スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。



    「美人格闘家シン・ユリ選手の復帰戦、RENA選手との熱戦に注目!」


    シンユリ(韓国語: 심유리, ラテン文字転写: Yu Ri Shim、1994年5月13日 - )は、韓国の女性総合格闘家。忠清南道公州市出身。TEAM GENIUS所属。第2代ROAD FC女子アトム級王者。シム・ユリとも表記される。 軍で働くことを目指していたため格闘技を習い始めたが、その過…
    7キロバイト (646 語) - 2024年1月31日 (水) 06:48


    「約1年ぶりにリングへ帰ってくるシン・ユリ選手と、その復帰戦の相手として挑むRENA選手との間での試合が実現しました。美しさだけでなく、その実力でも知られるシン・ユリ選手の復帰は、格闘技界にとってもファンにとっても待ち望まれていた瞬間です。一方で、RENA選手も強敵との対戦を通じて、自身の技術と精神力を試す絶好の機会と捉えていることでしょう。両選手の戦いは、ただの勝負以上の意味を持ち、これからの女子格闘技界における動向を占う重要な一戦となりそうです。ファンとしては、二人の選手がリング上でどのようなドラマを展開してくれるのか、その結果がどうなるのかを見守ることに大きな期待を寄せています。」

    日本最高峰の格闘技イベント・RIZINによる、3月23日(土)に兵庫・神戸ワールド記念ホールにて開催される「RIZIN LANDMARK 9 in KOBE」(以下、「RIZIN LANDMARK 9」)が、ABEMA PPV ONLINE LIVEにて全試合生中継されることが決定した。

    【写真】RIZIN初の佐賀開催となった「RIZIN LANDMARK 8 in SAGA」

    RIZINは、総合格闘技の試合を主軸としながらも、キックボクシングルール、スタンディングバウトルール、グラップリングルールといった多様なルールで試合をする日本最高峰の格闘技イベントで、2021年10月からは、ケージでの試合に特化した「LANDMARK」シリーズをスタートさせた。2月に行われた2024年最初の、RIZIN初の佐賀県開催大会「RIZIN LANDMARK 8 in SAGA」は、九州出身のファイターたちが激戦をくり広げ、大きな盛りあがりとなった。

    今回、全試合生中継が決定した「RIZIN LANDMARK 9」は、メインカードにホベルト・サトシ・ソウザ選手と中村K太郎選手によるRIZIN MMAルールのライト級対決が行われる。現RIZINライト級王者のサトシ選手は、2023年7月の「超RIZIN.2」にて、元Bellator世界ライト級王者のパトリッキー・ピットブル選手と対戦するも。惜しくもTKO負けしてしまう。再起戦となる今大会では、得意の寝技を存分に発揮し、勝利をつかむことができるのか、注目が集まる。

    対する、2023年4月の「RIZIN.41」でストラッサー起一選手を相手に復帰戦を行い、みごとTKO勝利したK太郎選手は、約1年ぶりとなる今大会では階級を下げ、現ライト級王者のサトシ選手に挑む。1月の対戦カード発表時に、一触即発となったふたりが、どのような熱い戦いを見せてくれるのか、期待が高まる。

    また、2023年11月の「RIZIN LANDMARK 7 in Azerbaijan」後のインタビューで、フェザー級への階級変更を宣言した武田光司選手と、RIZINでもトップの人気の萩原京平選手によるフェザー級対決をはじめ、約1年ぶりの復帰戦に挑むRENA選手と“美人すぎる”シン・ユリ選手の戦い、2023年大晦日の「RIZIN.45」で、安保瑠輝也選手とのMMA戦でみごと勝利した久保優太選手と高橋遼伍選手のMMA対決など、個性が光る注目選手たちのカードが目白押しとなっている。

    オープニングファイトを含む全15試合による、神戸の地でくり広げられる熱い激戦を楽しむことができる。


    全試合生中継が決定した「RIZIN LANDMARK 9 in KOBE」/(C)RIZIN FF


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【「美人格闘家シン・ユリ選手の復帰戦、RENA選手との熱戦に注目!」】の続きを読む


    サッカー日本代表サッカーにほんだいひょう、サッカーにっぽんだいひょう)は、日本サッカー協会(JFA)によって編成される日本の男子サッカーのナショナルチーム。「A代表」や「フル代表」とも呼ばれる。愛称はSAMURAI BLUE(サムライブルー)。 2018年7月より森保一が監督を務めている。FIFA…
    206キロバイト (22,907 語) - 2024年2月3日 (土) 20:14
    サッカー日本代表のパフォーマンスは本当に残念です。アジア杯でのワースト記録連発は、チームの実力不足を物語っています。まさか史上最弱クラスに名を連ねることになるとは思いませんでした。

    【「何が史上最強だ?」サッカーファンが議論するアジア杯の結果に驚愕】の続きを読む


    ^ 「ロッテ・佐々木朗希 お立ち台で「朗希の方が呼び慣れてます」ファンへ“佐々木コール”から変更お願い」」『Sponichi Annex』スポーツニッポン新聞社、2023年4月6日。2023年4月7日閲覧。 ^ a b “ロッテが佐々木朗希と契約合意 近日中に更改会見…球団発表、いまだ1人だけ未更改”…
    93キロバイト (12,068 語) - 2024年1月31日 (水) 12:41
    佐々木朗希には、まだ若干の経験不足も感じますが、これからの成長が楽しみですね。侍ジャパンのエースとしての彼の活躍に期待しています!

    【「侍ジャパン」の井端監督がロッテ・佐々木朗希にプレミア12エースの期待を寄せる!】の続きを読む

    このページのトップヘ