スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    リヴァプール


    欧州メディアが報じた!久保建英に93億メガオファーの可能性とは?


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市麻生区出身のプロサッカー選手。ラ・リーガ・レアル・ソシエダ所属。ポジションはミッドフィールダー(右サイドハーフ、インサイドハーフ)、フォワード。日本代表。 2004年、2歳の時よりサッカーを始める。…
    73キロバイト (8,312 語) - 2024年4月6日 (土) 08:42


    バルサもバイエルンも、是非久保建英選手を獲得して欲しいですね!彼の才能は世界中で認められているので、どこのチームでも大化けするでしょう。

     サッカー日本代表MF遠藤航を擁するイングランドの名門リヴァプールが、スペインのレアル・ソシエダで活躍する日本代表MF久保建英の獲得に関心を示しているという。4月17日までに複数の欧州メディアが伝えている。

     今季のラ・リーガで24試合出場、7得点3アシストという記録を残し、チームの中心的存在となった久保。ソシエダも同日時点で勝ち点50の6位につき、来季のヨーロッパリーグ出場に期待がかかるが、もしかすると久保は大きなステップアップを遂げることになるかもしれない。

     スペインメディア「Football Fan Cast」によると、リヴァプールが6000万ユーロ(約93億円)もの移籍金をオファーする準備があるとのことで、英メディア「TEAM talk」がリヴァプールによる「久保への攻勢」が強まっていると報道している。同クラブでは、久保と同ポジションにあたる右ウイングを、長くエジプト代表FWモハメド・サラーが陣取ってきたが、今季をもってサウジアラビアリーグへと移籍する可能性が噂されているが、同メディアでは現在のリヴァプールが狙う有力なサラーの後釜候補として、バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWレロイ・サネ、バルセロナのブラジル代表FWラフィーニャ、そして「最有力のメインターゲット」に久保が名を連ねていると伝えた。

    「リヴァプールは“日本人好き”の指揮官ユルゲン・クロップが長く在任してきましたが、2023-24シーズン後の退任が決まっており、新監督にはスポルティングCPを率いるルベン・アモリムが就任濃厚とされています。このままアモリム新監督となれば、彼が最も得意とする“ダブル・トップ下”のフォーメーションを敷く可能性が高く、チャンスメイク能力に秀でた久保にとっては相性も抜群と言えるでしょう。ただ、現状ではチームの核となる活躍を披露できているソシエダを離れて、ポジション争いが熾烈な強豪クラブへ加入するかは未知数。久保自身、言語も流暢に話すことができるスペインでの継続を望んでいるとされ、今年2月にはソシエダと29年6月末までの契約延長も発表したばかり。もちろん、リヴァプールへの移籍は欧州最高峰の舞台であるチャンピオンズリーグへの出場も増えることから、選手としての成長にはつながるものの、“ベンチが定位置”になるリスクもはらんでいます。このあたりは久保が冷静に天秤にかけて熟考することになるでしょう」(スポーツライター)

     現在22歳の久保。仮に93億円ものメガオファーが実現した場合には、日本人選手として断トツで史上最高額の移籍金となるが、はたして…?

    (木村慎吾)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【欧州メディアが報じた!久保建英に93億メガオファーの可能性とは?】の続きを読む


    アーセナル、ハフェルツ獲得を急ぐ?新たな補強プランの浮上とは


    この人物の日本語表記には、主に以下のような表記揺れがあります。 カイ・ハヴァーツ カイ・ハバーツ カイハフェルツ カイ・ルーカス・ハフェルツ(Kai Lukas Havertz,ドイツ語発音: [kaɪ̯ ˈhaːvɐts] 1999年6月11日 - )は、ドイツ・アーヘン出身のサッカー選手。プ…
    21キロバイト (1,586 語) - 2024年3月24日 (日) 07:25


    CFハフェルツが活躍しているなら、アーセナルも補強プランを見直すべきかもしれませんね。彼の力を借りてチームを強化するのも一手かもしれません。

     アーセナルが今夏の移籍市場での補強方針を見直す可能性があるようだ。11日、イギリス紙『ミラー』が伝えている。

     今シーズンのプレミアリーグでここまで最多の75ゴールを挙げ、リヴァプールとマンチェスター・シティを抑えて首位に立っているアーセナル。ポゼッションと鋭い攻守の切り替えを基盤とした攻撃的サッカーで、得点を量産している同クラブだが、かねてから噂されているのが今夏の移籍市場でのセンターフォワード(CF)の補強。既にブレントフォード所属のイングランド代表FWイヴァン・トニーや、ライプツィヒ所属のスロベニア代表FWベンヤミン・シェシュコら複数名が獲得候補と伝えられている。

     しかし、今回の報道によると、直近のチーム状況を考慮し、今夏のCF補強を見送る可能性が浮上しているという。背景にあるとされるのが、ドイツ代表FWカイ・ハフェルツの躍動だ。昨年夏にチェルシーから推定6500万ポンド(約125億円)で加入した24歳は、当初レヴァークーゼンに移籍したスイス代表MFグラニト・ジャカの後釜として左インサイドハーフ(IH)起用が続いていたものの、年明け後はCFに定着。ここ7試合で5ゴール4アシストをマークするなど存在感を放っている。

     依然として複数のストライカーの動向を注視しているアーセナルだが、ハフェルツの“9番”としての活躍や、CF獲得に際して発生し得る多額の移籍金などを考慮し、他のポジションの補強を優先する可能性もあると『ミラー』は指摘。なお、CF補強を見送った場合には、イタリア代表MFジョルジーニョやガーナ代表MFトーマス・パルティの去就が不透明となっている中盤、イングランド代表FWブカヨ・サカが酷使されている右WGの獲得に乗り出す見込みと報じられている。また、イングランド代表GKアーロン・ラムズデールの退団が囁かれていることから、GKの補強についてもクラブ内で検討がなされているようだ。

     現在のアーセナルはどこからでもゴールが奪えるチームとなっているが、マンチェスター・シティで言うノルウェー代表FWアーリング・ハーランドのような“絶対的ストライカー”がいないのも事実。果たして今夏の移籍市場ではどのような動きを見せるのだろうか。

    直近はCFとして存在感を放っているハフェルツ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【 アーセナル、ハフェルツ獲得を急ぐ?新たな補強プランの浮上とは】の続きを読む


    サッカー日本代表の将来を担う選手たちに必要な「キャプテン遠藤航のメッセージ」とは?


    遠藤 (えんどう わたる、1993年2月9日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身のプロサッカー選手。プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。日本代表キャプテン。 小学1年生の時にサッカーを始める。当時は横浜F・マリノスのファンであり、頻繁に父親と横浜国…
    44キロバイト (3,905 語) - 2024年3月22日 (金) 15:07


    「遠藤航選手の言葉には力が感じられますね。日本代表の選手たちも、自信を持って試合に挑んでほしいですね。」

    【写真・画像】「犬のように走る」鉄人・遠藤航が“リバプールの心臓”になった瞬間 絶対的アンカーはチーム内で自分の役割を全うする「球際に行って、攻撃ではシンプルに」 1枚目

    リヴァプールの日本代表MF遠藤航が、ABEMA独占インタビュー『挑戦者の逆転劇』に登場。日本代表のキャプテンが、今のサムライブルーに必要なことについて語った。

    【映像】キャプテン・遠藤航が日本代表を語る

    『ABEMAスポーツタイム』でMCを務める槙野智章が、イングランドに渡って遠藤にインタビューを実施。さまざまなトークテーマで、リヴァプールで活躍する日本のサムライの魅力を深掘りした。

    国際Aマッチ歴代最多タイとなる8連勝で、史上最強と謳われた日本代表。今年1月に行われたアジアカップでも、3大会ぶりの優勝に期待がかかっていた。しかしグループステージ第2戦のイラク戦で敗れると、準々決勝のイラン戦では逆転負けを喫しタイトルを逃した。

    イラク、イランで明るみになった日本の課題について遠藤は「戦術的な部分で、5-4-1の5バックにした方が良かったとか、もっと出所にプレッシャーに行けば良かったとか色々ある。これから日本代表が目指すサッカーでいうと、もっと出所にプレッシャーに行きたい」とコメント。リヴァプールのようにプレス強度を高めたサッカーが必要だと語った。

    2022年に行われたカタールワールドカップでベスト16敗退して以降、日本代表は「主体的なサッカー」を目指してきた。遠藤は「アジアカップを経て、より主体的なサッカーを考えなきゃいけないきっかけになった」と語る。

    では、主体的なサッカーを実現するために必要なものとはなんだろうか。

    「自分の意見をはっきり言う。周りの選手や監督・スタッフに言わなきゃいけない。言いたいことは言わないと。それはチームを良くするため」

    「色んなオプションを持って、トライしていく時期ではあった。でも結果が出なかったので、もっとやり方を絞って、こういうサッカーをした方がいいと話す段階。もうちょっと決まり事があった方がいいと思う。これから改善していきたい」

    槙野は「最後の決断は、森保監督を含めてスタッフから提示があれば、より選手たちもプレーしやすい」と分析する。遠藤も「最終的に決めるのは監督。僕はずっと選手たちに言っている。意見を言うのはいいが、最終的に決めるのは監督」と、監督主導でのチームビルディングに賛成のようだ。

    ワールドカップ予選が控えている。遠藤は「アジア最終予選の枠が増えたとはいえ、勝ち抜くのは簡単じゃない。今回のアジアカップで理解したので、みんなが危機感を持ってやっている。ただ、ワールドカップで優勝するという目標は変える必要はない。そこに向けて何が必要かを考えて、まずは出場権獲得できるようにしていきたい」と意気込みを語った。

    (ABEMA 遠藤航 挑戦者の逆転劇)

    「言いたいことは言う」「勝ち抜くのは簡単じゃない」今のサッカー日本代表に必要な事とは? キャプテン遠藤航がW杯優勝に向けて選手たちに求めるサッカー


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【サッカー日本代表の将来を担う選手たちに必要な「キャプテン遠藤航のメッセージ」とは?】の続きを読む


    遠藤航、リヴァプール入団を直言「驚きの連続」


    遠藤 (えんどう わたる、1993年2月9日 - )は、神奈川県横浜市戸塚区出身のプロサッカー選手。プレミアリーグ・リヴァプールFC所属。ポジションはミッドフィールダー、ディフェンダー。日本代表。 小学1年生の時にサッカーを始める。当時は横浜F・マリノスのファンであり、頻繁に父親と横浜国際総合競技…
    45キロバイト (3,947 語) - 2024年3月14日 (木) 12:00


    「遠藤航選手がリヴァプールという名門クラブでプレーするチャンスを得たこと、本当に驚きですね。これからの活躍が楽しみです」

    世界的ビッグクラブであるリヴァプールでプレーする日本代表MF遠藤航。

    プレミアリーグ公式は「遠藤は瞬く間にリヴァプールにおいて最も重要な選手になった」として、彼のインタビューを伝えていた。

    「最もインスパイアを受けたのは、間違いなく父親です。父がサッカーをプレーするのをよく見ていたので、その影響でプレーするようにもなりましたし、友達と一緒にプレーするのも好きでした。

    父はあまり口数は多くありませんが、常にこう言っていました。自分で考え、自分の決断で行動し、自分の生きる道を選べと。僕は自分を信じていましたし、成功への決意が薄れることは決してありませんでした。

    Jリーグだけでなく、プレミアリーグの試合も多く見るようになり、そこでプレーすることを夢見るようになったんです。僕のように小さなクラブ出身者がプレミアリーグでプレーすることは、日本サッカー界にとって大きな意味があります。もちろん、夢見ていましたが、リヴァプールのようなチームでプレーするとは全く思っていなかったですね。

    具体的ではなく、単なる夢でした。いつかプレミアリーグでプレーしたいと思っていただけでしたが、いまの自分はその夢を実現しています。

    夢を追いかけ、努力を続けたこと、そしてここで成功できたことを本当に嬉しく思います。なぜなら、僕の物語が将来の子供たちに影響を与えることを願っていますから」

    父親から受けた影響が大きかったようだ。

    10代で父になった7人のスター

    なお、遠藤自身も10代で結婚し、現在では4人の子供を持つ父親になっている。

    遠藤航、本音告白 「リヴァプールのようなチームでプレーするとは全く思っていなかった」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【遠藤航、リヴァプール入団を直言「驚きの連続」】の続きを読む


    EL準々決勝の組み合わせが決定!リヴァプール vs アタランタの一戦必見!


    リバプールFC リヴァプールFC(英語: Liverpool Football Club)は、イングランド・リヴァプールをホームタウンとする、イングランド・プレミアリーグに加盟するプロサッカークラブ。愛称はレッズ(The Reds)。 1892年にホームスタジアムのアンフィール
    135キロバイト (14,400 語) - 2024年3月11日 (月) 18:18


    リヴァプール対アタランタの試合、激戦必至ですね。両チームとも攻撃力が高いので、どちらが勝つか予想が難しいです。

     ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝以降の組み合わせ抽選会が現地時間15日、スイス・ニヨンの欧州サッカー連盟(UEFA)本部で行われた。

     日本代表MF遠藤航が所属し、ユルゲン・クロップ監督体制“ラストイヤー”での欧州主要タイトル獲得を目指すリヴァプール(イングランド)は、準々決勝でアタランタ(イタリア)と対戦。シャビ・アロンソ監督の下で今シーズン未だ無敗を維持しているレヴァークーゼンは、昨シーズンのヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)で優勝し、2年連続の“欧州制覇”を目指すウェストハム(イングランド)との顔わせとなった。

     また、ラウンド16(決勝トーナメント1回戦)で日本代表FW三笘薫が所属するブライトンを2戦合計4-1で破ったローマ(イタリア)は、ミラン(イタリア)との“イタリア勢”対決が決定。U-23日本代表GK小久保玲央ブライアンが所属するベンフィカ(ポルトガル)は、マルセイユ(フランス)と激突する。

     準々決勝以降の組み合わせは以下の通り。※表記は日本時間

    ◆◼︎準々決勝

    (1stレグは4月12日、2ndレグは4月19日に開催予定)
    ①ミラン(イタリア) vs ローマ(イタリア)
    ②リヴァプール(イングランド) vs アタランタ(イタリア)
    ③レヴァークーゼン(ドイツ) vs ウェストハム(イングランド)
    ④ベンフィカ(ポルトガル) vs マルセイユ(フランス)

    ◆◼︎準決勝

    (1stレグは5月3日、2ndレグは5月10日に開催予定)
    ⑤ ④の勝者(ベンフィカorマルセイユ) vs ②の勝者(リヴァプールorアタランタ)
    ⑥ ①の勝者(ミランorローマ) vs ③の勝者(レヴァークーゼンorウェストハム)

    ◆◼︎決勝

    (5月23日に『ダブリン・アリーナ』(ダブリン/アイルランド)にて開催予定)
    ⑤の勝者 vs ⑥の勝者

    EL準々決勝以降の組み合わせが決定! [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【EL準々決勝の組み合わせが決定!リヴァプール vs アタランタの一戦必見!】の続きを読む

    このページのトップヘ