スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    プロ野球


    カルビーのプロ野球チップス、誤記入で物議!ファンの反応は?


    カルビー > カルビーポテトチップス > プロ野球チップス プロ野球チップスプロやきゅうチップス)は、カルビーが製造しているスナック菓子である。 1973年販売開始。うすしお味のポテトチップスに、プロ野球選手のトレーディングカードがおまけとして必ず付いてくることで人気のロングセラー商品。ラッキー…
    20キロバイト (3,069 語) - 2024年4月1日 (月) 01:45


    「まさかの誤記ってどんなミスなのか気になりますね。交換する人って本当にいるんでしょうか」

    代替テキスト
    カルビー公式HPより

    《お客様には大変ご迷惑をおかけいたしましたこと、誠に申し訳なく、深くお詫び 申し上げます》

    4月19日までに公式サイトを通じてこう綴ったのはスナック菓子メーカーのカルビー。「2024 プロ野球チップス」のカードに誤記があったとして謝罪した。

    プロ野球12球団の有名選手のカード2枚とポテトチップスがセットになっているこの商品。カードには選手のプロフィールが記載されているが、日本ハムの伊藤大海(26)の身長が正しくは「176cm」のところ、「176m」と誤って表記されていたという。

    カルビーは、「176m」と記載された伊藤のカードを対象に交換を受け付けるという。ただし、《お送りいただきましたカードは返却できません、ご了承ください》との断りが。

    カルビーのこうした対応について、SNS上では意外な声が上がっていて……。

    《「郵送したカードは返却しない」ということは、交換を希望すると「176m」のカードが手元からなくなってしまう。おそらく交換する人は少ないのではないか》
    《わが家でも買い集めていて、伊藤投手のカードも出ていたので改めて確認してみました。 …確かに176m(笑)たぶん交換せずにこのまま保存になるだろうなぁ。子どもが帰ってきたら教えてやろう(^-^)》
    《息子がさっき買ってきたプロ野球チップスの中に伊藤大海選手のカードが入っていて、この記事を見せてすぐに確認したら176mでした。むしろレアだから持っておくと言ってます》
    《交換する人はすくないのではなかろうか?プレミア価格となり、ネットオークションで高額取引される可能性がある》

    スポーツ紙記者は言う。

    「レアなカードはコレクターの間でも人気は高く、高値でやり取りされることもあります。今回のような誤記の場合も希少価値があるので、交換せずにそのまま保管するという人が少なくないようです」

    カルビーは謝罪文を掲載したものの、“笑えるミス”を好意的に受け止める声が続出している。

    《いいじゃん面白いじゃん。こんなのはみんなで笑い飛ばそうぜ。札幌のJRタワーが173mだから伊藤あれとほぼ同じ高さか、でけー》
    《こういうクスッと笑えるネタ好きだわぁ〜(笑)本人も、SNSやヒロインとかで色々イジってくれそう》
    《デカすぎ!!ゴジラより凄いwこういう誤植ネタは、ほっこりして笑えるので大好きです》



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【カルビーのプロ野球チップス、誤記入で物議!ファンの反応は?】の続きを読む


    赤星憲広が解説!阪神打線復活のポイントとは?


    赤星 憲広(あかほし のりひろ、1976年4月10日 - )は、愛知県刈谷市出身の元プロ野球選手(外野手、右投左打)、野球解説者、野球評論家、タレント、YouTuber。妻はタレントの徳原恵梨。マネジメント契約はオフィスS.I.Cである。 赤星曰く、幼少期から運動神経が良く、刈谷市立住吉小学校時代に…
    99キロバイト (14,562 語) - 2024年2月11日 (日) 03:38


    阪神打線が復活すると、チームの勢いもついてくるので、今後の試合が楽しみですね!

    元プロ野球選手で野球解説者の赤星憲広氏が11日、YouTubeチャンネル『赤星憲広の入ってねぇーんだよ!』で公開された動画「岡田阪神 昨年との違いを赤星が徹底解説」に出演。阪神打線について語った。

    ○阪神打線に必要なことは?

    昨シーズンに比べて、打線が振るわない阪神。赤星氏も「阪神はとにかく去年のつながりがない。なんでつながらないかと言うと、下位が打ってない。下位が打って、近本・中野で点を取るパターンがあったじゃないですか。で、大山も調子悪いでしょ?」といい、「近本調子いいじゃん? 中野もそこそこだし。この2人が頑張っても、結局クリーンアップがってところなので。まあつながらないですね」と指摘した。

    そして、「今のチーム状態ではつないでいくしかないと思うんです」と持論を述べた上で、「だから、そのつながりを考えると、去年からポイントだった8番を打つバッター。木浪、小幡の状態が上がってくれば、もうちょっとつながりが出てくると思う」と、木浪聖也と小幡竜平の奮起に期待。「あとはやっぱり大山くんだよ。大山くんの状態が……監督がどこまで我慢するかだよね。身体の状態も含めて」とも話し、この話題を締めくくっていた。

    【編集部MEMO】
    『赤星憲広の入ってねぇーんだよ!』は、「LITEVIEW」アプリで毎週月曜(20:00~20:30)に放送されている音声番組。『Going! Sports&News』(日本テレビ系)や『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)などで野球解説者として活躍する赤星憲広氏が、“ならでは”の野球トークを繰り広げる。番組には不定期でゲストも登場。これまでに、濱中治氏や八木裕氏をはじめとする阪神のOB選手や、オリックスのT-岡田や中川圭太らが登場している。公式YouTubeチャンネルでは、番組のダイジェスト版が毎週金曜に配信中。

    画像提供:マイナビニュース


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【赤星憲広が解説!阪神打線復活のポイントとは?】の続きを読む


    田中将大、和田毅、山田哲人…ファームでの復帰に期待が高まるベテラン選手たちの状況


    田中 将大(たなか まさひろ、1988年11月1日 - )は、兵庫県伊丹市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。 妻はタレントの里田まい。 野球(プロスポーツ部門)の連続勝利(34)のギネス世界記録保持者。2013年にNPB史上4人目のシーズン勝率10割を達成して…
    162キロバイト (19,836 語) - 2024年4月15日 (月) 10:53


    田中将大や和田毅、山田哲人などの有力選手がファームにいるのは驚きですが、復帰に向けて懸命に練習していることでしょう。彼らのプレーが早く見られることを楽しみにしています。

    和田は次回登板で1軍行きの目途が立つかもしれない(C)Getty Images

     プロ野球の2024年シーズンは開幕から2週間が経過。各チームのおおよその戦力が見えてきた。

     そんな中で気になるのは、現在ファームで調整する選手の状況だろう。今回は注目のベテラン3人の状況をまとめたい(データは4月14日時点)。

    【動画】山田哲人が会心の一発!中日とのオープン戦で放った「らしい」本塁打の映像


    ■正念場の田中だが…

     楽天復帰4年目、田中将大が正念場を迎えている。

     2021年の復帰以来、2桁勝利は一度もなし。防御率は3.01→3.31→4.91と年を経るごとに悪化。投球の質を示すK/BB(対戦打席あたりの奪三振割合から与四球割合を引いたもの)も同様に落ちており、現状の評価は”並の投手”になってしまった。

     今季は健在ぶりを示したいところだが、昨季10月の右肘クリーニング手術から調整を慎重に進めているところ。3月中旬までにオープン戦で3度、ファームで1度登板。そこからは実戦の機会は訪れていない。一時は4月中旬に復帰と言われていたが、これも白紙になっている。

     マー君伝説再び、と待ちわびているファンも多い。コンディションを上げて、エースの輝きを見せてもらいたいものだ。

    ■43歳・和田はまもなく1軍か

     ソフトバンク・和田毅は43歳のシーズンを過ごしている。ただ、衰えのようなものは見られず、いまだにストレートの自己最速を更新するほどだ。

     今季から就任した小久保裕紀監督からは、早々にホーム開幕戦(4月2日)の先発を指名されていた。練習試合、オープン戦でイニングを重ねていったが、3月26日の2軍・広島戦で左手中指のマメが悪化。そのまま2軍での調整を余儀なくされた。

     4月10日のオリックス戦で復帰すると、小久保監督が見守る中で6回無失点の好投。次回は19日の広島戦で先発が予定されている。この日の結果、患部の状態次第では4月中の1軍登板もあるかもしれない。


    ■山田の復帰はまだかかる?

     ベテランと呼ぶには早いかもしれないが、ヤクルトの山田哲人にも確実に勤続疲労がきている。2020年代に入ってから毎年、上半身ないし下半身のコンディション不良で離脱。長期間の不振に陥ることも多くなった。

     昨季はレギュラー定着後最低の打率.231、同最少の14本塁打に終わり、今季も開幕戦で下半身のコンディション不良を訴えそのまま抹消。高津臣吾監督も長期離脱を示唆している。

     4月10日に抹消後初めて屋外での練習を開始。プラン通り進んでいるとのことだが、実戦復帰まではもう少し時間がかかりそうか。神宮で胸のすくスイングを再び見られる日を楽しみに待ちたい。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    田中将大、和田毅、山田哲人…ファームにいる有力選手の状況は?【ベテラン編】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【田中将大、和田毅、山田哲人…ファームでの復帰に期待が高まるベテラン選手たちの状況】の続きを読む


    栗山英樹氏がWBC直前に漫画収集でプレッシャーを感じる!


    栗山 英樹(くりやま ひでき、1961年4月26日 - )は、東京都小平市出身の野球指導者、元プロ野球選手(外野手)。右投両打。 2012年から北海道日本ハムファイターズの監督を球団最長となる10年間務め、退任後も同球団の育成・編成補佐に携わっている。選手引退から監督就任までの間は野球解説者やスポ…
    77キロバイト (10,274 語) - 2024年4月5日 (金) 14:53


    栗山選手もプロでもプレッシャーを感じるんですね。野球漫画で気分転換して、リフレッシュしていたんだろうな。

    北海道日本ハムファイターズのチーフベースボールオフィサー(CBO)で、野球日本代表前監督の栗山英樹氏が3月21日に著書「信じ切る力」(講談社)を刊行し、4月16日に東京都内で同書の刊行記念特別講演会を行った。現役時代にはヤクルトスワローズでプレーし、監督としては日本ハムで3度のリーグ優勝、2023年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で世界一のタイトルを獲得した栗山氏は、有隣堂社長の松信健太郎氏と対談し、選手を信じる時のメンタルコントロールや、本にまつわる思い出などを語った。

    【写真】有隣堂社長の松信健太郎氏と対談してWBCの裏話などを語った栗山英樹氏

    ■監督として体験した「信じることの大切さ」

    「選手の時以上に『信じること』の大切さを監督としてよく体験していました」という栗山氏。「例えばどうしても1点が欲しい局面で、レギュラーに託すか代打の切り札がいるのか控えが1人しかいないのか。采配は違ってもこっちは『この選手が絶対打つんだ』と信じて送り出さないと結果は付いてこないですね。本当に信じ切って『頼む、おまえしかいないんだ!』という空気を出したほうが、選手の立場でも大きな力を出せます」と力を込めた。

    本好きで、今もよく書店巡りをしているという栗山氏だが、「父親が(『巨人の星』の)星一徹みたいに厳しい人で、ヤクルトに入団した後も合宿所から家に電話をかける時、敬語で話して選手に驚かれていました。そんな父親だけど、本だけは好きなだけ何でも買ってくれました」と回顧。

    監督として決断を下す時に、膨大な本を読んできたことが頼りになったという。「もちろん情報は集めていくんだけど、最後は自分で決めないといけない孤独な立場です。そういう時に、過去の歴史ってデータの蓄積だなと思っていて。僕と同じような立場で困っていた人が過去の歴史の中に必ずいたはずなので、10年間のファイターズの監督時代には本からたくさんの事例を探りました。本で知った『こうしたほうがいいんだ』という気付きに助けられました」と振り返った。

    さらにはWBCに備えて野球漫画まで集めたと語り、「WBC前にめちゃめちゃ野球漫画を買いました。そうしないと神様は勝たせてくれないんじゃないかのような、変な追い込まれ方をしていました」と、日本代表監督のプレッシャーを振り返った。

    ■「こっそりマスクを着けて自分の本を買ったり…」

    膨大な蔵書は北海道の自宅や、教員を務める大学の研究室に「図書館のように」置いているという栗山氏。本へのこだわりはさらに続き、「今はよく本屋にも通います。誰にも気付かれないのですが(笑)、こっそりマスクを着けて自分の本を買ったりしています」と“お忍び”のような書店巡りをしていることも明かした。

    「僕は新入団選手に本を配って『親や友人や教師に、『あなたはどういう人になってほしいか』を書いてもらい、僕からの言葉も書き込んでいました。紙だとなくなってしまうけど、本だとうまくいかなくなったときにモチベーションを上げることができます」と、書籍を通じた選手とのコミュニケーション術も明かした栗山氏。

    「今年、NPB(日本のプロ野球)とMLB(米・メジャーリーグ)の現場を見てきましたが、野球にサイエンスが入って過去130年の中で最も激しく変わってきている時代です。僕ももう1回頭を真っ白にして野球を考えていかないといけませんが、本や先輩から学んだことから軸が見えてくると思います」と、球界への抱負を新たにしていた。

    ◆取材・文・撮影=大宮高史


    栗山英樹氏/※ザテレビジョン撮影


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【栗山英樹氏がWBC直前に漫画収集でプレッシャーを感じる!】の続きを読む


    秋広優人の現在の課題と克服のための努力に迫る


    門別 啓人(もんべつ けいと、2004年7月10日 - )は、北海道沙流郡門別町(現:日高町)出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。阪神タイガース所属。 日高町立富川小学校1年時に富川野球スポーツ少年団に入り野球を始め、6年時に北海道日本ハムファイターズジュニアに選出された。…
    8キロバイト (691 語) - 2024年3月15日 (金) 14:54


    門別啓人は今シーズン注目の若手選手ですね。ファームでの成績が上々なので、いずれトップチームでの活躍も期待されています。

    駒が揃ってきたリリーフ陣を阿部監督も頼もしく思っていることだろう(C)KentaHARADA/CoCoKARAnext

     プロ野球の2024年シーズンは開幕から2週間が経過。各チームのおおよその戦力が見えてきた。

     そんな中で気になるのは、現在ファームで調整する選手の状況だろう。今回は注目の若手3人の状況をまとめたい(データは4月14日時点)。

    【動画】先発ローテ争いに食い込む快投 門別啓人の春季キャンプのピッチング


    ■今季初先発が待たれる阪神・門別

     連覇を目指す阪神において、今季は新たな戦力の台頭が求められている。その筆頭が門別啓人だ。しなやかな腕の振りが特徴のサウスポーはキャンプから順調に過ごし、高卒2年目で自身初の開幕1軍を勝ち取った。

     1軍では中継ぎとして2試合に登板。初登板は巨人との開幕第2戦で1回無失点。2度目の登板はDeNAとのホーム開幕戦で2回無失点と、好投を続けている。この時は相手のドラフト1位・度会隆輝、同級生・松尾汐恩との対決も話題になった。

     先発調整をさせるチーム方針のため、4月5日に登録抹消。7日の広島戦で4回2安打無失点、14日のソフトバンク戦では7回5安打無失点と、抜群の結果を残している。快速球だけでなく、制球力の高さやテンポの良さが際立っており、先発へのスタンバイは整ったようだ。次は1軍のまっさらなマウンドで勇姿を見られそうだ。

    ■巨人・秋広は不振が続く

     阿部慎之助新監督の初年度から優勝を狙う巨人。昨季にブレークした4年目・秋広優人はさらなる飛躍を遂げると思われた。

     ところが蓋を開けてみると、打撃フォームの試行錯誤が続き、守備・走塁でボーンヘッドを連発。指揮官の逆鱗に触れるシーンも散見された。外野手のライバル達が活躍する中、オープン戦の打率.125では1軍に残す理由もなく、秋広は開幕を2軍で迎えた。

     2軍ではここまで全21試合に出場し打率.195、本塁打なしと結果を残せていない。それでも2メートルの巨体から放つ打球は魅力的。好調な1軍が窮地に追い込まれた時に呼ばれるよう、状態を上げていきたい。


    ■中日・岡林は右肩炎症からの復帰へ

     セ・リーグ首位に立ち、序盤戦の話題をさらっている中日。ただ、若きリードオフマン・岡林勇希の姿は開幕から不在である。

     今季から背番号「1」を受け継ぎ、押しも押されぬ主力として期待を受けたものの、広島とのオープン戦初戦(2月23日)を最後に表舞台から遠ざかっている。中堅での守備で右肩を痛め、炎症の診断を受けたのだ。

     2軍戦ではここまで7試合に出場し、打率.120。ほとんどが指名打者での出場で、3月22日の広島戦で外野守備を解禁したものの、その日以降は実戦機会が訪れていない。報道によると打撃練習は行っているようなので、あとはいつ再び守備につくのか。この点に関心が集まりそうだ。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    門別啓人、秋広優人、岡林勇希…ファームにいる有力選手の状況は?【若手編】


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【秋広優人の現在の課題と克服のための努力に迫る】の続きを読む

    このページのトップヘ