スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    パドレス


    驚異の球技か?不可解なボールの動きにファン騒然


    この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 テオスカル・エルナンデス テオスカー・ホセ・ヘルナンデス(Teoscar José Hernández, 1992年10月15日 - )は、ドミニカ共和国サンチェス・ラミレス州コトゥイ(英語版)出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。MLBのロサンゼルス・ドジャース所属。…
    24キロバイト (2,008 語) - 2024年3月21日 (木) 13:11


    「これはまさに異次元のプレー!守備陣もいつも以上に戸惑ってしまいそうですね。」

    【写真・画像】乱闘が発生! パドレス・松井裕樹も外野ブルペンから爆走参戦 緊迫の場面で見せた“表情”にファン騒然 「状況よく分かってないw」「なんか楽しそう」 1枚目

    【MLB】ドジャース5-2パドレス(4月13日・日本時間14日/ロサンゼルス)        

    【映像】“まさかの悲劇”を起こしたありえない動きをするボール

    4月13日(日本時間14日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対サンディエゴ・パドレスの一戦で、パドレスの守備陣見舞われた“まさかの悲劇”と、その際に起きた珍プレーが野球ファンの間で注目を集めている。

    2-4、パドレス2点のビハインドで迎えた7回裏・ドジャースの攻撃。1死走者なし、打席には5番テオスカー・ヘルナンデスという場面で、カウント1-2からの6球目、ヘルナンデスの放った打球は、一塁の右を破り、ライト前へと転がる一打に。この打球に、ライトを守るタティスJrは、全力前進で追いつくと、拾い上げてすぐさま一塁へ。すると、タティスの送球は、なぜか一塁ベース付近でバウンドした際に、ファーストのクロネンワース、その後ろでバックアップに入ったキャッチャーのカイル・ヒガシオカと、相次いでその頭上を跳び越して、そのまま本塁方向へ。ガラ空きとなっている本塁周辺へとボールが転々とする中、ヘルナンデスは一気に二塁を回って三塁へ。ヒガシオカが追いついたときには、悠々三塁へと到達することとなった。

    まるでグラウンド上に何らかの仕掛けが施されているのではないかと思えるほどに、不可解なバウンドが起きたがゆえに発生したこのプレーに、日米のファンも大注目。ネット上の野球ファンからは「え?なにこれwwww」「これは災難wwww」「テオヘルどんな魔法使ったんだよw」「グラウンドには魔物が棲んでいるっていうからな」「魔物にもほどがあるだろw」「結局なんであんなバウンドしたのかはわからんのやろ?謎だわw」「つか、タティスも普通に二塁へ戻せばよかったのにな」といった様々な反響が巻き起こっている。

    (ABEMA『SPORTSチャンネル』))

    一体、何が起こった…!? ありえない動きをするボールが話題に 守備の超名手の送球が意味不明すぎて“まさかの悲劇” 「え?なにこれ?」「魔物すぎる」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【驚異の球技か?不可解なボールの動きにファン騒然】の続きを読む


    大谷翔平、乱闘騒ぎに巻き込まれた!球場は大混乱


    松井 裕樹(まつい ゆうき、1995年10月30日 - )は、神奈川県横浜市青葉区出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLBのサンディエゴ・パドレス所属。 妻は女優の石橋杏奈。 横浜市立山内小学校2年時に「元石川サンダーボルト」で野球を始める。左利きだが、野球を始めた頃は二塁と三塁を守り、3年時…
    86キロバイト (10,935 語) - 2024年4月6日 (土) 22:22


    大谷翔平が乱闘に巻き込まれてしまったんですか?信じられないですね。球場はどんな状況になっていたんでしょうか。

    【写真・画像】一体、何が起きた…? 大谷翔平、パドレス・松井裕樹をビビらせた瞬間 初球を見送った後の“表情”にファン騒然 「雰囲気ヤバい」「貫禄勝ちだな」 1枚目

    【MLB】ドジャース5-2パドレス(4月13日・日本時間14日/ロサンゼルス)               

    【映像】乱闘が発生!大谷と松井が巻き込まれる瞬間

    4月13日(日本時間14日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対サンディエゴ・パドレスの一戦で、パドレスの打者への内角攻めをめぐり、両軍総出で睨み合うという事態が発生。しかし、そうした険悪なムードの中で、ドジャース・大谷翔平と、パドレス・松井裕樹が見せた“ほっこりシーン”が、野球ファンの間で注目を集めている。

    0-1、パドレス1点のビハインドで迎えた5回表、打席には5番のジュリクソン・プロファー、カウント2-0という場面で、打席のプロファーは、ドジャースの捕手ウィル・スミスが行うデットボールになりかねない厳しすぎる内角攻めに腹を立ててか、なにやら興奮した様子で詰め寄ることに。すると、両軍の選手たちが一斉に本塁方向へと集まり、一触即発の事態へと発展。その際、ブルペンからは松井も飛び出してくることとなったが、その際、松井は相手選手たちの中に大谷を見つけると、笑顔で帽子をとりながら“マイペース”に挨拶。すると、その姿が目に入ったのか、大谷も笑みを見せながらウインクをしてみせることに。

    パドレス打撃陣からすれば、プロファーの前にも主砲・マチャドが同様の攻めをされ、審判が間に入る形での口論になりかけたにもかかわらず、それに懲りることなく、危険な内角球が投じられたことで、完全に“着火”した形となっていたものの、そうした険悪なムードが漂う中であっても、大谷&松井がこうした“ほっこり交流”を見せたことに、野球ファンも注目。ネット上の野球ファンからは「どういう状況?w」「それにつけてもこの温度さよw」「これこそ日本人やなww」「修羅場の中に生まれた優しい世界w」「大谷と松井だけもはや別世界やんけ」「そういえばダル先生は今日はいないの?」「なんか出てくるなり松井がニッコニコなのが草w」「ホント、みんな仲良くやろうやw」といった様々な反響が巻き起こることとなった。

    (ABEMA『SPORTSチャンネル』)

    球場騒然… 大谷翔平、乱闘に巻き込まれた! 両軍総出で睨み合い… 松井裕樹も慌てて参戦、まさかの展開へ 「どういう状況?」「別世界だな」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大谷翔平、乱闘騒ぎに巻き込まれた!球場は大混乱】の続きを読む


    「雰囲気ヤバい!」大谷翔平の貫禄あるプレーにファン大興奮


    大谷 翔平(おおたに しょうへい、1994年〈平成6年〉7月5日 - )は、岩手県水沢市(現:奥州市)出身のプロ野球選手(投手、指名打者、外野手)。右投左打。MLBのロサンゼルス・ドジャース所属。 現在日本で最も人気・注目を集めるスポーツ選手・アスリート。日本人の好きなスポーツ選手で1位を獲得して…
    348キロバイト (48,872 語) - 2024年4月13日 (土) 06:45


    「大谷の投球に松井もビビったのか。まさかの初球で見送すとは驚きだね」

    【写真・画像】球場騒然!大谷翔平がまさか挑発された…!? お騒がせ問題児の“謎ジェスチャー”を狙い撃ち? 痛烈ヒットに視聴者騒然 「何の動き?w」「タティスは大谷好きだろ」 1枚目

    【MLB】ドジャース7-8パドレス(4月10日・日本時間11日/ロサンゼルス)       

    【映像】ファン騒然… 大谷が一瞬だけ見せた“表情”

    4月12日(日本時間13日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対サンディエゴ・パドレスの一戦で、ドジャース・大谷翔平とパドレス・松井裕樹が披露した緊迫の真剣勝負が、野球ファンの間で注目を集めている。

    ドジャースの先発・山本由伸が初回からいきなり先制点を奪われるというところからスタートしたこの試合は、その後、強力打線で知られる両チームによる“空中戦”の様相を呈すことに。その後、一時はドジャースが7-3とリードしたものの、パドレスも懸命に追いすがり、ついに7回表の攻撃でタティスJrの2ランで7-7の同点に。そして迎えた7回裏・ドジャースの攻撃、1死走者なしの場面で、打席に立ったのは2番の大谷。

    パドレスの3番手として、この回からマウンドに上がり、1番ベッツをスプリットで空振り三振で打ち取り、好調大谷の前に走者を出さないという第1関門をクリアした松井であったものの、続く大谷に対しては、初球、やや内寄りのスライダーで見逃しを奪ってカウント0-1と、ストライクを先行させるも、続く2球目に投じた内角高めのストレート、3球目の外角低めへと外れたスプリットを見られてカウント2-1に。そして勝負の4球目、ほぼ真ん中に甘く入ったスプリットを、大谷は見逃さずに振り抜くと、打球は瞬く間に低い弾道でライトの右を破る鋭い一打に。ライトのタティスJrが全力疾走で追いつき、慌てて打球を処理するも、大谷は悠々二塁へと到達することとなった。

    松井といえば、石橋貴明のスポーツバラエティ『緊急渡米!石橋貴明のベースボールのおかげです。』(4月2日放送/ABEMA)の中で放送されたキャンプ中のインタビューVTRで、石橋から大谷対策を訊ねられると、「(対策は)練ってないです。」としつつ、MLBに移籍したことで、「ちょっと曲がり球の中で1個、大きめのスライダーをちょっと練習してるんですけど。日本のときは使ってなかったんですけど。ちょっと練習して、感覚は良くなってきたんで、それをちょっとイケるかなって思ってます」と、日本時代の球種に新たに1つ加える形でスライダーを習得し、既に相応の手応えがあることを示唆していたが、今回の大谷との対戦でスライダーを投じたのは初球のみ。その初球を大谷が余裕を持って見送ったことで警戒したのか、それ以降は投じないままに、大谷に長打を許すこととなった。

    こうした大谷 vs 松井の緊張感あふれる対決に、ネット上の野球ファンも大興奮。「甘い球とはいえすげえw」「松井、緊張しまくってたっていうこと?」「なんか松井が警戒しまくってる感じしたわ」「最初のスライダー見送った時の雰囲気で、もう打たれそうな感じしちゃうもんな」「なぜかベッツに対しての方が余裕を感じたわ」「まあ、ピッチクロック問題もあるやろね」「大谷相手に勝負を急がないといけないというのは無理ゲーすぎるわw」「貫禄勝ちだな」といった様々な反響が巻き起こることとなった。

    (ABEMA『SPORTSチャンネル』)

    一体、何が起きた…? 大谷翔平、パドレス・松井裕樹をビビらせた瞬間 初球を見送った後の“表情”にファン騒然 「雰囲気ヤバい」「貫禄勝ちだな」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「雰囲気ヤバい!」大谷翔平の貫禄あるプレーにファン大興奮】の続きを読む


    大谷翔平に挑発?謎のジェスチャーに球場騒然!


    松井 裕樹(まつい ゆうき、1995年10月30日 - )は、神奈川県横浜市青葉区出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLBのサンディエゴ・パドレス所属。 妻は女優の石橋杏奈。 横浜市立山内小学校2年時に「元石川サンダーボルト」で野球を始める。左利きだが、野球を始めた頃は二塁と三塁を守り、3年時…
    86キロバイト (10,935 語) - 2024年4月6日 (土) 22:22


    マイナスのプレーをされると、アスリートって本当にイライラするんだろうな。大谷選手も気をつけてほしい。

    【写真・画像】球場騒然! 大谷翔平、打席に立った瞬間からヤバすぎる カモってる相手投手がビビって思わず失投… ファン騒然「もう投げるとこない」「ボール球だろ」 1枚目

    【MLB】ドジャース7-8パドレス(4月10日・日本時間11日/ロサンゼルス)        

    【映像】大谷、挑発に狙い撃ち?痛烈ヒットの瞬間

    4月12日(日本時間13日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対サンディエゴ・パドレスの一戦で、パドレス・松井裕樹から、大谷翔平が放ったライトへの痛烈な一打が、野球ファンの間で注目を集めている。

    7-7、両チーム同点で迎えた7回裏・ドジャースの攻撃。1死走者なしの場面で迎えた大谷の第4打席。この打席で大谷は、今季2度目の対戦となったパドレス3番手の松井に対し、ボールをよく見極めててカウント2-1に。続く4球目、ほぼ真ん中へと甘めに入った変化球を見逃さずに捉えると、打球は低い弾道で鋭くライトの右を破るツーベースヒットに。なお、この対決の際に、中継映像では、タティスJrがライトの守備につきながら右手人差し指を振る仕草や両手を上げ下げするような“謎のジェスチャー”をしている様子が映し出されたが、大谷の打球は、そのタティスを目掛けて放ったかのような痛烈な一打となった。

    こうした大谷の一打に、ネット上の野球ファンも大注目。「ホントに甘い球は絶対に見逃さないよな」「タティスのあの動きって何?サイン?」「タティスはキャラ的に挑発ポーズに見えちゃうw」「お前もこっち打ってみろやwww」「挑発ポーズだとしたらそこを狙い打ちする大谷ってスゴすぎだわw」「キャラで損してるw」「タティスは大谷好きだろ」といった様々な反響が巻き起こることとなった。

    (ABEMA『SPORTSチャンネル』)

    球場騒然!大谷翔平がまさか挑発された…!? お騒がせ問題児の“謎ジェスチャー”を狙い撃ち? 痛烈ヒットに視聴者騒然 「何の動き?w」「タティスは大谷好きだろ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大谷翔平に挑発?謎のジェスチャーに球場騒然!】の続きを読む


    山本由伸の恐るべき魔球!打者がブチギレする瞬間とは!?


    愛称は「ヨッシー」、「ヨシ」。 名前の「由伸」については、実母の名前から「」、実父の名前から「」の字を取る格好で、祖母が命名したという。だが一部では「誕生年(1998年)に読売ジャイアンツ(巨人)へ入団し活躍していた高橋由伸にちなんで、巨人ファンの実父が名付けた」という内容で報じられた。…
    130キロバイト (16,492 語) - 2024年4月13日 (土) 11:20


    山本投手のカーブは本当に凄いですよね。打者も悔しさや怒りを爆発させてしまうのもわかる気がします。

    【写真・画像】一体、何が起きた…? 大谷翔平、打ちすぎてもはや意味不明すぎる 打撃記録を荒らす“二塁打量産マシーン化”にファン騒然 「肉体もメンタルも強すぎ」「アンチ涙目」 1枚目

    【MLB】ドジャース7-8パドレス(4月10日・日本時間11日/ロサンゼルス)              

    【映像】打者がブチギレ!山本由伸の“魔球”が決まる瞬間

    4月12日(日本時間13日)に米・カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャー・スタジアムで行われたロサンゼルス・ドジャース対サンディエゴ・パドレスの一戦で、ドジャース先発・山本由伸の変化球に翻弄され、見送り三振となったパドレスの1番ボガーツが見せた“ヤバすぎるリアクション”が、日米の野球ファンの間で注目を集めている。

    “魔球”とされたカーブへの対策が行われたのか、1回表のマウンドでは、パドレス打線が積極的にカーブを打ちに行き、1死走者なしの場面で迎えた2番のフェルナンド・タティス・ジュニアには、決めに行ったストレートをセンターへと運ばれて走者を出すと、2死一塁となってから迎えた4番のマニー・マチャドへは、初球、真ん中低めのカーブを狙い打ちにされ、左中間に先制2ランを浴びるという、思わぬ立ち上がりとなった山本は、続く2回にも、この回先頭のキム・ハソンへの初球、甘く入ったストレートを打たれてレフトへのソロホームランに。しかしその後、味方打線の援護で逆転に成功すると、7-3、4点のリードで迎えた5回のマウンドでは、完全に復調。降板を目前に控えているということもあってか、フルスロットルの山本は、低めへの制球が冴え渡り、まずこの回先頭の8番メリルに対しては、3球すべてを低めに集めて二塁ゴロに抑えると、続く9番のタイラー・ウェードに対しては、初球に膝元のカットボールでファウルを打たせてカウント0-1とすると、スプリットとカーブを織り交ぜながら低めの左右で揺さぶりをかけ、最後はフルカウントからの6球目、外角低めのストレートで見逃し三振に。そしてこの回最後の打者となった1番のボガーツに対しては、カウント3-2から、ストレート、カーブ、ストレートと投じたもののファウルで粘られると、最後は真ん中やや内寄り、高めへと入るカーブで見逃し三振に。

    この日、過去2打席で、山本の変化球を積極的に打ちに行く姿勢を見せながらも、見逃し三振にセンターフライと、結果の出ていなかったボガーツは、この打席では、その独特な軌道に釣られる形で手が出なかったカーブが、主審によってストライクをコールされると、その場でしばし棒立ちとなり、その後、“お手上げ”といった様子で、バットを放りだしながらヘルメットを脱ぎ、苦虫を噛み潰したかのような表情を見せることとなった。

    こうした山本の投球と、最後のボガーツが見せたリアクションに、日米の野球ファンの視線が集中。日本の野球ファンからは「ボガーツの顔wwww」「怖すぎるだろw」「これ、暴れてないだけで完全にブチキレてるやつw」「このリアクション真顔でヤバすぎるwww」「ホント、こういうときのリアクションはMLBの方が面白いわw」「どうでもええけどバット投げ綺麗で草w」「この状態のボガーツに近づいたら無事で済む自信がないwww」といった様々な反響が、ネット上に巻き起こっている。

    なお、試合はパドレスが7回にタティスの2ランなどで追いつき、延長11回のタイブレイクで8番のメリルがタイムリーを放ち、両軍8本の本塁打が飛び出した空中戦を制している。

    (ABEMA『SPORTSチャンネル』)

    打者がブチギレ! 山本由伸の“魔球”カーブがヤバすぎると話題に バットとヘルメットをぶん投げて大荒れする瞬間 「怖すぎるだろ」「あの顔w」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【山本由伸の恐るべき魔球!打者がブチギレする瞬間とは!?】の続きを読む

    このページのトップヘ