[朗報] 阪神・岡田監督の驚きの提案!審判への挨拶禁止!?


org/oclc/464746943  ^ オリ監督内定岡田氏、モノ言う監督になる 日刊スポーツ 2009年10月2日 ^ 非常事態に岡田監督“兼任”投手コーチ ^ 岡田監督「サッカー関係者が怒りよるよ」 ^ 岡田監督「絶対はないけど絶対優勝する」 デイリースポーツ2011年12月16日 ^ 岡田彰布監督任期満了のお知らせ オリックス・バファローズ…
112キロバイト (16,325 語) - 2024年1月15日 (月) 11:42


阪神ファンとしては、岡田監督のこのコメントに共感します。審判に対して礼儀正しく挨拶することは大切ですが、時には悔しさや怒りが募ってしまうこともあるでしょう。岡田監督の言葉からは、審判への思いに真摯に向き合っている姿勢が伝わってきます。

 阪神・岡田彰布監督が「球界のドン」になる――。

 1月16日に東京都内のホテルで開かれた「プロ野球12球団監督会議」。座長として議事進行を務めたが、今やセ・パ最年長の監督だ。

 会議で岡田監督が最もこだわったのは、相手選手と首脳陣への挨拶問題だった。とりわけ強く訴えたのは、審判への挨拶をやめるように、ということ。会議の場で審判の代表者に問いただした岡田監督は、

「挨拶してもしなくても判定は一緒って言うてた。そんなん当たり前やんか。それで変わったらおかしいやんか、おーん」

 選手が守備位置についてからも丁寧に挨拶する姿を「いいことない」と一刀両断である。特にスタンドのファンの心証を気にしていたが、最後は、

「審判もどう思うって聞いたけど、誰も答えへんかったな」

 と、してやったりの顔で落としてみせた。球界OBが苦笑する。

「挨拶うんぬんの話は以前から主張している話で、会議の場で改めて訴える内容でもない。ただ、巨人の原前監督がいなくなって、岡田監督が自分の意見や主義主張を訴えやすくなったのは確か。アピールの場に活用したのがよくわかる」

 どんでん監督ならそんなことをせずとも、余裕で発信できると思うのだが…。

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)