[衝撃] 元中日助っ人ロドリゲスがMLBで契約を勝ち取った裏話とは?


ロドリゲスロドリゲス (西Rodríguez、[roˈðɾiɣeθ]または[ro'ðɾiɣes]、葡Rodrigues) は、スペイン語およびポルトガル語圏等においてよく見られる姓、地名。 原義は「ロドリゴの子」である。なお、ポルトガル語ではホドリゲスあるいはホドリーゲシュと発音されることが多い。…
16キロバイト (1,400 語) - 2023年4月29日 (土) 06:51


「元中日ドラゴンズの助っ人選手であるロドリゲスがメジャーリーグベースボール(MLB)で契約を勝ち取った裏話は、野球界でのキャリアアップの見本として注目されています。MLBでの契約は世界中の野球選手が夢見る最高峰であり、ロドリゲス選手の成功は、彼の才能と努力の賜物でしょう。ロドリゲス選手のMLBでの契約獲得の裏には、彼の継続的な技術向上とパフォーマンスの向上があります。中日ドラゴンズでの経験は、彼にとって重要なステップであり、日本のプロ野球での経験が彼のスキルを磨き、さらに高いレベルでの競争に挑む準備を助けた可能性が高いです。また、MLBチームとの契約には、彼の代理人やスカウト、コーチなど、多くの関係者のサポートとネットワーキングが不可欠だったでしょう。プロ野球選手の移籍や契約には、選手個人の実力だけでなく、その選手を取り巻くサポートシステムの質も大きく関わってきます。ロドリゲス選手がMLBで契約を勝ち取った過程には、おそらく選手自身の心構えや姿勢も大きな要素として影響しています。彼のプロとしての姿勢、チャレンジ精神、そして常に成長しようとする意欲が、MLBでの成功へと繋がったのです。総じて、ロドリゲス選手のMLBでの契約獲得は、彼の実力と努力、そして野球に対する情熱の結晶です。彼の物語は、他の多くの野球選手にとってのインスピレーションとなり、国際的な舞台での成功を目指す選手たちにとっての励みになるでしょう。」

キューバ代表としてWBCにも参戦していたロドリゲス。彼が中日時代からの昇給を果たせた理由とは?(C)Getty Images

 日本からメジャーリーグへ“逆輸入”を果たした怪腕の契約が脚光を浴びた。

 現地時間1月18日、トロント・ブルージェイズは、キューバ人右腕ジャリエル・ロドリゲスとの契約締結を発表。米メディア『MLB Trade Rumors』によれば、4年総額3200万ドル(約47億4100万円)でのサインとなったという。

【動画】WBCで異彩を放った「魔球」MLB移籍に迫るロドリゲスの奪三振シーン


 念願の夢舞台に向け、第一歩を踏み出した格好だ。2020年から2年間にわたって中日に在籍したロドリゲスは、22年シーズンにセ・リーグで56試合に登板し、防御率1.15、WHIP0.92、39ホールドを記録。最優秀中継ぎのタイトルも獲得し、新たに2年契約を締結していた。

 しかし、昨春に開催されたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)でキューバ代表として出場後に再来日せず。遠征先のドミニカ共和国で「自分はMLBでプレーしたいという夢を追うことにしました」と亡命。突然の宣言に困惑となった中日からも10月に自由契約となっていた。

 その後はプライベートでのワークアウトを実施し、スカウトの評価も高めてきた。そんな26歳は、複数球団による争奪戦の末に先述の契約を勝ち取った。中日時代の推定年俸は2億円とされていただけに、ブルージェイズでの年俸は約6倍となる800万ドル(約12億円)と大幅な昇給となった。

 約1年、実質的に“野球浪人”となっていたロドリゲス。彼がここまで評価された理由は何か。米スポーツ局『CBS Sports』は「興味深いバックグラウンドの持ち主は、日本の中日ドラゴンズでトップクラスのセットアッパーを務め、2023年のWBCではキューバ代表のエースだった」と中継ぎと先発の両方をこなせるマルチな才能を強調。懸念される亡命後の試合勘への影響についても「むしろ、これまでの摩耗を癒やす期間になった。全ての投手にとって休養期間は肉体的なメリットになり得る」と指摘。そして、大型契約が与えられた背景を読み解いている。


「ロドリゲスはまだ26歳だ。これはかなり大きな意味を持つ。彼は大半のフリーエージェント選手よりもはるかに若く、理論的には、ここからピークを迎える選手でもある。25歳のヤマモトもそこが魅力だった。

 4年3200万ドルの契約によってロドリゲスは30歳になるまでいることになる。つまりブルージェイズは、選手がキャリアにおいて最も生産性の高い時期を買収した形だ。ロドリゲス側にとっても、契約期間は短いが、30歳でフリーエージェントとなれる。彼はそこで再び大きな給料を確保できるはずだ」

 本人も先発への本格挑戦に意欲を示しているというロドリゲス。メジャーに鳴り物入りで飛び込む元NPB助っ人のパフォーマンスに興味を持たずにはいられない。


[文/構成:ココカラネクスト編集部]


年俸は日本時代の6倍 “野球浪人”だった元中日助っ人ロドリゲスがMLBで契約を勝ち取れた理由とは?


(出典 news.nicovideo.jp)