スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    亀田興毅


    【3150FIGHT vol.8】にpatoキャストユーザーがリングガールとして登場!


    フライ級王者、元WBC世界フライ級王者、元WBA世界バンタム級レギュラー王者で、日本人初の3階級制覇王者。亀田プロモーション代表取締役社長。3150FIGHTファウンダー。既婚で5児の父。 長男で、亀田大毅・亀田和毅は実弟、亀田姫月は実妹、亀田史郎は実父、亀田京之介は従兄弟である。…
    106キロバイト (14,647 語) - 2024年4月6日 (土) 12:51


    「亀田興毅がプロモーターを務めるイベントのリングガールって、なんか凄いなあ。patoのキャストユーザーさん、羨ましい!」

    株式会社キネカ(本社:東京都港区、代表取締役:渡辺正樹)が運営するエンタメマッチングサービス「pato」は、2024年3月31日(日)開催のトップpresents「3150FIGHT vol.8」へ協賛をさせていただきました。またpatoに登録する10,000名以上のキャストユーザーの中から公募により選ばれた2名のpatoキャストがプレゼンターとしてリングアップいたしました。


    3月31日(日) 愛知・名古屋国際会議場にて、プロボクシング元世界3階級制覇王者の亀田興毅氏(37)がプロモーターを務める【3150FIGHT vol.8】が開催されました。

    当日はABEMAにて全試合無料生中継が行われ、現在は期間限定で“全試合無料視聴も可能です。


    今回の協賛に際し、patoキャストがリングガールを務めることとなりました。

    patoサービス内でリングガールを募集し、応募があったキャストの中からオーディションを開催。

    見事選ばれたpatoキャスト2人が、第3試合・第4試合のリングガールに就任いたしました。


    リングガールを務めた2名のpatoキャスト



    左:ゆきさん

    右:ももさん


    (ゆきさんからいただいたコメント)

    生の格闘技を観るのは初めてでとても感動して泣きそうになりました。

    今回登壇させていただいたのをキッカケに格闘技にハマりそうです。

    貴重な体験ありがとうございました。


    (ももさんからいただいたコメント)

    大好きな格闘技に関われて、違う角度から試合も見ることができて、本当に嬉しかったです。

    昔からTVで観ていた亀田興毅さん率いるリングに立たせていただいてとても感動しました。

    • patoキャストがリングガールを務めた試合について

    <第3試合>

    重岡銀次朗vsジェイク・アンパロ(IBF世界ミニマム級タイトルマッチ)


    第2ラウンドで得意の左ボディーでダウンを奪うと貫禄のKO勝ちし、2度目の防衛に成功しました。

    テンカウントを聞くとコーナーに駆け上がり拳を上げ255秒の完勝劇を会場のファンに誇示。


    勝者のプロボクシングIBF世界ミニマム級王者、重岡銀次朗選手の両脇にpatoキャストが華を添えました。

    2回KO勝利にて2度目防衛に成功し、会場も盛大に盛り上がりました。


    <第4試合>

    アレクサンドル・ジュールvs但馬ミツロ(224ポンド契約)


    224ポンド(101.6キ)契約8回戦に出場した但馬ミツロ(KWORLD3)は1ラウンドに順調な滑り出しを見せたものの、2ラウンドに右アッパーカットをまともにもらい、まさかの結果に。

    勝者のアレクサンドル・ジュール選手の両脇にpatoキャストが華を添えました。

    手に汗握る展開で、会場中がリングに釘付けとなる試合でした。


    • 今後の展望について

    今後も「新しい働き方で世界を変え、新しいエンタメで世界の喜びを最大化させる」というミッション実現のもと、世界中の人々の生活がより豊かになるサービスを創造していきます。

    エンタメマッチングサービスとして、多種多様なpatoキャストユーザーがさらに輝ける場を提供していきます。

    株式会社キネカでは、メディア出演依頼、様々なイベント等でタイアップやコラボいただける企業様

    を募集しております。

    具体的なコラボ内容のご相談に関しましては、下記よりお気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ先:pr@kineca.jp


    • 3150FIGHTについて

    https://www.3150fight.com/

    「最高のボクシング 再興へ」

    復活。新生。下克上。強さの証明。

    拳と拳で繰り広げられる熱い戦いが生み出す予想もつかないドラマ。

    チャンスとその先にある栄光を掴むため新たな才能たちが命を燃やす。

    選手、ファン、ステークホルダー全ての夢を一つに。

    ボクシングの新たなビジネスモデルを生み出していく。

    ボクサー達が憧れる、感動と興奮が溢れる舞台。

    それが新時代のボクシングイベント「3150FIGHT」

    ボクシングの未来が、今ここに。


    • patoについて


    エンターテイナーとエンターテイナーに仕事依頼したい人との特化型マッチングプラットフォームです。

    2017年6月のリリース以降、TVや雑誌のメディアでも話題となり、35万回以上のマッチングを達成。

    シェアリングエコノミーの力でエンタメ産業を変革し、スキルや得意を持つキャストの新たな収益源となるエンタメ文化を創出し、生活者の"いつものシーンを非日常に"彩ることで、日本を元気にするサービスを目指していきます。


    pato公式サイト:https://pato.today/u/guest

    patopicks:https://pato.today/news/

    キャスト登録希望の方はこちら:https://pato.today/u/cast


    • 会社概要

    商号 : 株式会社キネカ

    代表者 : 代表取締役 渡辺正樹

    所在地 : 東京都港区六本木4-8-7

    URL:https://kineca.jp/

    配信元企業:株式会社キネカ

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【3150FIGHT vol.8】にpatoキャストユーザーがリングガールとして登場!】の続きを読む


    但馬ミツロと亀田興毅が描くボクシング界の新たな未来とは?


    但馬 ミツロ(たじま ミツロ、1994年11月4日 - )は、日本のプロボクサー。愛知県碧南市出身。ブラジル国籍。本名は但馬 ブランドン ミツロ。KWORLD3所属。第4代日本ヘビー級王者。2024年2月現在、WBC世界ブリッジャー級23位。 愛知県碧南市にて日本人の父とブラジル人の母の間に生まれる…
    13キロバイト (1,784 語) - 2024年3月27日 (水) 21:34


    香川県出身のボクサー、但馬ミツロさんが亀田興毅師と共に革命を起こすとは、非常に興味深いですね。今後の動向が楽しみです。

     格闘技シーンの面白さを、若年層マーケティングを手がける株式会社bieno代表・奥原ゆきのとともに伝えていく連載『Still enjoying martial arts~"配信コンテンツ”で格闘技はもっと面白くなる!~』。

    参考:VS 朝倉未来直前! YA-MANが語る“20歳の自分と若者へのメッセージ”「格闘家はあくまで目標に向かうための手段だった」

     今回は、ABEMAボクシングのYouTubeチャンネル『但馬ミツロの腹パン散歩』でも人気のプロボクサー・但馬ミツロと、彼が所属する新世代プロボクシング興行「3150FIGHT」のファウンダーを務める亀田興毅が登場。ボクシングへの想いや格闘技界に革命を起こす「3150FIGHT」の挑戦について、たっぷりと語ってもらった。聞き手は、株式会社bieno代表であり現役大学生の奥原ゆきのが務める。

    〈「3150FIGHT」を引っ張っていけるくらいの選手になる〉

    奥原ゆきの(以下、奥原):但馬選手は、高校入学と同時にボクシングを始めたとお聞きしました。何かきっかけがあったのでしょうか。

    但馬ミツロ(以下、但馬):K-1選手に憧れていたので、空手やテコンドーなどさまざまな武道を習ってきました。ボクシング部に入ったのは、パンチを習いたいと思ったからです。最初はテコンドーと並行してやっていました。

    奥原:小さいころから、身体は大きい方でしたか?

    但馬:いや、そういうわけじゃないんです。だんだん大きくなっていった感じで。見た目も、小さいころは日本人っぽかったんですよ。歳をとるごとに、ブラジルの血が濃くなってきました。

    奥原:学生時代は、どのように過ごされていたのでしょうか。

    但馬:高校では最高記録がベスト8で、大学ではチャンピオンになることができました。スポーツ推薦で進学する選手は、部活動を頑張るために学校に入っているので、ボクシング一色の生活をしていましたね。

    奥原:大学時代は、怪我をしてオリンピックを断念された経験もあるとお聞きしました。

    但馬:そうですね。大学3年生のときに怪我をして手術をしたので、4年生のときは試合に出ることができなくて。

    奥原:辛かった時期をどのように乗り越えられたのでしょうか。

    但馬:元々、メンターにしている選手のバックボーンを調べるのが好きだったんです。やはり、怪我を避けて通っている選手は少ないし、みんな乗り越えてきているのを知っていたので、自分も必ず乗り越えられるという自信が頭のなかにありました。

    奥原:そこから怪我を乗り越えて、亀田興毅さんがプロデュースする新世代プロボクシング興業「3150FIGHT」に入られたと。

    但馬:めちゃくちゃ光栄なことですよね。「3150FIGHT」で戦えていることが、嬉しいし誇らしい。今後は自分が「3150FIGHT」を引っ張っていけるくらいの選手にならなければならないと思っています。

    奥原:亀田さんとの出会いはいつごろですか?

    但馬:2021年ですね。

    亀田興毅(以下、亀田):ミツロがアマチュアのときから、すごい選手が出てきたと噂で聞いていたので、面白いなと思っていたんです。ただ、当時はぼくもまだボクシング事業をやっていなかったので。

    奥原:興行を立ち上げるのって本当に大変なことだと思うのですが、何か決心するきっかけはあったのでしょうか。

    亀田:コロナ禍で多くのボクサーが引退していったことですかね。

    奥原:スポーツ興行やイベント等、軒並み中止や無観客となっていましたよね。

    亀田:そうなると、興行をしても無観客だし赤字じゃないですか。このままいったら、ボクシング業界が終わってしまうと思ったときに、プラットフォームが必要だと思いました。

    奥原:ジムが主体の興行ではなく、興行が主体となったプラットフォームはかなりめずらしいですよね。

    亀田:そうすれば、選手たちも試合ができるので引退しなくてもいいんじゃないかと思って。あとは、亀田興毅という人間を育ててくれたボクシング業界に恩返ししたいなという気持ちもありました。

    奥原:ボクシング業界への恩返しの気持ちが、「3150FIGHT」立ち上げに繋がっているのですね。

    亀田:ボクサーが稼げるようになったら、憧れのスポーツになるじゃないですか。ボクシングのファイトマネーってふつうはチケット払いなんですけど、「3150FIGHT」は現金で、しかも相場の倍額を渡すことにしているんです。チケット払いだと、チケットが売れなければ売り上げが作れない。なんなら、自腹を切ってリングに上がっている選手もいたりして。

    奥原:命がけでリングに立っているのに……。

    亀田:そうなんですよ。だから、まずはそこの仕組みを変えていかなければならないと思って。ただ、そうなると運営側が厳しくなってしまうんですけど。

    奥原:「3150FIGHT」では、金銭問題をどのように解決れているのですか?

    亀田:日々、スポンサー営業をしています。とにかく大量行動あるのみ。最初は他のジムから「うちらもやらんとあかんくなるやん」って指摘を受けたこともあったけど、最近は業界全体が少しずつ変わってきている気がします。ただ、いまの段階では、マイナスだったものをゼロベースにしている段階。なので、これから業界にどんどん刺激を与えレートを上げていきたい。ぼくはボクシングを最高なスポーツだと思っているし、夢を与えられるものにしたいから。

    奥原:「3150FIGHT」の由来は、そういった意味も込められているのでしょうか? 最高なスポーツという。

    亀田:いや、それは、親父(亀田史郎氏)が「最高!(3150!)」とやっているからというのもあります(笑)。流行語にノミネートされたこともある有名なワードなので、それを使おうと。でもボクシングの“再興”と“最高”のボクシングで、最高のボクシング再興へ、という意味を込めています。

    奥原:なるほど、ダブルミーニングだったんですね。

    〈但馬ミツロがSNS断ちしたワケとは?〉

    奥原:現在、ABEMAボクシングのYouTubeチャンネルで配信されている『但馬ミツロの腹パン散歩』、大人気ですよね。街で声をかけられたりすることも増えましたか?

    但馬:増えました。“腹パン”というワードが広がっているのも感じます。あとは、インタビューで話をうかがったりするときに、「見てます」「知ってます」と言われたり。あと、子どもから声をかけられることも多いです。ぼくも小さいころからテレビの画面に釘付けになってボクシングを見ていたので、未来を作る子どもたちに見てもらえるのはやっぱり嬉しいですね。

    亀田:たしかに、うちの子どもたちも「ミツロ大好き!」って言ってる。

    奥原:大会に向けるモチベーションも上がりますね。

    但馬:そうですね。やっぱり、人に見られて成り立つというのが、スポーツ興行の一面でもあるので。ボクシングと離れている層を振り向かせることができているのは、すごく嬉しいです。

    奥原:ただ、但馬さんは昨年SNSを全部やめられていますよね? 何か理由があってのことなのでしょうか。

    但馬:もちろん、たくさんの人に知ってもらうのは大事なことだと思っています。ただ、ヘビー級チャンピオンになるという、日本人ではまだ誰も成し遂げていないことに挑んでいくなかで、自分の活動に集中していかなければならないと思ったんです。興毅さんと今後の活動について相談させていただいたときも「目先のfamousやお金を見るんじゃなくて、夢を叶えることに集中しよう」と言っていただいて。SNSは5分もあれば再開できますし、実力があればフォロワーはついてくると思うので。ただ、ファンのみなさんありきのボクシングだというのはわかっているので、みなさんにぼくの活動を提供できるような場をなにか考えなければいけないなとは思っています。

    亀田:強くなったら、あとからいくらでもフォロワーはついてくるから。例えば大谷翔平選手がXのアカウントを作ったら、えげつない数の人が一気にフォローするでしょ? ヘビー級の世界チャンピオンになってそれに近い名声を得たうえで、やりたければやればいい。これまでコツコツやってきた他のファイターたちを一気に捲ることができる。それがボクシング。

    〈20代の人には「常識の範囲でヤンチャしてほしい」〉

    奥原:2月17日から3週連続ABEMAで配信されている『但馬ミツロの腹パン散歩』では、沖縄に行かれていましたよね。沖縄ロケはどうでしたか?

    但馬:楽しいの一言でしたね。ウエイトリフティングの知念光亮選手にも腹パンしていただいたりして。もしかしたら、パリオリンピックに出られるかもとおっしゃっていたので、本当に決まったらすごいなって。

    亀田:海外とかにも行くようになったら、もっと面白そう。まずは、韓国や!

    但馬:アジア圏から(笑)。

    奥原:世界進出、ありそうですね。

    但馬:アーネスト・ホーストさんにも腹パンをしてもらったように、レジェンド級の方からの腹パンを受けられるのも嬉しいんですよね。闘魂注入してもらっている気がして。

    亀田:でも、大会のために体重落としてるから、いまやったら効くんじゃない?

    但馬:大丈夫な気がするんですよね。空手の経験が生きているのかもしれないです。

    亀田:すごいわ!

    奥原:大会というのは、3月31日開催の『3150FIGHT vol.8』ですか?

    但馬:そうです。

    亀田:今回の相手は世界ランカーなんですよ。ミツロがデビューして以来、いちばん強い対戦相手です。

    奥原:それは、今年を占う上で重要な戦いになりそうですね。

    但馬:世界ランキングを上げるためにも、今回の試合は絶対に勝ちたいです。

    奥原:それでは最後に、いまの20代の読者だったり進路に迷っている若い世代に、お言葉をいただきたいです。

    但馬:20代前半は怪我が続いていたので、いま振り返ればやめるタイミングだったのかな? と思うような時期でした。でも、やっぱり続けてきてよかったなと思っています。今後もいろいろな試練があると思うけれど、続けるというのは何より大事なことだなって。

    亀田:20代のみなさんには、のびのびと好きなことをやってもらいたい。そして失敗も経験しよう。ぼくが20代に戻れるなら、もっとヤンチャしますもん(笑)。ただ、成人しているわけだから、道を逸れるようなことはしてはいけない。常識の範囲内で、ヤンチャして失敗もしてほしい。ぼくも、若い世代には負けてられへん! と思いながら頑張ります。

    (取材=中村拓海/構成=菜本かな)

    Still enjoying martial arts~"配信コンテンツ”で格闘技はもっと面白くなる!~


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【但馬ミツロと亀田興毅が描くボクシング界の新たな未来とは?】の続きを読む


    「日本ヘビー級王者、地下格闘家との試合で苦悩する展開に」


    但馬 ミツロ(たじま ミツロ、1994年11月4日 - )は、日本のプロボクサー。愛知県碧南市出身。ブラジル国籍。本名は但馬 ブランドン ミツロ。KWORLD3所属。第4代日本ヘビー級王者。2024年2月現在、WBCブリッジャー級21位。 愛知県碧南市にて日本人の父とブラジル人の母の間に生まれるが、…
    13キロバイト (1,793 語) - 2024年3月2日 (土) 13:17


    「日本ヘビー級の頂点に立つ王者が、予想外の強敵、地下格闘界からの挑戦者との試合で苦戦を強いられるという衝撃の展開が話題となっています。この対戦は、地上のリングで名を馳せる公認の王者と、地下格闘技界の無名ながらも非凡な才能を持つファイターとの間で繰り広げられた、予測不可能な戦いです。地下格闘家という、一般にはあまり知られていない存在が、なぜ日本ヘビー級の王者を苦しめることができたのか。その理由の一つとして、地下格闘界特有の過酷な環境と、そこで磨かれた独自の技術や戦術が挙げられます。また、地下格闘家は公式の試合ではなく、さまざまなスタイルや規則で戦うことが多く、その予測不可能性が、王者にとって大きな障壁となった可能性があります。この試合は、単に勝敗を超えた意味を持ちます。日本ヘビー級王者にとっては、自身の戦い方や心構えを見直すきっかけとなり、地下格闘家にとっては、その実力を広く認知される大きなチャンスとなったのです。また、ファンにとっては、異なる背景を持つ二人のファイターが織りなすドラマティックなストーリーが、格闘技の魅力を一層深く感じさせるものでした。今回の試合が示したのは、格闘技の世界において、名声や肩書きだけが全てではなく、時には予想外の場所から現れる才能に、大きな驚きや教訓が隠されていることです。日本ヘビー級王者と地下格闘家との対戦は、多くのファンにとって忘れられない一戦となり、今後も格闘技界の話題の中心となることでしょう。」

    【写真・画像】 1枚目

     地下格闘技で100戦&二階級制覇しているというキックボクサーが、ボクシング日本ヘビー級王者のボディに容赦なくパンチを打ち込んだ。

    【映像】地下格“100戦”の二階級王者が容赦ないパンチ

     これは、プロ10戦 10勝(8KO)、WBC世界ブリッジャー級16位でもある但馬ミツロのボディを自由に10秒間殴り、“効かせる”ことができれば1000万円を手に入れられるという「但馬ミツロの腹パン散歩」という企画での一コマ。これまで、歌舞伎、ミナミ、西成、沖縄の繁華街と“拳自慢”を探し歩いてきたが、いまだ成功者は現れていなかった。

     今回、街を歩きながら強そうな人物に声をかけるという従来のシステムとは様相が変わり、「俺なら効かせられる」という挑戦者がすでに沖縄県のとある場所に集合。「腹パン祭り」として、但馬を待ち構える。

     そこには日本アームレスリングヘビー級のランカーなど、屈強な男たちが勢揃い。それぞれが順になり本気で但馬に挑むものの、「効くにはまだ」と余裕の表情。そして4人目に登場したのが、これまでとは打って変わって細身の男。だが話を聞くと、「地下格闘技で100戦をしてきた」という二階級制覇の実力者だ。

     そして10秒がスタートすると、キックボクシング技術に長けているということもあり、回転の良いパンチが但馬のボディを捉える。だがしかし、カメラに向けて咆哮するような表情を見せる。結局ケロッとした表情で「いい感じっすね」と相手を称えたが、挑戦者は「やせ我慢してる」と悔しさをにじませた。

     但馬は、亀田興毅ファウンダーが手掛けるプロボクシング興行「3150FIGHT」に参戦しており、3月31日に名古屋国際会議場で行われる「3150FIGHT × PRIZE FIGHTER in NAGOYA」において、世界ランカーとの試合が組まれる予定となっている。

    地下格“100戦”の二階級王者、日本ヘビー級王者に容赦ないパンチ まさかの結末に「やせ我慢してる」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「日本ヘビー級王者、地下格闘家との試合で苦悩する展開に」】の続きを読む


    2014年9月17日 ^ 河野-亀田興の入札中止=世界ボクシング協会 時事通信 2014年9月18日 ^ 亀田興毅「自分が1回引く」 河野公平戦の入札回避 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月18日 ^ 亀田“明白な”2-1判定でV3、興毅はKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース)…
    109キロバイト (15,202 語) - 2024年1月26日 (金) 20:06
    「ボクシングの世界において、世界王者という栄光を手にしても、日々の生計を立てるために飲食店で働く現役ボクサーがいるという事実は、スポーツ界の厳しい現実を浮き彫りにしています。この状況は、ボクシングだけで生活することができる選手がほんの一握りであるという、スポーツ業界全体に共通する問題を示しています。

    ボクシングが高い人気を誇り、大きな注目を集める一方で、多くの選手が経済的な困難に直面しているのは皮肉なことです。世界王者という称号を持つ選手でさえ、スポーツ外での仕事に就かなければ生計を立てることができない現状は、ボクシング界だけでなく、他の多くのスポーツにおいても見直すべき問題を提起しています。

    このような状況は、スポーツ選手へのサポート体制の強化、選手のキャリアを支えるための経済的な仕組みの確立、そして若手選手がスポーツに専念できる環境の整備を求める声を高めています。現役ボクサーが日々の生活のために別の仕事に就くという現実は、スポーツ界が直面する課題に光を当て、選手たちがスポーツに専念し、その才能を存分に発揮できるようなサポートが必要であることを強調しています。

    世界王者であっても日々の生計を心配する現役ボクサーの存在は、スポーツとしてのボクシングの価値を再評価し、選手たちが適切な報酬と尊敬を受けるべきであるという議論を促すきっかけとなるでしょう。」

    【「光と影: 世界王者でありながら飲食店で働く現役ボクサーの現実」】の続きを読む

    このページのトップヘ