スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    ボクシング


    2014年9月17日 ^ 河野-亀田興の入札中止=世界ボクシング協会 時事通信 2014年9月18日 ^ 亀田興毅「自分が1回引く」 河野公平戦の入札回避 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月18日 ^ 亀田“明白な”2-1判定でV3、興毅はKO勝ち Boxing News(ボクシングニュース)…
    109キロバイト (15,202 語) - 2024年1月26日 (金) 20:06
    「ボクシングの世界において、世界王者という栄光を手にしても、日々の生計を立てるために飲食店で働く現役ボクサーがいるという事実は、スポーツ界の厳しい現実を浮き彫りにしています。この状況は、ボクシングだけで生活することができる選手がほんの一握りであるという、スポーツ業界全体に共通する問題を示しています。

    ボクシングが高い人気を誇り、大きな注目を集める一方で、多くの選手が経済的な困難に直面しているのは皮肉なことです。世界王者という称号を持つ選手でさえ、スポーツ外での仕事に就かなければ生計を立てることができない現状は、ボクシング界だけでなく、他の多くのスポーツにおいても見直すべき問題を提起しています。

    このような状況は、スポーツ選手へのサポート体制の強化、選手のキャリアを支えるための経済的な仕組みの確立、そして若手選手がスポーツに専念できる環境の整備を求める声を高めています。現役ボクサーが日々の生活のために別の仕事に就くという現実は、スポーツ界が直面する課題に光を当て、選手たちがスポーツに専念し、その才能を存分に発揮できるようなサポートが必要であることを強調しています。

    世界王者であっても日々の生計を心配する現役ボクサーの存在は、スポーツとしてのボクシングの価値を再評価し、選手たちが適切な報酬と尊敬を受けるべきであるという議論を促すきっかけとなるでしょう。」

    【「光と影: 世界王者でありながら飲食店で働く現役ボクサーの現実」】の続きを読む


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日)は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。現WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。元WBAスーパー・WBC・I…
    159キロバイト (20,743 語) - 2024年2月8日 (木) 03:22

    【「井上尚弥への国民栄誉賞授与を求める声高まる」】の続きを読む


    穴口にとっての最期のリングでもあった。23歳没。 なお、穴口が亡くなった2月2日は、日本ボクシングコミッションの2023年度年間表彰の審査により、この穴口最期の試合が世界タイトルマッチ以外における最優秀年間最高試合賞に認定された日でもあった。 ^ ボクシングチケットドットコム・穴口一輝 ^…
    4キロバイト (492 語) - 2024年2月3日 (土) 06:13

    【「ボクシング界に悲報:穴口選手、試合中の事故後に意識不明のまま逝去」】の続きを読む


    那須川 天心(なすかわ てんしん、1998年8月18日 - )は、日本のプロボクサー、元キックボクサー、元総合格闘家。千葉県松戸市出身。帝拳ボクシングジム所属。血液型はB型。『キックボクシング史上最高の天才』などと称される。得意のストレートは『ライトニング・レフト』。RISE世界フェザー級王者。IS…
    97キロバイト (11,716 語) - 2024年2月2日 (金) 12:17

    【「天心、ボクシング界の新星としての謎: 武居戦後の井上との対戦計画」】の続きを読む


    竹原慎二と内山高志が「必然的なKO決着」を予想!注目のONE 165戦に期待が高まる!


    竹原 慎二(たけはら しんじ、1972年1月25日 - )は、日本の元プロボクサー、現在はタレント、YouTuber、株式会社カンピオーネ代表取締役社長、竹原慎二&畑山隆則のボクサ・フィットネス・ジム会長、広島県府中町PR大使。所属事務所はオーバーレコード/太田プロダクション。広島県安芸郡府中町出…
    28キロバイト (3,407 語) - 2024年1月8日 (月) 18:36


    「スーパーレックvs.武尊は、世界的な注目を集める一戦です。竹原さん、内山さんの分析があればますます楽しみになります!」

    1月28日(日)に東京・有明アリーナからABEMA PPV ONLINE LIVEにて国内独占生中継される、アジア最大級の格闘技団体ONE Championship(以下、ONE)の日本大会「ONE 165:スーパーレックvs.武尊」開催に先立ち、元WBA世界ミドル級王者の竹原慎二と、元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志のインタビュー動画が、ABEMA格闘チャンネル公式YouTubeにて公開された。

    【写真】国内独占生中継される「ONE 165:スーパーレックvs.武尊」

    ■「『スーパーレックvs.武尊』レジェンドボクサーたちが徹底分析」

    「『スーパーレックvs.武尊』レジェンドボクサーたちが徹底分析」と題して行われたインタビューでは、まず“武尊選手の強さ”について質問があり、竹原は「打ちあった時の手数」「闘志を表に出して、打たれてもいいから打ってくるファイティングスタイル。あれはこわいものがある」とした上で、“変幻自在のコンビネーション”が強さの秘訣であると評価した。

    一方、内山も「体が強くて下がらない、多少、打たれても、ガンガン前に打ちあっていくというスタイルなので、すごくスタミナがあって、タフでもあり、パンチ力がある選手」と武尊選手の強気なファイティングスタイルに触れ、「フルパワーで打ってるなっていうイメージ。ふつうあれだけ思い切り打ったら、空ぶった時とか、体が回転してしまったりするんですけど、武尊選手は強いパンチを、軸をブレずに打てるので回転力もいい。そこがいちばんの強み」と称賛した。

    また、スーパーレック選手について竹原は「初めスーパーレックって知らなかったから、武尊が余裕で勝つだろうなと思ったんですけど、VTR見たら強いですよ」と驚いたことを明かすと、「距離の取り方がうまい。相手を止めて、相手の得意な距離感に入れないので、組み立てがうまい」と評価した。

    内山も「距離の取り方は本当にうまい」「相手に大きいパンチ当たった時に、つめ方が一気にいくんで、爆発力が秀でている」とし、武尊選手との一戦では「スーパーレックがうまく距離を使って、ポンポン当てて、そのまま判定までいってしまう可能性も十分考えられる」と推測した。

    そして、勝敗予想を問われた竹原は「武尊選手には勝ってほしいんですけど、スーパーレックのほうに分があると思います」と予想し、その理由について「自分の距離の取り方もうまいし、まず武尊選手の連打をもらわないような感じがする」「2、3ラウンドまでスーパーレックがポイントを取ってるようだったら、武尊選手はあせりに変わって、強引に倒しにいく。その時にうまくかみあえば武尊選手が倒す可能性もあるし、逆にカウンターでスーパーレックが倒す可能性もある。必然的にKO決着になると思う」と展開した。

    一方、内山は「期待もこめて武尊選手に勝ってもらいたいですし、武尊選手が勝つんじゃないかなと思います」と話し、「スーパーレックは大事な試合なんで、ていねいに1ラウンドいくと思う。武尊選手としては、早めにスーパーレックをかく乱させて、ガチャガチャの打ちあいに持っていきたいかな」と推察した。

    また、周囲ではスーパーレック選手の勝利を予想する声が多いと明かし、「やっぱりスーパーレックなのかなって思っちゃうんですけど、パンチの回転の力とパンチ力で言ったら、武尊選手は負けてない」と続けた。

    武尊選手の勝利を期待しながらも、スーパーレック選手の実力と強さに一目置く竹原と内山の予想は的中するのか、注目の一戦を視聴することができる。

    武尊とスーパーレック、どっち勝つ!?

    ボクシング元世界王者予想もわかれた……

    武尊が破れるのか……?


    「『スーパーレックvs.武尊』レジェンドボクサーたちが徹底分析」した竹原慎二と内山高志/(C)AbemaTV,Inc. (C)ONE Championship


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【竹原慎二と内山高志が「必然的なKO決着」を予想!注目のONE 165戦に期待が高まる!】の続きを読む

    このページのトップヘ