日本代表GK谷晃生、G大阪から町田へレンタル移籍!ベルギー2部での経験を活かしJ1挑戦に挑む!


晃生(たに こうせい、2000年11月22日 - )は、大阪府堺市南区出身のプロサッカー選手。チャレンジャー・プロ・リーグ・FCVデンデルEH所属。ポジションはゴールキーパー(GK)。日本代表。 母は新日鐵堺に所属した元バレーボール選手。 堺市立原山台小学校→堺市立原山台中学校→追手門学院高等学…
18キロバイト (1,903 語) - 2024年1月6日 (土) 02:09


「谷晃生の移籍については、意外な動きだと感じました。彼はベルギー2部で活躍していたのに、なぜJ1の町田に移籍したのでしょうか?まだ28歳と若いですし、J1のトップクラブへの移籍も期待されていただけに、少し不可解な気がします。でも、彼なりの理由があるのかもしれませんね。」

J1リーグ初挑戦のFC町田ゼルビアは12日、ガンバ大阪からGK谷晃生(23)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2025年1月31日までとなる。

G大阪アカデミー産の守護神は2018年のトップチーム昇格後、2020年からから湘南ベルマーレで武者修行。東京オリンピックの世代別代表で守護神を務めたほか、日本代表からも声がかかるまでに台頭した。

そして、昨年からG大阪に復帰し、その夏にベルギー2部のFCVデンデルEHにレンタルで初の欧州挑戦を果たしたものの、公式戦2試合の出場に。両クラブの公式サイトで次のようにコメントしている。

◆FC町田ゼルビア
「FC町田ゼルビアのファン、サポーターの皆さんへ。谷晃生です。皆さんと、FC町田ゼルビアの歴史上初のJ1の舞台でどんなシーズンを送れるのかとても楽しみな気持ちでいっぱいです。このチーム、クラブ、そして勝利の為に責任を持ってプレーしたいと思います。スタジアムで皆さんと会えるのを楽しみにしています! 応援よろしくお願いします!」

◆ガンバ大阪
「ガンバ大阪ファン、サポーターの皆さんへ。いつも熱い応援、サポートありがとうございます。今季また一つ自分自身がサッカー選手として成長したいという思いで、新たな決断をさせてもらいました。またガンバ大阪を離れることにはなりますが、ガンバ大阪は自分が育ったクラブであり、特別なクラブです。今回の選択は賛否両論あると思いますが、どんな形であれ、このクラブに恩返ししたいという思いは常に心の中にあります。まだまだサッカー選手としても人としても未熟ですが、これからも自分の決断を信じて頑張りたいと思います」



(出典 news.nicovideo.jp)