スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。



    賭博関与疑惑を真っ向否定!大谷翔平の元同僚が証言


    大谷徹とバドミントン選手の母・加代子との間に二男として出生。兄はトヨタ自動車東日本硬式野球部所属の大谷龍太。さらに姉が一人いる。 地元・奥州平泉にゆかりある源義経の八艘飛び(はっそうとび)のイメージから「」と平泉の「」を合わせて父・徹が「翔平」と命名。…
    348キロバイト (48,917 語) - 2024年4月17日 (水) 06:44


    大谷翔平選手は本当に凄い選手ですよね。向上心があるからこそ今の成功があるのだと思います。

    大谷の野球に対する真摯な姿勢はチームメイトたちにも伝わっている(C)Getty Images

     前代未聞のスキャンダルに巻き込まれながらも、信頼が揺らぐことはなかった。

     ドジャースの大谷翔平の元通訳である、水原一平容疑者が違法賭博に関わっていたことが開幕直後に発覚し、2024年のMLBは激震に揺れながらシーズンがスタートした。その後、水原容疑者が大谷の口座から24億円もの金額を不正送金していたという驚愕の事実も明らかとなっている。

    【関連記事】水原容疑者が大谷翔平に“なりすませなかった”理由 銀行員との会話を聞いた米捜査員が証言「オオタニは流暢な英語は話さない」


     韓国でのパドレスとの開幕カードの最中より報じられたこの一連の騒動では、ブックメーカーへの送金の名義をめぐり、当初、大谷の関与の可能性を問う声も上がるなど異常事態に発展。後の捜査の結果、大谷が関わった事実はなかったとの連邦当局の見解が示された。

     多くのファンや球界関係者が大谷の“潔白”を信じていたものの、一部では疑いの視線があったことも事実。しかし、かつて共に時間を過ごした元チームメイトより、大谷がスキャンダルとは無縁であると強く主張していたことなども伝えられている。

     エンゼルス専門メディア『Halos Today』では、2018年から3シーズン、エンゼルスでプレーしていたマイケル・エルモシーヨのコメントを紹介している。

     現地時間4月18日配信の記事では、「エンゼルスでダグアウトを共にしていた人々は、真っ先にオオタニの関与を否定した」と綴られており、その上でエルモシーヨの見解を記している。

     エルモシーヨは「賭博のことが話題になったとき、私はすぐに『オオタニが関係しているはずがない』と思った」と語っており、また怪我から復帰へ取り組む姿も見てきたと述べるとともに、「彼は常に上を目指している。24時間365日野球に夢中で、どうすればもっと良くなれるかを考えている」と振り返ったとしている。


     また、トピック内では「結局、連邦当局とメジャーリーグの調査によって、オオタニの容疑は晴れた。一方、ミズハラは銀行詐欺の重罪とギャンブル依存症治療プログラムへの出席義務という結果に直面した」と事件の経緯を説明。

     その上で同メディアは、「このように、オオタニが野球の素晴らしさをひたすら追求したことと、元通訳をめぐる不運なスキャンダルとの間には、明確な隔たりがある。この事実は、ファンや同僚に、オオタニの野球への集中が確固たるものであることを保証する結果だ」などと論じている。

     大谷と同じシーズンにメジャーデビューを果たしたエルモシーヨが語ったコメントは、元同僚としての本心であることは間違いないだろう。そしてその言葉の通り、今後も大谷の野球への信念は変わらず、揺るぎないものとなっていくはずだ。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    「関係しているはずがない」大谷翔平の”向上心”を知る元同僚が”賭博関与疑惑”を真っ向否定!「彼は常に上を目指している」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【賭博関与疑惑を真っ向否定!大谷翔平の元同僚が証言】の続きを読む


    カルビーのプロ野球チップス、誤記入で物議!ファンの反応は?


    カルビー > カルビーポテトチップス > プロ野球チップス プロ野球チップスプロやきゅうチップス)は、カルビーが製造しているスナック菓子である。 1973年販売開始。うすしお味のポテトチップスに、プロ野球選手のトレーディングカードがおまけとして必ず付いてくることで人気のロングセラー商品。ラッキー…
    20キロバイト (3,069 語) - 2024年4月1日 (月) 01:45


    「まさかの誤記ってどんなミスなのか気になりますね。交換する人って本当にいるんでしょうか」

    代替テキスト
    カルビー公式HPより

    《お客様には大変ご迷惑をおかけいたしましたこと、誠に申し訳なく、深くお詫び 申し上げます》

    4月19日までに公式サイトを通じてこう綴ったのはスナック菓子メーカーのカルビー。「2024 プロ野球チップス」のカードに誤記があったとして謝罪した。

    プロ野球12球団の有名選手のカード2枚とポテトチップスがセットになっているこの商品。カードには選手のプロフィールが記載されているが、日本ハムの伊藤大海(26)の身長が正しくは「176cm」のところ、「176m」と誤って表記されていたという。

    カルビーは、「176m」と記載された伊藤のカードを対象に交換を受け付けるという。ただし、《お送りいただきましたカードは返却できません、ご了承ください》との断りが。

    カルビーのこうした対応について、SNS上では意外な声が上がっていて……。

    《「郵送したカードは返却しない」ということは、交換を希望すると「176m」のカードが手元からなくなってしまう。おそらく交換する人は少ないのではないか》
    《わが家でも買い集めていて、伊藤投手のカードも出ていたので改めて確認してみました。 …確かに176m(笑)たぶん交換せずにこのまま保存になるだろうなぁ。子どもが帰ってきたら教えてやろう(^-^)》
    《息子がさっき買ってきたプロ野球チップスの中に伊藤大海選手のカードが入っていて、この記事を見せてすぐに確認したら176mでした。むしろレアだから持っておくと言ってます》
    《交換する人はすくないのではなかろうか?プレミア価格となり、ネットオークションで高額取引される可能性がある》

    スポーツ紙記者は言う。

    「レアなカードはコレクターの間でも人気は高く、高値でやり取りされることもあります。今回のような誤記の場合も希少価値があるので、交換せずにそのまま保管するという人が少なくないようです」

    カルビーは謝罪文を掲載したものの、“笑えるミス”を好意的に受け止める声が続出している。

    《いいじゃん面白いじゃん。こんなのはみんなで笑い飛ばそうぜ。札幌のJRタワーが173mだから伊藤あれとほぼ同じ高さか、でけー》
    《こういうクスッと笑えるネタ好きだわぁ〜(笑)本人も、SNSやヒロインとかで色々イジってくれそう》
    《デカすぎ!!ゴジラより凄いwこういう誤植ネタは、ほっこりして笑えるので大好きです》



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【カルビーのプロ野球チップス、誤記入で物議!ファンの反応は?】の続きを読む


    FAカップの引き分け再試合が廃止!反発の声も


    サッカーイングランド代表(サッカーイングランドだいひょう、英: England national football team)は、フットボール・アソシエーション(FA)によって組織されるイングランドサッカーのナショナルチーム。 愛称は「スリーライオンズ」。ホームスタジアムは、首都ロンドン郊外にあるウェンブリー・スタジアム。…
    49キロバイト (4,199 語) - 2024年3月20日 (水) 18:54


    引き分け再試合が廃止されると、勝敗が一発勝負となりますね。サッカーの醍醐味もありますが、下部リーグクラブにとっては厳しいかもしれませんね。

    イングランドサッカー協会(FA)は19日、FAカップに関して、再試合を廃止することを発表した。2024-25シーズンから適用されることとなる。

    世界最古のカップ戦として知られるFAカップ。1871年に創設され、プロ、アマに関係なくFAに登録されているすべてのクラブが参加資格を持っている。

    大会方式は一発勝負。どちらかのホームで行われるが、90分を終えて引き分けだった場合はそのまま終了。もう一方のホームで再試合を行うことが特徴でもあった。

    以前は90分で決着がつくまで再試合を繰り返していたが、現在は2試合目で決着がつかない場合は延長戦、PK戦へと進んでいく。

    2020-21シーズンは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により再試合方式が廃止されていた。

    FAは声明を発表。「我々はプレミアリーグおよびEFLと2024-25シーズンのカレンダーについて1年以上にわたって議論してきました」とし、「エミレーツFAカップの再試合を廃止することは初期の会議で議論され、全ての関係者が続行できないことを受け入れました。その後、参加可能な日程が少なく、選手の福祉を維持したいにもかかわらず、すべての競技会を強化する方法に焦点が当てられました」とした。

    なお、この決定についてはEFLや下部リーグのクラブからは大きな批判の声が出ることに。プレミアリーグなど上位リーグのチームとの対戦や、試合数が増えることにより、クラブにとって貴重な収入源となるが、そのチャンスが減ることとなる。

    これにはトップのクラブが出てくるまでのラウンドでの再試合を期待する声などが上がっている。

    5/1~いよいよベスト4!
    CL、ELはWOWOWで放送・配信!
    >放送予定など詳しくはこちら



    (出典 news.nicovideo.jp)

    【FAカップの引き分け再試合が廃止!反発の声も】の続きを読む


    ドイツ代表のナーゲルスマン指揮官、2026年W杯までの契約延長が決定!


    ユリアンナーゲルスマン(ドイツ語: Julian Nagelsmann, 1987年7月23日 - )は、ドイツ・ランツベルク・アム・レヒ出身の元アマチュアサッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはDF。 ブンデスリーガ史上最年少監督(28歳)。…
    20キロバイト (2,159 語) - 2023年12月25日 (月) 12:50


    ナーゲルスマンが長期契約延長をしたんだね!これからも安定した強さを維持していってほしいですね。

    ドイツ代表のユリアン・ナーゲルスマン監督(36)がユーロ2024後も指揮する運びとなった。

    ドイツサッカー連盟(DFB)は19日、2026年にアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国共催で行われる北中米ワールドカップ(W杯)まで契約を延長した旨を発表。昨年9月に着任したナーゲルスマン監督の契約は当初、自国開催となる今夏のユーロ2024までだった。

    青年監督はDFBの公式サイトで「これは心からの決断。代表チームの監督となり、国内最高の選手たちと仕事ができるのは大変光栄なこと」とし、決意を新たにしている。

    「情熱的なパフォーマンスをもって成功させ、国全体を鼓舞するチャンスだ。3月のフランスとオランダ相手の勝利は本当に感動した。自国でのユーロで成功したいし、コーチ陣と一緒にW杯に挑戦するのが本当に楽しみだ」

    ナーゲルスマン監督はバイエルンが今季限りで退任するトーマス・トゥヘル監督の後任として再招へいに動くのではないかとされ、具体的な交渉も取り沙汰されたが、ユーロ以降も代表を率いる決断に至ったようだ。


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【ドイツ代表のナーゲルスマン指揮官、2026年W杯までの契約延長が決定!】の続きを読む


    欧州メディアが報じた!久保建英に93億メガオファーの可能性とは?


    久保 建英(くぼ たけふさ、2001年6月4日 - )は、神奈川県川崎市麻生区出身のプロサッカー選手。ラ・リーガ・レアル・ソシエダ所属。ポジションはミッドフィールダー(右サイドハーフ、インサイドハーフ)、フォワード。日本代表。 2004年、2歳の時よりサッカーを始める。…
    73キロバイト (8,312 語) - 2024年4月6日 (土) 08:42


    バルサもバイエルンも、是非久保建英選手を獲得して欲しいですね!彼の才能は世界中で認められているので、どこのチームでも大化けするでしょう。

     サッカー日本代表MF遠藤航を擁するイングランドの名門リヴァプールが、スペインのレアル・ソシエダで活躍する日本代表MF久保建英の獲得に関心を示しているという。4月17日までに複数の欧州メディアが伝えている。

     今季のラ・リーガで24試合出場、7得点3アシストという記録を残し、チームの中心的存在となった久保。ソシエダも同日時点で勝ち点50の6位につき、来季のヨーロッパリーグ出場に期待がかかるが、もしかすると久保は大きなステップアップを遂げることになるかもしれない。

     スペインメディア「Football Fan Cast」によると、リヴァプールが6000万ユーロ(約93億円)もの移籍金をオファーする準備があるとのことで、英メディア「TEAM talk」がリヴァプールによる「久保への攻勢」が強まっていると報道している。同クラブでは、久保と同ポジションにあたる右ウイングを、長くエジプト代表FWモハメド・サラーが陣取ってきたが、今季をもってサウジアラビアリーグへと移籍する可能性が噂されているが、同メディアでは現在のリヴァプールが狙う有力なサラーの後釜候補として、バイエルン・ミュンヘンのドイツ代表FWレロイ・サネ、バルセロナのブラジル代表FWラフィーニャ、そして「最有力のメインターゲット」に久保が名を連ねていると伝えた。

    「リヴァプールは“日本人好き”の指揮官ユルゲン・クロップが長く在任してきましたが、2023-24シーズン後の退任が決まっており、新監督にはスポルティングCPを率いるルベン・アモリムが就任濃厚とされています。このままアモリム新監督となれば、彼が最も得意とする“ダブル・トップ下”のフォーメーションを敷く可能性が高く、チャンスメイク能力に秀でた久保にとっては相性も抜群と言えるでしょう。ただ、現状ではチームの核となる活躍を披露できているソシエダを離れて、ポジション争いが熾烈な強豪クラブへ加入するかは未知数。久保自身、言語も流暢に話すことができるスペインでの継続を望んでいるとされ、今年2月にはソシエダと29年6月末までの契約延長も発表したばかり。もちろん、リヴァプールへの移籍は欧州最高峰の舞台であるチャンピオンズリーグへの出場も増えることから、選手としての成長にはつながるものの、“ベンチが定位置”になるリスクもはらんでいます。このあたりは久保が冷静に天秤にかけて熟考することになるでしょう」(スポーツライター)

     現在22歳の久保。仮に93億円ものメガオファーが実現した場合には、日本人選手として断トツで史上最高額の移籍金となるが、はたして…?

    (木村慎吾)

    アサジョ


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【欧州メディアが報じた!久保建英に93億メガオファーの可能性とは?】の続きを読む

    このページのトップヘ