スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。


    サッカー


    WEリーグ浦和レッズ、アジア制覇!髙田春奈チェアが誇らしげに祝福


    本来の表記は「髙田春奈」です。この記事に付けられたページ名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。 この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Microsoftコードページ932(はしご高))が含まれています(詳細)。 髙田 春奈 (たかた はるな、1977年(昭和52年)5月17日…
    13キロバイト (1,325 語) - 2024年3月24日 (日) 08:45


    浦和レッズの偉業、本当に素晴らしいですね!WEリーグが益々注目されること間違いなしです。

    WEリーグの髙田春奈チェアが、AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournament(AWCCIT)を制した三菱重工浦和レッズレディースを祝福した。

    10日、女子サッカーのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のプレ大会として行われたAWCCITの決勝が行われた。

    突如として中止が発表されていた試合だったが、競技の結果開催することが決定。浦和の本拠地である駒場スタジアムで開催された。

    かつてはなでしこジャパンのMF長野風花(リバプール)が在籍し、現在はMF田中陽子が所属する仁川現代製鉄レッドエンジェルズ。WKリーグで圧倒的な実績を誇るクラブだ。

    試合は仁川が先制するも、浦和が前半のうちに清家貴子、島田芽依のゴールで逆転に成功。そのまま逃げ切り、2-1で勝利し、見事に優勝を果たした。

    試合を観戦にも訪れていた髙田チェアが、浦和の優勝にコメントした。

    「三菱重工浦和レッズレディースの皆様、AFC Women’s Club Championship 2023 – Invitational Tournamentの優勝、誠におめでとうございます。開催が決まってから短い間に心身のコンディションを整え、日本のチャンピオンとして試合に臨まれる姿は、WEリーグとして誇らしいものでした」

    「そして、ファン・サポーターを始め、浦和レッズに関わる全てのステークホルダーの皆様の結集した力は本当に素晴らしいものでした。今シーズンも残りわずかとなりますが、アジアチャンピオンとして、引き続きリーグを盛り上げてくださることを期待しています」

    「また、韓国から来日をして試合に臨んでくださった仁川現代製鉄レッドエンジェルズの皆様、素晴らしい試合をありがとうございました。共にアジアの女子サッカーを盛り上げていく仲間との試合を、日本で実現できたことを嬉しく思います。これからもそれぞれのリーグで切磋琢磨し、またレベルの高い戦いが出来る日を楽しみにしています」

    「最後に、この決勝の実現に向けて尽力してくださった全ての皆様に感謝いたします。来年始まる本大会が更なる盛り上がりとなるよう、日本の女子サッカーのトップリーグとして、WEリーグもステークホルダーの皆様と共に手をとり、精進して参ります」



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【WEリーグ浦和レッズ、アジア制覇!髙田春奈チェアが誇らしげに祝福】の続きを読む


    久保建英、欧州5大リーグでトップクラスのドリブル成功率を記録


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市麻生区出身のプロサッカー選手。ラ・リーガ・レアル・ソシエダ所属。ポジションはミッドフィールダー(右サイドハーフ、インサイドハーフ)、フォワード。日本代表。 2004年、2歳の時よりサッカーを始める。…
    73キロバイト (8,312 語) - 2024年4月19日 (金) 20:20


    確かに久保くんは一流の選手と並んでいるということがよくわかりますね。ますます活躍が楽しみです。

    日本代表の中心としても期待される久保。五輪代表への選出はあるだろうか(C)Getty Images

     2023-2024シーズンの欧州サッカーが佳境に入り、レアル・ソシエダに所属する久保建英のドリブルが脚光を浴びている。

    【動画】久保建英が”頭脳的”なプレーで先制点を演出!相手の意表を突くクイックCKのシーンを見る


     レアル・ソシエダの地元紙『Noticias de Gipuzkoa』は「才能ある日本人選手はヨーロッパでトップ10に入るドリブラー」と題した記事で、『CIES Football Observatory』(スイスを拠点とするサッカー関連調査機関)によるドリブル成功率のデータを紹介。久保のスタッツが93パーセントで、欧州5大リーグ(スペイン、ドイツ、イタリア、イングランド、フランス)のウインガーでトップ10に入ったと伝えた。

     トップ10入りしたその他の選手は、マンチェスター・シティのジェレミー・ドク、バイエルンのキングスレー・コマン、パリ・サンジェルマンのウスマンヌ・デンベレ、ミランのラファエウ・レオンなど錚々たる顔ぶれ。『Noticias de Gipuzkoa』も「クボがワールドクラスの選手と同じランキングに並んだ」と綴った。

     久保の活躍ぶりが数字で立証され、『Noticias de Gipuzkoa』は「日本人スター選手」の重要性を改めて力説した。

    「チーム内2位の7得点に加え、3アシストを決めているが、クボが目立っているのはゴールやアシストだけではない。スピード、ドリブル、溢れんばかりのテクニックで相手を打ち破る能力でも際立っている。レアル・ソシエダにおける戦術の要だ。この若き日本人サッカー選手は、ヨーロッパサッカー界で飛躍のシーズンを迎えている。レアル・マドリー、ヘタフェ、マジョルカ、ビジャレアルなどのチームで過ごしたあとタケ・クボは今、自分のサッカーと才能を開花させるために理想的な環境のチームにいる」


     5月4日に行なわれた前節のラス・パルマス戦ではベンチスタートだったが、スペイン大手紙『MUNDO DEPORTIVO』によると「新たな筋肉の問題により完全にコンディションが整っていなかった」という。また同紙は「アジアカップから帰国後、彼は坐骨、背中、大腿四頭筋など、様々な種類の筋肉の問題に悩まされ、著しく体力が低下した」として、2月18日に行なわれたラ・リーガ25節のマジョルカ戦を最後に久保がゴールから遠ざかっている原因をレポートした。

     コンディション不良によりパッとしないパフォーマンスが続いていたが、久保の存在価値はスタッツにより改めて証明された。それだけに完全復調が待たれる。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    「ワールドクラスの選手と並んだ」久保建英、欧州5大リーグのドリブル成功率トップ10入り


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【久保建英、欧州5大リーグでトップクラスのドリブル成功率を記録】の続きを読む


    地域活性化に貢献!どうとんぼり神座が地元スポーツチームへの支援を開始


    ディアブロッサ高田FCディアブロッサたかだエフシー、Diablossa Takada FC)は、奈良県大和高田市を本拠地とする社会人のサッカークラブ。 1975年に武田正二郎が中学時代の同級生などと共に高田FCを結成。1996年に関西サッカーリーグに初めて昇格。1999年に関西リーグに再昇格。20…
    11キロバイト (595 語) - 2024年2月3日 (土) 11:58


    「素晴らしい企業スポンサーが見つかったようですね!ディアブロッサ高田FCの活躍がますます期待できますね。どうとんぼり神座の支援、心から感謝しています!」

    株式会社理想実業(所在地:大阪府大阪市北区、代表取締役社長:布施真之介)が運営するラーメンレストラン「どうとんぼり神座」は、2024年4月~2025年3月、ディアブロッサ高田FCのサッカーチームとスポンサード契約を行いました。

    • スポンサード契約に至るなるきっかけ

    ディアブロッサ高田FCは奈良県大和高田市を本拠地として活動しており、子どもからシルバー世代まで様々な人たちが気軽に楽しめるスポーツクラブづくりを目指し、活動しています。

    また、スポーツクラブに限らず、社会・文化的な活動も視野に入れ、地域コミュニティの形成にもつながるクラブを理想としています。

    この地域コミュニティの形成の部分で、地域の企業と一緒に何か出来ないかと考えていたところ、布施社長とジュニアユース仲川監督が小中学校の先輩後輩の関係だったということから話が進み、「地域の為に」という想いが一致した為、スポンサーとして一緒に活動していくこととなりました。

    • ディアブロッサ高田FC U-12 乾良祐 監督コメント

    2016年に初めてスポンサーとして、ユニフォームの胸に「おいしいラーメン」と記載して、その年の全日本少年サッカー大会で全国大会3位となりました。

    それから8年間ユニフォームの胸に「どうとんぼり神座」と記載させていただき、ジュニアサッカー界で、今ではディアブロッサ高田=どんとんぼり神座と定着してきています。

    子供達も応援してくださっているという想いを感じながら、喜んでユニフォームを着用しています。

    今後も子供達のより良い環境の為に、また地域の為に共に協力していけたらと思っています。

    • 株式会社理想実業 マーケティング本部 橋川健司のコメント

    ディアブロッサ高田FC U-12ならびにディアブロッサ高田FC ソヒィーゾの2チームにスポンサー契約をさせていただけること、大変嬉しく思っています。

    どうとんぼり神座とゆかりの深い奈良県の大和高田にある皆さんのサッカーへの情熱を後押しさせていただき、地域の青少年の育成、スポーツ振興につなげてまいります。

    また、地域社会の活性化にもつなげていければなと考えていますので、皆様の応援をいただけると嬉しいです。


    • 株式会社理想実業(理想実業グループ)について

    ラーメンレストラン「どうとんぼり神座」を中心に、国内外の飲食店舗の経営、食品工場の運営など、食に関わる全般の事業を行っており、グループ全体で国内104店、海外1店を展開しています(2024年4月末時点)。当グループでは、子どもたちの安定的な生活を守る社会を目指して「子どもの無垢な笑顔を守る」を企業活動の大きな目的としております。
    https://rsj.co.jp/

    配信元企業:株式会社理想実業

    企業プレスリリース詳細へ

    PR TIMESトップへ



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【地域活性化に貢献!どうとんぼり神座が地元スポーツチームへの支援を開始】の続きを読む


    アタランタがクラブ史上初のEL決勝進出!指揮官が歴史的な快挙を讃える


    ジャンピエロガスペリーニ(Gian Piero Gasperini, 1958年1月26日 - )は、イタリア・グルリアスコ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現アタランタBCの監督。現役時代のポジションはミッドフィールダー。 1967年、9歳の時にユヴェントスFCのユースチームに入団。1…
    17キロバイト (1,326 語) - 2023年10月18日 (水) 01:04


    アタランタの快挙!これまでにない興奮を味わうことができて嬉しいですね。EL決勝での活躍も楽しみです!

     アタランタを率いるジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督が、初のヨーロッパリーグ(EL)決勝に進出した喜びを口にした。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』がコメントを伝えている。

     EL準決勝が9日に行われ、アタランタはマルセイユと対戦。ファーストレグを1-1で折り返して迎えたホームでの一戦は、30分にアデモラ・ルックマンのゴールで先制すると、52分にはマッテオ・ルッジェーリ、90+5分にはエル・ビラル・トゥーレが追加点を決め、3-0で勝利。2試合合計4-1で決勝進出を果たした。

     なお、イギリスメディア『Squawka』によると、アタランタがヨーロッパの主要大会で決勝進出をしたのはクラブ創立116年で史上初のことに。また、データサイト『OPTA』によると、2014-15シーズンのドニプロ以来、アタランタは初の決勝進出を果たしたチームにもなったという。

     2016年6月からアタランタを率いているガスペリーニ監督は試合後、「今夜はいい勝利だった。私たちをサポートしてくれる街があると私は言っていた。このような感情やエネルギーがある時、選手たちがそれを感じているのは明らかだ。特別な試合で、彼らはそれを最善の方法で受け取ったね」と喜びを口にしながら、次のように続けた。

    「決勝は歴史的なイベントになるだろう。私たちのようなチームにとっては本当に信じられないことだけど、全員にとっていい前兆だ。今夜完璧だったかどうかはわからないけど、間違いなく私たちが圧倒したと思う」

    「これは私たちにとって歴史的な快挙だ。リヴァプール戦の後も、スポルティング戦の後も祝ったけど、それは当然のことだ。だが、まだ終わっていないこともよくわかっている。これからまだ重要な試合がいくつか残っているし、レヴァークーゼンのことを考える時間はあるだろう」

     EL初制覇を目指すアタランタは、5月22日にアイルランドのダブリンにある『ダブリン・アリーナ』でレヴァークーゼンと対戦する。


    【ハイライト動画】アタランタvsマルセイユ
    アタランタを率いるガスペリーニ監督 [写真]=Getty Images


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【アタランタがクラブ史上初のEL決勝進出!指揮官が歴史的な快挙を讃える】の続きを読む


    33歳デ・ローンが語る、“自信”満々のアタランタ戦


    この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 マルテンローン マルテンローマルテンローン(Marten Elco de Roon, 1991年3月29日 - )は、オランダ・南ホラント州ズウィンドレヒト(英語版)出身のサッカー選手。オランダ代表。アタランタBC所属。ポジションはMF。…
    10キロバイト (1,030 語) - 2023年7月3日 (月) 16:39


    デ・ローンのプレーには本当に驚かされますね。33歳とは思えないほどのパワーと技術を持っています。

    アタランタの強みとも言える“自信”を、オランダ代表MFマルテン・デ・ローンが語った。オランダ『Voetbal International』が伝える。

    アタランタは9日、ヨーロッパリーグ(EL)準決勝2ndレグでマルセイユに3-0と勝利。2戦合計4-1とし、決勝戦進出を決めた。

    加入7年目の33歳デ・ローンはこの日も元気にボランチでフル出場。衰え知らずの現役オランダ代表であり、ジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督のサッカーを100%理解するチームの心臓、またゲーム主将だ。

    明るくも独特なキャラクターで知られるデ・ローン。この日は『ESPN』で試合を振り返り、「僕個人はまず守備からゲームに入った。役割は前方への良いパスでコントロールすること、そして味方のカバーだ」と語る。

    ガスペリーニ・アタランタは「オールコート・マンツーマン」と表現されるように、最終ラインであろうと、まず恐れを知らないプレッシャーで相手選手へぶち当たり、剥がされれば味方がカバー…を繰り返していく。

    したがって、ボランチの存在が超重要なのは明白。そこを担うのがデ・ローンなわけだが、このサッカーを7年間続ける男は余裕すら感じさせる。

    「まあ、ずっとこのサッカーだし、そうじゃなきゃアタランタじゃないしね(笑) 相手のアタッカーが全力でハイプレスをかけてくることもあるだろ? それなら、こっちは最終ラインで1対1の相手をしてやればいい。全く問題ないさ」

    クラブ史上初の欧州タイトルを懸けた決勝戦は、レバークーゼンとの激突に。

    「レバークーゼン? 素晴らしいチームだね。今日はローマに負けそうになったが、最後は負けなかったと聞いているよ。彼らに最初の敗戦を与えるのが、アタランタのミッションだ」

    「ファンは決勝進出を祝ってくれているらしいよ。この辺りの通りを歩けば、どこへ行ってもパーティをやっているみたいだ。そうだ、ぼくもこのあと行ってみよう。何か美味しいものが飲みたい」

    明るくも独特なキャラクター、アタランタをピッチ内外で支えるデ・ローンだ。



    CL決勝進出を果たすのは!?
    5/1~ いよいよベスト4!CL、ELはWOWOWで放送・配信!
    >放送予定など詳しくはこちら



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【33歳デ・ローンが語る、“自信”満々のアタランタ戦】の続きを読む

    このページのトップヘ