スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    なでしこジャパン


    浦和レッズレディースが参加する「女子ACL」プレ大会決勝が日本開催に決定!


    本来の表記は「髙田春奈」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。 この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Microsoftコードページ932(はしご高))が含まれています(詳細)。 髙田 春奈 (たかた はるな、1977年(昭和52年)5月17日…
    13キロバイト (1,325 語) - 2024年3月24日 (日) 08:45


    www.youtube.com 愉c`FA
    2023/06/19 · Today's Class vミc@l{qTbJ[v[Ou#WE[Ov`FA #c u ...
    1:44:50
    e: 2023/06/19
    2022/04/27 · Play all · Shuffle · 47:53. WE[O2N 〜c`FAgh#12316;. TbJ[LO · 1:04:25 · WE[O22-23JI 〜WtIT#12316;b ...
    www.youtube.com 愉c`FA
    2022/11/10 · SPEAKER c ivミc@l{qvTbJ[[O `FAj ... WE[O2N ...
    45:54
    e: 2022/11/10
    www.youtube.com 愉c`FA
    2023/12/14 · uWplbg ... iX^WAVeB[O cT`FA}uNuMv ... yF ... 0:06 e: 2023/12/14

    (出典 Youtube)


    決勝が日本で開催されるとは驚きですね!浦和Lの活躍が楽しみです。

    WEリーグは25日、アジアサッカー連盟(AFC)よりAFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournamentの決勝戦を日本で開催する決定が正式に下りたと発表した。

    この大会は、アジアNo.1の女子クラブを決定するAFC Women’s Champions League 2024のプレ大会として昨年より開催。ところが、決勝進出2チームが決まっていたにもかかわらず、今年3月にAFCより突如決勝を行わない通達がなされていた。

    この通達を受け、WEリーグは三菱重工浦和レッズレディースとともに、試合を行わない判断の説明、ならびに決勝開催の再考を依頼するレターを日本サッカー協会(JFA)を通じ、AFCへ提出。その結果、AFC、JFA、WEリーグ、三菱重工浦和レッズレディース、そしてもう一つの決勝進出チームである韓国王者の仁川現代製鉄レッドエンジェルズおよび大韓サッカー協会(KFA)で協議をする機会を得ていた。

    その場で改めてAFCが決勝実施の方向で再考することとなり、JFAと三菱重工浦和レッズレディース、KFAと仁川現代製鉄レッドエンジェルズに同試合への参加、およびホスト開催の意思があるかを確認。JFA、三菱重工浦和レッズレディース、WEリーグは協議のうえ、参加する意志と併せ、ホスト国として手を上げたことにより今回、正式に決勝の開催が決定したという。

    以下はWEリーグの髙田春奈チェアのコメント。

    「世界の女子サッカーが発展していく中、アジアにおいても女子のチャンピオンズリーグが2024-25シーズンから正式に始まることが決定しています。その中で、AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournamentは非常に重要な位置づけであり、それを成功させるために日本を代表して三菱重工浦和レッズレディースさんが予選を戦っていました。

    決勝がいったん白紙になったことに驚きつつも、AFC、対戦相手である仁川現代製鉄レッドエンジェルズさん、大韓サッカー協会、そしてJFA、三菱重工浦和レッズレディースさんと協議を重ね、この度、決勝開催の運びとなりました。

    女子サッカーの発展の過程に困難はたびたび訪れますが、どんな時もその価値を信じて、諦めずに関係各所が手を携えていくことが重要であり、この大会の成立も一つのチャレンジだったと思います。まずはこの大会を成功させるべく、関係各所と共に準備を進め、これからもアジアの女子サッカーをけん引して行く存在としてWEリーグの強さを示していけるよう、クラブの皆様と邁進してまいります」

    なでしこジャパンの名FW大野忍が「今の選手のことを評論したくない」と語った深いワケ “冷たいと思われるかも…”

    三菱重工浦和レッズレディースvs仁川現代製鉄レッドエンジェルズの決勝戦は、5月10日(金)18時より浦和駒場スタジアムで開催。チケット販売概要については、決まり次第、三菱重工浦和レッズレディースより発表される。

    浦和Lが戦う「女子ACL」プレ大会決勝、中止から一転日本開催が決定!WEリーグが経緯を説明


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【浦和レッズレディースが参加する「女子ACL」プレ大会決勝が日本開催に決定!】の続きを読む


    元なでしこMF増矢理花が現役引退を発表!感謝の気持ちをつづる


    増矢 理花(ますや りか、1995年9月14日 - )は、徳島県松茂町出身の女子サッカー選手。INAC神戸レオネッサ所属。元サッカー日本女子代表。JFAアカデミー福島3期生。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。 兄がサッカーをやっていたことで地元の松茂スポーツ少年団リベルテサッカークラブに…
    20キロバイト (1,639 語) - 2024年3月3日 (日) 23:35


    引退お疲れ様です。素晴らしいキャリアをありがとうございました。

     INAC神戸レオネッサ(I神戸)は22日、元日本女子代表(なでしこジャパン)MF増矢理花が2023-24シーズンをもって現役を引退することを発表した。なお、5月18日に控えた2023-24シーズンのWEリーグホーム最終戦にあたる三菱重工浦和レッズレディース戦で、増矢の引退セレモニーが実施される予定だ。

     増矢は1995年9月14日生まれの現在28歳。JFAアカデミー福島の出身で、同校在校中の2010年5月になでしこリーグ(日本女子サッカーリーグ)初出場を果たす。JFAアカデミー福島卒業後の2014年にI神戸へ入団し、加入初年度から主力の1人として活躍。I神戸では7シーズンもの間活躍し、WEリーグが創設された2021-22シーズンからは新設クラブのサンフレッチェ広島レジーナ(S広島R)へ移籍した。S広島Rでは、加入直後に左ひざ前十字じん帯を負傷するなどケガにも悩まされながら、最終的には2年間にわたってプレー。今季よりI神戸に復帰したが、今年3月には再び左ひざ前十字じん帯を損傷したと発表。全治8カ月を要する見込みだと明かされており、今シーズン中の復帰は絶望的と見られていた。

     なでしこリーグ、WEリーグ通算では188試合に出場して57ゴールを記録。I神戸では2015年、2016年、2023年と3度にわたって皇后杯優勝を経験した。

     また、各年代別のなでしこジャパンにも名を連ねており、JFAアカデミー福島在校時の2012年にはFIFA U-17女子ワールドカップに出場。I神戸加入後の2014年9月にはA代表デビューも飾った。同年開催の第17回アジア競技大会2014にも招集され、AFC女子アジアカップヨルダン2018や第18回アジア競技大会2018では優勝も経験。なでしこジャパンでは通算27試合のピッチに立ち、6ゴールを挙げた。

     I神戸、そしてS広島R、さらにはなでしこジャパンでも活躍してきたアタッカーは、現役引退に際し、現所属クラブのI神戸を通して次のようにコメントを発表している。

    「シーズン途中ではありますが、このタイミングで現役引退の報告をさせて頂きます。今シーズンをもちまして現役引退する事を決意しました」

    「まず、私のサッカー人生を支えて下さったファン・サポーターの皆様、スポンサー企業の皆様、指導者の方々、共に闘ってくれた仲間達、チーム関係者の皆様、フロントスタッフ、現場スタッフ、チームメイト、近くで支えてくれた家族、地元の方々、他にもたくさんの方々への感謝の気持ちでいっぱいです。皆様のおかげでここまでサッカーを続ける事ができました。ありがとうございました」

    「高校卒業から7年間と今シーズンを合わせて8年間、私を育ててくださったこのINAC神戸レオネッサというクラブに感謝の気持ちでいっぱいです。最高の環境で、最高の仲間と日々サッカーに打ち込むことができて、とても幸せでした。そして2年半お世話になったサンフレッチェ広島レジーナにも感謝の気持ちでいっぱいです。チームの立ち上げから関わらせていただき、かけがえのない濃い2年半を過ごせました。私のサッカー人生は常に周りの人達に恵まれ本当に幸せでした」

    「最後に、まだリーグ戦が残り6試合あります。私はピッチに立つ事ができませんがみんなと共に全力で闘います」


    【ハイライト動画】増矢理花がI神戸で決めた最後のゴール

    今季よりI神戸に復帰していた増矢理花 [写真]=WE LEAGUE via Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【元なでしこMF増矢理花が現役引退を発表!感謝の気持ちをつづる】の続きを読む


    なでしこ、金沢で『能登半島地震復興支援マッチ』を開催!


    2004年から採用されているなでしこジャパンの由来は、アテネオリンピックアジア予選として行われた「AFC女子サッカー予選大会2004」の際に「大和撫子」(やまとなでしこ)という言葉がよく使われたことと、その大和撫子が「世界に羽ばたき、世界に通用するように」との願いを込めて「大和」が「ジャパン」となったものである。…
    138キロバイト (11,541 語) - 2024年4月10日 (水) 13:24


    この試合はなでしこジャパンにとっても重要な試合ですね。能登半島地震の復興支援をするチャリティーマッチとして開催されるとのことで、多くの方々が応援に駆け付けることでしょう。

     日本サッカー協会(JFA)は18日、7月13日(土)に石川県の『金沢ゴーゴーカレースタジアム』にて、なでしこジャパン(サッカー日本女子代表)の国際親善試合を行うことを決定した。

     パリオリンピック2024・グループリーグの初戦を7月25日(木)に控えるなでしこジャパン。今回、同大会直前に行われる国際親善試合の一部詳細が発表され、会場が『金沢ゴーゴーカレースタジアム』に決定した。7月13日の一戦は、JFAメジャーパートナーである『MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社』が特別協賛するとともに、能登半島地震復興支援マッチとして行われ、大会名称を「MS&ADカップ2024 〜能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登〜」として開催される。試合のチケット収入は、JFAが「チケット収入と同額」を加えて、サッカーファミリー復興支援金として拠出されるという。なお、対戦国やキックオフ時刻などは未定となっており、順を追って発表されていく予定だ。

     今回発表された詳細は以下の通り。

    ■MS&ADカップ2024 〜能登半島地震復興支援マッチ がんばろう能登〜
    日時:2024年7月13日(土) キックオフ時間調整中
    会場:石川県/金沢ゴーゴーカレースタジアム
    対戦国:未定
    主催:公益財団法人日本サッカー協会
    主管:一般社団法人石川県サッカー協会
    特別協賛:MS&ADインシュアランス グループ ホールディングス株式会社
    JFAオフィシャルトップパートナー:キリンビール株式会社、キリンビバレッジ株式会社
    JFAオフィシャルサプライヤー:アディダス ジャパン株式会社
    テレビ放送:未定

    7月13日に金沢で『能登半島地震復興支援マッチ』を行うなでしこジャパン(写真は2月の北朝鮮戦)[写真]=金田慎平


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【なでしこ、金沢で『能登半島地震復興支援マッチ』を開催!】の続きを読む


    U-17日本女子代表、アジアカップメンバー23名発表!


    U-17サッカー日本女子代表 (ゆー じゅうなな (アンダー セブンティーン) にほんじょしだいひょう) は、日本サッカー協会によって組織される、17歳以下の女子選手のためのナショナルチームである。ここではU-16 (16歳以下) の日本女子代表に関しても取り扱う。主な国際大会として、国際サッカー連盟…
    57キロバイト (1,014 語) - 2024年1月20日 (土) 01:42


    念願のメンバー発表、選手たちの活躍が楽しみですね!白井監督もワクワクしている様子、チームの団結力が期待できそうです。

    日本サッカー協会(JFA)は12日、5月6日(月)からインドネシアで開催されるAFC U17アジアカップ2024に向けたU-17日本女子代表メンバー23名を発表した。

    今年10月にドミニカで開催されるU-17女子ワールドカップのアジア予選となる今大会。招集リストは以下の通りだ。

    GK:

    坂田湖琳(開志学園JAPANサッカーカレッジ高)
    永井愛理(日テレ・東京ヴェルディメニーナ)
    福田真央(JFAアカデミー福島)

    DF:

    鈴木温子(日テレ・東京ヴェルディメニーナ)
    太田美月(大商学園高)
    菅原千嘉(マイナビ仙台レディースユース)
    牧口優花(セレッソ大阪ヤンマーガールズU-18)
    朝生珠実(日テレ・東京ヴェルディメニーナ)
    青木夕菜(日テレ・東京ヴェルディメニーナ)

    MF:

    眞城美春(日テレ・東京ヴェルディメニーナ)
    古田麻子(セレッソ大阪ヤンマーガールズU-18)
    本多桃華(十文字高)
    菊地花奈(マイナビ仙台レディースユース)
    榊愛花(JFAアカデミー福島)
    平川陽菜(三菱重工浦和レッズレディースユース)
    福島望愛(JFAアカデミー福島)

    FW:

    木下日菜子(セレッソ大阪ヤンマーガールズU-18)
    松浦芽育子(常葉大学附属橘高)
    根津里莉日(ジェフユナイテッド市原・千葉レディースU-18)
    佐藤ももサロワンウエキ(大商学園高)
    辻あみる(三菱重工浦和レッズレディースユース)
    津田愛乃音(マイナビ仙台レディースユース)
    花城恵唯(JFAアカデミー福島)

    前回の2019年大会を制している日本。2大会連続5回目の優勝を目指し、タレントが揃うFWを7名選出するメンバー構成となっている。

    チームを率いる白井貞義監督のコメントは以下の通り。

    「AFC U17女子アジアカップインドネシア2024開幕まで1ヶ月をきりました。選手が所属しているクラブ、学校関係者の皆様と一緒に戦う時間が、もう少しで始まるのだとワクワクした気持ちで一杯です。私たちのグループは、タイ・オーストラリア・中国と『高さ、強さ、スピード』に加えて勝負強い国が多く入っていて、どの試合もタフな戦いになると思います。また、今大会は中2日で5試合とハードな大会で、さまざまな面でのタフさがチームに求められると思います。今回一緒に戦う選手たちは、攻守においてバトルし複数のポジションをレベル高くプレーでき、ピッチ内外で失敗を恐れずトライ出来る23人の選手たちを選びました。もちろん、選ばれた選手一人ひとりが、この年代での代表に入る権利がある選手の分も一緒に戦ってくれると思います。アジアを勝ち抜くことは簡単ではありませんが、『ワールドカップ出場権獲得』『アジアカップ優勝』そして、観ている人の心を掴み取りたいと思います」

    なでしこジャパン、パリ五輪でメダル獲得の鍵を握る「主力選手」5名

    U-17日本女子代表は国内とタイでの合宿を経てインドネシア入り。グループステージは、5月7日にタイ、10日にオーストラリア、13日に中国と対戦する。

    U-17日本女子代表、U17アジアカップに向けたメンバー23名を発表!白井貞義監督「ワクワクした気持ちで一杯」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【U-17日本女子代表、アジアカップメンバー23名発表!】の続きを読む


    パリ五輪でなでしこと同組、ナイジェリアの監督が連盟に支援を要請


    ナイジェリア代表の監督が再び支援を求めているということは、まだ課題が残っているのだろうか。選手たちの安全を考慮した準備が必要だということでしょうか。

    パリ・オリンピック出場を決めたナイジェリア女子代表のランディ・ウォルドラム監督が、連盟への協力を仰いだ。イギリス『BBC』が伝えた。

    9日に行われたパリ・オリンピック女子サッカーアフリカ最終予選の第2戦で、スーパーファルコンズの愛称で知られるナイジェリアは南アフリカ女子代表と敵地で対戦し、両者無得点の引き分けに。2戦合計スコアを1-0とし、パリ行きを決めた。

    2008年の北京大会以来となる4大会ぶりの本大会チケットを手にしたナイジェリア。ウォルドラム監督はパリに備えるため「適切なトレーニングと適切な移動手段」をスポーツ大臣やナイジェリアサッカー連盟(NFF)へ向け、メディアを通して"お願い”した。

    「グループステージに備えるためには、ヨーロッパでのキャンプや、適切なトレーニングと適切な移動手段が必要になる。私の"お願い"と挑戦は、スポーツ大臣と連盟に対するものであり、我々が適切に準備できるよう支援してくださることです」

    パリ・オリンピックのグループリーグ分け抽選会は3月20日に実施されており、FIFAランキング36位のナイジェリアは、同1位のスペイン女子代表、同7位のなでしこジャパン、同10位のブラジル女子代表とグループCに同居する。

    2023年女子ワールドカップ(W杯)直前にも、ナイジェリアは先駆けての国内合宿がキャンセルになるなど、「NFFのサポートの欠如には非常にイライラしている」と、指揮官と連盟の間には不仲が伝えられていた。

    連盟側は当時、代表チームは欧州クラブ所属選手が大半を占めていることを理由に、先の主張を「根拠のないもの」と一刀両断していたが、そのことや五輪開催地も踏まえてか、指揮官は今回ヨーロッパでのキャンプを打診したようだ。

    2023年の女子W杯では開催国オーストラリアや東京オリンピック金メダリストのカナダ女子代表と同組になりながらも、死の組と呼ばれたグループステージを突破したナイジェリア。W杯優勝経験国2チームと同居するパリでもダークホースとなれるだろうか。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【パリ五輪でなでしこと同組、ナイジェリアの監督が連盟に支援を要請】の続きを読む

    このページのトップヘ