スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    元プロ野球選手


    赤星憲広が解説!阪神打線復活のポイントとは?


    赤星 憲広(あかほし のりひろ、1976年4月10日 - )は、愛知県刈谷市出身の元プロ野球選手(外野手、右投左打)、野球解説者、野球評論家、タレント、YouTuber。妻はタレントの徳原恵梨。マネジメント契約はオフィスS.I.Cである。 赤星曰く、幼少期から運動神経が良く、刈谷市立住吉小学校時代に…
    99キロバイト (14,562 語) - 2024年2月11日 (日) 03:38


    阪神打線が復活すると、チームの勢いもついてくるので、今後の試合が楽しみですね!

    元プロ野球選手で野球解説者の赤星憲広氏が11日、YouTubeチャンネル『赤星憲広の入ってねぇーんだよ!』で公開された動画「岡田阪神 昨年との違いを赤星が徹底解説」に出演。阪神打線について語った。

    ○阪神打線に必要なことは?

    昨シーズンに比べて、打線が振るわない阪神。赤星氏も「阪神はとにかく去年のつながりがない。なんでつながらないかと言うと、下位が打ってない。下位が打って、近本・中野で点を取るパターンがあったじゃないですか。で、大山も調子悪いでしょ?」といい、「近本調子いいじゃん? 中野もそこそこだし。この2人が頑張っても、結局クリーンアップがってところなので。まあつながらないですね」と指摘した。

    そして、「今のチーム状態ではつないでいくしかないと思うんです」と持論を述べた上で、「だから、そのつながりを考えると、去年からポイントだった8番を打つバッター。木浪、小幡の状態が上がってくれば、もうちょっとつながりが出てくると思う」と、木浪聖也と小幡竜平の奮起に期待。「あとはやっぱり大山くんだよ。大山くんの状態が……監督がどこまで我慢するかだよね。身体の状態も含めて」とも話し、この話題を締めくくっていた。

    【編集部MEMO】
    『赤星憲広の入ってねぇーんだよ!』は、「LITEVIEW」アプリで毎週月曜(20:00~20:30)に放送されている音声番組。『Going! Sports&News』(日本テレビ系)や『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)などで野球解説者として活躍する赤星憲広氏が、“ならでは”の野球トークを繰り広げる。番組には不定期でゲストも登場。これまでに、濱中治氏や八木裕氏をはじめとする阪神のOB選手や、オリックスのT-岡田や中川圭太らが登場している。公式YouTubeチャンネルでは、番組のダイジェスト版が毎週金曜に配信中。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【赤星憲広が解説!阪神打線復活のポイントとは?】の続きを読む


    中村武志、中日・中田翔に期待するファンの声!


    中田 (なかた しょう、1989年4月22日 - )は、広島県広島市中区出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 広島市立竹屋小学校3年から広島鯉城リトルで捕手として野球を始める。6年時に投手に転向。広島鯉城シニア時代は連盟記録となる通算51本塁打。広島市立国泰寺中学校…
    138キロバイト (18,933 語) - 2024年4月10日 (水) 13:11


    「中日の中田翔は4番を打つ能力があると信じている人も多いですね。期待しています!」

    元プロ野球選手で野球解説者の中村武志氏が9日、YouTubeチャンネル『中村武志の39部屋』で公開された動画「【中田翔】元中日ドラゴンズ『今中慎二』からの期待感は?」に出演。中日・中田翔への期待を語った。

    ○チームの4番として

    好調中日の主軸として存在感を発揮する中田だが、中村氏は「もちろん監督もそのつもりで獲ってると思うし、本人も来てると思うから、心中ですよ」と、チームの命運は中田の働きに大きく影響されると説明。その上で、「年齢的な問題、色んなことでフル出場できるかと言えば、そこは上手に」と補足しながら、「ただ、もしですよ、4番を打つなら最低100試合ちょいは出てほしいじゃないですか。チームの4番なら」と持論を展開する。

    さらに、「これが3番とか5番、6番を打つなら、ちょっと休み休みでもいいと思うんですけど。4番を打つなら、フル出場してほしい」と続け、「年齢っていいましたけど、そこまでの年齢じゃないので。4番でいくならフル出場、ちょっと大変だと思いますけど、その期待感はありますよね」と期待を寄せていた。

    【編集部MEMO】
    打点王3回(2014年、2016年、2020年)、ベストナイン5回(2013年、2014年、2015年、2016年、2020年)、ゴールデングラブ賞5回(2015年、2016年、2018年、2020年、2022年)などの実績を持つ中田翔。昨年11月15日、読売ジャイアンツとの3年契約に盛り込まれていたオプトアウト権を行使して契約を破棄し、自由契約選手となることを選択。翌月6日に中日ドラゴンズと正式に契約し、入団会見に臨んだ。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【中村武志、中日・中田翔に期待するファンの声!】の続きを読む


    大谷翔平の二刀流で話題の今シーズン、打撃成績はどうなる?


    山﨑 武司(やまさき たけし〈現役引退時の登録名〉、旧登録名および本名:山崎 武司〈読み同じ、#登録名も参照〉、1968年11月7日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手・外野手・捕手・指名打者、右投右打)。愛知県知多市出身。 愛称は「ジャイアン」。 現役時代は主に中日ドラゴンズ、東北楽天ゴールデ…
    111キロバイト (16,672 語) - 2024年4月12日 (金) 19:01


    山崎武司は去年よりもさらに成績を上げると期待しています。力強いバッティングで打率もアップすることを期待しています。

    元プロ野球選手で野球解説者の山崎武司氏が8日、YouTubeチャンネル『【東海テレビ公式】ドラHOTpress』で公開された動画「山本昌&山崎武司 プロ野球 やまやま話『大谷翔平 2024』」に登場。ドジャース・大谷翔平の今シーズンの打撃成績を予想した。

    ○3割・40発以上・100打点以上

    2023年シーズンは135試合に出場し、打率.304、44本塁打、95打点、20盗塁という成績を残した大谷。その大谷の今シーズンの成績について、山崎氏は「僕はもう3割で全然(いいと思う)。3割打ってくれればなって」と切り出し、「ホームランもこのぐらい(昨シーズンくらい)だと思います。いくらやっぱり、バッターに専念って言っても、マークがキツくなるから」「できれば60本も打ってほしいけど、まあこのぐらいの数字で」と持論を述べた。

    さらに、山崎氏は「あとは打点がね、やっぱり3桁はいってほしいなと。さっき言ったように、1カ月休んでなければ100打点以上は楽にいってたわけですから」と期待。最終的に、「だから3割、40発以上、100(打点)以上。盗塁も30ぐらいいきそうじゃないですかね?」と予想していた。

    【編集部MEMO】
    YouTubeチャンネル『【東海テレビ公式】ドラHOTpress』で公開中の「山本昌&山崎武司 プロ野球 やまやま話」。プロ野球生活32年50歳まで現役を続けた山本昌氏と、プロ野球生活27年でセパ両リーグの本塁打王に輝いた山崎武司氏が、プロ野球にまつわる(秘)エピソードを披露している。「やまやま話」は動画情報配信サービス「ロキポ」でも配信中。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大谷翔平の二刀流で話題の今シーズン、打撃成績はどうなる?】の続きを読む


    ラミレス、オドーアの巨人電撃退団に対する不安を明かす


    この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はラミレス、第二姓(母方の姓)はキニョネスです。 アレクサンダー・モン・ラミレス・キニョネス(スペイン語: Alexander Ramón Ramírez Quiñónez、1974年10月3日 -…
    122キロバイト (16,191 語) - 2024年3月26日 (火) 06:02


    「オドーアが巨人を電撃退団するとは驚きましたね。メジャーリーグでのプライドがある選手ということで、次はどこでプレーするのか気になりますね」

    元プロ野球選手で野球解説者のアレックス・ラミレス氏が28日、YouTubeチャンネル『ナイツ塙会長の自由時間』で公開された動画「ラミレス登場! 巨人時代の打率を振り返ったら裏話が連発…!」に登場。巨人を電撃退団したルーグネッド・オドーアに抱いていた不安を語った。

    ○オドーアに抱いていた不安

    26日、巨人の新外国人選手であるオドーアの退団が発表された。球団発表によると、29日の開幕戦のメンバーから外れるため、ファームでの調整を提案したところ、退団の申し出があり、受け入れることになったという。なお、MLB通算178本塁打を誇るオドーアだったが、オープン戦12試合の出場で、34打数6安打で打率.176、0本塁打、0打点という成績だった。

    そんなニュースが出る前に撮影されたと思われる今回の動画。冒頭、ナイツ・塙宣之に「今年のジャイアンツ、どうですか?」と尋ねられると、ラミレス氏は「ジャイアンツは良いチーム。しかし、クエスチョンマークがいくつかある」と述べつつ、「外国人がどれぐらい活躍するかでチームがどれぐらい飛躍するか……」と、外国人選手に着目する。

    続けて、「オドーアというのはすごい、バリバリのメジャーリーガー」とオドーアに言及すると、「阿部監督がどのように彼を使うかで、たぶん守備面も考えると、7回、8回に僅差で勝っていると、たぶん守備固めを彼のところに送る。10年ぐらいバリバリメジャーでやってきた人が、メジャーのプライドがどう対応できるのか気になります」と懸念点を指摘した。

    この話に、塙が「なるほどね、そんなみんな思うんだ」と驚くと、ラミレス氏は「たぶん外国人で僕ぐらいだと思うんですよ。7回8回ぐらいになったら、レフトから原監督のほうを見て、チェンジチェンジ……(とアピールしていた)」と明かし、笑いを誘っていた。

    【編集部MEMO】
    『ナイツ塙会長の自由時間』は、ナイツの塙宣之によるYouTubeチャンネル。「M-1グランプリ」ファイナリスト経験者で同大会の審査員も務める塙が、各賞レースのネタについて語る企画「ナイツ塙の漫才論」や、自身が出演するバラエティ番組『球辞苑 〜プロ野球が100倍楽しくなるキーワードたち〜』(NHK BS1)にならい、毎回設定したキーワードからお笑いを語る企画「笑辞苑」などが人気を集めている。2023年9月、同年6月に漫才協会会長に就任したことを受け、『ナイツ塙の自由時間』から現在のチャンネル名に変更された(動画「ナイツ塙からチャンネルについて発表があります」にて発表)。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ラミレス、オドーアの巨人電撃退団に対する不安を明かす】の続きを読む


    中日浮上のカギを握る赤星憲広の活躍に期待


    赤星 憲広(あかほし のりひろ、1976年4月10日 - )は、愛知県刈谷市出身の元プロ野球選手(外野手、右投左打)、野球解説者、野球評論家、タレント、YouTuber。妻はタレントの徳原恵梨。マネジメント契約はオフィスS.I.Cである。 赤星曰く、幼少期から運動神経が良く、刈谷市立住吉小学校時代に…
    99キロバイト (14,562 語) - 2024年2月11日 (日) 03:38


    赤星選手の存在は中日の力強い支柱となること間違いなしですね。期待が高まります。

    元プロ野球選手で野球解説者の赤星憲広氏が25日、YouTubeチャンネル『燃えドラch【CBCテレビ公式】』で公開された動画「【サンドラ】解説者サミット2024!! 第2弾はドラゴンズ逆襲のキーマン!! 赤星憲広&川口和久&谷繁元信&槙原寛己&真中満&川上憲伸」に登場。中日浮上のキーマンを挙げた。

    ○“逆襲のキーマン”に選出

    同チャンネルでは今回、2024年シーズンの中日の“逆襲のキーマン”についてトーク。その中で、赤星氏がキーマンに挙げたのが、石川昂弥だった。

    プロ4年目となる2023年シーズン、121試合の出場で打率.242、13本塁打、45打点という成績を残した石川について、赤星氏は「彼がどれぐらいやるかでかなり変わってくるんじゃないかな」と期待。「細川選手と中田選手がいることを考えると、そんなに去年よりは負担はないのかなって気がするんですよ。同じ右バッターの大先輩が来てくれて、いろいろ参考になる部分もたくさんあるでしょうから」と解説した。

    続いて、同じく石川をキーマンに挙げた川口和久氏も、「逆方向にも打てるじゃないですか。ピッチャーって、引っ張りだけのバッターならそんなにピッチングは難しくないんですよ。それが逆方向にも打たれると、ピッチングの組み立てが難しくなってくるんで」「キーマンで間違いないです」と断言していた。

    【編集部MEMO】
    阪神タイガースの主力として活躍し、新人王、ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞6回など華々しい受賞歴を持つ赤星憲広氏。2001年から2005年にわたり、盗塁王を5回獲得しており、5年連続はセ・リーグ記録となる。現役引退後は野球解説者として活躍し、「LITEVIEW」アプリで毎週月曜(20:00~20:30)に放送されている音声番組『赤星憲広の入ってねぇーんだよ!』でも、“ならでは”の野球トークを繰り広げている。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【中日浮上のカギを握る赤星憲広の活躍に期待】の続きを読む

    このページのトップヘ