スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    バンタム級


    朝倉未来がバンタム級転向宣言!萩原京平への“共闘”呼びかけ


    Instagram 朝倉 未来 Mikuru Asakura (@mikuruasakura) - Threads 朝倉未来 (@mikuruasakura) - TikTok 朝倉未来 公式プロフィール - サムライ・マネジメント トライフォース赤坂(所属ジム) 朝倉未来 RIZIN 選手データ 朝倉未来の戦績…
    64キロバイト (6,847 語) - 2024年4月7日 (日) 07:01


    朝倉未来と萩原京平の共闘が実現したら、さらに注目度が上がりそうですね!楽しみです。

     格闘家の朝倉未来が8日、自身のX(旧ツイッター)を更新し、前日に公開した動画でフェザー級からバンタム級に転向を宣言した萩原京平に対して“共闘”を呼びかけた。

    【写真】萩原京平の近影公開 三久保宏治トレーナーがSNSでアップ

     萩原は7日にアップした動画で「これからはバンタムで戦っていこうと思います」と明言。アメリカ修行で「力負けすることが多かった。体を大きくして対抗していこうと思ったけど、時間もかかるし、自分の長所である打撃を生かして勝つ確率を上げるために、階級を下げることにしました」と語った。

     これを受けて、朝倉がXで萩原にメンションを付けて「階級落とすんなら一緒に練習やろーぜ」とポスト。フォロワーから「やってほしい」「鳥肌立った!」「いいですね!」と瞬く間にコメントが寄せられた。

     朝倉と萩原は、2021年10月に『RIZIN LANDMARK Vol.1』で対戦し、3ラウンド判定で朝倉が勝利。萩原は「いつかはリベンジしたい」と自身が成長した先での再戦希望を語っていた。

    朝倉未来(左)がバンタム級転向を宣言した萩原京平に共闘を呼びかけ (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【朝倉未来がバンタム級転向宣言!萩原京平への“共闘”呼びかけ】の続きを読む


    RIZINファイター萩原京平、新たな挑戦の舞台はバンタム級へ


    萩原 京平(はぎわら きょうへい、1995年12月28日 - )は、日本の男性プロ総合格闘家。大阪府豊中市出身。SMOKER GYM所属。 中学時代はラグビーに熱中する。17歳頃から格闘家に憧れ、アマチュア大会に出場し、20戦して18勝の好成績を挙げた。その後プロに転向すると、地元大阪を中心に大会へ出場し経験を積んだ。…
    23キロバイト (2,422 語) - 2024年4月7日 (日) 07:04


    萩原京平のバンタム級転向、楽しみですね!朝倉海との激闘も観たいです!

     先月23日の『RIZIN LANDMARK 9 in KOBE』で武田光司に判定負けした萩原京平が7日、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿し、これまでのフェザー級(66キロ以下)からバンタム級(61キロ以下)に階級を下げて戦っていくことを宣言した。

    【写真】萩原京平の近影公開 三久保宏治トレーナーがSNSでアップ

      萩原は昨年9月に牛久絢太郎に敗れた直後から、自身のファイトスタイルを根底から見直すため昨年末からアメリカ修行を決意し、前バンタム級王者のフアン・アーチュレッタのジムでハードな練習に取り組んできた。しかし武田戦ではタックルを切ることができず、自身の武器である打撃を発揮できないまま判定0-3で敗退。試合後には「ちょっと限界なのかなと思いました」と語っていた。

     それ以降は沈黙を守ってきた萩原だったが、試合から2週間が経過したタイミングで動画を公開。「限界」と発言したことで、多くのファンから「引退しちゃんうんですか」と声を寄せられたことを明かし、「たくさん応援されていたと感じられたし、もっと頑張ろうという気持ちになれた。引退はないんで」と現役続行を明言した。

     そして、「これからはバンタムで戦っていこうと思います」と明言。アメリカ修行で「力負けすることが多かった。体を大きくして対抗していこうと思ったけど、時間もかかるし、自分の長所である打撃を生かして勝つ確率を上げるために、階級を下げることにしました」と語った。

     バンタム級転向後の初戦で対戦したい相手として「自分としては瀧澤謙太選手とやりたい」と、2021年のバンタム級グランプリでベスト4という実績を残した瀧澤を指名。同グランプリ準決勝では現バンタム級王者の朝倉海に敗れたものの、判定まで持ち込む激闘を繰り広げた。

     指名された瀧澤は、萩原のバンタム級転向を報じるXのポストを引用して「おー!」と対戦に応じる姿勢を見せた。ともに打撃を得意とするストライカー、そして前戦ではともに敗れているが、この2人の対戦は実現するのか。

     萩原の動画では、試合後に何をしていたのかや今後の展望も語られている。

    これまでのフェザー級から階級を下げてバンタム級転向を宣言した萩原京平 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【RIZINファイター萩原京平、新たな挑戦の舞台はバンタム級へ】の続きを読む


    豪バンタム級王者が「敵地」日本での防衛戦に挑む!ハイリスクな戦いに注目


    ジェイソン・マロニー ジェイソンモロニー(Jason Moloney [məˈloʊni]、1991年1月10日 - )は、オーストラリアのプロボクサー。ビクトリア州ミッチャム出身。現WBO世界バンタム級王者。双子の弟は元WBA世界スーパーフライ級王者のアンドリュー・モロニー。…
    16キロバイト (1,411 語) - 2024年3月6日 (水) 10:30


    武居由樹はK-1で培ったテクニックを持っているので、豪バンタム級王者も慎重に戦わなければならないでしょう。

    武居の挑戦を、日本で受ける決断を下したモロニー。その心境を本人が語っている。(C)Getty Images

     ボクシングWBO世界バンタム級王者のジェイソン・モロニー(豪州)は、並々ならぬ想いを持って日本人の挑戦を迎え撃つ。

     来る5月6日に東京ドームで行われる一大興行で、モロニーはWBO世界同級10位の武居由樹(大橋)との防衛戦に臨む。昨年5月にビンセント・アストロラビオ(フィリピン)を破って王座についた男にとって「楽ではない」一戦だ。

    【動画】モロニーが膝から崩れ、病院送りとなった一撃 井上尚弥の衝撃KOをチェック


     ボクシングにおける実績は、K-1から転向して約4年の武居をモロニーは上回る。下馬評でも自身のタイトル防衛を推す声は根強い。しかし、豊富な経験を誇る33歳に抜かりはない。米ボクシング専門サイト『Boxing Scene』のインタビューで、「ハイリスク、ハイリターンの勝負だ。だが、これこそ僕の出世街道を突き進めるものであり、大きな扉を開いてくれるはずだ」と語った。

     キャリアに差がある。だが、モロニーは武居のポテンシャルを一切侮っていない。「彼の戦績は8勝0敗。しかも全試合でKO勝ちを収める印象深いものだ。彼はボクサーとしてはまだ世界レベルの相手と戦っていないが、キックボクサーとしては経験豊富で世界チャンピオンなんだ」と強調している。

    「たしかに(ボクシングの)経験はない。ただ、彼のキックボクサーとしてのスキルはボクシングでも活かされているし、彼自身がプラスになっていると感じている。彼のチームからも信頼されているのは明らかだし、何よりも世界王者になることに飢えている。

     僕のような選手と戦ったことがないと思うけど、今はとてもハードな準備している。彼はノックアウトパンチャーで、かなりトリッキーな相手でもあるんだ。繰り出してくるパンチの中には、一見するとぎこちないスタイルのものもある。遠い距離から急に飛び込んでくるようなね。だから、常にリスペクトをし、集中しなければならない」


     無論、王者としてのプライドもある。敵地に乗り込むとはいえ、やすやすと王座を譲る気はない。

     異例の敵地での防衛戦に臨むモロニーは、「オーストラリアで防衛戦ができれば最高だったけど、5万5000人の観衆の前で行われる日本のボクシング史上最大級のイベントに参加するというのは、断るにはあまりにも大きすぎるチャンスだった」と吐露。そして、「素晴らしいパフォーマンスで多くの日本のファンを獲得できたら嬉しい。願わくば、僕が日本人選手に勝っても、彼らがあまり動揺しないことを願うよ」とリップサービスも忘れなかった。

     果たして、成長著しい武居といかに対峙するのか。決戦まで約1か月となり、モロニーへの興味は尽きない。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    “敵地”日本での防衛戦は「ハイリスク」 豪バンタム級王者は元K-1王者・武居由樹をどう見てる?「かなりトリッキー」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【豪バンタム級王者が「敵地」日本での防衛戦に挑む!ハイリスクな戦いに注目】の続きを読む


    「遺体の写真を載せるのは適切か?」坂間叶夢さんの葬儀に疑問の声が殺到


    坂間 叶夢(さかま かなむ、2003年5月3日 - 2024年3月17日)は、日本の元プロボクサー。 東京都足立区出身。 東京都立淵江高等学校卒業。第4代日本ライトフライ級ユース王者。ワールドスポーツボクシングジム所属。 小学2年生でキックボクシングを始めて、ボクシングは小学4年生で転向、U-15全国大会で優勝経験がある。…
    7キロバイト (637 語) - 2024年3月24日 (日) 14:46


    尊重という言葉を知らないのか、とても残念な行為だと思います。亡くなった方やそのご家族に対して、無神経極まりないですね。

     20歳の若さで亡くなったプロボクシング日本ライトフライ級ユース王者の坂間叶夢(さかまかなむ)さんの通夜が23日、都内の斎場で営まれた。その際に撮影された写真の投稿が物議をかもしている。

    【画像】通夜の様子

     通夜には坂間さんと親交もあったWBC世界バンタム級王者の中谷潤人さんや元世界2階級制覇王者の京口紘人さん、WBA世界バンタム級7位の那須川天心さん、漫画「はじめの一歩」の作者である森川ジョージさんらが参列した。その際、坂間さんの遺体とともに撮影した写真を山田武士トレーナーが自身のXアカウントに投稿していた。

     坂間さんの遺体を囲んでの写真だったが、顔がそのまま映っていたこともありネットでは「遺体の写真晒すのはさすがに」「どれだけ想像力を働かせても全く理解できません」「不愉快」「憤りを感じます」「笑って見送るなら遺体の写真でなく、現役時代のジム仲間との楽しそうな写真とか練習頑張ってる写真でよかった」と批判が寄せられていた。撮影を投稿するに至った背景があることに理解する声もあるが、「(その旨を)記載するべき」との指摘もあった。

     山田さんは25日になって当該の投稿を削除。「坂間家と話した上での投稿」だったことを明らかにし、「いろんなところに御迷惑を御掛けしたことはお詫びします」と謝罪している。

     削除を前に山田トレーナーが所属するボクシングジムの会長でもある森川ジョージさんは、自身のXアカウントで投稿について「お騒がせしている」とコメントを投稿。「遺体がそばにあるうちはあくまで息子は戦っている、そして退場する姿を試合を観るノリで見守ってほしいと。最後まで顔はガードしてましたよ、と息子を褒めていました。家族は笑顔で過ごしていました。投稿はそうしてくれと、家族の意思を尊重したものです」と、今回の投稿に至った経緯を説明していた。また、残された親族について「見送った後現実を受け入れねばならない彼らをそっとしといてあげて下さい」と批判が寄せられていることに自制を求めた。

    坂間叶夢さん(坂間叶夢Instagramより)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「遺体の写真を載せるのは適切か?」坂間叶夢さんの葬儀に疑問の声が殺到】の続きを読む


    牛久絢太郎 vs 太田忍、有明大会でバンタム級対決!日韓対抗戦も開催


    牛久 絢太郎(うしく じゅんたろう、1995年2月28日 - )は、日本の男性プロ総合格闘家。東京都足立区出身。アメリカン・トップチーム所属。第2代RIZINフェザー級王者。第10代DEEPフェザー級王者。 小学1年生の時に柔道を始め、中学生の頃にDREAMを見て総合格闘技に興味を持つ。高校2年生の…
    18キロバイト (1,622 語) - 2024年3月12日 (火) 04:24


    牛久絢太郎と太田忍の対戦は、バンタム転向後初の試合となるだけでなく、日韓対抗戦という要素も加わってさらに注目度が高まりますね。どちらが勝つのか、想像するだけでワクワクします。

     4月29日に開催の『RIZIN.46』(有明アリーナ)の追加対戦カード発表会見が12日に都内で行われ、元フェザー級王者でバンタム級への転向を表明していた牛久絢太郎が、転向一戦目で実力者の太田忍と対戦することが発表された。また、「日韓対抗戦3本勝負」が行われ、日本からは昨年大みそかの『RIZIN.45』で堀口恭司に敗れて再起を誓う神龍誠のほか、中島太一と倉本一真が出場する。

    【動画】太田忍、バンタム級転向の牛久絢太郎と対戦決定でKO宣言「自分の強いところだけで戦う」

     現在は堀口と同じくアメリカン・トップチーム(ATT)所属になり、フロリダのメガジムで練習している牛久は、昨年に躍進を遂げた太田との試合が決定。勝ったほうが一気にタイトル挑戦に近づく注目の一戦となる。

     「日韓対抗戦」で、神龍が対戦するのは昨年の『ROAD TO UFC』に出場したイ・ジョンヒョン。昨年9月の『RIZIN.44』で岡田遼に勝利して以来の参戦となる中島は、2022年大みそかの『RIZIN.40』での「RIZIN vs. Bellator対抗戦」でRIZIN軍として出場して人気を集め、今回が1年半ぶりのRIZIN復帰となるキム・スーチョルを迎え撃つ。そして、昨年4月の『RIZIN LANDMARK 5』での太田忍戦でのKO負け以来1年ぶりの復帰となる倉本は、RIZINで昇侍、魚井フルスイングに連続KO勝利している強豪ストライカーのヤン・ジヨンと対戦する。

     そのほか、フェザー級の中原由貴vs.ビクター・コレスニックと山本空良vs.イルホム・ノジモフが決定。さらに今月23日の『RIZIN LANDMARK 9 in KOBE』(神戸ワールド記念ホール)で決定していた高木凌vs.西谷大成が、今大会にスライドすることも発表された。

    ●4月29日『RIZIN.46』対戦カード
    【フェザー級タイトルマッチ】
    王者・鈴木千裕 vs. 挑戦者・金原正徳
    【日韓対抗戦3本勝負】
    ・フライ級
    神龍誠 vs. イ・ジョンヒョン
    ・バンタム級
    中島太一 vs. キム・スーチョル
    ・バンタム級
    倉本一真 vs. ヤン・ジヨン
    【ワンマッチ】
    ・バンタム級
    牛久絢太郎 vs. 太田忍
    ・フェザー級
    中原由貴 vs. ビクター・コレスニック
    ・フェザー級
    山本空良 vs. イルホム・ノジモフ
    ・フェザー級(RIZIN LANDMARK 9からスライド)
    高木凌 vs. 西谷大成

    『RIZIN.46』で牛久絢太郎vs.太田忍が決定


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【牛久絢太郎 vs 太田忍、有明大会でバンタム級対決!日韓対抗戦も開催】の続きを読む

    このページのトップヘ