スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    バルセロナ


    バルサFWハフィーニャ、PSG戦での活躍に喜びのコメント


    たまご(Rafinha)は、男性名ラファエル(ハファエル)に由来するポルトガル語の愛称。「小さなラファエル」を意味する。 マルシオ・ラファエウ・フェレイラ・デ・ソウザ (Márcio Rafael Ferreira de Souza, 1985-) - ブラジルのプロサッカー選手。バイエルン・ミュンヘン所属。 ハファエル・ドス・サントス・デ・オリベイラ…
    996バイト (160 語) - 2022年7月26日 (火) 22:55


    「ハフィーニャの活躍に期待をしていたので、本当に素晴らしいプレーで嬉しいです!これからも期待しています!」

     バルセロナに所属するブラジル代表FWハフィーニャが、パリ・サンジェルマン(PSG)戦を振り返った。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がコメントを伝えている。

     チャンピオンズリーグ(CL)・準々決勝ファーストレグが10日に行われ、バルセロナは敵地でPSGと対戦。37分にハフィーニャが先制点を決めると、その後2失点を喫して逆転を許したものの、62分にもハフィーニャが追加点を奪い同点に。その後、77分のアンドレアス・クリステンセンのゴールで勝ち越し、3-2で先勝を果たした。

     2ゴールを決めて勝利に大きく貢献し、この試合のプレイヤー・オブ・ザ・マッチ(POTM)に選出されたハフィーニャは試合後、「ここ数週間、僕たちは一生懸命トレーニングに取り組んできた。ここに来て、勝利してホームに戻れることはかなり前向きなことだと思う」と喜びを口にした。

     それでも、1点差で16日に行われるセカンドレグを控えていることから、「勝利したことは重要だが、この一戦はまだ終わっていない」ことも強調している。

    PSG戦で2ゴールを挙げたハフィーニャ [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【バルサFWハフィーニャ、PSG戦での活躍に喜びのコメント】の続きを読む


    ダニ・アウヴェスの保釈金1.6億円を支払った出所がついに判明!


    アウヴェス、第二姓(父方の姓)はダ・シウヴァです。 ダニエウ・アウヴェス・ダ・シウヴァ(ポルトガル語: Daniel Alves da Silva, 1983年5月6日 - )は、ブラジル・バイーア州ジュアゼイロ(ポルトガル語版)出身のサッカー選手。元ブラジル代表。ポジションはDF。ダニ・アウヴェス(Dani…
    35キロバイト (3,586 語) - 2024年3月30日 (土) 00:18


    「1.6億円の保釈金を支払うとは驚きですね。ダニ・アウヴェスの出所がどうなるのか気になります」

    2022年末にスペインで起こした女性に対する性的暴行によって、懲役4年半の有罪判決を受けた元ブラジル代表ダニ・アウヴェス。

    控訴を決めた彼は、100万ユーロ(1.6億円)を支払って保釈された。アウヴェスは経済的に厳しい状況にあるため、誰が大金を捻出したのかが話題になっている。

    ネイマール父は支援を拒否したとされており、バルセロナ時代の同僚であるメンフィス・デパイも代理人が肩代わり説を完全否定した。

    “サッカー界最大の詐欺師”も…「破産した12名の有名選手たち」

    スペインメディア『Telecinco』によれば、アウヴェスの保釈金を支払ったのは、ブラジルの有名雑誌『Quem』だという。

    同誌はGloboグループに属しており、ブラジルだけでなく国際的な人物についてのリポートも報じてきたそう。『Quem』はアウヴェスの(判決後?)最初のインタビューを報じることと引き換えに、保釈金を肩代わりしたとのこと。

    ダニ・アウヴェスの保釈金1.6億円を支払った出所が判明か


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ダニ・アウヴェスの保釈金1.6億円を支払った出所がついに判明!】の続きを読む


    欧州最大級のスタジアム「カンプ・ノウ」の舞台裏を城彰二が大公開


    Spotifyカンプノウ(Spotify Camp Nou、カタルーニャ語発音: [ˌkamˈnɔw])は、スペイン・バルセロナにあるサッカー専用スタジアム。1957年に開場して現在に至るまでプロサッカークラブであるFCバルセロナのホームスタジアムとして使用されている。 収容人数は99…
    12キロバイト (1,201 語) - 2024年2月5日 (月) 14:48


    ロッカー室がボロボロというのは意外ですね。選手たちはどんな気持ちでプレーしているのでしょうか。

     スペインのFCバルセロナのホームスタジアム「カンプ・ノウ」は、収容人数9万9354人を誇る、ヨーロッパ最大のスタジアム。サッカーファンにとっては憧れの場所だ。

     そんなカンプ・ノウのピッチに初めて立った日本人は、城彰二氏。自身のYouTubeチャンネルで、初めて試合をした時のことを振り返った。

     聖地とも言えるカンプ・ノウの控室は意外なものだったそうで、

    「アウェーのロッカールームって、とんでもなく汚い。ボロボロで超汚い。トイレもむき出し。バルサの控室は絨毯が敷いてあって、キレイなのに」

     ホームとアウェーでかなり差をつけられていたというのだ。それでもさすがはカンプ・ノウ。ピッチに出る瞬間を、城氏はこう表現した。

    「ロッカールームを出ると、階段を下りきったところにマリア様が飾ってあって、みんなお祈りをして階段を上がっていく。出口が狭くて、出た瞬間に観客席がすり鉢状に見えて、覆いかぶさってくるような感じ。あれを見た瞬間に、もう大興奮」

     その状況を思い出したのか、今も興奮ぎみだ。

     そんなカンプ・ノウで試合ができ、しかも相手がバルセロナとあって、城氏は気合十分だった。

    「アウェーチームが先にピッチに出て、ラインズマンと一緒に並んでいると、バルサ行進曲が流れて1人ずつ入ってくる。かっこいい。マジ、かっこいい。バルサやレアルとの試合は、選手としては興奮する。テレビでしか見たことがない選手で、この競技場でできるんだ、って。頑張りたいと思ったけど、他の選手は逆。みんな暗いの。緊張しているの。言葉数、少ないし。『なんだよ、やろうぜ!』って言っても『ああ』って」

     ハーフタイムにバルセロナのルイス・フィーゴ(ポルトガル代表)に声を掛けられたことが忘れられない、と城氏。フィーゴ夫人が寿司店を開くため、日本人の城氏に味をみてほしいとお願いされたという。城氏は快諾し、試合後にユニフォームを交換する約束をする。ところが、

    「フィーゴは前半で交代。試合後、交換しようとしたら、プジョル(スペイン代表)がやってきて、シャツを代えろって。フィーゴと代えるんだと言ったら、関係ないって。圧がすごいから交換した」

     のちに寿司店を訪れた時に、フィーゴからサイン入りのユニフォームを贈られた。

     強引に交換させられたプジョルのユニフォームだが、意外な人の手に渡る。

    「いしだ壱成とすごく仲が良くて、スペインに見に来てくれるぐらい。バルサファンだったの。壱成が俺の家に泊まりにきて、プジョルのユニフォームを見せたら『これ、いいね』って。本当にバルサが好きだから、じゃあいいよ、あげるよって」

     この試合は0-4の完敗に終わるが、城氏は大活躍。初のカンプ・ノウで爪痕を残した。その裏側には、こんな数々のエピソードがあったのである。

    (鈴木誠)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【欧州最大級のスタジアム「カンプ・ノウ」の舞台裏を城彰二が大公開】の続きを読む


    ベッカム夫妻との共演に注目!ネイマール、MLB始球式に登場


    この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はダ・シウバ、第二姓(父方の姓)はサントスです。 ネイマール(Neymar)ことネイマール・ダ・シウバ・サントス・ジュニオール(Neymar da Silva Santos Júnior [nejˈmaʁ dɐ ˈsiwvɐ ˈsɐ̃tus…
    110キロバイト (10,390 語) - 2024年3月21日 (木) 00:29


    ネイマールとベッカム夫妻の3ショット、スポーツ界のトップスターが一堂に会する姿に感動しました!

    昨年からサウジアラビアのアル・ナスルでプレするネイマール

    今年で32歳になった彼は靭帯断裂からの復帰を目指しているが、このほどMLBマイアミ・マーリンズの開幕戦で始球式を行った。

    サッカーの天才であるネイマールの投球フォームはこんな感じのようだ。

    そうしたなか、デイヴッド・ベッカムは妻ヴィクトリアさんとネイマールとの3ショットをInstagramに投稿。

    MLSインテル・マイアミの共同オーナーであるベッカムは「兄弟、マイアミへようこそ(夕食だけだよ笑)」とのメッセージを綴っており、ネイマールは「ありがとう、ボス」と返信している。

    インテル・マイアミにはネイマールバルセロナ時代に“MSN”を形成したリオネル・メッシルイス・スアレスが所属しているだけに、ネットではアメリカでトリオが再結成されるかもと話題になっている。

    サウジ移籍を選んだことが「あまりに残念」な8名

    なお、NBAマイアミ・ヒートにはネイマールと仲良しのジミー・バトラーが所属しており、環境的にマイアミは申し分ないように思えるが、果たして。

    ネイマール、MLB始球式で登板!ベッカム夫妻との3ショットにネットがざわつくワケ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ベッカム夫妻との共演に注目!ネイマール、MLB始球式に登場】の続きを読む


    ウルグアイ代表5選手が急きょ離脱!アラウホは負傷リスクを回避しバルセロナへ帰還


    この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はアラウホ、第二姓(母方の姓)はダ・シルバです。 この人物の日本語表記には、以下のような表記揺れが見られます。 ロナルドアラウーホ ロナルドアラウージョ ロナルド・フェデリコ・アラウホ・ダ・シルバ(Ronald Federico Araújo…
    12キロバイト (892 語) - 2024年2月29日 (木) 00:55


    個人的にはウルグアイ代表の強さを支える選手が離脱するのは残念です。アラウホの怪我も心配ですね。

    バルセロナのDFロナルド・アラウホらがウルグアイ代表から離脱した。

    23日、バスク代表との親善試合を行い、1-1のドローで終えたウルグアイ代表。続いて26日にはコートジボワール代表との親善試合が控える。

    ウルグアイサッカー協会(AUF)は24日、マルセロ・ビエルサ監督がコートジボワール戦での起用を考えていない5名の選手の代表離脱を発表。バスク戦でメンバー外だったアラウホの他、先発起用されたラツィオのMFマティアス・ベシーノ、オーランド・シティのFWファクンド・トーレス、ブラガのMFロドリゴ・サラサール、グラナダのDFブルーノ・メンデスが途中離脱となった。

    スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、アラウホは太ももの過負荷のため、早期にバルセロナへ帰還する運びになったとのこと。大きな問題ではないというが、予防のためにクラブで回復させる決断に至った模様だ。

    ウルグアイ代表のチームディレクターを務めるホルヘ・ジョルダーノ氏は、ウルグアイ『Carve Deportiva』でアラウホの状態に言及。トレーニングは問題なく行ったと明かしている。

    「彼とは10日間を共にし、14回のトレーニングを行った。これは非常に重要だった」

    「たとえ彼がフィットしていたとしても、リスクを負わないよう代表の試合には出場させないことにした。彼は頼りにできる選手だ」

    バルセロナが次に臨むのは、代表ウィーク明けの30日に行われるラ・リーガ第30節ラス・パルマス戦。アラウホはひとまずこの試合の出場を目指すことになりそうだ。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ウルグアイ代表5選手が急きょ離脱!アラウホは負傷リスクを回避しバルセロナへ帰還】の続きを読む

    このページのトップヘ