スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    クレベル・コイケ


    金原正徳、最強の挑戦者として王座獲得へ意気込み


    金原 正徳(かねはら まさのり、1982年11月19日 - )は、日本の男性プロ総合格闘家。東京都武蔵村山市出身。リバーサルジム立川ALPHA主宰。初代SRCフェザー級王者。 小・中学校は野球をやっていた。東京都立田無工業高等学校に進学するも、中退。たまたま近所の道場へ見学に行った事を機に格闘技を始める。…
    22キロバイト (1,850 語) - 2024年4月27日 (土) 15:40


    金原選手は鈴木選手の右パンチに怖がらずに前に出る勇気が必要ですね。楽しみです!

    ■『Yogibo presents RIZIN.46』試合前インタビュー(27日・都内ホテル)
     29日開催の『RIZIN.46』(有明アリーナ)第10試合メインイベントのフェザー級タイトルマッチで、王者・鈴木千裕のベルトに挑戦する金原正徳が、2日後に迫った大一番に向けてリラックスした表情で心境を明かした。

    【動画】【RIZIN】金原正徳「ゴタゴタ言わずに構えててほしい」王者・鈴木千裕に注文!

     現在RIZINで4連勝中の金原は、昨年9月に行われた『RIZIN.44』で、鈴木を1Rで倒した元フェザー級王者のクレベル・コイケに勝利。RIZINが誕生するはるか前から数々の激戦を乗り越え、UFCでも戦ってきたベテランが、“最強の挑戦者”となって若き王者の前に立ちはだかる。

     試合2日前、明るい笑顔を見せて会見場に登場すると「クレベル戦後に、もう一度このポテンシャルでできるか不安だったけど、タイのキャンプで気持ちと体を作り直すことができて、あのときの気持ちをもう一度よみがえらせることができた」と、大一番に向けて順調に仕上げてきた。

     試合展開についても「僕が倒されるか、僕が極めるか。決着がつくので判定はないと思います」と断言。そのうえで、鈴木が得意とする右のパンチに対して「怖がらずに前に行けるか」と勝負のポイントを自ら分析した。

     格闘技キャリア20年を超え、DREAMと戦極が消滅した2010年代中盤の“日本格闘技・冬の時代”も生き残ってきた。そんな時代を経て、RIZINを中心に再び格闘技人気が盛り上がっている現在は「真夏でしょうね。自分もジムをやっていて、人の流れもわかりやすいんで」と実感している。

     そんな“真夏の時代”に実現するタイトルマッチ。アスリートとして下り坂を迎える年齢に差し掛かっており「落ちてる部分が自分でもわかる」、一方で「それを補う経験値や引き出しはたくさんあるし、周りがまだまだ強くなっていると言ってくれるので、まだやれてるんだという自信は持っています」と全盛期を更新している。

     「20年以上格闘技をやってきて、格闘技しかないできない。今後もキャリアを終えても育成などでRIZINに関わっていきたい」。人生そのものを格闘技に打ち込んできた男・金原正徳の一つの集大成を、このタイトルマッチにぶつける。

    ●『Yogibo presents RIZIN.46』(有明アリーナ)
    ・第10試合 フェザー級タイトルマッチ
    【王者】鈴木千裕 vs. 【挑戦者】金原正徳
    ・第9試合 バンタム級
    牛久絢太郎 vs. 太田忍
    ・第8試合 日韓対抗戦3番勝負 バンタム級
    中島太一 vs. キム・スーチョル
    ・第7試合 日韓対抗戦3番勝負 フライ級
    神龍誠 vs. イ・ジョンヒョン
    ・第6試合 日韓対抗戦3番勝負 バンタム級
    倉本一真 vs. ヤン・ジヨン
    ・第5試合 ライト級
    “ブラックパンサー”ベイノア vs. 井上雄策
    ・第4試合 フェザー級
    中原由貴 vs. ビクター・コレスニック
    ・第3試合ベアナックルルール(2分5ラウンド)60キロ
    篠塚辰樹 vs. X
    ・第2試合 フェザー級
    山本空良 vs. イルホム・ノジモフ
    ・第1試合 フェザー級
    高木凌 vs. 西谷大成

    『RIZIN.46』で鈴木千裕と対戦する金原正徳 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【金原正徳、最強の挑戦者として王座獲得へ意気込み】の続きを読む


    牛久絢太郎、堀口恭司との練習でバンタム級への転向に自信を深める


    牛久 絢太郎(うしく じゅんたろう、1995年2月28日 - )は、日本の男性プロ総合格闘家、YouTuber。東京都足立区出身。アメリカン・トップチーム所属。第2代RIZINフェザー級王者。第10代DEEPフェザー級王者。 小学1年生の時に柔道を始め、中学生の頃にDREAMを見て総合格闘技に興味を…
    19キロバイト (1,649 語) - 2024年4月11日 (木) 20:08


    牛久選手がバンタム転向に自信を持って練習している様子が伝わってきますね。堀口選手への敬意を持ちながらも、自分の戦い方を確立しているようで、今後の試合が楽しみです。

    ■『Yogibo presents RIZIN.46』試合前インタビュー(27日・都内ホテル)
     29日開催の『RIZIN.46』(有明アリーナ)の第9試合で、太田忍と対戦する牛久絢太郎が、初のバンタム級での試合に向けて意気込みを語った。

    【動画】平本蓮「鈴木千裕は堂々とくたばってくれ。アイツの半ベソが見たい」

     牛久はDEEPで活躍後、2021年10月の『RIZIN.31』で初参戦にしてフェザー級王者の斎藤裕とタイトルマッチに挑むと、いきなり勝利してベルトを奪取して第2代王者となった。しかし、22年10月の『RIZIN.39』でクレベル・コイケとの初防衛戦に敗れて王座から陥落し、昨年4月の『RIZIN LANDMARK 5 in YOYOGI』では朝倉未来に敗れた。

     9月の『RIZIN.45』で萩原京平に勝利するも、堀口恭司と同じアメリカのジム「アメリカン・トップチーム(ATT)」の所属になり、階級をバンタム級に転向。その初戦としていきなりバンタム級タイトル戦線上位の太田と対戦する。

     規定体重で5キロも下がることになるが「減量も順調で体重も体調もバッチリです」と不安はナシ。ATTで練習に没頭する環境は“足立のバカストイック”というキャッチコピーの牛久にとって「すごく充実した生活ができています。この環境を待っていました」と、まさに最適な練習漬けの日々を過ごしている。

     自身のバンタム級の初戦だが、一緒に練習する堀口も6月の『RIZIN.47』でセルジオ・ペティス戦は、通常のフライ級ではなくバンタム級での試合となる。“バンタム級の堀口恭司”について「強いです」と断言。「英語じゃ聞けないような、相手を想定した細かいアドバイスをもらった」と堀口との深い関係性を築いている。

     対戦相手の太田について「レスリング力がかなり高くて打撃も思い切りがいい打撃を持っている」と分析し、試合展開も「5分3ラウンド通して自分のペースに持っていって、自分の試合をするというのがすごくカギになる」と見据えた。

     バンタム級タイトル戦線で上位にいる太田に快勝すれば、一気にベルトへの挑戦にも近づく。堀口が初代王者となっているだけに思い入れは強いが、「今は目の前の試合に集中している。その先はこの試合が終わってから」と言及は避けた。

    ●『Yogibo presents RIZIN.46』(有明アリーナ)
    ・第10試合 フェザー級タイトルマッチ
    【王者】鈴木千裕 vs. 【挑戦者】金原正徳
    ・第9試合 バンタム級
    牛久絢太郎 vs. 太田忍
    ・第8試合 日韓対抗戦3番勝負 バンタム級
    中島太一 vs. キム・スーチョル
    ・第7試合 日韓対抗戦3番勝負 フライ級
    神龍誠 vs. イ・ジョンヒョン
    ・第6試合 日韓対抗戦3番勝負 バンタム級
    倉本一真 vs. ヤン・ジヨン
    ・第5試合 ライト級
    “ブラックパンサー”ベイノア vs. 井上雄策
    ・第4試合 フェザー級
    中原由貴 vs. ビクター・コレスニック
    ・第3試合ベアナックルルール(2分5ラウンド)60キロ
    篠塚辰樹 vs. X
    ・第2試合 フェザー級
    山本空良 vs. イルホム・ノジモフ
    ・第1試合 フェザー級
    高木凌 vs. 西谷大成

    『RIZIN.46』で太田忍と対戦する牛久絢太郎 (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【牛久絢太郎、堀口恭司との練習でバンタム級への転向に自信を深める】の続きを読む


    堀口恭司が2年半ぶりにセルジオ・ペティスと対戦!?『Yogibo presents RIZIN.47』での注目マッチ


    堀口 恭司(ほりぐち きょうじ、1990年10月12日 - )は、日本の男性プロ総合格闘家、空手家、YouTuber。群馬県高崎市出身。アメリカ合衆国フロリダ州ココナッツクリーク在住。アメリカン・トップチーム所属。現RIZINフライ級王者。初代・第4代RIZINバンタム級王者。第7代Bellator世界バンタム級王者。RIZIN…
    59キロバイト (6,381 語) - 2024年4月20日 (土) 09:00


    堀口恭司とセルジオ・ペティスの対戦が実現するとは驚きです!堀口選手が2年半前の雪辱を果たすことができるのか、注目ですね。

    『Yogibo presents RIZIN.47』が6月9日(日)に開催される。その対戦カード第1弾が発表され、堀口恭司がRIZIN MMAルール 61.0kgで、元Bellator世界バンタム級王者のセルジオ・ペティスと対戦することが決まった。

    両者は2021年12月にアメリカで行われた『BELLATOR 272』で拳を交え、当時チャンピオンだったペティスが4RにバックブローをヒットさせてKO勝ちを収めている。終始試合を優位に進めていた堀口にとっては、一瞬の隙をつかれた失神KO劇だった故に、大きなショックを伴う敗戦だった。

    その後、堀口はRIZINのリングに舞い戻ると、2022年9月の『RIZIN.38』で金太郎、2022年12月の『RIZIN.40』で扇久保博正を破り完全復活を遂げる。そして、2023年12月の『RIZIN.45』では、新設されたフライ級のベルトを賭けて神龍誠と対戦。2Rにリアネイキッドチョークでタップを奪い、初代RIZINフライ級王者に輝いた。

    約2年半ぶりとなる2人の対戦。今回はホームであるRIZINでの対戦となることから、堀口としては負けられない一戦となる。前回のお返しとばかりに、爽快な完全決着でベティスをマットに沈めることができるか?

    ■RIZIN MMAルール:5分 3R(61.0kg)
    堀口恭司 vs セルジオ・ペティス


    堀口恭司 vs セルジオ・ペティス

    堀口恭司 vs セルジオ・ペティス

    さらに、今大会では元RIZINフェザー級王者クレベル・コイケが、元RIZINバンタム級王者のフアン・アーチュレッタと、RIZIN MMAルール 66.0kgで対戦する。

    ■RIZIN MMAルール:5分 3R(66.0kg)
    クレベル・コイケ vs フアン・アーチュレッタ


    クレベル・コイケ vs フアン・アーチュレッタ

    クレベル・コイケ vs フアン・アーチュレッタ

    チケットは4月20日(土)12:00~4月23日(火)18:00に、イープラスでプレイガイド最速抽選先行販売を実施。その後、4月27日(土)10:00~23:40に先着先行予約がイープラスで実施される。一般発売は4月28日(日)10:00。

    堀口恭司 vs セルジオ・ペティス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【堀口恭司が2年半ぶりにセルジオ・ペティスと対戦!?『Yogibo presents RIZIN.47』での注目マッチ】の続きを読む


    代々木大会で待望の対戦!クレベル・コイケ対アーチュレッタの一戦が実現


    フアンアーチュレッタ(Juan Archuleta、1987年9月13日 - )は、アメリカ合衆国の男性総合格闘家。カリフォルニア州スルタナ出身。ザ・トレイニング・ラボ/コブラカイ・ヴィクタービル所属。元RIZINバンタム級王者。元Bellator世界バンタム級王者。Bellator世界バンタム…
    22キロバイト (1,847 語) - 2024年4月19日 (金) 09:40


    クレベル・コイケとアーチュレッタの対戦、本当に楽しみです!どちらも実力派ファイターなので、激しいバトルになりそうですね。

     6月9日に開催の『Yogibo presents RIZIN.47』(国立代々木競技場第一体育館)の第2弾カードとして、元RIZINフェザー級王者のクレベル・コイケ(34)vs.前RIZINバンタム級王者のフアン・アーチュレッタ(36)戦が決定した。階級はフェザー級(66キロ)で、アーチュレッタがバンタム級から階級をアップする。

    【1戦目の動画】堀口恭司がダウン!セルジオ・ペティスの衝撃KO劇

     同大会の第1弾カードとして、現RIZINフライ級王者の堀口恭司(33)vs.元Bellatorバンタム級王者のセルジオ・ペティス(30)戦が決定。契約体重は61キロのバンタム級で、2年半前に同カードで敗れた堀口にとって同じ階級でのリベンジ戦となる。

     新旧RIZIN王者&Bellatorの元王者の参戦が決定し、榊原信行CEOが先週の会見で「チケットを買って損がないカードが並びます。待ってましたっていうカードを準備して、来週には発表したい」と予告していたように、豪華な大会となる。

     クレベルは22年10月に牛久絢太郎に一本勝ちしてフェザー級のベルトを獲得したが、23年6月の鈴木千裕との防衛戦で規定体重を400グラムオーバーし、ベルトを剥奪された。9月の金原正徳戦では判定負けし、一時の勢いが失われたかに見えたが、大みそかの『RIZIN.45』で斎藤裕に一本勝ちし、2024年の逆襲を誓っていた。

     対するアーチュレッタは、20年9月にBellatorバンタム級ベルトを獲得。21年5月にセルジオ・ペティスにベルトを奪われる。22年大みそかの『RIZIN.40』でRIZIN初参戦しキム・スーチョルに判定勝利すると、23年5月に井上直樹、7月には扇久保博正に連勝してRIZINバンタム級王者となった。同年大みそかの朝倉海との防衛戦では前日計量で失敗しベルトを剥奪、翌日の試合でも海に2ラウンドKO負けを喫した。

     同大会のチケットは「ファンクラブ先着先行」はすでに終了しており、現在は「オフィシャルサイト先着先行」で販売中。さらにあす20日から23日まで「イープラスプレイガイド最速抽選先行」が行われる。

     本日の発表カードを受けて、きょう午後6時から公式YouTubeチャンネルにて緊急配信も実施される。

    『Yogibo presents RIZIN.47』クレベル・コイケvs.フアン・アーチュレッタ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【代々木大会で待望の対戦!クレベル・コイケ対アーチュレッタの一戦が実現】の続きを読む


    RIZIN代々木大会にクレベル・コイケが参戦決定!対戦相手は午後3時に発表


    この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の姓)はコイケ、第二姓(父方の姓)はエルベストです。 クレベルコイケ・エルベスト(Kleber Koike Erbst、1989年10月16日 - )は、ブラジルの男性柔術家、プロ総合格闘家。サンパウロ州サンパウロ出身。静岡県磐田市…
    42キロバイト (4,418 語) - 2024年4月19日 (金) 09:39


    クレベル・コイケの登場に期待が高まります!どんな対戦相手となるのか楽しみですね。

     6月9日に開催の『Yogibo presents RIZIN.47』(国立代々木競技場第一体育館)に、元フェザー級王者のクレベル・コイケが参戦することが決定した。対戦相手はきょう午後3時に発表される。

    【1戦目の動画】堀口恭司がダウン!セルジオ・ペティスの衝撃KO劇

     同大会の第1弾カードとして、現RIZINフライ級王者の堀口恭司(33)vs.元Bellatorバンタム級王者のセルジオ・ペティス(30)戦が決定。契約体重は61キロのバンタム級で、2年半前に同カードで敗れた堀口にとって同じ階級でのリベンジ戦となる。

     新旧RIZIN王者&Bellatorの元王者の参戦が決定し、榊原信行CEOが「チケットを買って損がないカードが並びます。待ってましたっていうカードを準備して、来週には発表したい」と予告していたように、豪華な大会となる。

     同大会のチケットは「ファンクラブ先着先行」はすでに終了しており、現在は「オフィシャルサイト先着先行」で販売中。さらにあす20日から23日まで「イープラスプレイガイド最速抽選先行」が行われる。

    『Yogibo presents RIZIN.47』に参戦が決定したクレベル・コイケ (C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【RIZIN代々木大会にクレベル・コイケが参戦決定!対戦相手は午後3時に発表】の続きを読む

    このページのトップヘ