スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    ソフトバンク


    デーブ大久保監督が語る、今シーズンのソフトバンクの印象とは?


    大久保 博元(おおくぼ ひろもと、1967年〈昭和42年〉2月1日 - )は、茨城県東茨城郡大洗町出身の元プロ野球選手(捕手、右投右打)、野球解説者・野球評論家、YouTuber、プロゴルファー、実業家。 愛称はデーブ、ブーちゃん。現役引退後はデーブ大久保名義で活動しており、埼玉西武ライオンズコーチ…
    46キロバイト (5,894 語) - 2024年4月30日 (火) 06:07


    デーブ大久保の解説は的確で分かりやすいですね。ソフトバンクのピッチャー達の活躍をもっと詳しく知りたいです。

    元プロ野球選手の“デーブ大久保”こと大久保博元氏が4日、YouTubeチャンネル『デーブ大久保チャンネル』で公開された動画「【パリーグ戦評】山川の加入がやはりデカい! ソフトバンクは最後までぶっちぎる!」に出演。今シーズンのソフトバンクの印象を語った。

    ○石川雄洋氏も太鼓判

    動画収録日の3日時点で、18勝8敗と首位を走っていたソフトバンクについて、大久保氏が「『貯金10って』って言うけど、このままぶっちぎるな。どう?」と尋ねると、ゲストの石川雄洋氏も「ぶっちぎると思います」と同意。さらに、デーブ氏は「ピッチャーもさ、森とかまで切れるんだよ。野手も見てよ? 周東ケガしたってまた誰か出てきて」と、昨年同チームを戦力外となった森唯斗や、昨年9月頃の周東佑京の離脱に触れ、ソフトバンクの戦力の豊富さを解説した。

    また、石川氏が「ソフトバンクはどっちもすごいじゃないですか、ピッチャーもバッターも。相手のピッチャーは『だいたいここでアウト取れるな』って計算するじゃないですか。アウト取れないですもん」と語ると、デーブ氏は2015年~16年頃のソフトバンクを回想しつつ、「その時のソフトバンクの強さ異常じゃなかった?」「その時と同じぐらい強くない?」「ギータ復活してさ」と自身の印象を告白。

    続いて、石川氏が「なんだかんだ言って山川(加入)はでかいと思うんです。率はそんな高くないと思うんですけど、チャンスになったら、集中力がすごいじゃないですか」と今シーズンから加入した山川穂高の名前を挙げると、デーブ氏も「でかいよ」「率じゃないよな、あれな」とうなずいていた。

    【編集部MEMO】
    デーブ大久保チャンネル』は、西武の一軍打撃コーチ、楽天の監督、巨人の一軍打撃チーフコーチなどを務めた、元プロ野球選手の“デーブ大久保”こと大久保博元氏によるYouTubeチャンネル。清原和博氏や愛甲猛氏、広澤克実氏、槙原寛己氏をはじめとするレジェンド選手をゲストに迎えた動画が人気を博しているほか、野球界のニュースや自身の近況についてもトーク。巨人のコーチを退任する際には、原辰徳前監督からの招聘秘話、コーチ就任時の率直な心境を涙ながらに語った動画が注目を集めた(※動画「【報告】巨人軍を退団して、居酒屋の親父に戻ります。」にて)。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【デーブ大久保監督が語る、今シーズンのソフトバンクの印象とは?】の続きを読む


    西武ファン必見!山川穂高に関する新たな暴露が登場!


    山川 穂高(やまかわ ほたか、1991年11月23日 - )は、沖縄県那覇市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。 那覇市立城北小学校4年生のときに友人に誘われて野球を始め、「首里マリナーズ」に所属。那覇市立城北中学校時代は、大矢明彦が名誉監督を務める硬式の「チーム…
    80キロバイト (10,091 語) - 2024年4月20日 (土) 12:11


    山川選手が一平ちゃんと呼ばれることに怒っているファンもいるようですね。やはり選手には敬意を払って呼ぶべきですね。

     いわく付きでFA移籍したソフトバンク・山川穂高(32)は完全にヒール役が板についてきたようだ。

    「昨年10月に不倫騒動以来初の会見でしおらしい態度で謝罪していたのを覚えていますか? まだ西武に在籍していた時で、球団が本人を戒めてヒゲとネックレスを禁止して反省の意を示させました。ところが、ソフトバンク移籍後の会見ではヒゲ面に逆戻り。結局、西武時代の謝罪もポーズに過ぎなかったのでしょう。ホークスは西武ほどガバナンスにうるさくありませんからね。2月の練習試合で移籍後初ホームランを打って『どすこい』パフォーマンスを披露した時は、古巣の誰もがホトホト呆れていました」(球界関係者)

     4月12日にはベルーナドームに凱旋。スタンドのレオ党から容赦ないブーイングを浴びせられることに。

    「とりわけ西武ファンには子供連れが多い。選手の記録が更新されるたびに製作されるグッズを子供にせがまれて購入してきたファンにしてみると、それが移籍した瞬間にゴミクズと化した。それだけに不義理を働いた山川には怒り心頭です。ネーム入りのスポーツタオルやユニフォームの多くが雑巾に変貌を遂げたといいます」(スポーツ紙デスク)

     リーグ3連覇のオリックスにも不穏な空気が漂っていた。

    中垣征一郎ヘッドコーチ(54)の指導に一部の選手たちは困惑しています。トレーニングコーチでありながら、みずからの領分にない投手や野手の技術を含む全範囲に口を出してくる。本職のコーチと教える内容が違うケースもあり、選手たちも『どちらかを立てると片方のコーチから怒られるからやりづらい。まぁ、うまくやるしかない』と諦めムードです」(球界関係者)

     実際に中垣コーチの指導方針と対立して干されてしまったのが、昨オフに戦力外となりDeNAに加入した中川颯(25)である。

    「中川の希望する専属のトレーナーを許可してもらえないなど、意見対立がしばしばでした。試合に出してもらえなくて、一昨年のシーズン中にはメンタルを病んでしまい〝出社拒否〟の果てに、実家で療養していた時期もありました。交流戦でのオリックスへの〝恩返し〟が期待されている」(球界関係者)

     司法取引でも解決できない火種はそこかしこに燻る。始まったばかりのペナントレースは〝一平ちゃん効果?〟で早くも大混乱である。

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【西武ファン必見!山川穂高に関する新たな暴露が登場!】の続きを読む


    阪神、ソフトバンクに完敗!四球を奪えず敗戦の黄信号


    この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Microsoftコードページ932(はしご高))が含まれています(詳細)。 前川 右京(まえがわ うきょう、2003年5月18日 - )は、三重県津市出身のプロ野球選手(外野手)。左投左打。阪神タイガース所属。…
    16キロバイト (1,965 語) - 2024年3月22日 (金) 15:51


    阪神は四球を奪えないというのは確かに問題ですね。投手陣が制球力を向上させなければ、今後も厳しい戦いが続くかもしれません。

    近本は打率.366と気を吐いているものの、チームの打線は全体的に低調だ(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

     昨シーズンに38年ぶりの日本一に輝いた阪神がオープン戦で苦戦している。ここまで15試合を終えて2勝12敗1分。勝率.143とまったく結果が出ていない。オープン戦はあくまで調整の場ではあるが、来週にシーズン開幕を迎えることを鑑みると、そろそろチーム状態を上げてほしいと願っている虎党は少なくないだろう。

    【関連記事】オープン戦わずか1勝の阪神 沈黙続く打線に球界OBから辛口エール「ノーアウト満塁でも点が取れない。危機感を持った方が良い」


     そんなファンの願いとは裏腹に、20日のソフトバンク戦では4-0の完封負けを喫した。試合内容は芳しくなく、とりわけ打撃陣が精彩を欠いた。三塁さえ踏むことができず、さらには27個のアウトのうち11個が三振。1イニングに1人以上は三振している計算になる。三振の多さはもちろん、ソフトバンクのマウンドに上がった4投手に計118球しか投げさせられなかったのも気になるところ。とりわけ無四球での完封負けだったことは特筆すべきだろう。

     阪神は昨シーズン、チーム全体の四球数が494と12球団最多を記録。四球をもぎ取りながら、チャンスを拡大して得点につなげる戦い方で勝ち星を積み上げていた。オープン戦の個人成績に目を向けると、前川右京が両リーグトップの8四球、昨シーズンリーグトップの104四球の大山悠輔は両リーグ5位の5四球と一部の選手は数字を残している。


     それでも、四球を1つも奪えなかった20日の試合結果を鑑みると、昨年のような戦い方ができてるとは言えないだろう。実際、オープン戦の平均得点が2.93点であり、得点に結びつく四球を奪えているとは言い難い。

     オープン戦のチーム防御率は両リーグワースト11位の3.61。さらには両リーグワーストの15失策と、昨シーズン得意にしていた守り勝つ野球も影を潜めている。何とか残り試合で攻守ともに状態を上げ、昨シーズンのような相手を苦しめる野球を見せたいところだ。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    ソフトバンクに完敗の阪神 四球を奪えない敗戦は黄信号のサイン?


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【阪神、ソフトバンクに完敗!四球を奪えず敗戦の黄信号】の続きを読む


    山川 穂高(やまかわ ほたか、1991年11月23日 - )は、沖縄県那覇市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。 那覇市立城北小学校4年生のときに友人に誘われて野球を始め、「首里マリナーズ」に所属。那覇市立城北中学校時代は、大矢明彦が名誉監督を務める硬式の「チーム…
    77キロバイト (9,617 語) - 2024年2月14日 (水) 17:49
    西武ファンとしては、やっぱり心配ですよね。山川選手の活躍が西武を脅かすことにならなければいいですが。

    【西武球団内からの声も…山川穂高の活躍に期待が高まる】の続きを読む


    山川 穂高(やまかわ ほたか、1991年11月23日 - )は、沖縄県那覇市出身のプロ野球選手(内野手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。 那覇市立城北小学校4年生のときに友人に誘われて野球を始め、「首里マリナーズ」に所属。那覇市立城北中学校時代は、大矢明彦が名誉監督を務める硬式の「チーム…
    77キロバイト (9,617 語) - 2024年2月3日 (土) 13:25
    「山川選手と西武時代の監督が再会することで、彼のプレーには新たなアプローチが見つかるかもしれませんね。過去の経験やアドバイスが、さらなる成長のカギとなることを期待しています!」

    【山川穂高:ソフトバンク入団後、監督との再会で新たなプレースタイルを模索!】の続きを読む

    このページのトップヘ