スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    スーパーバンタム級


    井上尚弥に向けられたネリの“挑発”に隠された真意とは?


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日)は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。現WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。元WBAスーパー・WBC・I…
    160キロバイト (20,800 語) - 2024年4月14日 (日) 13:28


    井上尚弥は確かに強い選手ですが、ネリも自信を持って戦う姿勢は素晴らしいですね。挑発というよりも、お互いを刺激し合っているのかもしれません。

    井上に敵地で挑むネリ。そんな悪童が発した挑発的な発言が波紋を広げている。(C)Getty Images、(C)Takamoto TOKUHARA/CoCoKARAnext

     ボクシングの世界スーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥(大橋)は、来る5月6日に東京ドームで元世界2階級制覇王者のルイス・ネリ(メキシコ)との防衛戦を迎える。同会場でボクシングの世界戦が行われるのは、1990年2月11日にマイク・タイソンとジェームス・ダグラス(ともに米国)がヘビー級王座戦を繰り広げて以来の快挙だ。

    【動画】井上尚弥戦に向けて不安の声も ネリが公開したミット打ちをチェック


     文字通りの歴史的な一戦を前に緊張感が高まるなかで、“挑戦者”の言動が物議を醸した。現地時間4月9日に米ボクシング専門サイト『Boxing Scene』のインタビューに応じたネリは、井上に対して強気な持論を展開した。

    「彼の試合を見てきたが、過大評価されているように思うし、平凡な選手だと思う。少なくとも俺にはそう見える。判定勝ちを求めて日本へ行くわけじゃなく、KOを求めて日本へ行くんだ」

     さらに「イノウエは他の奴らと同じように普通の選手だ」とも切り捨てたネリ。歯に衣着せぬ発言が話題を集める“悪童”だけに、心理戦の要素を含めたトラッシュトークの一環なのだろう。しかし、世界的に声価を高める井上を「平凡」「過大評価」という辛辣な言葉で批判したことで、小さくない波紋を広げた。

     ただ、元世界王者からはネリの“狙い”は見透かされている。元世界2階級制覇王者ポール・マリナッジ氏は、米ボクシング専門YouTubeチャンネル『ProBox TV』で「セールストークの側面はあるだろう」とキッパリ。続けざまに「ボクシングでは明らかな“ミスマッチ”が起こってしまうことがある」と両者の実力差を指摘した。


     豊富な経験を持つ43歳は、こうも続けている。

    「イノウエの場合、馬鹿げた階級上げでもしない限り、まともに勝負になる相手が本当にいないんだ。今回もそうだが、彼は別に『ベストな選択』を避けているわけじゃない。確かにネリは不利扱いをされているが、イノウエは強い相手から逃げてはいない。現状から考えられる『ベストな選択』をしたうえで、この下馬評なんだよ」

     挑戦者にとってシビアな評価を下したマリナッジ氏だが、「ネリは自分自身を信じる必要がある」と断言。実体験をふまえて、ネリの態度に理解を示してもいる。

    「俺がコットと戦った時もそうだった。それまで彼の相手はどいつもこいつも『戦えて光栄です』っていうような良い子ばかりだった。でも、俺は違ったんだ。嫌われようが関係ないと思っていたし、あいつをぶちのめすつもりでいったんだ。まぁ……負けたんだけどさ(笑)。

     でも、相手が凄い選手なんだってことは分かっていたよ。ああいう発言は一種のメンタルゲームでもあるんだ。とにかく『俺はビビッてない』『敬意なんてクソくらえ』っていう態度も、ある意味でリスペクトなのさ。そうやって自分を奮い立たせないと勝てない。ネリはイノウエがそういう相手だって分かっているんだ」

     刺激的な言葉で己を奮い立たせるネリを、井上はいかに迎え撃つのか。東京ドーム決戦の行方から目が離せない。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    井上尚弥への“挑発”は敬意の裏返し? 元世界2階級王者がネリの言動を分析「イノウエには勝負になる相手がいない」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【井上尚弥に向けられたネリの“挑発”に隠された真意とは?】の続きを読む


    ルイス・ネリが井上尚弥との契約体重を守れるか、ファンの不安解消!


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日)は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。現WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。元WBAスーパー・WBC・I…
    160キロバイト (20,800 語) - 2024年4月14日 (日) 13:28


    1.「契約体重を守らない選手って信用できないよね。井上尚弥が不利になるのは避けたいから、ルイス・ネリはしっかりと体重を守ってくれるといいな」

    注目のスーパーファイトが目前に迫ってきた。5月6日、東京ドームで行われる4団体(WBA、WBC、IBF、WBO)世界スーパーバンタム級タイトルマッチ、井上尚弥(王者/大橋、31歳)vs.ルイス・ネリ(挑戦者/メキシコ、29歳)─。

    34年ぶりとなる東京ドームでのプロボクシング興行は超満員必至。激闘にファンの期待は膨らむばかりだが不安要素もある。それは”悪童”ネリが、契約体重を守るか否か。もし体重オーバーが生じた場合、「世紀のイベント」が消滅の危機に瀕する。それを避けるべく大橋ジムの大橋秀行会長が講じた策とは?
    ○■多大な注目を集めた公開練習

    「(世界王者になって)10年目に東京ドームで試合ができるのは何かの縁、大橋ジム30周年でできるのも感慨深い。絶対に成功させなければいけないという思いはいつも以上に強く、高いモチベーションで闘えます。自分に期待したい」
    「4つのベルトを持って入場するシーンを見せられるのは、自分でも深い意味合いを感じる。バンタム級でも4団体統一を果たしたが、そのベルトを持っての試合(防衛戦)はしていない。今回は4つのベルトを掲げてリングに上がる姿をファンの方に見てもらえることを嬉しく思う」
    4月10日、所属ジムで練習をメディアに公開した際に、井上尚弥はそう話した。

    ネリ戦に向けて、すでに100ラウンド以上のスパーリングを行っており調整は順調なようだ。
    この日、驚いたのはメディアの数。100人以上の記者、カメラマンが集まりジム内は身動きが取れない状態に。『5・6東京ドーム決戦』への注目度の高さを改めて感じた。

    ○■ネリは体重超過の常習犯

    ただ、このビッグマッチには不安がつき纏っていた。
    それは、ネリがこれまで複数回にわたり体重オーバーを犯していることである。
    2019年11月、彼はWBC世界バンタム級王座次期挑戦者決定戦をエマニュエル・ロドリゲス(プエルトリコ)行うはずだった。しかし、体重オーバー。それでもネリは違約金で解決し体重を落とさぬままリングに上がろうとしたが、ロドリゲスに拒否され試合が中止になっている。

    2018年3月、ネリvs.山中慎介(帝拳)のリマッチは忘れ難い。
    前日計量でネリは、まさかの1. 3キロの体重超過。即座に彼の王座は剥奪されたが、試合は行われている。結果は、ネリの2ラウンドKO勝ち。
    これには多くの批判があった。ネリの体重超過は確信犯的の可能性が高かったからである。

    あの時、試合が近づく中でコンディション調整が上手く進んでいなかったネリは、減量を諦めた。無理に減量をして負けるよりも、体重は落とせなくてもコンディションを万全に整え勝つことに専念したのだ。王座を剥奪されるのは仕方がないが無敗のレコード(当時)は守るとの考えである。
    すでに会場(両国国技館)を借りチケットも完売、日本テレビ系列での全国生中継の準備も整えられていた。この段階で山中サイドが試合を中止できないことも見込んでの狡猾な策だったのであろう。

    ○■リザーバーが用意された

    同じことをネリがしないとは限らない。
    3月、東京ドームホテルでの対戦発表記者会見の後、大橋会長は言った。
    「もしネリが1ポンドでもオーバーしたら試合はやりません」
    直後に、こんな声が多く聞かれた。
    「いや、そうはいかないだろう。東京ドームという舞台での大興行が前日に中止となれば損失額は計り知れない。ネリが体重オーバーをしても結局は試合を決行することになるのではないか」

    もちろん大橋ジムサイドは大会を中止にはしたくない。だが、井上尚弥を公平さが保てないリングに上げるつもりも毛頭ない。
    そのため大橋会長は、イベント、井上の両方を守る策を講じた。
    「ネリが契約体重を守れなかった時に備えてリザーバー(代役)を用意する」
    そうメディアに公表したのである。

    すでにリザーバーは決定している。
    元IBF世界スーパーバンタム級王者で、現在はWBO世界同級王者のT・J・ドヘニー(アイルランド、37歳)。
    戦績25勝(19KO)4敗で、日本でのファイト経験も豊富な選手。IBF王座奪取は2018年8月に後楽園ホールのリングで岩佐亮佑(セレス)を3-0の判定で破り果たしており、昨年も2度日本で闘い連勝した。

    ドヘニーは井上のスパーリングパートナーを務めたこともあり、その縁で大橋プロモーションが主催するイベントに幾度も出場している。実は『5・6東京ドーム』でも第1試合でフィリピンの22歳のホープ、ブリル・バヨネスとの試合が決まっており「ネリの体重超過」が生じた場合のみ井上と闘う形だ。
    現在、ドヘニーはスーパーバンタム級でWBO3位、IBF7位、WBCでも11位にランクされており王座挑戦権は有している。そして、ネリと同じサウスポー。

    この策により、もしネリが契約体重を守らないようなことがあったとしても、井上尚弥の世界戦は行われ『5・6東京ドーム』は中止にはならない。
    だが、これは念には念を入れての措置。ネリが今回、体重超過を犯すことはないだろう。キャリア最高額のファイトマネーをフイにするとは思えない。
    悪童も万全のコンディションでアップセットを目論みリングに上がるはずだ。
    熱き闘いに期待─。

    ▼井上尚弥、“悪童”ネリの目標を「志が低いですね」と一蹴 試合では“スピードの無さ”を警戒『Prime Video Presents Live Boxing 8』公開練習

    文/近藤隆夫

    近藤隆夫 こんどうたかお 1967年1月26日、三重県松阪市出身。上智大学文学部在学中から専門誌の記者となる。タイ・インド他アジア諸国を1年余り放浪した後に格闘技専門誌をはじめスポーツ誌の編集長を歴任。91年から2年間、米国で生活。帰国後にスポーツジャーナリストとして独立。格闘技をはじめ野球、バスケットボール、自転車競技等々、幅広いフィールドで精力的に取材・執筆活動を展開する。テレビ、ラジオ等でコメンテイターとしても活躍中。『プロレスが死んだ日。~ヒクソン・グレイシーvs.高田延彦20年目の真実~』(集英社インターナショナル)『グレイシー一族の真実 ~すべては敬愛するエリオのために~』(文藝春秋)『情熱のサイドスロー ~小林繁物語~』(竹書房)『ジャッキー・ロビンソン ~人種差別をのりこえたメジャーリーガー~』『柔道の父、体育の父 嘉納治五郎』(ともに汐文社)ほか著書多数。
    『伝説のオリンピックランナー〝いだてん〟金栗四三』(汐文社)
    『プロレスが死んだ日 ヒクソン・グレイシーVS髙田延彦 20年目の真実』(集英社インターナショナル) この著者の記事一覧はこちら
    (近藤隆夫)

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ルイス・ネリが井上尚弥との契約体重を守れるか、ファンの不安解消!】の続きを読む


    井上尚弥が3階級4団体統一に挑戦か!?畑山隆則が警鐘「ヤバイんじゃないか」


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日)は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。現WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。元WBAスーパー・WBC・I…
    160キロバイト (20,800 語) - 2024年4月14日 (日) 13:28


    「井上尚弥の実力と根性を信じる!可能性は低いかもしれないけど、絶対に応援したい!頑張れ井上尚弥!」

     5月6日のルイス・ネリとの「世紀の一戦」を前に、井上尚弥が横浜市内の所属ジムで練習を公開したのは、31歳の誕生日となる4月10日だった。ネリの愛称は「パンテラ(ヒョウ)」。これに対抗して井上は、試合用のTシャツやコスチュームに「ホワイトタイガー」のデザインを採用したという。首尾よくヒョウを仕留め、さらなる防衛を重ねた後には「次なる階級」の話題が出てくるかもしれない。(3月27日配信)

     ボクシングのスーパーバンタム級で、アジア人初となる史上2人目の2階級4団体統一王者となった井上尚弥だが、はたして「3階級4団体統一」はあるのかと、気の早い期待が湧いてくる。だが、これに「黄信号」を灯したのは、元世界2階級制覇王者の畑山隆則氏だった。

     IBF世界フェザー級王者ルイス・アルベルト・ロペス(メキシコ)VS阿部麗也の世界戦が行われたのは、去る3月2日。8回TKOでロペスの勝利となり、長谷川穂積以来となる日本のジム所属選手の世界フェザー級王者誕生はならなかった。

     YouTubeチャンネル〈渡嘉敷勝男&竹原慎二&畑山隆則ぶっちゃけチャンネル〉で、ロペスはディフェンス面に難ありとして、井上有利を唱える畑山氏だが、フォード、ホルトマフは別格と懸念する。

    「アルベルト・ロペスに関しては、井上チャンピオンが体つくれば勝てると思うんですよ。ただ、フォードとホルトマフの試合を見ると、井上チャンピオン、ヤバイんじゃないかって…」

     WBA世界フェザー級王者レイモンド・フォード(アメリカ)と、同級1位オタベク・ホルトマフ(ウズベキスタン)の試合が3月2日に行われ、フォードが12回TKOでベルトを死守。戦績を16戦15勝(8KO)1分とした。

    「体も大きいじゃないですか、この2人ともね。それで速い。井上チャンピオンがあの階級で、あれだけ速く動けるのか、と。さすがに井上チャンピオンでも、ここまで来たらさすがにヤベェのかなって…」(畑山氏)

     その前に、まずは5月6日の東京ドーム決戦だ。挑戦者のルイス・ネリ(メキシコ)を完膚なきまでに叩き潰し、畑山氏が前言撤回するほどの好試合を期待したい。

    (所ひで/ユーチューブライター)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【井上尚弥が3階級4団体統一に挑戦か!?畑山隆則が警鐘「ヤバイんじゃないか」】の続きを読む


    米識者が語る、井上尚弥が“本場”アメリカに行くべき理由とは?


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日)は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。現WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。元WBAスーパー・WBC・I…
    160キロバイト (20,799 語) - 2024年4月14日 (日) 05:45


    井上選手は既に日本での人気を確立しているので、本場アメリカに行かなくても成功する可能性はありますね。

    日本で王座を防衛し続ける井上。その戦いに思わぬクレームが飛んだ。(C)Getty Images

     ボクシング界で異彩を放つ日本の“怪物”を巡って小さくない論争が巻き起こっている。

     話題を集めているのは、世界スーパーバンタム級の4団体統一王者である井上尚弥(大橋)のマッチメイクだ。

    【動画】フルトンもタジタジ 井上尚弥が世界に見せつけた衝撃のKOシーンをチェック


     井上は21年6月にマイケル・ダスマリナス(フィリピン)とのWBA・IBFバンタム級タイトルマッチを米ラスベガスで行って以来、5戦連続で日本のタイトルマッチを実施。来る5月6日に開催される元世界2階級制覇王者のルイス・ネリ(メキシコ)との防衛戦も東京ドームで行う予定となっている。

     母国でメガマッチを実現させる――。より国際化が進んでいる昨今のボクシング界を考えても必然のようにも思えるが、これを“ボクシングの本場”の一部の識者たちは快く思っていないようである。

     現地時間4月12日には、米ボクシング専門YouTubeチャンネル『ProBox TV』に出演した元世界ウェルター級王者2団体王者のショーン・ポーター(米国)氏が、「ボクシングでは海を渡り、アメリカに来て、アメリカ人を倒して、ファンに注目してもらわなければならない」と強調。数多の名勝負が繰り広げられてきた“本場”でタイトル防衛をしてこそ「最高」という、驕りにも聞こえる異論を展開した。

     この元世界王者の意見はSNSで瞬く間に拡散。賛否両論を巻き起こしたのだが、一部の識者からはポーター氏の考えに賛同する声が上がった。


     米ボクシング専門チャンネル『Fight Hub TV』のディレクターを務めているマルコス・ビジェガス氏は自身のXでポーター氏の意見を拡散。そのうえで、「イノウエはすでにスターだ。しかし、アメリカのボクシング市場は最大級だ。もっと大きなスターになりたければ、アメリカに来るべきだ」と強調。さらに米国で「戦う」意味も説いている。

    「アメリカでの戦いが、どれほど重要なものであるかは誰もが知っているはずだ。アメリカは世界最大のメディア市場もある。本当に大スターになりたいなら、ここに来ればいいんだ。小柄だったマニー・パッキャオがアメリカに来て試合をする。そして英語を学ぶ。その後に世界的な人物になった。これを誰が想像しただろうか?」

     果たして、井上はアメリカで戦うべきか、否か。SNSでさまざまな意見が飛び交っている論争はしばらく収まりそうにない。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    井上尚弥は“本場”に行くべきか? 立て続けの日本開催に米識者が持論「スターになりたければ、アメリカに来るべきだ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【米識者が語る、井上尚弥が“本場”アメリカに行くべき理由とは?】の続きを読む


    元世界ウェルター級王者が井上尚弥に苦言「米国に来て、米国人を倒せ」


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日)は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。現WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。元WBAスーパー・WBC・I…
    160キロバイト (20,817 語) - 2024年4月12日 (金) 10:43


    井上尚弥に対する自信満々のコメントで驚いた!米国での試合での活躍も期待したいですね。

    敵知らずで数々の偉業を成し遂げている井上。そんな怪物に思わぬ異論が飛んだ。(C)Takamoto TOKUHARA/CoCoKARAnext

     当代屈指のハードパンチャーとして、数多の金字塔を打ち立て続ける井上尚弥(大橋)。いまや世界にその名を知らしめる“怪物”に思わぬクレームが飛んだ。

    【動画】フルトンもタジタジ 井上尚弥が世界に見せつけた衝撃のKOシーンをチェック


     文字通りのヒストリカルな一戦が間近に迫っている。昨年12月にボクシングの世界スーパーバンタム級の4団体統一王者となった井上は、来る5月6日に東京ドームで、元世界2階級制覇王者のルイス・ネリとの防衛戦に臨む。同会場でのボクシング世界戦は、1988年と90年にヘビー級王者のマイク・タイソン(米国)が出場して以来3度目の快挙だ。

     すでに米英で生中継が決定。日本でもアマゾンプライムでの大々的なプロモーションが行われるなど、井上の戦いには世界中から熱視線が向けられている。歴史的な興行に対する関心は日々高まっている一方、21年6月にマイケル・ダスマリナス(フィリピン)とのWBA・IBFバンタム級タイトルマッチ以来、国内興行を続けている井上陣営には「なぜアメリカに来ないのか?」という異論が飛んでいる。

     現地時間4月12日に米ボクシング専門YouTubeチャンネル『ProBox TV』に出演した元世界ウェルター級王者2団体王者のショーン・ポーター(米国)氏は、「ナオヤ・イノウエは偉大さを証明するために、米国で試合をする必要があるのか?」という問いに持論を展開した。

    「イノウエはスーパースターで、海外へ行く必要はないのだろう。だけど、彼がいわゆるボクシング界で、世界最高のスターになりたいならこっち(米国)での試合が必要だ」


     一部の識者やファンが論じるように、井上にとって敵地となる米国での興行を求めたポーター氏は「イノウエがやっていることをリスペクトしている人はたくさんいる」と指摘。そのうえで、“ボクシングの本場”である米国で戦う意味を説いている。

    「イノウエの目指しているゴールが何なのか、それは俺には本当にわからない。でも、ボクシングでは海を渡り、米国に来て、米国人を倒して、ファンに注目してもらわなければならないんだ。俺のような人間なら、『おい、彼(井上)を自分の庭から連れ出して、少し居心地悪くさせて、エネルギーをどう扱うか見てみようじゃないか』と言うだろうね」

     もっとも、井上陣営が日本開催にこだわる理由は明確だ。昨年7月に有明アリーナで実施したスティーブン・フルトン(米国)戦は、動画配信サイトや中継局によるPPVを含めて両陣営の合計で約10億円という軽量級史上最大のファイトマネーを生み出したと言われており、収益を生み出すサイクルが出来上がっているのだ。

     そうした“結果”があるにもかかわらず、ポーター氏のような意見は尽きない。そうした事実は井上に対する世界的な関心度の高さを物語っていると言えそうだ。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    「米国に来て、米国人を倒せ」元世界ウェルター級王者が井上尚弥にまさかの“クレーム”「世界最高になりたいならこっちで試合を」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【元世界ウェルター級王者が井上尚弥に苦言「米国に来て、米国人を倒せ」】の続きを読む

    このページのトップヘ