スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    日本代表


    五輪を目指す藤田譲瑠チマ、笑顔でプレーしカタール戦へ意気込み


    藤田 譲瑠 チマ(ふじた じょえる チマ、2002年2月16日 - )は、東京都町田市出身のプロサッカー選手。ジュピラー・プロ・リーグ・シント=トロイデンVV所属。ポジションはミッドフィールダー(守備的ミッドフィールダー)。日本代表。 ナイジェリア人の父と日本人の母との間に生まれた。町田大蔵FC、東…
    13キロバイト (1,137 語) - 2024年4月24日 (水) 07:45


    藤田選手のポジティブな姿勢が素晴らしいですね。笑顔で楽しむことが勝利への近道かもしれません。

    パリ・オリンピック出場を目指すU-23日本代表のMF藤田譲瑠チマ(シント=トロイデン)が、U-23カタール代表戦へ意気込みを語った。アジアサッカー連盟(AFC)が伝えた。

    25日、AFC U23アジアカップ準々決勝で、日本は開催国のカタールと対戦する。

    8大会連続8度目(1992年以降)の出場を目指す日本。2度目の出場を目指すカタールとの戦いで負ければ、パリ・オリンピック行きは潰えることとなる。

    グループステージ最終戦の韓国代表戦では敗れていた日本。キャプテンとしてチームを率いる藤田は、今大会の3試合を振り返り、チームメイトは非常によくプレーしていると語った。

    「僕のパフォーマンスはそれほど良かったとは思いません。でも、チームメイトに関して言えば、とてもよく頑張ってくれたと思います」

    「チームメイトには、これまで通りのプレーができればトロフィーを獲得できるチャンスがあると期待しています。引き続き、今大会でベストを尽くしていきたいです」

    「チームメイト全員の関係は良好で、先発メンバーを変更しても、チームのクオリティは保たれます。なので、スタートから誰がプレーするかというのは問題ではありません」

    チームの総合力に自信を見せた藤田。負ければ終わるカタールとの戦いは、完全アウェイでの試合が予想されるが、難しいとしながらも、楽しみたいと語った。

    「厳しい試合になると思います。なぜなら、僕たちは彼らのスタジアムでプレーしなければなりませんし、おそらく満員となるでしょう。僕たちは笑顔でサッカーを楽しんでプレーすることを意識します」

    「中盤に関しては、ほとんどの選手がフル代表でのプレー経験があり、クオリティが高いと思っています」

    「僕たちの中盤もクオリティは高いですし、僕たちにとっても彼らにとっても難しいと思います。攻撃も守備も、アグレッシブにやっていく必要があります」

    両国にとって負けれた終わりの準々決勝。U-23カタール代表vsU-23日本代表は25日の23時キックオフ。 NHKとDAZNで生中継される。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【五輪を目指す藤田譲瑠チマ、笑顔でプレーしカタール戦へ意気込み】の続きを読む


    6月の注目試合、日本代表がヤンゴンでの試合に臨む!


    ミャンマー ミャンマー語版のウィキペディアがあります。 ウィキボヤージュには、ミャンマー (英語)に関する旅行情報があります。 ポータル 東南アジア 政府 在日ミャンマー大使館 (英語) 日本政府 日本外務省 - ミャンマー連邦共和国 (日本語) 在ミャンマー日本国大使館 (日本語) 法制度 ミャンマー連邦共和国法制度調査…
    113キロバイト (14,078 語) - 2024年4月19日 (金) 23:59


    日本代表の試合が首都ヤンゴンで開催されるんですね!ミャンマーの熱いサッカー熱を感じられるといいですね。

    2026年のワールドカップに向けたアジア2次予選を戦っている日本代表。

    3月シリーズでは北朝鮮と対戦し、没収試合を含め連勝を飾ったことで早くも3次予選進出を決めた。これにより、6月シリーズの2試合はより強化に焦点を当てたメンバー構成となることが予想される。

    そうしたなか、アジアサッカー連盟(AFC)は、6月6日(木)に行われるミャンマー対日本の試合会場がトゥウンナ・スタジアムに決定したことを発表した。

    トゥウンナ・スタジアムは首都ヤンゴンにあるミャンマーの国立競技場。5万人を収容する。

    日本代表は過去に一度、2019年9月10日にカタールワールドカップ2次予選でアウェイゲームを戦っており、この時は現地でスコールに悩ませられながらも中島翔哉と南野拓実のゴールにより2-0と勝利している。

    試合のキックオフ時間も現地時間6日(木)18:40に決定。日本とミャンマーの時差は2時間30分のため、日本時間では21:10キックオフとなる。

    日本代表、北朝鮮との3月シリーズで「株を上げた」3名の選手

    なお、6月11日(火)に行われる日本対シリアの一戦は、エディオンピースウイング広島で開催されることが決まっている。

    日本代表、6月のミャンマー戦は首都ヤンゴンでの開催が決定!時差は「2時間30分」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【6月の注目試合、日本代表がヤンゴンでの試合に臨む!】の続きを読む


    ファン・ソンホン監督がU-23日本代表を警戒!日韓戦での難敵との戦いに向け準備


    黄善洪 (ファンソンホンからのリダイレクト)
    黄 善洪(ファン・ソノン、ファンソンホン、황선홍、1968年7月14日 - )は、大韓民国出身の同国代表の元サッカー選手。サッカー指導者。本貫は平海黄氏。ニックネームはファンセ(황새、コウノトリ)。 ボレーシュート、ヘディングなど浮き球に対するダイレクトシュートに優れ、多くのゴールを挙げた。ポストプレーの技術も高かった…
    17キロバイト (1,342 語) - 2024年2月27日 (火) 07:53


    ファン・ソンホン監督の言葉からも日韓戦の難しさが伝わってきますね。日本代表も状況をしっかりと把握して臨む必要がありそうです。

    U-23韓国代表のファン・ソンホン監督が、U-23日本代表を警戒した。アジアサッカー連盟(AFC)が伝えた。

    パリ・オリンピックのアジア最終予選も兼ねているAFC U23アジアカップもグループステージが終わりを迎えようとしている。グループBは22日に最終節が行われるが、すでに日本と韓国の突破が決定。両国は最終戦で1位通過を懸けて対戦する。

    準々決勝ではグループAと対戦。開催国でもあるカタールの突破がすでに決まっている中で、2位は混戦状態。突破の本命と見られたオーストラリアは最下位と苦戦しており、最終節はそのカタールと対戦する。現在2位はインドネシアだが、最終戦のヨルダン戦に負ければ逆転され突破の可能性が消える状況だ。

    いずれにしても、次のラウンドで勝たなければオリンピックへの道は無くなる韓国。第2戦でU-23中国代表を相手に2-0で勝利した後、ファン・ソンホン監督は日本戦に向けてコメントした。

    「日本と対戦する前に、全ての要素を考慮する必要がある」

    韓国は、中国戦でDFソ・ミョンガンがハムストリングを痛め負傷後退。さらに、DFピョン・チュンスは累積警告で出場停止に。この2試合でプレーしていない、DFイ・ジェウォンしかセンターバックの選手がいなくなってしまった。

    ファン・ソンホン監督は「とても難しいことではあるが、我々は乗り越える方法を見つけなければならない」とコメント。日本が優れていることを警戒した。

    「日本は優れたチームの組織を持っており、トップクラスでハイプレスが非常に得意だ。優れたビルドアップのシステムも持っている」

    「また、彼らはどんな試合でも様々なオプションを使うことができるため、戦うのが難しくなる。彼らのスピードにも注意しなければならない」

    ファン・ソンホン監督は、2年前に行われたAFC U23アジアカップの準々決勝で日本と対戦し、0-3で敗戦。日本はパリ五輪世代である当時のU-21日本代表で大会に臨んでおり、ファン・ソンホン監督率いる韓国はイ・ガンインを擁していながらも完敗に終わっていた。

    当時「日本は予想以上に強かった。準備をたくさんしていた感じを受けていた。今後は絶対に失望させないように、死力を尽くして走る」とコメントしていたが、2年越しのリベンジへ。守備陣を欠いた中でどんな戦いを見せるだろうか。

    なお、日本と韓国は勝ち点や得点、失点などの全てのスタッツが同じ。両者が引き分けで90分が終わった場合は、全ての順位決定基準が満たされないため、そのままPK戦で決着をつけることとなる。

    U-23日本代表vsU-23韓国代表は、22日(月)の22時キックオフ。テレビ朝日とDAZNで生中継される。



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ファン・ソンホン監督がU-23日本代表を警戒!日韓戦での難敵との戦いに向け準備】の続きを読む


    スパイク入りの攻撃、なぜ?選手の蹴り合いが物議を醸す


    佐藤 恵允(さとう けいん、2001年7月11日 - )は、東京都世田谷区出身のプロサッカー選手。ヴェルダー・ブレーメンU-23所属。ポジションはフォワード(FW)。 コロンビア人の父と日本人の母を持ち、父との日常会話は英語で育ったためバイリンガルである。兄の影響を受け5歳頃からサッカーを始める。…
    13キロバイト (1,622 語) - 2024年4月19日 (金) 06:18


    「これは確かに痛そうですね…スポーツって怖いところもあるんですね」

    【映像】強烈足裏キックが股間を直撃した瞬間

    【AFC U-23アジアカップ】U-23UAE代表 0-2 U-23日本代表(4月20日/ジャシム・ビン・ハマド・スタジアム)

    【映像】強烈足裏キックが股間を直撃した瞬間

     見ている方も冷や汗をかいてしまいそうなほど、急所を完全に蹴られてしまった。U-23日本代表FW佐藤恵允が、相手に下腹部を蹴られピッチに倒れ込んだ。これにはファンからも「あかんことになってる!」「なぜケインの股間を蹴った」と心配の声が挙がった。

     問題のシーンは試合開始早々の6分だった。左サイドを攻めるU-23日本代表は、相手のクリアボールをDF木村誠二が敵陣内でヘディングで跳ね返し前線へ送る。このボールの落下地点にFW佐藤が入りボールを奪いにいった際に、相手の足の裏が佐藤の下腹部に直撃。直後に佐藤は悲痛な表情でピッチに倒れ込み、悶絶する事態となった。

     これにはファンも「なぜケインの股間を蹴った」「股間蹴るなよ」「ケインが股間にスパイク入れられた」とSNSでは心配する声が多くあがった。

     佐藤はこのU-23日本代表発足後、2023年3月に行われた親善試合でドイツ、ベルギー、11月のアルゼンチン相手にゴール。さらに2024年3月のウクライナ戦でもゴールを記録し、欧州や南米の強豪国相手に勝負強さを発揮している。

     この試合では90+6分に完全フリーの場面でシュートを外してしまうシーンもあったが、終始キレのあるドリブルで相手を翻弄し存在感を放った。

     試合はU-23日本代表が2-0で勝利。初戦の中国戦に続きクリーンシートでの勝利し、決勝トーナメント進出を決めた。
    (ABEMA de DAZN/U-23サッカー日本代表)

    「あかん!」「痛すぎるって」足裏キックが股間に完全直撃した瞬間 ボールの奪い合いから後ろ足で蹴られて転倒悶絶「スパイク入れた」「なぜ蹴った」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【スパイク入りの攻撃、なぜ?選手の蹴り合いが物議を醸す】の続きを読む


    ドーハの悲劇を招いた武田修宏の2つの理由とは?事件の背景を解明


    ドーハの悲劇ドーハのひげき, 英語: Agony of Doha or Tragedy of Doha)は、1993年10月28日 にカタール首都・ドーハのアル・アリ競技場で行われたサッカー国際試合、日本代表対イラク代表戦日本における通称。 1994年開催FIFA…
    79キロバイト (10,509 語) - 2024年2月28日 (水) 12:16


    武田修宏の発言は適切でなかったとして批判されるのは当然のことだと思います。選手を励ますことよりも、彼らの心の声に寄り添う姿勢が求められるべきでした。

     30年以上経った今でもなにかと話題になることが多い「ドーハの悲劇」。あれはなぜ起きたのか、敗因は何だったのかを、これまでに多くの選手や関係者が語ってきたが…。

     悲劇の当事者であり、敗退の戦犯にも挙げられたサッカー元日本代表の武田修宏氏が前園真聖氏のYouTubeチャンネルに出演し、負けた理由をつまびらかにした。

     武田氏は81分に、中山雅史に代わって出場。この時の心境をこう明かした。

    「まさか韓国と北朝鮮の試合があんな点差(韓国3-0北朝鮮)になるとは思わなかったし、イラクと同点でも出られんじゃないか、ぐらいに思っていた。この試合を勝って、たぶん出られるだろうな、ぐらいの気持ち。逃げ切ろうというか、逃げ切れるんだろう。まぁいけるんじゃないかな、っていう感じだった」

     ところがラモス瑠偉のパスを奪われ、カウンターを受けてコーナーキックへ。それを決められて、日本はW杯出場を逃した。

     柱谷哲二氏はのちに、前線でボールを受けた武田氏にキープしてほしかった、と話している。しかし武田氏は味方選手が誰もいない中央にセンタリングを上げ、あっさりとボールを奪われてしまう。これが戦犯扱いされたのだが、当の武田氏は、

    「時間稼ぎなんて経験ない。当時はなかった。俺の個人的な意見は、中東のあの音楽と暑さの中で試合をしたことがないから。結果的にドーハの悲劇が起きた」

     と同時に最大の理由として、アジアの出場枠の少なさを挙げている。

    「アジアから2チームだった。次は8.5でしょ。2チームは本当に大変」

     結果は残念だが、武田氏は次のように振り返る。

    「オフトジャパンになって4年間、ずっとBチームの右サイドバックだった。最終予選で(FWの)高木琢也がレッドカードで出られなくなり、俺がたまたま入った。頑張っていれば運があるんだと思った。試合後、ラモスさんが俺の部屋に来て『お前は4年間、Bチームのサイドバックだったけど、よくやった』とほめてもらった」

     個人的には満足のいくプレーだったようである。

     敗退の理由を経験不足と出場枠とし、自身は頑張ったと話す武田氏。うっすらと「他人事感」があるのは、ドーハの悲劇を思い出したくないからかもしれない。

    (鈴木誠)

    アサ芸プラス


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ドーハの悲劇を招いた武田修宏の2つの理由とは?事件の背景を解明】の続きを読む

    このページのトップヘ