スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    ルイス・ネリ


    井上尚弥が3階級4団体統一に挑戦か!?畑山隆則が警鐘「ヤバイんじゃないか」


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日)は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。現WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。元WBAスーパー・WBC・I…
    160キロバイト (20,800 語) - 2024年4月14日 (日) 13:28


    「井上尚弥の実力と根性を信じる!可能性は低いかもしれないけど、絶対に応援したい!頑張れ井上尚弥!」

     5月6日のルイス・ネリとの「世紀の一戦」を前に、井上尚弥が横浜市内の所属ジムで練習を公開したのは、31歳の誕生日となる4月10日だった。ネリの愛称は「パンテラ(ヒョウ)」。これに対抗して井上は、試合用のTシャツやコスチュームに「ホワイトタイガー」のデザインを採用したという。首尾よくヒョウを仕留め、さらなる防衛を重ねた後には「次なる階級」の話題が出てくるかもしれない。(3月27日配信)

     ボクシングのスーパーバンタム級で、アジア人初となる史上2人目の2階級4団体統一王者となった井上尚弥だが、はたして「3階級4団体統一」はあるのかと、気の早い期待が湧いてくる。だが、これに「黄信号」を灯したのは、元世界2階級制覇王者の畑山隆則氏だった。

     IBF世界フェザー級王者ルイス・アルベルト・ロペス(メキシコ)VS阿部麗也の世界戦が行われたのは、去る3月2日。8回TKOでロペスの勝利となり、長谷川穂積以来となる日本のジム所属選手の世界フェザー級王者誕生はならなかった。

     YouTubeチャンネル〈渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則ぶっちゃけチャンネル〉で、ロペスはディフェンス面に難ありとして、井上有利を唱える畑山氏だが、フォード、ホルトマフは別格と懸念する。

    「アルベルト・ロペスに関しては、井上チャンピオンが体つくれば勝てると思うんですよ。ただ、フォードとホルトマフの試合を見ると、井上チャンピオン、ヤバイんじゃないかって…」

     WBA世界フェザー級王者レイモンド・フォード(アメリカ)と、同級1位オタベク・ホルトマフ(ウズベキスタン)の試合が3月2日に行われ、フォードが12回TKOでベルトを死守。戦績を16戦15勝(8KO)1分とした。

    「体も大きいじゃないですか、この2人ともね。それで速い。井上チャンピオンがあの階級で、あれだけ速く動けるのか、と。さすがに井上チャンピオンでも、ここまで来たらさすがにヤベェのかなって…」(畑山氏)

     その前に、まずは5月6日の東京ドーム決戦だ。挑戦者のルイス・ネリ(メキシコ)を完膚なきまでに叩き潰し、畑山氏が前言撤回するほどの好試合を期待したい。

    (所ひで/ユーチューブライター)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【井上尚弥が3階級4団体統一に挑戦か!?畑山隆則が警鐘「ヤバイんじゃないか」】の続きを読む


    米識者が語る、井上尚弥が“本場”アメリカに行くべき理由とは?


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日)は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。現WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。元WBAスーパー・WBC・I…
    160キロバイト (20,799 語) - 2024年4月14日 (日) 05:45


    井上選手は既に日本での人気を確立しているので、本場アメリカに行かなくても成功する可能性はありますね。

    日本で王座を防衛し続ける井上。その戦いに思わぬクレームが飛んだ。(C)Getty Images

     ボクシング界で異彩を放つ日本の“怪物”を巡って小さくない論争が巻き起こっている。

     話題を集めているのは、世界スーパーバンタム級の4団体統一王者である井上尚弥(大橋)のマッチメイクだ。

    【動画】フルトンもタジタジ 井上尚弥が世界に見せつけた衝撃のKOシーンをチェック


     井上は21年6月にマイケル・ダスマリナス(フィリピン)とのWBA・IBFバンタム級タイトルマッチを米ラスベガスで行って以来、5戦連続で日本のタイトルマッチを実施。来る5月6日に開催される元世界2階級制覇王者のルイス・ネリ(メキシコ)との防衛戦も東京ドームで行う予定となっている。

     母国でメガマッチを実現させる――。より国際化が進んでいる昨今のボクシング界を考えても必然のようにも思えるが、これを“ボクシングの本場”の一部の識者たちは快く思っていないようである。

     現地時間4月12日には、米ボクシング専門YouTubeチャンネル『ProBox TV』に出演した元世界ウェルター級王者2団体王者のショーン・ポーター(米国)氏が、「ボクシングでは海を渡り、アメリカに来て、アメリカ人を倒して、ファンに注目してもらわなければならない」と強調。数多の名勝負が繰り広げられてきた“本場”でタイトル防衛をしてこそ「最高」という、驕りにも聞こえる異論を展開した。

     この元世界王者の意見はSNSで瞬く間に拡散。賛否両論を巻き起こしたのだが、一部の識者からはポーター氏の考えに賛同する声が上がった。


     米ボクシング専門チャンネル『Fight Hub TV』のディレクターを務めているマルコス・ビジェガス氏は自身のXでポーター氏の意見を拡散。そのうえで、「イノウエはすでにスターだ。しかし、アメリカのボクシング市場は最大級だ。もっと大きなスターになりたければ、アメリカに来るべきだ」と強調。さらに米国で「戦う」意味も説いている。

    「アメリカでの戦いが、どれほど重要なものであるかは誰もが知っているはずだ。アメリカは世界最大のメディア市場もある。本当に大スターになりたいなら、ここに来ればいいんだ。小柄だったマニー・パッキャオがアメリカに来て試合をする。そして英語を学ぶ。その後に世界的な人物になった。これを誰が想像しただろうか?」

     果たして、井上はアメリカで戦うべきか、否か。SNSでさまざまな意見が飛び交っている論争はしばらく収まりそうにない。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    井上尚弥は“本場”に行くべきか? 立て続けの日本開催に米識者が持論「スターになりたければ、アメリカに来るべきだ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【米識者が語る、井上尚弥が“本場”アメリカに行くべき理由とは?】の続きを読む


    井上尚弥vsネリ、WBCが“ダイヤモンドベルト贈呈”の可能性!


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日)は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。現WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。元WBAスーパー・WBC・I…
    160キロバイト (20,817 語) - 2024年4月12日 (金) 10:43


    「井上選手とネリ選手の対戦は本当に楽しみですね。どちらが勝ってもWBCのダイヤモンドベルトを手にする姿が目に浮かびます」

    稀代のボクサー井上とネリの対戦に世界から注目が集まっている(C)Getty Images

     数々の偉業を成し遂げ、日本ボクシング界の歴史を塗り替えてきた世界スーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥(大橋)。来る5月6日には、東京ドームにて元世界2階級制覇王者のルイス・ネリ(メキシコ)とタイトルマッチを行なうが、この試合も日本の“モンスター”にとって大きな意味を持つ戦いとなりそうだ。

    【動画】井上尚弥戦に向けて不安の声も ネリが公開したミット打ちをチェック


     現地4月10日(日本時間11日)、世界プロボクシング主要4団体のひとつであるWBCは、この一戦を制したファイターに“ダイヤモンドベルト”を贈呈すると発表。いよいよゴングまで1か月を切った井上vsネリ戦の重要度に関しては、WBCの会長を務めるマウリシオ・スレイマン氏も認めており、今回のベルト贈呈が決まったという。

     また、発表に際してWBCは、文字通り世界中のボクシング関係者から熱い視線が注がれているこのビッグマッチについて、「日出ずる国でここ数十年における最も重要な試合」と前置き。「偉大なファイターによるこの大一番の勝者には、特別なトロフィーとして名誉あるWBCダイヤモンドベルトを授与する」と報告した。


     2009年に創設され、多くのレジェンドが手にしている同ベルト。過去には、元世界6階級王者(8階級王者とも)マニー・パッキャオ(フィリピン)や元世界5階級王者のフロイド・メイウェザー、史上初の主要4団体統一王者バーナード・ホプキンス(ともに米国)、元世界4階級王者のレオ・サンタクルス(メキシコ)らが獲得している。

     なお、これまで無敗街道を走り続けてきた井上は、26戦全勝(23KO)というプロ戦績。一方、挑戦者のネリは36戦35勝(27KO)1敗で、唯一の敗北が2021年5月に行なわれたブランドン・フィゲロア(米国)戦だ。はたしてこの難敵を相手に“日本ボクシング界の最高傑作”はどんな戦いを見せるだろうか、今から楽しみだ。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    井上尚弥vsネリの勝者にWBCが“ダイヤモンドベルト贈呈”へ「日出ずる国でここ数十年における最も重要な試合だ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【井上尚弥vsネリ、WBCが“ダイヤモンドベルト贈呈”の可能性!】の続きを読む


    井上尚弥、世界最強の座を手にする!元ヘビー級王者が持論を語る


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日)は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。現WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。元WBAスーパー・WBC・I…
    160キロバイト (20,817 語) - 2024年4月3日 (水) 17:59


    井上尚弥は確かに世界最強の一人だと思います。彼のスピードとパワーは圧倒的で、どんな相手でも破壊してしまうことができるでしょう。

    クロフォードとのPFP争いを巡る議論が白熱している井上。(C)Getty Images、(C)Takamoto TOKUHARA/CoCoKARAnext

     井上尚弥は、当代最強なのかどうか――。

     この議論が白熱している。昨年12月に井上がスーパーバンタム級の4団体統一王者となり、史上2人目となる2階級での4団体統一を果たして以来、「怪物」の異名を持つ日本人が現在のボクシング界でどこに格付けされるかは、さまざまに論じられてきた。

    【動画】戦慄の45秒間 世界を震撼させた井上尚弥の圧倒的KOシーンをチェック


     そうしたなかで、全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手を格付けするパウンド・フォー・パウンド(PFP)において、井上が「2番手」と断言する者もいる。元世界ヘビー級王者のロイ・ジョーンズJr.氏(米国)もその一人だ。

     かつて世界4階級を制し、長く大手メディアのPFPにおいてトップに君臨していた名手は、英スポーツ専門ラジオ局『talk SPORT』のポッドキャスト番組内で「俺はバドこそ今のパウンド・フォー・パウンドの王者だと思っている」と断言する。彼の言う“バド”とは、ウェルター級世界王者のテレンス・クロフォード(米国)である。

     昨年7月に、エロール・スペンスJr.(米国)との頂上決戦を制し、井上よりも先に2階級での4団体統一をやってのける金字塔を打ち立てたクロフォード。40戦無敗(31KO)というキャリア戦績は、まさしく規格外。ゆえにジョーンズJr.氏の指摘もうなずける。


     同番組において「俺がクロフォードを推す理由を教えてあげよう。それは彼が過去10年間で圧倒的な存在であり、誰も匹敵しないからだ」と強調したジョーンズJr.氏だが、比較対象となる井上の存在も忘れたわけではない。百戦錬磨の名手は、こうも続けている。

    「クロフォードは、“あの子”、そうイノウエを背負った状態にある王者だと思っている。間違いなくイノウエはトップの座を猛追しているよ。だってそうだろ? イノウエは与えられた者を誰であろうと破壊している」

     来る5月6日に井上は、元世界2階級制覇王者のルイス・ネリ(メキシコ)との防衛戦を迎える。世界中が熱視線を向けている東京ドームでの大一番で鮮烈なKO劇を見せれば、クロフォードを抜く可能性もあるのかもしれない。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    井上尚弥は“世界最強”か? 元世界ヘビー級王者は持論「イノウエはクロフォードを猛追している」「誰だろうと破壊する」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【井上尚弥、世界最強の座を手にする!元ヘビー級王者が持論を語る】の続きを読む


    井上尚弥の恩恵で元バンタム級王者が驚愕の告白!住宅ローンを1円も借りずに済む?


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日)は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。現WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。元WBAスーパー・WBC・I…
    160キロバイト (20,817 語) - 2024年4月3日 (水) 17:59


    井上尚弥選手の活躍が、こんな形で身近な影響を与えるとは驚きですね。さすが世界レベルのスーパースターです。

    いまや軽量級屈指のスーパースターとなった井上。彼のもたらす収益はライバルたちにも影響を与えている。(C)Takamoto TOKUHARA/CoCoKARAnext

     稀代の天才ファイターがもたらす影響は計り知れない。ボクシング世界スーパーバンタム級4団体統一王者・井上尚弥(大橋)のそれだ。

     来る5月6日に東京ドームでWBC1位のルイス・ネリ(メキシコ)とのタイトルマッチを行う井上。同会場でボクシングの世界戦が実施されるのは、1990年にヘビー級王者のマイク・タイソン(米国)がジェームス・ダグラス(米国)と対戦して以来3度目。まさに歴史的な一戦と言える。

    【動画】戦慄の45秒間 世界を震撼させた井上尚弥の圧倒的KOシーンをチェック


     それだけに世界からの関心度は高い。すでに米スポーツ専門局『ESPN』と英衛星放送『Sky Sports』という大手放送局が生中継を決定。放映権料など日本開催ながら莫大な収益が生まれると予想されている。

     実際、井上との試合が生み出す“ジャパンマネー”はライバルたちの人生を一変させてきた。22年12月にバンタム級4団体統一戦を行なったポール・バトラー(英国)もそのうちの一人だ。

     試合結果は文字通りの惨敗だった。当時WBOのバンタム級王者に君臨していたバトラーだったが、ゴングが鳴ると同時に防戦一方。試合後に井上が「勝つ気があるのか」と苛立ちを隠さなかったほどに打ちのめされると、11ラウンドに強烈な左ボディーからの猛ラッシュを受け、リングに沈んだ。


     為す術なく敗れ、王座からも失墜したバトラー。だが、敵なしの王者だった“怪物”に挑んだ価値はあった。来る5月11日に行われるノルベルト・ヒメネス(ドミニカ共和国)との一戦に向け、米ボクシング専門サイト『Boxing Scene』の取材に応じた35歳は、井上との試合をしみじみと振り返っている。

    「正直に言って今の自分はボクシングをする必要はない。幸いにもイノウエのおかげで住宅ローンは1円たりとも借りていない。だから、無理をしてまで、このスポーツをやっている必要はないんだ。でも、もう一度、タイトルを獲りたいし、頂点に立ちたいからやっているんだ。そこはお金とは何の関係もない」

     昨年7月に東京・有明アリーナで行われたスティーブン・フルトン(米国)とのWBC&WBO世界スーパーバンタム級2団体統一戦は、両陣営の合計で約10億円という軽量級史上最大の収益を生み出したとされる。

     コロナ禍だった21年6月のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)戦以降、日本開催を続けている井上は、米メディアや一部の選手から批判も受けているが、そこには怪物の恩恵を受けようとするライバル側の思惑もあると言えよう。

     バトラーの証言が示すように、国際的に見ても異次元の市場価値を誇る井上。その存在はやはり稀有だ。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    人生を一変させる井上尚弥からの“恩恵” 元バンタム級王者が告白「イノウエのおかげで住宅ローンは1円も借りずにいる」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【井上尚弥の恩恵で元バンタム級王者が驚愕の告白!住宅ローンを1円も借りずに済む?】の続きを読む

    このページのトップヘ