スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    中日ドラゴンズ


    今中慎二、中田翔の成長に迫る!変化を振り返る


    画像提供依頼:今中慎二の画像提供をお願いします。(2015年11月) 今中 慎二(いまなか しんじ、1971年3月6日 - )は、大阪府門真市出身の元プロ野球選手(投手、左投左打)・コーチ等の野球指導者、野球解説者。愛称は、先輩からは「チュー」、同級生からは「イマチュー」と呼ばれる。…
    43キロバイト (6,493 語) - 2024年1月6日 (土) 07:25


    今中選手は怪我に苦しんでいた時期もありましたが、それを乗り越えて更に成長している姿に感動します。

    元プロ野球選手で野球解説者の今中慎二氏が9日、YouTubeチャンネル『中村武志の39部屋』で公開された動画「【中田翔】元中日ドラゴンズ『今中慎二』からの期待感は?」に出演。中日・中田翔に感じる、ここ数年の変化を語った。

    ○中田翔の出場試合数にも言及

    今回、中村武志氏のチャンネルにゲストとして出演した今中氏。中田への期待について問われると、今中氏は「打点はあげられるし、勝負強いので」「長打力ってところでは、衰えはあるかもしれないですけど」と自身の印象を打ち明ける。

    続けて、今中氏は「日本ハム時代とジャイアンツ来てからで色々あったんですけど、バッティングが変わったって思うんです。追い込まれてもあっさりしなくなったし。なんとかしようって。バットを短く持って、彼なりにやってるんで」と巨人移籍後の変化にも触れたうえで、「そこですよね。そこは期待感がすごくあるんですよ」「だから、追い込まれてあっさり三振とかダブルプレー打ちましたってことはやらないです。そういう姿勢がジャイアンツに来てからはすごく見えてたので」と評価した。

    なお、出場試合数については「全試合というのは……本人に言うと怒られますけど、無理です」と指摘。「やっぱりケガもあるので。大きなケガをさせないためには、ところどころ休みとか、ピッチャーの兼ね合いとか色んなことで休場とかで休ませていかないと、うまく機能しないです」「本人は出たがっても、止めたりとかしないといけない」と語っていた。

    【編集部MEMO】
    打点王3回(2014年、2016年、2020年)、ベストナイン5回(2013年、2014年、2015年、2016年、2020年)、ゴールデングラブ賞5回(2015年、2016年、2018年、2020年、2022年)などの実績を持つ中田翔。昨年11月15日、読売ジャイアンツとの3年契約に盛り込まれていたオプトアウト権を行使して契約を破棄し、自由契約選手となることを選択。翌月6日に中日ドラゴンズと正式に契約し、入団会見に臨んだ。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【今中慎二、中田翔の成長に迫る!変化を振り返る】の続きを読む


    CBCベテランアナの異動が中日ファンに波紋を広げる


    立浪 和義(たつなみ かずよし、1969年8月19日 - )は、大阪府摂津市出身の元プロ野球選手(内野手・外野手、右投左打)、プロ野球監督。現在は中日ドラゴンズの監督および日本プロ野球名球会理事を務める。 1987年にPL学園高等学校野球部の主将として甲子園(第59回選抜高校野球・第69回全国高校…
    150キロバイト (18,209 語) - 2024年2月18日 (日) 11:12


    立浪和義監督の就任によって、中日の今後がますます楽しみになりました。CBCのベテランアナの異動による波紋も気になりますが、球団の方針や選手たちの活躍に注目したいですね。

     CBCテレビTBS系)の若狭敬一アナが、3月末をもって18年間も出演し続けた中日ドラゴンズ応援番組「サンデードラゴンズ」から退くと発表された。

     若狭アナは4月から報道番組のメインMCに「異動」。これまで主戦場だったスポーツ中継の実況などは、大幅に減る見通しだ。在名古屋テレビ局関係者が言う。

    「キャラクターが暑苦しくて、実際にもグイグイ来るタイプ。プロ野球選手の取材力はかなりあって、現役時代から独特のオーラを放つ立浪和義監督に食い込んでいた。そこが抜けるのですから、取材体制が脆弱になるのは避けられないでしょう」

     CBCは数年前にも、落合博満氏や立浪監督らに可愛がられていた敏腕プロデューサーがスポーツセクションから離れており、局として中日の取材能力の低下を懸念する声が多数、上がっていた。だが別のテレビ局関係者は、期待を寄せるのだ。

    「若狭アナは長年にわたって中日取材にどっぷり浸かりすぎて、やり放題にさせてしまった側面もある。後任は30代の男性アナウンサーが引き継ぐということで、いい世代交代になれば」

     メディアのよき理解者を失った立浪監督にとっては、痛手だろうが…。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【CBCベテランアナの異動が中日ファンに波紋を広げる】の続きを読む


    上林 誠知(うえばやし せいじ、1995年8月1日 - )は、埼玉県浦和市(現:さいたま市桜区)出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。 日本人の父親と韓国人の母親の間に生まれた日韓ハーフ。 小学校1年生の時に「西堀A-1」で野球を始め、矢作公一の設立した野球塾にも在籍。さいた…
    40キロバイト (4,936 語) - 2024年2月12日 (月) 04:59
    上林誠知選手の右肋間筋損傷は非常に残念です。彼の存在はチームにとって大きなプラスであり、早期復帰を願っています。

    【中日ドラゴンズ・上林選手、右肋間筋損傷の診断 今後のトレーニングに影響か?】の続きを読む


    中田 (なかた しょう、1989年4月22日 - )は、広島県広島市中区出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 広島市立竹屋小学校3年から広島鯉城リトルで捕手として野球を始める。6年時に投手に転向。広島鯉城シニア時代は連盟記録となる通算51本塁打。広島市立国泰寺中学校…
    139キロバイト (19,039 語) - 2024年2月5日 (月) 00:57
    中田翔の加入により、中日の打線が一気に強力になることを期待しています。彼のパワーと長打力はチームに新しい刺激を与えることでしょう。

    【中田翔獲得で中日の暗いイメージが一変?期待される様々な効果とは】の続きを読む


    中田 (なかた しょう、1989年4月22日 - )は、広島県広島市中区出身のプロ野球選手(内野手、外野手)。右投右打。中日ドラゴンズ所属。 広島市立竹屋小学校3年から広島鯉城リトルで捕手として野球を始める。6年時に投手に転向。広島鯉城シニア時代は連盟記録となる通算51本塁打。広島市立国泰寺中学校…
    139キロバイト (19,039 語) - 2024年2月5日 (月) 00:57
    「中田翔の加入により、中日の前評判が一変しましたね。彼のパワフルな打撃力はチームに新たな活力をもたらし、ファンの期待も高まっています。今後の試合においては、彼の存在がチーム全体の勢いを変えることでしょう」

    【「中田翔獲得により、中日が新たな光明を手に入れる!」】の続きを読む

    このページのトップヘ