『ワイルド・スピード』の曲で、みんな親しみがあってテンションが上がると思って選びました。盛り上がりづらい知らない曲よりみんな知ってる曲がいいし、「誰ともかぶってないところを選ぶんだ」って感じでカッコいいって思ってもらいたいですね。お客さんが盛り上がると僕自身もアガるんで。

    ――前回はメインイベントで、今回も日韓対抗戦なので試合順は後ろの方になりそうですが、個人的に試合順はどの辺が好きですか?

    【神龍】後ろすぎるのも…って感じですね。メインから3~4試合前くらいが緊張しなくていいかな。去年の大みそかは緊張っていうより待ってる時間が長くて、アップするタイミングが分からなくてちょっと早すぎたんです。そういうことがあったので、次はもうちょっと早めのほうが分かりやすいかなと。

    ――最後の質問です。現在の格闘技人気を語るうえでBreakingDownという存在は欠かせないと思うのですが、神龍選手はどのように見ていますでしょうか?

    【神龍】BreakingDownがあることによって格闘技を見る人が増えているのは、間違いないと思います。あれは格闘技ではないけれど、その枠はあってものいいのかなと。ただ、「格闘技です」「格闘家です」っていうのは、ちょっと違うなって思います。僕はYouTubeでたまに流れてくるのが目に入るくらいで、「なんか喧嘩してるな」くらいの認識ですね。

    ●『Yogibo presents RIZIN.46』対戦カード
    ◆フェザー級タイトルマッチ
    【王者】鈴木千裕 vs. 【挑戦者】金原正徳
    ◆日韓対抗戦3番勝負
    ・バンタム級
    中島太一 vs. キム・スーチョル
    ・フライ級
    神龍誠 vs. イ・ジョンヒョン
    ・バンタム級
    倉本一真 vs. ヤン・ジヨン
    ◆ワンマッチ
    ・バンタム級
    牛久絢太郎 vs. 太田忍
    ・フェザー級
    中原由貴 vs. ビクター・コレスニック
    ・フェザー級
    山本空良 vs. イルホム・ノジモフ
    ・フェザー級
    高木凌 vs. 西谷大成
    ・フェザー級
    鈴木博昭 vs. YA-MAN
    ・ライト級
    “ブラックパンサー”ベイノア vs. 井上雄策

    『RIZIN.46』日韓対抗戦3番勝負でイ・ジョンヒョンと対戦する神龍誠 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【神龍誠、フライ級最強を目指す!RIZINでの挑戦を語る】の続きを読む


    堀口恭司が米国の豪華自宅を公開!200万円のバスルームに視聴者驚愕


    堀口 恭司(ほりぐち きょうじ、1990年10月12日 - )は、日本の男性総合格闘家、空手家、YouTuber。群馬県高崎市出身。アメリカ合衆国フロリダ州ココナッツクリーク在住。アメリカン・トップチーム所属。現RIZINフライ級王者。初代・第4代RIZINバンタム級王者。第7代Bellator世界バンタム級王者。RIZIN…
    59キロバイト (6,377 語) - 2024年3月19日 (火) 23:09


    「堀口恭司の家って本当に豪華すぎますね!200万円のバスルームとは驚きです。羨ましい限りです」

     2024年3月24日、総合格闘家の堀口恭司が自身のYouTubeチャンネルを更新。フロリダにある自宅のルームツアーを公開した。

    参考:【写真】200万かけて改造したラグジュアリーなバスルーム「体のことを考えるようにしています」

     堀口は初代RIZINで王者に。復帰戦となる第4代RIZINバンタム級では朝倉海と対峙し、王座を奪還した。自宅に関しては、2022年1月28日に「フロリダ新居の内装が完成しました!【新居ルームツアー】」という動画で、ルームツアーを行っている。

     今回は新たに内装を変えた部分があるということで、改めてルームツアーを行った。ソファは4人がけのものを使用。一般的に大きめのものを置いても、リビングは十分な広さが誇る。

     そして200万円をかけたというバスルームを紹介。「前は暗い感じだったけど、明るい感じ」になったという。「バスタブをつけて体のことを考えるようにしています」「風呂であったまれないと筋肉がほぐれないんで」と、格闘家の一面を見せた。

     視聴者からは「バスルーム凄い」「素敵な家。新婚生活楽しそうですね」と、新たな内装に憧れの声が集まった。

    (文=向原康太)

    動画サムネイルより


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【堀口恭司が米国の豪華自宅を公開!200万円のバスルームに視聴者驚愕】の続きを読む


    RIZINが六本木ヒルズアリーナで開催する「超RIZIN.3」、出場ファイター発表の緊急記者会見開催!


    The Battle Cats presents RIZIN(ザ・バトル・キャッツ・プレゼンツ・スーパー・ライジン)は、日本の総合格闘技団体「RIZIN」の大会の一つ。 2022年9月25日に埼玉県さいたまスーパーアリーナで開催された。 フロイド・メイウェザー・ジュニアが出場したことで、米国ファン…
    7キロバイト (836 語) - 2023年12月2日 (土) 21:31


    「楽しみすぎてワクワクが止まりません!どんな選手が出場するのか、今から楽しみですね!」

     格闘技イベント『RIZIN』は、16日午後4時から『超RIZIN.3』の緊急記者会見を六本木ヒルズアリーナで開催することを発表した。観客も見ることができる公開形式となり、公式YouTubeでライブ配信する。

    【超RIZIN.2試合後インタビュー】朝倉未来、衝撃の一本負けに「強かったです…」

     RIZINの中でもスペシャルなイベントとなる『超RIZIN』。第1回は2022年9月に開催され、フロイド・メイウェザーvs.朝倉未来をメインにした第1部と、堀口恭司vs.金太郎をメインにした『RIZIN.38』の2部構成で開催された。

     第2回は昨年7月に行われ、アメリカの団体『Bellator MMA』と共同で開催。第1部はBellatorパートで、フライ級タイトルマッチの堀口恭司vs.神龍誠や、ライト級ワールドグランプリ1回戦のパトリッキ―・ピットブルvs.ホベルト・サトシ・ソウザなど。第2部のRIZINパートでは、バンタム級タイトルマッチのフアン・アーチュレッタvs.扇久保博正、フェザー級タイトルマッチの朝倉未来vs.ヴガール・ケラモフなど多数のタイトルマッチが組まれた。

     今回が3回目となる『超RIZIN』。過去2回は朝倉未来と堀口恭司が出場しているが、今回は誰が出場するのか。また『超』にふさわしいイベント内容となるのか。会見に注目が集まる。

     なお、ファンクラブ会員から抽選で180人限定で観覧募集を開始。当選すると「前方特別観覧エリア」に招待される。応募締め切りは14日午後11時59分。

    RIZIN榊原信行CEO (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【RIZINが六本木ヒルズアリーナで開催する「超RIZIN.3」、出場ファイター発表の緊急記者会見開催!】の続きを読む


    堀口恭司監督が「格闘代理戦争」の撮影断念! アメリカでの撮影困難


    堀口 恭司(ほりぐち きょうじ、1990年10月12日 - )は、日本の男性総合格闘家、空手家、YouTuber。群馬県高崎市出身。アメリカ合衆国フロリダ州ココナッツクリーク在住。アメリカン・トップチーム所属。現RIZINフライ級王者。初代・第4代RIZINバンタム級王者。第7代Bellator世界バンタム級王者。RIZIN…
    59キロバイト (6,404 語) - 2024年2月27日 (火) 14:08


    監督が断念してしまうのは残念ですが、別ポジションでも参加されるとのことで、その作品がどのような形で完成するのか楽しみですね。

     ABEMAのオリジナル格闘ドキュメンタリー番組『格闘代理戦争-THE MAX-』(毎週金曜 後9:00)が9日からスタートし、番組冒頭でRIZIN初代フライ級チャンピオンの堀口恭司が

    【番組先出し切り抜き動画】青木真也、推薦選手に「格闘技もうやめたほうがいい」

     同番組は「格闘技界の次世代のスターを生み出す」という目的のもと、第一線で活躍する格闘家が監督となり、格闘家の原石である若手ファイターを推薦して競わせることで新たなスターを発掘、その過程を追う“格闘ドキュメンタリー番組”。

     今回はコロナ禍を経て3年ぶりに復活。かつては師匠の山本“KID”徳郁さんも監督を務めていたため、過去シリーズを見ていた堀口は「面白かったですよ。若い子をどんどん出していかないと業界自体が潰れちゃうので、すごいいい番組だなと思っていた」と番組の感想を語った。

     そこで、番組側が堀口に監督のオファーをするも「本当だったら出たかったんですけど、アメリカにいるということもあって撮影の機会もなかなか作れないじゃないですか。候補選手がいれば出たかったけど選手もいないので」と参戦を断念。しかし、アメリカから番組を応援する“見届け人”というポジションをオファーされると、「しっかり見るので、最後まで楽しみにしています」と快諾した。

     最後に、番組に参加する若手ファイターへのメッセージを求められると「格闘代理戦争で夢を掴んでください」と激励した。

     同番組では8組のプロ格闘家が監督として推薦する若手ファイターが、優勝賞金300万円のトーナメントに参戦。今回の監督として青木真也、秋山成勲、平本蓮、岡見勇信&中村倫也、クレベル・コイケの5組の参加が決定。残り2組のプロ格闘家監督と1組の一般枠は、番組内で発表される。

    ABEMA『格闘代理戦争-THE MAX-』に見届け人として参加する堀口恭司 撮影/谷脇貢史 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【堀口恭司監督が「格闘代理戦争」の撮影断念! アメリカでの撮影困難】の続きを読む


    牛久 絢太郎(うしく じゅんたろう、1995年2月28日 - )は、日本の男性プロ総合格闘家。東京都足立区出身。アメリカン・トップチーム所属。第2代RIZINフェザー級王者。第10代DEEPフェザー級王者。 小学1年生の時に柔道を始め、中学生の頃にDREAMを見て総合格闘技に興味を持つ。高校2年生の…
    18キロバイト (1,596 語) - 2024年2月19日 (月) 11:10

    「牛くんが独身であり、彼女もいない状況は、彼が格闘技選手として身軽に活動できる利点を提供しています。特に、国際的な試合に頻繁に参加する場合や、トレーニングのために海外に長期間滞在する場合には、独身であることが大きなメリットとなり得ます。一方で、元谷選手のように家族がいる選手は、アメリカなど海外での生活やトレーニングに制限が出ることがあります。

    家族を持つ選手は、トレーニングや試合のスケジュールを家族の事情と調整する必要があり、これが彼らのキャリアに影響を与える場合があります。例えば、子どもの教育や配偶者の職業など、多くの家庭内の事情が、海外での長期滞在の決断に影響を及ぼします。このように、家族を持つことは、選手にとって多くの喜びをもたらしますが、一方でキャリアの選択肢に一定の制約を与える可能性もあるのです。

    牛くんのように独身であり、自由に動ける状況は、彼が国内外でさまざまなチャンスを追求しやすくなるという点で有利です。海外でのトレーニングや試合参加が比較的容易になり、さらに多様な経験を積むことができるため、彼の技術向上やキャリアの発展に直接的な影響を与えることになります。

    格闘技選手としてのライフスタイルは、個々の選手の私生活や家庭状況によって大きく異なります。牛くんと元谷選手の例からは、独身の選手と家族を持つ選手が直面する異なる課題と機会が浮き彫りになります。どちらのライフスタイルもそれぞれのメリットとデメリットを持ち、選手がこれらをどのようにバランスさせるかが、彼らのキャリアの成功に影響を与える重要な要素となります。」

    【「牛くんの独身生活と元谷の家族を持つ選手の違い」】の続きを読む

    このページのトップヘ