スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    アジアカップ


    韓国代表、U23アジアカップのメンバー発表!日本戦に向けて緊急合宿へ


    U-23サッカー大韓民国代表U-23サッカーだいかんみんこくだいひょう、朝: 대한민국 U-23 축구 국가대표팀)は、大韓サッカー協会(KFA)によって構成される、大韓民国(韓国)のサッカーの23歳以下のナショナルチームである。 23歳以下の選手を対象とするオリンピック、アジア競技大会、AFC…
    15キロバイト (93 語) - 2023年10月13日 (金) 03:08


    韓国代表メンバーが決定したのはいいけど、日本代表との激突は気になるな。熱い試合になりそうだ!

     韓国サッカー連盟(KFA)は、パリオリンピック予選を兼ねるAFC U-23アジアカップカタール2024に臨むU-23韓国代表メンバーを発表している。

     今月に開幕を迎えるU-23アジアカップのグループステージで、U-23日本代表と同居するU-23韓国代表。発表された“若きアジアの虎”には、ブレントフォードに所属するDFキム・ジスやセルティックに所属するMFヤン・ヒョンジュンらが名を連ねた。

     U-23韓国代表は、16日に第1節でU-23UAE代表と、19日には第2節でU-23中国代表と対戦。そして、22日の最終節でU-23日本代表と激突する。

     発表されたU-23韓国代表メンバーは以下の通り。

    ▼GK
    キム・ジョンフン(全北現代モータース)
    ペク・ジョンボム(FCソウル)
    シン・ソンフン(忠南牙山)

    ▼DF
    イ・テソ(FCソウル)
    チョ・ヒョンテク(金泉尚武)
    ソ・ミュンガン (富川FC)
    キム・ジス (ブレントフォード/イングランド)
    ビョン・ジュンス (光州FC)
    イ・ジェウォン(天安シティ)
    ファン・ジェウォン(大邱FC)
    チャン・シヨン(蔚山現代)

    ▼MF
    イ・カンヒ(慶南FC)
    カン・サンユン(水原FC)
    ペク・サンフン(FCソウル)
    オム・チソン(光州FC)
    ヤン・ヒョンジュン(セルティック/スコットランド)
    ペ・ジュノ(ストーク・シティ/イングランド)
    キム・ミンウ(デュッセルドルフ/ドイツ)
    ホン・ユンサン(浦項スティーラーズ)
    ジョン・サンビン(ミネソタ・ユナイテッド/アメリカ)
    カン・ソンジン(FCソウル)

    ▼FW
    アン・ジェジュン(富川FC)
    イ・ヨンジュン(金泉尚武)

    U-23アジア杯のU-23韓国代表メンバーが決定 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【韓国代表、U23アジアカップのメンバー発表!日本戦に向けて緊急合宿へ】の続きを読む


    日本代表3連勝も課題あり!南野拓実が次節に向けて意気込み


    南野 拓実(みなみの たくみ、1995年1月16日 - )は、大阪府泉佐野市出身のプロサッカー選手。リーグ・アン・ASモナコ所属。ポジションはミッドフィールダー、フォワード。日本代表。 小学生時代はゼッセル熊取FCに所属。当時のチームメイトに室屋成がいた。2007年、複数のJアカデミーからのオファ…
    87キロバイト (9,422 語) - 2024年3月14日 (木) 12:03


    南野選手も自身のプレーに課題を感じているようですね。チームとしても攻撃の強化が求められるかもしれません。

     日本代表は21日、FIFAワールドカップ26アジア2次予選兼AFCアジアカップサウジアラビア2027予選・グルーブB第3節で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)代表と対戦し、1-0で勝利した。

     試合後、トップ下の位置で先発出場したMF南野拓実(モナコ/フランス)は、「チームとして勝ち点3を得たことが一番大事」と主張。最終予選進出に前進したことを喜んだ一方で、チームとしての内容は「望んだようなものではなかった」と語り、「2点目を取れるチャンスで取れなかったからこそ、試合運びが難しくなってしまった。攻撃陣としては、そこがすごく課題だと思います」と厳しい言葉を並べた。

     また、5日後に予定されていた平壌での試合が急遽中止になったことについても言及。「おそらく平壌でやることが僕らにとっては一番難しいシチュエーションになったと思う」と指摘しつつ、「僕らはできる準備をするだけ。どうなるかわからないので、しっかりリカバリーすることに努めたい」と気持ちを切り替え、「メンタルの部分よりもフィジカルの方が移動などで難しいと思いますが、それは相手も同じ。言い訳にはならないので、いい準備をするだけです」と、試合を行う前提で準備を進めていく考えを強調した。

     日本代表は今後、国内で調整を続けつつ、国際サッカー連盟(FIFA)の決定を待つことになる。

    日本代表MF南野拓実


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【日本代表3連勝も課題あり!南野拓実が次節に向けて意気込み】の続きを読む


    中国ネットが白旗?ヤングなでしこの強さに驚きの声


    U20女子アジアカップ(英: AFC U20 Women's Asian Cup)は、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、20歳以下のナショナルチームによる女子サッカーの大陸選手権大会である。FIFA U-20女子ワールドカップの予選を兼ねている。 大会名称は、2019年大会までは「AFC U-19女子選手権(AFC…
    8キロバイト (338 語) - 2024年2月23日 (金) 09:00


    「やっぱり日本の若手選手はすごい!これからの活躍が楽しみだね。ベトナム戦も圧巻の10-0圧勝、さすがです!」


    ウズベキスタンで開催されているサッカーのU-20女子アジアカップのグループステージで、グループBの日本は4日の初戦でベトナムと対戦し、10-0で大勝した。

    グループステージでは8チームが2組に分かれ、各組2位までが準決勝に進出し、9月にコロンビアで開催されるU-20女子ワールドカップ出場権を得る。

    グループBのもう1試合は、中国と北朝鮮が1-1で引き分けた。

    大会4連覇を目指すヤングなでしこは7日に中国、10日に北朝鮮と対戦する。

    中国スポーツメディアの直播吧は、日本とベトナムの試合について、シュート数は日本が42本、ベトナムが3本、枠内シュートは日本が15本、ベトナムは0本と日本が圧倒したことを伝えた。

    中国のサッカー関連セルフメディア「足球慢鏡頭」は、「日本の圧倒的な『火力』にはわれわれも太刀打ちできないだろう」とし、中国と北朝鮮がグループ2位の座を争うことになると予想した。

    ネット上では、中国のサッカーファンなどから「アジアの女子サッカーでは、日本とオーストラリアの実力が抜けている」「(中国は)グループ2位狙い」「(中国は)北朝鮮との2位争いになるだろうから、初戦は勝っておきたかった」「(中国は)日本に勝てないだろう。得失点差を考えると、大敗だけは避けたいところ」「(中国は日本に)惜敗なら実質勝ち」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/柳川)

    ウズベキスタンで開催されているサッカーのU-20女子アジアカップのグループステージで、グループBの日本は4日の初戦でベトナムと対戦し、10-0で大勝した。写真はU-20中国女子。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【中国ネットが白旗?ヤングなでしこの強さに驚きの声】の続きを読む


    レッズサポーターの熱い声援に包まれた試合!浦和の魅力を体感


    眞嶋 (ましま ゆう、1997年8月30日 - )は、日本の女優、元子役。NEWSエンターテインメント・スクールを経て東宝芸能に所属していたが、現在はソニー・ミュージックアーティスツ所属。群馬県渋川市出身、埼玉県浦和市(現:さいたま市浦和区)で育つ。成城大学卒業。 フリースタイルフットボールアンバサダー。EAスポーツ…
    21キロバイト (2,504 語) - 2023年12月21日 (木) 19:28


    浦和の男女2試合をはしごして観戦するなんて、本当に熱狂的なレッズサポーターなんですね。愛情が感じられて素晴らしいです!

    女優の眞嶋優さんが浦和の試合をはしごして観戦している。

    子役の頃から女優として活躍している眞嶋さんは、幼少期からサッカーをプレーしていた経験をいかしてフリースタイルフットボーラーとしても活躍。自身のSNSなどでは、日々リフティング動画などでファンを楽しませている。

    先日行われたアジアカップ2023では、日本代表の試合を現地で観戦。着物のような青色の衣装を身にまとって日本を応援する姿が大会の公式SNSにも取り上げられ注目を集めていた。

    その眞嶋さんは、幼少期に埼玉県で育ったこともあり、生粋の浦和レッズサポーターの1人。今回は、男子チームの試合だけでなく、三菱重工浦和レッズレディースの試合も同日に観戦したようだ。

    「浦和レッズレディース→浦和レッズ観戦 駒場スタジアムから埼スタへはしごしました!」

    「たくさんのサポーターがはしごされていて、皆でスタジアムをはしごするなんて、なかなかないので楽しかったです勝ってくれたら10倍楽しかったけど、、」

    「男子は始まったばかり。とはいえ、優勝するからには1試合ずつが勝負。中盤ぽっかりで危険なシーンがたくさんあったり、パスが合わなかったり、クロスから得点の匂いがしなかったり、、修正に期待。ソルバッケン選手、早くみたいです!」

    「女子はWEリーグ後半戦。怪我人が出て苦しいところですが、高橋はな選手がFWとは驚きました!でもダイビングベッドもあり、存在感ありあり!あといつも思うけど、遠藤優選手の体の入れ方が好きなんだよな〜、相手の前に体入れてボールキープするのが本当に凄い。そしてめちゃくちゃ走る。一人一人書きたくなってきた、、、が、とんでも無いことになるのでいつか配信などで。総力戦で絶対優勝!」

    眞嶋さんは、3日に駒場スタジアムで行われた三菱重工浦和レッズレディースの2023-24 WEリーグ第8節(INAC神戸レオネッサ戦)と、埼玉スタジアム2002で行われた浦和レッズの明治安田J1リーグ第2節(東京ヴェルディ戦)をはしごして観戦。試合はどちらも引き分けに終わっていたが、充実の1日を過ごしたようだ。

    眞嶋さんの観戦姿には、ファンからも「可愛いい」、「レッズサポーター半端ないね」、「カワイイです」、「かわいい!」といったコメントが寄せられている。




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【レッズサポーターの熱い声援に包まれた試合!浦和の魅力を体感】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会(JFA)によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。 2018年7月より森保一が監督を務めている。FIFA…
    206キロバイト (22,907 語) - 2024年2月3日 (土) 20:14
    「アジア杯はいつも史上最強のチームが優勝すると思っていましたが、今年の結果には本当に驚きました。実力の差が縮まってきているのかもしれませんね。これからのアジアのサッカー界がますます面白くなりそうです。」

    【「史上最強を決めるアジア杯の結果にサッカーファンが驚愕!誰が名を刻んだのか?」】の続きを読む

    このページのトップヘ