スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    TOP BRIGHTS


    堀口 恭司(ほりぐち きょうじ、1990年10月12日 - )は、日本の男性総合格闘家、空手家、YouTuber。群馬県高崎市出身。アメリカ合衆国フロリダ州ココナッツクリーク在住。アメリカン・トップチーム所属。現RIZINフライ級王者。初代・第4代RIZINバンタム級王者。第7代Bellator世界バンタム級王者。RIZIN…
    54キロバイト (5,807 語) - 2024年2月11日 (日) 11:51

    「ブライツチームに対して、堀口兄弟のルーツである空手の技術と哲学をもっと取り入れるべきだという意見があります。この提案は、彼らの格闘スタイルにさらなる深みを加え、独自性を強化する可能性を秘めています。堀口兄弟が空手で培った技術と精神は、彼らの成功の基盤となっており、この強みをさらに発展させることで、ブライツチームのパフォーマンス向上に貢献することができるでしょう。

    空手の技術を取り入れることは、単に技のバリエーションを増やすだけではなく、戦闘時の姿勢や距離感のコントロール、相手の動きを読む能力など、戦い方の質を高めることにも繋がります。また、空手の哲学は、精神的な強さや自己制御、敬意を重んじる姿勢を養うため、選手個々の成長にも寄与します。

    空手の技術と精神を格闘技に取り入れることは、日本の伝統武道の価値を再認識し、国際的な舞台でそれを発信する機会にもなります。ブライツチームがこの提案を実践することで、彼らのファンに新たな魅力を提供し、さらに多くの支持を集めることが期待されます。

    このような革新的なアプローチは、競技の世界において常に進化を求める姿勢の重要性を示しています。堀口兄弟のルーツである空手を活用することは、彼ら自身のアイデンティティを強化すると同時に、ブライツチーム全体の競争力を高める一歩となるでしょう。」

    【「ブライツへの提案: 堀口兄弟のルーツである空手を活用して」】の続きを読む



    【「格闘技界の新星、ブライツ:MMA甲子園を凌駕する話題性」】の続きを読む


    [驚愕] 堀口恭司が青木真也の引退に言及!武尊への憧れからくる寂しさを語る


    堀口 恭司(ほりぐち きょうじ、1990年10月12日 - )は、日本の男性総合格闘家、空手家、YouTuber。群馬県高崎市出身。アメリカ合衆国フロリダ州ココナッツクリーク在住。アメリカン・トップチーム所属。現RIZINフライ級王者。初代・第4代RIZINバンタム級王者。第7代Bellator世界バンタム級王者。RIZIN…
    54キロバイト (5,725 語) - 2024年1月17日 (水) 12:08


    「堀口恭司選手が青木真也選手の引退について言及し、武尊選手への憧れからくる寂しさを語ったというのは、格闘技界において感慨深い瞬間です。堀口選手と青木選手は、共に日本の格闘技界を代表するファイターであり、青木選手の引退は、ファンだけでなく、同じリングを共有した選手たちにとっても大きな影響を与えます。青木選手は、その独特のファイティングスタイルとカリスマで多くのファンを魅了し、日本のMMA界における伝説的な存在となっています。彼の引退は、多くの若いファイターにとって、ある時代の終わりを象徴しているかもしれません。堀口選手が青木選手の引退に対して感じる寂しさは、リスペクトと敬愛の念の表れであり、格闘技界の仲間意識を象徴しています。また、堀口選手が武尊選手への憧れを語ったことも興味深いです。武尊選手もまた、日本の格闘技界を代表する才能あるファイターであり、堀口選手のようなトップファイターからの尊敬を集めています。このように互いにリスペクトし合う文化は、日本の格闘技界の素晴らしい特徴の一つであり、それが選手たちのモチベーションや成長にも繋がっていることでしょう。総じて、青木真也選手の引退は、格闘技ファンにとってはもちろんのこと、選手たちにとっても重要な節目です。彼のキャリアは、今後の格闘技界に多大な影響を与え続けるでしょう。堀口恭司選手のような現役トップファイターが、先輩ファイターへの敬意を表すことは、次世代のファイターたちにとっても大きな刺激となります。」

     28日に行われる格闘技『ONE 165』(有明アリーナ)のメインカードのスーパーレック・キアトモー9(タイ)vs.武尊戦と、同大会で行われる青木真也vs.セージ・ノースカット戦について、堀口恭司が語った動画が、同大会をPPVで独占生中継するABEMAのYouTubeで公開された。

    【動画】堀口恭司、引退匂わせの青木真也に「憧れているから、寂しさがある」

     「武尊選手と交流はある?」と聞かれた堀口は「業界も違うし、自分は普段アメリカにいるので、なかなか交流はない。選手同士で連絡を取って、『大丈夫?』とか言うのもどうなんだろう?と思うし…」と明かした上で、「武尊選手の映像を見ていると、心が弱いのかな?と思うところが多々ある。『どうにかなるでしょ』と常に心に持って、『なるようになる』と思えばいいんじゃないか。気にしすぎないでほしいというか」とエールを送った。

     スーパーレックについては「強い選手だと思うけど、体重をあまり作ってこないですよね。何やっとんじゃい!っていう(笑)」と指摘。試合展開は「武尊くんはガチャガチャ攻めていくタイプで、スーパーレックは肘や膝が多い。でも、今回はキックルールなので、あまり役に立たないのでは?」と分析し、「武尊くんが有利なのかなと思います。スーパーレックは蹴りが重いので、そこをどうやって崩していくか。武尊選手のいつも通りのバチバチな試合を見たいと思ってます」と期待を寄せた。

     また、青木が会見で「今回が最後だと思います」と進退を匂わせる発言をしたことに対し、堀口は「日本を代表する選手で憧れているから、寂しさがある」と率直な心境を吐露。続けて青木の戦績を称えた一方で、この一戦は「青木選手は結構厳しいのかな」と予想した。

     その理由を「相性的には多分悪い。寝技に持っていければ、青木選手にチャンスはあるのかな?と思うけど、ノースカット選手はフィジカルがあるから、それを持っていけるかどうか」と分析し、「スタンドの攻防で、ノースカット選手の振り回す系の打撃をどうやって避けるかがキーポイントとなる」とあげた。

     さらに、青木の今後の動向について「ABEMAで番組を持って、若手をしごくんじゃないですか?(笑)。それを自分が見に行けるなら、興行をどうやって打ってるんだろう?と勉強したい」と、“本物志向”をテーマにした新団体『TOP BRIGHTS』を立ち上げる堀口ならではの着眼点で語った。

     そのほか、インタビューの終盤には『ONE 165』に出場するすべての日本人選手にむけて「海外に出ると、日本人選手は負けてばかりなので、『日本人も強いんだぞ』っていうのを見せてほしい。勝って帰ってきてください!」と激励した。

    『ONE165』武尊vs.スーパーレックを分析した堀口恭司  撮影/谷脇貢史(C)ORICON NewS inc.


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【[驚愕] 堀口恭司が青木真也の引退に言及!武尊への憧れからくる寂しさを語る】の続きを読む


    [速報] 吉成名高、日本ムエタイ界の至宝となる完全な勝利を宣言!


    吉成 名高(よしなり なだか、2001年1月8日 - )は、日本のムエタイ選手兼キックボクシング指導員。エイワスポーツジム所属。 日本人初のラジャダムナン・ルンピニー統一王者。WMC世界ピン級王者・WBC・IBFムエタイ世界ミニフライ級王者。 タイでは名高・エイワスポーツジムのリングネームでも知られる。3RD…
    45キロバイト (1,284 語) - 2024年1月9日 (火) 13:20


    「吉成名高選手が日本ムエタイ界の至宝となる完全勝利を収めたことに感動しました!彼の技術、粘り強さ、そして闘志は本当に見事です。この勝利は、彼の努力と才能の証であり、日本ムエタイ界に新たな希望を与えてくれます。これからも彼の活躍を応援しています。吉成選手、素晴らしい勝利おめでとうございます!」

     RIZINフライ級王者の堀口恭司がエグゼクティブプロデューサーを務める新格闘技団体『TOP BRIGHTS』の旗揚げ大会(22日/群馬・オープンハウスアリーナ太田)に出場する選手インタビューが、試合2日前の20日に行われた。

    【動画】朝倉未来×堀口恭司が本音で対談 BreakingDown・格闘技界の未来…たっぷり語りつくす

     ムエタイの本場・タイで、日本人として初めて「ラジャダムナンスタジアム」と「ルンピニースタジアム」のタイトル統一を成し遂げ、ラジャダムナンスタジアムで3階級制覇という偉業を達成するなど、ムエタイで歴史を数々と塗り替えてきた天才ファイター・吉成。

     現在はラジャダムナンスタジアムのスーパーフライ級暫定王者であり、3週間後の2月12日には「RWS(ラジャダムナンワールドシリーズ)」で、正規王者プレーオプラーオ・ペップラオファー(タイ)と王座統一戦が控えているが、今回は「日本vs.タイ」のムエタイ対抗戦(5試合)の大将として、ジャオクントーン・ソーペッチタワンと対戦する。

     短期間での連戦となるが「自分は小学校6年生からムエタイをやってきて、今回はMMAが主体の大会だけど、本物が集うというコンセプトでムエタイをやるチャンスをいただいて、ムエタイの認知度が少しでも広がれば」と、ムエタイというジャンルを背負って挑む。

     「2月の試合にも絶対に勝たないといけない」と意気込んでおり、そのためにも今回は「相手の動きを全部見切ってダメージを負わずに勝つ」と圧倒的な完勝を宣言。その上で「自分の強みであるスピードと技のバリエーションを見せたい」と内容にも自信を持っている。

     また、アスリートとして堀口との共通点を聞かれると「堀口選手もSNSで発信をそこまでするタイプじゃないと思っていて、お話させていただいて純粋に強くなりたいという思いや思考は似てるのかなと思いました」と答えたが、「メンタルの強さが僕とはぜんぜん違う」と尊敬の念を込めた。

     同大会はABEMA PPVで全試合生中継する。

    ■TOP BRIGHTS 第1回大会対戦カード
    ●MMAマッチ
    ・グレイゾン・チバウ vs. バクムント・ビュレンゾリック
    ・松嶋こよみ vs. カルシャガ・ダウトベック
    ・ダニエル・ドンチェンコ vs. ハン・サングォン
    ・ベン・ロイル vs. ウィ・ジョンウォン
    ・コシェン・アカノフ vs. キム・ジュンソク

    ●ムエタイ~日本vs.タイ~
    吉成名高 vs. ジャオクントーン・ソーペッチタワン
    石井一成 vs. ナンペット・チョーチャンピオン
    羅向 vs. ペッチブラパー・チョンブリーアートムエタイ
    伊藤沙耶 vs. サネーガーム・カムナンチェットムアンチョン
    朝陽・PKセンチャイムエタイジム vs. スラサック・クルーダムジム

    1・21『TOP BRIGHTS.1』でジャオクントーン・ソーペッチタワンと対戦する吉成名高


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【[速報] 吉成名高、日本ムエタイ界の至宝となる完全な勝利を宣言!】の続きを読む


    [衝撃] 松嶋こよみ、朝倉未来との激戦に挑む!ダウトベック戦に全力で臨む決意を語る


    松嶋 こよみ(まつしま こよみ、1992年10月8日 - )は、日本の男性総合格闘家。神奈川県横浜市出身。パンクラスイズム横浜所属。 幼少期に極真空手を始め、中学時代までに柔道、レスリング、キックボクシングと様々な格闘技を習った。中学卒業後はレスリングの名門校である京都府立網野高校に進み、特待生と…
    13キロバイト (1,036 語) - 2023年11月25日 (土) 00:54


    「松嶋こよみ選手が朝倉未来選手との激戦に挑むというニュースには、格闘技ファンとして非常に興奮しています。松嶋選手はこれまでにも素晴らしい戦いを見せてきましたが、朝倉未来選手との対戦は、彼のキャリアにおいて新たな高みを目指す大きなチャレンジになるでしょう。朝倉選手はその圧倒的な実力と戦略で知られていますが、松嶋選手の緻密な技術と不屈の精神がどのように対抗するのか、非常に楽しみです。さらに、ダウトベック戦に向けた彼の全力投球の決意は、彼のプロフェッショナルな姿勢を象徴しています。松嶋選手は常に自己を超えることを目指し、どんな困難な戦いにも果敢に挑んでいます。この姿勢は多くのファンにとって大きな魅力であり、彼の戦いぶりは若い選手たちにとっても大きな刺激となっていることでしょう。松嶋選手の戦いは、単に勝利を目指すだけでなく、格闘技というスポーツの奥深さと魅力を伝えるものです。彼のテクニック、スタミナ、そして闘志は、リング上で最高のパフォーマンスを発揮するための重要な要素です。これからの彼の活躍に期待し、ダウトベック戦での彼の勇姿を心より応援しています。松嶋選手、素晴らしい戦いを見せてくれてありがとう。次の戦いも楽しみにしています!」

     RIZINフライ級王者の堀口恭司がエグゼクティブプロデューサーを務める新格闘技団体『TOP BRIGHTS』の旗揚げ大会(22日/群馬・オープンハウスアリーナ太田)に出場する選手インタビューが、試合2日前の20日に行われた。

    【動画】朝倉未来×堀口恭司が本音で対談 BreakingDown・格闘技界の未来…たっぷり語りつくす

     大会のセミメインカードは、修斗やONEで活躍した日本フェザー級屈指の実力者の松嶋こよみと、かつてRIZINで朝倉未来に判定負けするも苦しめたカルシャガ・ダウトベック。昨年末に行われた堀口と未来の対談で、このカードを聞いた未来は「すごくいい試合ですね。ダウトベックは強かったですよ」と話していた。

     この大会に参戦した理由を聞かれた松嶋は「強い相手と試合ができるということで参戦を決めました。本当に強い相手だと思うので、しっかり倒しきって、いいアピールをできたら」と静かに語った。

     対戦相手について「左のパンチに強い自信を持っている選手だが、そこしかない。それをもらわなければ良い話だし、それに対しての準備もしてきました」と十分な対策をしてきた。ダウトベックが現在4連勝中と勢いに乗っているが「勝てば総取りだと思うんで、連勝をしっかり止めて、僕がその部分を奪っていければ」と自信を見せる。

     この試合に勝利した先には、昨年に続き『ROAD TO UFC』への再挑戦を見据える。そのためにも「判定では評価がつきにくいので、ちゃんと自分の良いパフォーマンスを出して、ちゃんと完全決着で終わらせたい」と宣言した。

     同大会はABEMA PPVで全試合生中継する。

    ■TOP BRIGHTS 第1回大会対戦カード
    ●MMAマッチ
    ・グレイゾン・チバウ vs. バクムント・ビュレンゾリック
    ・松嶋こよみ vs. カルシャガ・ダウトベック
    ・ダニエル・ドンチェンコ vs. ハン・サングォン
    ・ベン・ロイル vs. ウィ・ジョンウォン
    ・コシェン・アカノフ vs. キム・ジュンソク

    ●ムエタイ~日本vs.タイ~
    吉成名高 vs. ジャオクントーン・ソーペッチタワン
    石井一成 vs. ナンペット・チョーチャンピオン
    羅向 vs. ペッチブラパー・チョンブリーアートムエタイ
    伊藤沙耶 vs. サネーガーム・カムナンチェットムアンチョン
    朝陽・PKセンチャイムエタイジム vs. スラサック・クルーダムジム

    1・21『TOP BRIGHTS.1』でカルシャガ・ダウトベックと対戦する松嶋こよみ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【[衝撃] 松嶋こよみ、朝倉未来との激戦に挑む!ダウトベック戦に全力で臨む決意を語る】の続きを読む

    このページのトップヘ