スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    ダルビッシュ有


    ダルビッシュの活躍に夜空が輝く!


    この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 フェルナンドタティース フェルナンド・ガブリエル・タティス(Fernando Gabriel Tatis、1975年1月1日 - )は、ドミニカ共和国サンペドロ・デ・マコリス州サンペドロ・デ・マコリス出身の元プロ野球選手(三塁手、一塁手、外野手)。右投右打。…
    13キロバイト (1,039 語) - 2024年2月20日 (火) 14:55


    ダルビッシュやタティスの活躍には本当に感動しました。まさに野球の魔法がかかった夜でしたね!

    逆転2ランを放って喜ぶタティス(C)Getty Images

     パドレスが現地時間4月8日(日本時間9日)、カブス相手に8点差をひっくり返す大逆転勝利を収めた。先発のダルビッシュ有が2回に4点を失って3回で早々と降板してしまい、その後もリリーフが4回に4点を追加されて0-8と劣勢に立たされたが、6回に怒涛の攻撃を見せる。

    【動画】劇的!タティスが逆転2ランを放ったシーン


     2番に座るフェルナンド・タティスの四球をきっかけに、3番のジェーク・クロネンワースが2ランを放って2点を返す。その後、相手の失策や連打、ゴロの間に点数を加えて5-8と3点差に追い上げると、二死一塁で1番のザンダー・ボガーツが2ランを放って、たちまち1点差にしてしまう。

     そして迎えた8回二死一塁でタティスの逆転2ランが飛び出し、なんと0ー8から9-8と大逆転に成功する。

     『MLB.com』のショーン・オニール記者は「パドレス、球場開設20周年で歴史的大逆転を果たす」というタイトルの記事を配信し、その中で「パドレスは過去に3度(1970年、1974年、2021年)8点差から逆転勝利を収めているが、ペトコ・パークでは1度だけだ」と紹介している。

     さらに、同記者はタティスが逆転2ランを放ったシーンを振り返り「タティスは勝ち誇ったようにバットを頭上にかざし、一塁に向かって最初の一歩を踏み出したときにバットを投げ飛ばした。お祝いのガッツポーズのためにもう一度立ち止まると、タティスはペトコ・パークの記念日を記念してトニー・グウィンの背番号19をあしらった特注のスパイクを履いて走り始めた」とつづった。


     「ミスター・パドレス」として球団の顔だった故トニー・グウィン氏は、20年間をパドレス一筋でプレーし、通算3141安打、打率.338という偉大な記録を残して、2001年に現役を引退。2007年には野球殿堂入りも果たしている。

     偉大なチームの大先輩の魂に応えるタティスの一発で大逆転に成功したパドレス。このペトコ・パーク開業20年の節目に起きた歴史的な夜について、『MLB.com』はX上で「なんという野球の夜だ!」と投稿している。

     野球の醍醐味を再認識したペトコ・パークの夜。現地のファンは熱狂に包まれていた。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    「なんという野球の夜だ!」ダルビッシュ所属パドレスが歴史的な大逆転勝利 タティスが偉大な大先輩の魂に応える一発


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ダルビッシュの活躍に夜空が輝く!】の続きを読む


    ダルビッシュ有の息子たち、まさかの思考までパパ似!ファン感動の声


    ダルビッシュ ダルビッシュ ゆう、本名:ダルビッシュ・セファット・ファリード・、英: Sefat Farid Yu Darvish、1986年8月16日 - )は、大阪府羽曳野市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのサンディエゴ・パドレス所属。 愛称は「ダル」「ダルさん」。YouTuber(Yu…
    196キロバイト (24,035 語) - 2024年3月31日 (日) 11:05


    ダルさんの遺伝子ってすごいんですね!息子たちも将来が楽しみですね。

     サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手の妻で、女子レスリング世界選手権金メダリストのダルビッシュ聖子さんが4月8日にInstagramを更新。ビーチで遊ぶ子どもたちの写真を公開しており、次男&三男の“パパそっくり”な姿に反響が寄せられています。

    【画像】パパそっくりな立ち姿

    ●「パパ似思考の男の子達笑」

     聖子さんはこの日、親元を離れて野球に打ち込んでいる第1子長男・ショウエイくんをのぞく“4人の子どもたち”とビーチへ。有投手との間に授かった次男&三男の後ろ姿を捉えた写真などを公開しており、「毎回ビーチ行く前は砂がつくから嫌だ とかいうパパ似思考の男の子達笑」「はいはいって受け流して連れてけば楽しかった~っ毎回なるw(※原文ママ)」と少しだけひねくれた(?)息子たちをほほ笑ましく思う一文を添えています。

     その他にも、「少しでも自然からの刺激を受けさせたい母心です」と第4子長女や第5子四男の写真も公開した聖子さん。ファンの注目は次男&三男の後ろ姿に集まっており、「立ち方、後ろ姿がパパさんのミニチュアや」「ダルさんくりそつ」「立ち姿がお父さんと同じですね!」「子供達、ダルさんにめちゃそっくりですね!」と有投手の面影を強く感じる姿に沸き立つ声があがっています。

     聖子さんは2006年に元ハンドボール日本代表の永島英明さんと結婚し、2007年に長男を出産するも、2014年に離婚。有投手と交際していた2015年7月に次男を出産し、2016年8月に再婚した後、2017年3月に三男、2019年11月に長女、2022年8月に四男を出産しています。

    有投手の立ち姿(画像はダルビッシュ有Instagramから)


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ダルビッシュ有の息子たち、まさかの思考までパパ似!ファン感動の声】の続きを読む


    松井裕樹投手が語る、ダルビッシュ有投手の存在の重要性とは?


    松井 裕樹(まつい ゆうき、1995年10月30日 - )は、神奈川県横浜市青葉区出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLBのサンディエゴ・パドレス所属。 妻は女優の石橋杏奈。 横浜市立山内小学校2年時に「元石川サンダーボルト」で野球を始める。左利きだが、野球を始めた頃は二塁と三塁を守り、3年時…
    86キロバイト (10,902 語) - 2024年3月28日 (木) 20:11


    松井投手とダルビッシュ投手がお互いにとっての支えとなっている姿が素敵ですね。メンタル面でのサポートはチームの勝利にもつながるので、二人の関係が良い影響をもたらしていることを願います。

    とんねるずの石橋貴明(62歳)が、4月4日に放送されたスポーツ番組「緊急渡米!石橋貴明のベースボールのおかげです。」(ABEMA)に出演。開幕前のキャンプ時期にパドレス・松井裕樹投手と対談を行い、チームメイトになったダルビッシュ有投手との関係性について、話を聞いた。


    同番組は、アメリカの地で開幕直前のMLBのキャンプや練習試合に実際に赴き、現役日本人メジャーリーグ選手や元プロ野球選手などの豪華メンバーに直撃したインタビューの模様を届ける、全5回のバラエティ番組。4月4日の放送では、石橋が米アリゾナ州にあるパドレスのキャンプ地を訪れ、松井裕樹投手と初対面を果たし、特別対談を実現させた。

    今シーズン、楽天イーグルスから海を渡ってパドレスに移籍し、3月29日に開催された本拠地開幕戦では早速MLB初勝利を収めた松井投手。今季からチームメイトとなったダルビッシュ有投手について話が及ぶと、松井投手は「パドレスへの入団が決まってから、ずっといろんなことを教えてもらっていて、僕の精神安定剤みたいになっています。事あるごとに話しかけてくれるので相談しやすいです」と感謝。

    石橋は「そばに最高のお手本がいるって大きいですよね」と、その関係性を称賛した。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【松井裕樹投手が語る、ダルビッシュ有投手の存在の重要性とは?】の続きを読む


    石橋貴明、ダルビッシュ有投手との特別対談が話題!


    ダルビッシュ ダルビッシュ ゆう、本名:ダルビッシュ・セファット・ファリード・、英: Sefat Farid Yu Darvish、1986年8月16日 - )は、大阪府羽曳野市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのサンディエゴ・パドレス所属。 愛称は「ダル」「ダルさん」。YouTuber(Yu…
    196キロバイト (24,035 語) - 2024年3月31日 (日) 11:05


    「石橋貴明とダルビッシュ有の特別対談、見逃せない!大谷翔平選手の対応についてどのような視点があるのか楽しみですね」

    ABEMAオリジナルバラエティ番組「緊急渡米!石橋貴明のベースボールのおかげです。」#1が、ABEMA SPECIALにて3月28日に放送された。

    【写真】ダルビッシュ有投手との特別対談を行った「緊急渡米!石橋貴明のベースボールのおかげです。」

    「緊急渡米!石橋貴明のベースボールのおかげです。」は、石橋貴明が、アメリカの地で開幕直前のメジャーリーグベースボール(以下、MLB)のキャンプや練習試合に実際に足を運び、現役日本人メジャーリーグ選手や元プロ野球選手などの豪華メンバーに直撃したインタビューの全5回のバラエティ番組で、3月28日の初回放送では、石橋がサンディエゴ・パドレスのキャンプ地に訪れ、ダルビッシュ有投手との特別対談や、スター選手たちとの交流が公開された。

    ■「映画の続編はやらないの?」

    パドレスのキャンプ地を訪問し、野手が練習しているグラウンドを見学していると、MLB屈指の遊撃手であるザンダー・ボガーツ選手が石橋のもとに訪れ、石橋と熱いハグを交わすと、「映画の続編はやらないの?」と笑顔で尋ね、映画「メジャーリーグ2」(1994年)で石橋が演じた“タカ・タナカ”の絶大な人気を証明する。石橋が「うれしい!」と感激していると、チームの主軸のマニー・マチャド選手とフェルナンド・タティスJr.選手もあいさつをしに歩み寄る。ボガーツ選手と同様に、“タカ・タナカ”の大ファンである2選手も興奮気味で、石橋に話しかけ、記念撮影にも快く応じてくれた。豪華スーパースターとの夢のような時間に、石橋は「大興奮! カッケェ! うれしいね~」と満面の笑みを浮かべた。

    また、ブルペンを訪れると、パドレスのアドバイザーの野茂英雄が現れ、日本人メジャーリーガーのパイオニアとの予想外の対面に、石橋は「ヒデオ・ノモだ! うわうわうわ……」と大あわてとなり、ひさしぶりの再会となったふたりは、固い握手を交わしていた。

    ■ダルビッシュ有投手との特別対談

    そして、パドレスのエースで、日米通算200勝が間近に迫るダルビッシュ有投手との特別対談では、2023年のWBCでの宮崎キャンプにて初対面し、今回が2度目の対面で、さらには長時間話すのは初めてとなり、数多くの野球人との対談をしてきた石橋でも「興奮して、体がかたくなっているんですけど(笑)」と緊張感をただよわせる。

    まず、対談前にブルペンを見学していた石橋は、「投球練習しているすごく近くで映像を撮り、それを細かくチェックされていたけど、あれはどういう意味ですか?」と質問すると、ダルビッシュ投手は「去年から自分の体の動きに納得がいっていない。年齢を重ねると体がかたくなってくるので、新しい動きを取り入れようとしていた」と説明し、MLBで13年目のシーズンとなる現在の課題を打ち明けた。

    また、野球へのストイックな姿勢が大きな反響を呼んでいるダルビッシュ投手へ、石橋は「24時間365日野球のことを考えている?」と興味津々で尋ねると、ダルビッシュ投手は「そんなことないです。自分にとっては、ゲームが息ぬきになっている。まぁ、それは野球ゲームなんですけど(笑)」と衝撃の回答に、続けて「ここ最近はゲームをしていないので、そうなると野球だけになっちゃいますね。常に自分の体のことを考えて行動しているので、そうなると結果的に24時間野球だけを考えていることになりますね」と粉骨砕身で野球に取り組んでいることを明かし、石橋をうならせていた。

    ■日本人後輩メジャーリーガーの話題では

    また、話題が日本人後輩メジャーリーガーへ移ると、石橋はシカゴ・カブス所属の鈴木誠也選手から聞いた“ダルビッシュ評”を本人にぶつける。「『ダルビッシュさんは僕の嫌なコースにビタビタ投げてくる』って言ってましたよ(笑)」と伝えると、ダルビッシュ投手は「彼の打席だけ、ねらったところに全部いったんです(笑)」と、続けて「僕がすごく集中してたんでしょうね。今年の対戦も楽しみです」と鈴木選手にメッセージを送った。

    さらに、2024年シーズンからパドレスに新加入し、チームメイトとなった松井裕樹投手については「僕はひとりでストレスと向きあってきた時間が長かったので、何が彼のストレスになり得るかは想像できる。現時点では自分の経験をうまく伝えてあげられていると思うし、チームメイトとして『良い環境で野球をしてほしい』という気持ちが強くある」と語った。

    ダルビッシュ投手と打ち解けてきたところで、石橋は同リーグ所属となった大谷翔平選手への勝負球を直球質問すると、開幕戦を目前に控えていたダルビッシュ投手は「大谷選手はメディアだけではなく、ファンも映像を公開している。その映像でスイングを見て、考えているところです」と明かし、石橋は「ファンの映像も見てるんですか!?」と驚きの声をあげていた。

    ■対談の最後には

    対談の最後には、MLBを目指す後輩選手たちへ、ダルビッシュ投手がアドバイスを送るシーンもあり、「今年からMLBに挑戦する松井くんや今永昇太くん、山本由伸くんもそうだが、SNSやYouTubeなどで世界を近くに感じていて、世界の壁も僕の時よりも低くなっている。彼らは英語もどんどん使うし、チームメイトにフレンドリーに話しかけられる。この姿勢があれば、まったく問題ないです。あとは実力をあげて、MLB選手たちのやっていることをうまく取り入れることができれば、結果は出ると思う」とエールを送った。


    放送されたABEMAオリジナルバラエティ番組「緊急渡米!石橋貴明のベースボールのおかげです。」/(C)AbemaTV,Inc. (C)Major League Baseball trademarks and copyrights are used with permission of Major League Baseball.Visit MLB.com


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【石橋貴明、ダルビッシュ有投手との特別対談が話題!】の続きを読む


    ダルビッシュ先生の指導力が生んだ注目の投手たちがプロ野球界に革命を起こす!


    ダルビッシュ ダルビッシュ ゆう、本名:ダルビッシュ・セファット・ファリード・、英: Sefat Farid Yu Darvish、1986年8月16日 - )は、大阪府羽曳野市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。MLBのサンディエゴ・パドレス所属。 愛称は「ダル」「ダルさん」。YouTuber(Yu…
    196キロバイト (24,035 語) - 2024年3月27日 (水) 09:17


    投手たちもダルビッシュ先生の指導を受けることで、より洗練された技術を身につけていくんだろう。これからのプロ野球界が楽しみだ!

     ダルビッシュ信者が、今年のプロ野球界の隆盛となりそうである。開幕3試合目の日本ハム戦に先発するロッテの佐々木朗希は、2023年のワールド・ベースボール・クラシック期間中にダルビッシュ有から教わったスライダーの威力を増している。3月24日の中日ドラゴンズとのオープン戦では、5回2安打無失点。スポーツライターが解説する。

    「昨年までは160キロオーバーのストレートとフォークに頼りきりでしたが、今年からスイーパーのようなスライダーを実戦配備。キャンプで投げ込んだことで、完全習得したようです。相手と場面に応じて大きく曲げることも小さく曲げることもできるようになって、可変性が広がっている。フォークとの合わせ技で、縦にも横にも大きく曲がる球を備え持つことになり、バッターはどうすることもできないのでは」

     ダルビッシュのおかげでレベルアップしたのは、佐々木だけではない。巨人・戸郷翔征もスライダーやツーシームの投げ方を指南され、投球のアレンジが広がった。阪神の新助っ人、ハビー・ゲラもパドレス時代にダルビッシュからスライダーを伝授され、ウイニングショットに使えるように仕立ててもらっている。

    「ダルビッシュの指導はどの選手にも分かりやすく、目の前で実演してもらいながらのスタイルです。握りや腕の振り方など惜しげもなく伝授し、全てのタネを明かしてくれるので、あらゆるピッチャーに大好評です。『教え子』の中には、人生が変わる選手も出てきそうです」(前出・スポーツライター)

     ダルビッシュ信者が、プロ野球のタイトルを総ナメにするかもしれない。

    (佐藤恵)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ダルビッシュ先生の指導力が生んだ注目の投手たちがプロ野球界に革命を起こす!】の続きを読む

    このページのトップヘ