スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    ロッテ


    プロ野球チームで活躍する「裏方女性」の日常とは?


    裏方女性の活躍について知ることができて興味深い記事です。プロ野球界には選手だけではなく、様々なスタッフが必要なんですね。

     プロ野球界の裏方に、女性の進出が目覚ましい。日本ハムは今春に立教大学を卒業予定の女性を、球団1軍通訳として採用した。

    「すでに1月の新人合同自主トレ期間中から鎌ケ谷スタジアムで研修を受けて、2月から沖縄キャンプで本格業務を開始。大学時代にカナダへ1年間、語学留学しており、これまでにバドミントンの国際大会に、通訳として参加しています。ただ、野球の知識は微妙で、苦労していますが…」(北海道テレビ局スタッフ)

     同時期にはロッテが女性広報スタッフを採用。こちらは美声で長年、マリーンズファンを虜にした広報兼ウグイス嬢・谷保恵美氏の退職に伴うものだ。

    「ロッテの広報室は元スポーツ紙の阪神担当だった男性スタッフを筆頭に、4人体制。東海地区で中日戦の中継に制作スタッフとして携わっていた女性で、動画撮影と編集を主にやっています。慣れない現場は大変そうで、宿舎に戻っても編集作業が待っている。編集を外注する他のスタッフのように『みんなで作業分担すればいいのに』との声がありますね」(在京テレビキー局スタッフ)

     男女の区別なく野球界でも働けるようになったのは進歩した証拠だが、

    「選手が全員男性という中で、よからぬことが起こらないようにする配慮は必須」(球界関係者)

     脱・男社会の変革期に奮闘する彼女たちに注目したい。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【プロ野球チームで活躍する「裏方女性」の日常とは?】の続きを読む


    ^ 「ロッテ・佐々木朗希 お立ち台で「朗希の方が呼び慣れてます」ファンへ“佐々木コール”から変更お願い」」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2023年4月6日。2023年4月7日閲覧。 ^ a b “ロッテが佐々木朗希と契約合意 近日中に更改会見…球団発表、いまだ1人だけ未更改”…
    93キロバイト (12,068 語) - 2024年1月31日 (水) 12:41
    佐々木朗希の弟・怜希も期待の逸材ですね。大船渡の最速143キロ右腕というだけで注目を集めること間違いなしです。中大の練習に合流したことでさらなる成長が期待されます。将来の活躍が楽しみです。

    【野球界に新たな逸材誕生?佐々木朗希の弟・怜希、中大の練習に加入!】の続きを読む


    ^ 「ロッテ・佐々木朗希 お立ち台で「朗希の方が呼び慣れてます」ファンへ“佐々木コール”から変更お願い」」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2023年4月6日。2023年4月7日閲覧。 ^ a b “ロッテが佐々木朗希と契約合意 近日中に更改会見…球団発表、いまだ1人だけ未更改”…
    93キロバイト (12,068 語) - 2024年1月31日 (水) 12:41
    この件について、私は佐々木朗希のメジャー行きが日本のプロ野球界に与える影響に懸念を抱いています。彼の成功は、他の若手選手にとって壁となり、彼らが早期にメジャーを目指すことを加速させる可能性があります。これにより、チームの競争が激化し、ファンの注目が分散される懸念があります。

    【「佐々木朗希の大リーグ挑戦がもたらす球界の競争力向上とは?」】の続きを読む


    ^ 「ロッテ・佐々木朗希 お立ち台で「朗希の方が呼び慣れてます」ファンへ“佐々木コール”から変更お願い」」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2023年4月6日。2023年4月7日閲覧。 ^ a b “ロッテが佐々木朗希と契約合意 近日中に更改会見…球団発表、いまだ1人だけ未更改”…
    93キロバイト (12,068 語) - 2024年1月31日 (水) 12:41
    佐々木朗希のメジャー移籍は果たして正しい選択なのか疑問です。彼はまだ若く、経験を積むことができるNPBで活躍するべきだと思います。短命なメジャーリーグのキャリアに終わる可能性もあるでしょう。

    【佐々木朗希のメジャー移籍は早すぎる?球界関係者が疑問を投げかける】の続きを読む


    ^ 「ロッテ・佐々木朗希 お立ち台で「朗希の方が呼び慣れてます」ファンへ“佐々木コール”から変更お願い」」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2023年4月6日。2023年4月7日閲覧。 ^ a b “ロッテが佐々木朗希と契約合意 近日中に更改会見…球団発表、いまだ1人だけ未更改”…
    93キロバイト (12,068 語) - 2024年1月31日 (水) 12:41
    移籍が早いと言われるかもしれませんが、佐々木朗希選手は早熟な才能を持っています。彼のピッチングスキルや球速は非常に高く、すでにプロの舞台で結果を残しています。彼がメジャー挑戦を選んだことは、彼自身の成長にとって最善の道かもしれません。

    【メジャー移籍は果たして正解?佐々木朗希に対する球界関係者の疑念】の続きを読む

    このページのトップヘ