スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    エンゼルス


    草野球レベルの守備に観客ブチギレ!エンゼルスの問題児が痛恨ミス


    「こんなプレー見てたらファンもやる気なくなるわ…。早く改善してほしいですね」

    【写真・画像】大谷翔平の抜けたエンゼルスに緊急事態! “兄貴”トラウトがヤバすぎると話題に 4号ホームランで4打点目にファン騒然 「わかりやすい地獄」「トラ兄が可哀想すぎ」 1枚目

    【MLB】エンゼルス2-1レッドソックス(4月6日・日本時間7日/アナハイム)        

    【映像】観客ブチギレ!平凡な内野ゴロをまさかのエラーする瞬間

    4月6日(日本時間7日)に米・カリフォルニア州アナハイムのエンゼル・スタジアム・オブ・アナハイムで行われたロサンゼルス・エンゼルス対ボストン・レッドソックスの一戦で、レッドソックスの三塁手が犯した“あまりに拙いプレー”が、野球ファンの間で注目を集めている。

    1-0、レッドソックス1点のリードで迎えた6回裏、エンゼルスは2死ながら満塁の場面に。ここで打席に立った1番レンドンは、カウント2-2からの5球目を打ち損じて三塁への平凡なゴロに。これをサードのディバースが捕球しにかかるも、バウンドを合わせられずにまさかの後逸。ボールが転々とする間に、三塁走者はもとより二塁走者も生還し、1-2とエンゼルスが逆転。結局そのまま試合は終了し、レッドソックスにとってはまさに悪夢のような逆転負けを喫することとなった。

    その場で待って捕ってからの送球でも充分にアウトにできる打球を、無駄な動きで後逸させてしまったディバースの拙いプレーに日本のファンの視線も集中。ネット上のファンからは「さすがにこれはないw」「これ、真顔でやべえなw草野球レベルやんけwww」「なにせ去年も19失策でリーグワーストやからな。しゃーないわ」「こういう試合で守備固め出さないのがおかしいと思うで」「打ったのがレンドンっていうのがまた腹立つわwww」「うーん、悪夢でしかないな、これw」「これはさすがにダメだわw」「外野本職の正尚の方が絶対上手いわ」といった様々な反響が巻き起こっている。

    (ABEMA『SPORTSチャンネル』)

    観客ブチギレ!やる気ないエンゼルスの“問題児”の内野ゴロをエラーする痛恨ミス 草野球レベルのザル守備に批判殺到 「悪夢でしかない」「相手打者がムカつくなw」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【草野球レベルの守備に観客ブチギレ!エンゼルスの問題児が痛恨ミス】の続きを読む


    トラウトのスタートから好調!エンゼルスのファンが期待を膨らませる


    マイク・トラウト(英: Mike Trout、本名:マイケル・ネルソン・トラウト〈Michael Nelson Trout〉、英語発音: [maɪk traʊt];1991年8月7日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州バインランド出身のプロ野球選手(外野手)。右投右打。MLBのロサンゼルス・エンゼルス所属。…
    54キロバイト (5,956 語) - 2024年3月2日 (土) 18:02


    トラウトの開幕初打席本塁打は圧巻だった!エンゼルスの投壊とは裏腹に、彼のパワーにはただただ脱帽ですね。

    トラウトが存在感を示したものの、エンゼルスは昨年と同じく投手陣が崩れた(C)Getty Images

     シーズン“第1号”が完全復活の狼煙となるか。

     メジャーリーグは現地時間3月28日、全30球団により米国内で今季最初の公式戦が行われ、エンゼルスのマイク・トラウトがオリオールズ戦の第1打席で本塁打を記録した。これが全試合を通じて最初の本塁打として注目を集め、球界随一のスラッガーとしての期待も寄せられるパフォーマンスとなった。

    【動画】日本を「泣かせた」再会 大谷翔平とトラウトによる騒動後初対面シーン


     開幕ゲームに「3番・中堅」でスタメンに名を連ねたトラウトは、オリオールズ先発のコービン・バーンズの投じた低めの変化球をとらえ、左中間スタンドへ運んでいる。この日、その後の打席は凡退し、チームも3-11で敗れたものの、試合の最初に放たれた主砲の本塁打が、強烈なインパクトを残したことは言うまでもない。

     6シーズン在籍した大谷翔平が抜け、トラウト自身も近年、故障離脱が続いている中で、新シーズンへの強い意欲を示すかのようなバッティングとなった。そして、その豪快な一発に対する米国内での反響も大きいことが伝えられている。

     スポーツメディア『sportskeeda』では、試合後にさっそくトラウトの特集記事を配信。この日、初打席で本塁打が出たことについて、「マイク・トラウトがMLBファンに、自分が間違いなく過去10年間で野球界最高の選手である理由を思い出させるのに時間はかからなかった」と綴っている。

    「3度のMVPに輝いたトラウトは、シーズン最初の打席でコービン・バーンズの打球をフェンスの向こうに運んだ。トラウトはオリオールズの新エースから開幕戦ホームランを放ち、野球ファンを熱狂させた」とレポートするとともに、その後のSNS上でのファンの反応も紹介している。


     同メディアは「ソーシャルメディアでこのスーパースターを称賛したのは、エンゼルスのファンだけでなく、野球ファン全般だった」として、その打棒を称える声が多かったと説明。さらに「『トラウトがまだロースターにいるのに、誰がオオタニを必要とするんだ』というジョークも飛んでいた」とさまざまな反応があったと記している。

     また同メディアも、「難しい注文かもしれないが、トラウトは新生エンゼルスのチームをポストシーズンに導くという任務を負っている」と論じており、一年を通しての活躍への期待も寄せている。

     現在32歳、今季メジャー14シーズン目を迎えたトラウトの打棒復活を望む声は途切れることはない。そして、この日のバッティングにより、多くの野球ファンが抱くその願望はさらに強くなったはずだ。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    エンゼルスは今季も投壊…トラウトの開幕初打席本塁打には「野球ファン全般」から称賛の声


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【トラウトのスタートから好調!エンゼルスのファンが期待を膨らませる】の続きを読む


    大谷翔平、本拠地開幕戦での状態不安…水原騒動後の打率.091


    大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
    346キロバイト (48,619 語) - 2024年3月26日 (火) 00:42


    大谷翔平はまだまだ若い選手ですし、プレッシャーもあるでしょう。精神面のケアも大切ですね。

    【写真・画像】「ただの人格者」「聖人すぎるだろ」 大谷翔平があわや顔面死球後でも元チームメイトと爆笑する“ほっこりシーン”にファン騒然 1枚目

    【MLB・スプリングトレーニング】エンゼルス4-3ドジャース(3月26日・日本時間27日/アナハイム) 

    【映像】ファン騒然… スランプの大谷が三振後に一瞬だけ見せた“微妙な表情”

    3月26日(日本時間27日)に、米・カリフォルニア州アナハイムで行われたMLB・スプリングトレーニング、ロサンゼルス・エンゼルス対ロサンゼルス・ドジャースの一戦で大谷翔平が、2番・DHで先発出場。この日も無安打に終わり、野球ファンの間で話題となっている。

    この日、古巣・エンゼルスの本拠地・アナハイムに、“移籍後初登場”となった大谷は、初回の第1打席、カウント2-2からの6球目、エンゼルス先発シルセスが投じた外角高め、96.1マイル(約154.6km/h)の速球を空振りし、三振に終わると、4回の第2打席では、内寄りやや低めの変化球で空振り三振に。この2打席連続三振で、この日の出番を終えた形となった。

    大谷は韓国で行われた21日(日本時間22日)のサンディエゴ・パドレス戦でライト前ヒットを放って以降、無安打の状態が続いており、この日の2打席2三振で、13打席連続ヒットなし。32打数13安打、打率.406、本塁打2、打点11と結果を残していた20日(日本時間21日)の開幕戦までの状態とは大きく異なり、21日からの成績は、4試合で11打数1安打、打率はわずかに.091、打点も1と、まるで人が変わってしまったかのように快音から遠ざかっている状況となっている。

    そのため、28日(日本時間29日)に行われるセントルイス・カージナルスとの開幕戦を前に、ネット上の野球ファンからは「やっぱり調子悪そうじゃん…」「いろいろあるし、野球に集中できてないのかもな」「いやいや精神面を考えたら当然やろ」「休ませてあげたいわ」「完全にパドレス戦以降おかしくなったよな」「エンゼルス時代は平和で良かった」「これはスロースタートとかそういうのとちゃうと思うで」「復活してほしいな」と、その調子を憂慮する声を中心に、様々な声が寄せられている。

    (ABEMA『SPORTSチャンネル』)

    大谷翔平、本拠地開幕は大丈夫か…? 水原騒動後の打率.091 三振後に見せた“表情”にファン騒然 「野球に集中できてないのかも」「精神面を考えたら当然だろ」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大谷翔平、本拠地開幕戦での状態不安…水原騒動後の打率.091】の続きを読む


    大谷翔平に直撃寸前!危険球退場要求の声が続出


    大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
    346キロバイト (48,619 語) - 2024年3月26日 (火) 00:42


    ヘルメットが吹っ飛ぶほどの速球ってマジでヤバイ。これ以上怪我しないようにしっかり守ってほしいですね。

    【写真・画像】何かがおかしい… どうした、大谷翔平!? 一向に打撃の調子が上がらない姿にファン騒然「ちょっと休ませてあげて」「いつもの大谷さんが戻ってきて欲しい」 1枚目

    【MLB・スプリングトレーニング】ドジャース0−6エンゼルス(3月25日・日本時間26日/ロサンゼルス)

    【映像】大谷の顔面に急加速して剛速球が向かってくる瞬間

    米・カリフォルニア州ロサンゼルで行われたMLB・スプリングトレーニング、ロサンゼルス・ドジャース対ロサンゼルス・エンゼルス戦で、大谷翔平の頭部付近へと投じられた“危険すぎる1球”に、ネット上の野球ファンから様々な声が挙がっている。

    第1打席、第2打席と凡退した大谷の第3打席は、0-4、ドジャース4点のビハインドで迎えた5回2死走者なしの場面。マウンド上のエンゼルス先発、リード・デトマースは、この日も調子が今一つの大谷に対し、カウント3-2まで追い込むも、勝負の6球目。94.7マイル(約154.2km/h)、渾身の速球ではあったものの、手元が狂ったのか、ボールは大谷の顔面近くへと向かう危険な1球に。こに対し大谷は、即座に上半身を後ろへと反り返らせながら、ヘルメットを飛ばして懸命に避け、辛くも直撃を免れることとなったが、一歩間違えば負傷での離脱もありえただけに、ドジャースファンはもとより、エンゼルスファンにとっても、ヒヤリとさせられる場面であったといえるだろう。

    こうした大谷への“あわや顔面死球”の1球に、ネット上の野球ファンからは「当たったら死ぬ…」「危ねえだろ!」「これ、大谷叫んでるよね?」「思わず声出ちゃった系かな」「いやいや、そらこんなボール来たら誰でも声出るやろ」「デトマースも悪気はないんやろけど、ここはもうちょい慎重に行かないとw」「これで危険球退場とかにならんのが不思議」「これは完全に目が覚める一球だわ」「なんて叫んだんだろね。あぶねえっ!とかかな」「どっちにしたって当たらなくてホントに良かったわ」といった様々な反響が巻き起こっている。

    (ABEMA『SPORTSチャンネル』)

    批判殺到!「当たったら死ぬだろ…」「危険球退場させろ!」大谷翔平をあわや顔面直撃の剛速球が襲った瞬間 ヘルメットが吹っ飛んで大絶叫が響き渡る


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大谷翔平に直撃寸前!危険球退場要求の声が続出】の続きを読む


    大谷翔平の驚愕テクニック!死球回避の一瞬の動きに球場騒然!


    大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
    346キロバイト (48,619 語) - 2024年3月26日 (火) 00:42


    「大谷翔平のプレーは本当に神業だよね!あれだけスピードのあるボールを見事にかわすなんて、凄すぎる!」

    【写真・画像】批判殺到!「当たったら死ぬだろ…」「危険球退場させろ!」大谷翔平をあわや顔面直撃の剛速球が襲った瞬間 ヘルメットが吹っ飛んで大絶叫が響き渡る 1枚目

    【MLB・スプリングトレーニング】ドジャース0−6エンゼルス(3月25日・日本時間26日/ロサンゼルス)

    【映像】大谷の天才的すぎる“一瞬の動き”

    米・カリフォルニア州ロサンゼルで行われたMLB・スプリングトレーニング、ロサンゼルス・ドジャース対ロサンゼルス・エンゼルス戦で、大谷翔平が披露することなった“危険球の避け方”に、ネット上の野球ファンから様々な声が挙がっている。

    0-4、ドジャース4点のビハインドで迎えた5回2死走者なしの場面で、大谷はこの日の第3打席を迎えることとなったが、第1打席、第2打席と凡退し、なんとか結果を出したいこの打席、大谷はエンゼルス先発、リード・デトマースに対し、平行カウントから1球見極め、カウント3-2まで持ち込むことに。しかし迎えた勝負の6球目、デトマースが投じた球は、あろうことか大谷の顔面付近へと向かう94.7マイル(約154.2km/h)の剛速球。あわや顔面直撃かと思われたこの球に、大谷はまず上半身をのけぞらせ、続けて、ヘルメットを飛ばしながら全身を反り返らせつつ、後ずさり気味にバッターボックスから離脱するという、“絶妙すぎる回避テクニック”で見事に回避。顔面直撃という、最悪の事態は免れることとなった。

    こうした大谷の“絶妙すぎる回避テクニック”に、中継を観ていた日米の野球ファンも大注目。ネット上のファンからは「おいおいマトリックスかよw」「タティスJr思い出した」「なんか2段階のけぞってね?」「これは完全にビックリ谷さんからの逃げ谷さんや」「打ち気満々のところにこの球じゃ普通は避けられんけどな」「とにかく何事もなくてよかったわ」「これ以上悪いことが続いたら、さすがの大谷でもあかんもんな」「これを避けられるのはプレーに集中できてるからやろな」「強打者の証」といった様々な反響が巻き起こっている。

    (ABEMA『SPORTSチャンネル』)

    球場騒然!一体、何が起きた? 大谷翔平が見せた天才的すぎる“一瞬の動き” あわや顔面直撃の死球を直前回避した驚愕テクニック


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【大谷翔平の驚愕テクニック!死球回避の一瞬の動きに球場騒然!】の続きを読む

    このページのトップヘ