ドイツ代表のナーゲルスマン指揮官、2026年W杯までの契約延長が決定!


ユリアンナーゲルスマン(ドイツ語: Julian Nagelsmann, 1987年7月23日 - )は、ドイツ・ランツベルク・アム・レヒ出身の元アマチュアサッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはDF。 ブンデスリーガ史上最年少監督(28歳)。…
20キロバイト (2,159 語) - 2023年12月25日 (月) 12:50


ナーゲルスマンが長期契約延長をしたんだね!これからも安定した強さを維持していってほしいですね。

ドイツ代表のユリアン・ナーゲルスマン監督(36)がユーロ2024後も指揮する運びとなった。

ドイツサッカー連盟(DFB)は19日、2026年にアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国共催で行われる北中米ワールドカップ(W杯)まで契約を延長した旨を発表。昨年9月に着任したナーゲルスマン監督の契約は当初、自国開催となる今夏のユーロ2024までだった。

青年監督はDFBの公式サイトで「これは心からの決断。代表チームの監督となり、国内最高の選手たちと仕事ができるのは大変光栄なこと」とし、決意を新たにしている。

「情熱的なパフォーマンスをもって成功させ、国全体を鼓舞するチャンスだ。3月のフランスとオランダ相手の勝利は本当に感動した。自国でのユーロで成功したいし、コーチ陣と一緒にW杯に挑戦するのが本当に楽しみだ」

ナーゲルスマン監督はバイエルンが今季限りで退任するトーマス・トゥヘル監督の後任として再招へいに動くのではないかとされ、具体的な交渉も取り沙汰されたが、ユーロ以降も代表を率いる決断に至ったようだ。


(出典 news.nicovideo.jp)