リバプールを撃破した66歳老将ガスペリーニ、満面の笑みで誇りを語る


ジャンピエロガスペリーニ(Gian Piero Gasperini, 1958年1月26日 - )は、イタリア・グルリアスコ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。現アタランタBCの監督。現役時代のポジションはミッドフィールダー。 1967年、9歳の時にユヴェントスFCのユースチームに入団。1…
17キロバイト (1,326 語) - 2023年10月18日 (水) 01:04


ガスペリーニ監督の手腕を改めて見せつけられましたね。リバプール相手に力強いプレーを見せてくれました。

アタランタのジャン・ピエロ・ガスペリーニ監督がリバプール戦を振り返った。

アタランタは18日、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグでリバプールと対戦。敵地1stレグで3-0完勝のチーム・ガスペリーニは今回0-1と敗れるも、2戦合計で凌駕して準決勝進出だ。

試合後、イタリア『スカイ』のインタビューで90分間を振り返ったガスペリーニ監督は満面の笑み。魅力的なサッカーで長期政権を敷く御年66歳の老将は、私たちに“タイトル以上に大事なモノ”を授けてくれる存在だ。

「我々はリバプールという偉大なチーム、そしてユルゲン・クロップという偉大な指導者を大会から去らせることに成功した。心を込めて(準々決勝)2試合に全てを捧げた結果だよ」

「この結果にとてもとても満足だ。今日の2ndレグも、もう少し突き詰めればネットを揺らせたと思う。ただ、スピード感溢れるゲーム展開は気に入ったよ」

「私のキャリアにタイトルはないが、今回のような美しいメダル(勝利)はたくさんある。またひとつ、素晴らしいメダルを手に入れた」

約20年の監督キャリアでタイトル獲得が一切ないにもかかわらず、人々の心を打つサッカーで時折旋風を巻き起こす…それがジャン・ピエロ・ガスペリーニだ。



(出典 news.nicovideo.jp)

〇gs

〇gs

アタランタは見事だがリバプールはフィニッシュに関する戦術とメンタルにイップスを抱えている。フィニッシュの際にイップスを発症するのはどのチームにも起こりうる。