スポーツ村

野球、サッカー、格闘技の情報を日々発信しています。



    朝倉未来は喧嘩も強し!大阪で恐れられる“バケモノ”が参戦


    インタビュアー&レポーター BREAKING DOWN公式サイト BREAKING DOWN (@breakingdown_jp) - X(旧Twitter) BREAKING DOWN (@breakingdown_jp) - Instagram 【公式】BreakingDown / ブレイキングダウン…
    8キロバイト (547 語) - 2024年4月22日 (月) 23:17


    朝倉未来が参戦するとは驚きました!大阪の中学50校をまとめた“バケモノ”と呼ばれるだけあって、どんな闘いが繰り広げられるのか楽しみですね。

    【写真・画像】 1枚目

     「大阪で中学50校をシメていた」「喧嘩なら朝倉未来にも勝てる」という筋金入りの“ワル”が『BreakingDown』オーディションに登場。カメラの前で一言も発さず、不気味な雰囲気を醸し出した。

    【映像】朝倉未来の前に姿を現した“大阪のバケモノ”

     9日、朝倉のYouTubeチャンネルで、1分1ラウンドで最強を決める『BreakingDown12』オーディションの最新回が公開された。今回から新たな試みをいくつか設けており、そのうちの一つ「刃牙企画」の模様が映し出された。

     刃牙企画とは、某人気格闘技漫画をコンセプトにしたものであろう「全国各地に眠る獅子たちを叩き起こす」というもの。これまでオーディションに参加はしていない“街で伝説になっている強者”をスカウトしにいく。

     その内、大阪での推薦人となったのは、安保瑠輝也ファミリーの「てる」。地元・堺にある50校の中学校をシメていたという「寿希也」を猛プッシュする。「ひな壇誰も勝たれへんと思う。過去最強やと思います。喧嘩なら朝倉未来にも勝てる」と、“バケモノ級”の強さであることを語ったが、「喧嘩なら…」と名前を出された朝倉未来は「あれ? てる君…」とてるをけん制して不敵な笑みを浮かべた。

     その後実際に、オーディション会場に“北九州のバケモノ”生田とともに登場。二人は一言も発さず、朝倉が「2人試合できますか?」と聞いても、終始、審査員席を睨んだままだ。

     そこで「君たちいいよね」と割って入ったのが地下格闘技団体「三河幕府」を率いてきたヒロ三河だ。「喧嘩無敗なんでしょ?俺そういうの大好きなんだよ。俺とやってくれよ」と二人の前に歩み寄る。するとそれに呼応するかのように、三河幕府の「貴a.k.a悪魔王子」も「俺も片方いかしてくれよ」と名乗り出る。

     見ていた朝倉は「いいっすねこの企画。ワクワクする」と語り、ヒロ三河が生田、貴a.k.a悪魔王子が寿希也と試合決定。コメントVTRでは、貴a.k.a悪魔王子が「本当に50校シメてたの?素直な子なんじゃないの?お仕置きしてやるよ」と挑発。一方の寿希也はカメラを向けられても、じっと視線を向けるだけで、その内面はうかがい知ることはできない。すべては当日の試合に明かされる。

    「喧嘩なら朝倉未来にも勝つ」中学50校をまとめた“大阪のバケモノ”がBDに衝撃参戦 「あれ? てる君…」朝倉は不敵な笑み


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【朝倉未来は喧嘩も強し!大阪で恐れられる“バケモノ”が参戦】の続きを読む


    なぜ井上尚弥がPFP1位に返り咲いたのか?米記者が分析する“逆転劇”


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日)は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。現WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。元WBAスーパー・WBC・I…
    162キロバイト (21,110 語) - 2024年5月10日 (金) 12:57


    井上尚弥がPFP1位に返り咲いたのは、彼の圧倒的なパフォーマンスと才能が光っていたからだと思います。彼は数々の強敵を撃破し、世界王者としての地位を築いてきました。

    PFP1位に君臨した井上。彼がクロフォードを越える評価を得る理由は何だったのか?(C)Getty Images、(C)Takamoto TOKUHARA/CoCoKARAnext

     日本が生んだボクシング界の偉才が栄光を掴んだ。

     現地時間5月9日、世界で最も権威あるボクシングの米老舗専門誌『The Ring』は、階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」最新版を公表。世界スーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥(大橋)を1位に浮上させた。

    【動画】悪童ネリに逆襲の右ストレート!井上尚弥がドームを熱狂させた貫禄のTKOの瞬間


     全17階級あるボクサーの実力を比較し、体重差がなかった場合の最強選手をランキング化したPFPは、各媒体で展開されているものの、同誌のそれが「世界で最も価値がある」とされている。井上は今月6日に東京ドームで行われた元世界2階級制覇王者ルイス・ネリ(メキシコ)との防衛戦に6回1分22秒TKO勝ち。4万3000人の観衆を熱狂させ、約1年9か月ぶりにトップに返り咲いた。

     ウェルター級の3団体統一王者であるテレンス・クロフォード(米国)や、WBAスーパー、IBF、WBO世界ヘビー級統一王者のオレクサンドル・ウシク(ウクライナ)らを退けての1位選出となった井上。では、『The Ring』は、彼のどこを評価したのか。

     同誌の元編集長で、選考の委員会の一人であるトム・グレイ氏は「バド(クロフォードの愛称)とウシクは、この10年で共に4勝0敗。一方でイノウエは8戦8勝(8KO)だ。リング上の実績で2人に勝るとも劣らない」と強調。そして、こう続けている。

    「ネリ戦の勝利は、イノウエのベスト3に入るパフォーマンスだったと思う。ダウンから立ち上がり、即座にアジャストした方法は正気の沙汰じゃなかった。ソーシャルメディアが発達した今の世界では、『イノウエはダウンされたから良くない』と言うファンもいる。だが、反論だ。ボクシングにダウンはつきものだ。大事なのはどう対応するかだ。あれ以上に優れた反応は他にはなかった」


     さらに選考人のボクシングライターであるマイケル・モンテーロ氏は、「私は元々バドを1位、そして“モンスター”(井上)を2位に据えることに賛成だった」と指摘。今回まで1位に君臨していたクロフォードを2位にした理由を語っている。

    「クロフォードは4年間で4試合を戦っているが、イノウエは8回も戦っているんだ。また、彼はこの1年間で2度も4団体統一戦も繰り広げている。さらに直近のイノウエの対戦相手3人は、いずれもスーパーバンタム級でトップ5に入っている選手たちだ。日本のスーパースターは、今のところ明らかにトップとしての地位を確立していると思う」

     敏腕記者の考えを改めさせもした井上。規格外と言えるモンスターに対する評価は天井知らずで高まっている。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    なぜ井上尚弥はPFP1位に返り咲いたのか? “クロフォード1位”が崩れたワケを米記者たちが指摘「正気の沙汰じゃない」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【なぜ井上尚弥がPFP1位に返り咲いたのか?米記者が分析する“逆転劇”】の続きを読む


    モロニー、武居由樹に敗れるも那須川天心との対戦へ!


    ジェイソン・マロニー ジェイソン・モロニー(Jason Moloney [məˈloʊni]、1991年1月10日 - )は、オーストラリアのプロボクサー。ビクトリア州ミッチャム出身。元WBO世界バンタム級王者。双子の弟は元WBA世界スーパーフライ級王者のアンドリュー・モロニー。…
    16キロバイト (1,478 語) - 2024年5月7日 (火) 09:41


    モロニーの再起を心待ちにしています!那須川との対戦も楽しみですね。

    武居戦で屈したモロニー。彼の陣営は次も再び日本での挑戦を決意しているようだ。(C)Takamoto TOKUHARA/CoCoKARAnext

     失意の王座陥落から約4日。元世界王者は早くも次の動きを見せている。

     去る5月6日に東京ドームで行われたボクシングWBO世界バンタム級12回戦で、王者だったジェイソン・モロニー(豪州)は、WBO世界同級10位の武居由樹(大橋)に判定の末に敗戦。王座防衛に失敗した。

    【画像】鮮烈KOで防衛成功!”悪童”ネリを打ち砕いた井上尚弥の圧巻ファイトを厳選写真でプレーバック


     元K-1王者の変則的な攻撃に屈した。序盤から手数の多い武居に翻弄されたモロニーは、終盤に反撃。最終回の残り20秒で、文字通り相手をボコボコにする猛ラッシュをかけたが、打ち崩せず。悔しい判定負けを喫していた。

     試合後に「試合中に相手に合わせる調整に時間がかかってしまった。もちろん、タケイが素晴らしい試合を見せたということだが、自分自身のスタイルを出すことが出来なかった」と悔やんだ33歳だが、敗戦のショックを拭い去るべく次の動きを見せている。

     モロニーの共同プロモーションを行っている米興行大手『Top Rank』の重鎮ボブ・アラム会長は、豪スポーツ専門局『Fox Sports Australia』で「ジェイソンは日本でもっと早く(勝負に)いかなければならなかった。相手が疲れていたのは明らかだった」と武居戦を分析。そのうえで、WBOアジア・パシフィック同級1位の那須川天心(帝拳)との対戦を示唆した。


     百戦錬磨の名プロモーターとしても名高いアラム氏は、「私はモロニーを愛している」と評価。そして、こう続けている。

    「ジェイソンが日本で非常にいい印象を残したのは間違いない。だから、我々は彼を数か月以内に彼を日本に連れ戻すことを考えている。そして(武居と)同じキックボクサーだったテンシンと対戦させることを考えている。それは本当に面白い試合になるだろう」

     昨年4月にプロボクシングに転向した那須川は、ここまで3戦3勝で世界ランキング入り。キックボクシング時代に42戦無敗を誇ったポテンシャルを見せつけている。そうしたなかで、経験豊富な元世界王者との対戦が実現すれば、世界的にも声価を高められるのは間違いない。

     6日の東京ドーム興行に来場した際には「ドームで格闘技を見るのはあれ(The Match)
    以来。懐かしい気持ちもありますし、今はボクサーなので、ボクシングで、東京ドームで次にやるしか俺しかいない、ぐらいの気持ちでいます」と目を輝かせた那須川。名手モロニーと拳を交わす日は訪れるだろうか。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    武居由樹に屈した元王者モロニー、次戦は那須川天心と電撃対戦へ! 重鎮アラム氏が明言「数か月以内に日本に連れ戻す」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【モロニー、武居由樹に敗れるも那須川天心との対戦へ!】の続きを読む


    井上尚弥とグッドマンの熱い戦いの可能性が浮上!対戦時期交渉か


    イングランドのサッカー選手。 ジョン・グッドマン - アメリカ合衆国の俳優。 ネルソン・グッドマン - アメリカ合衆国の哲学者。 グッドマン田中 - 日本の総合格闘家。本名は田中宏樹。 グッドマン - 対戦型格闘ゲーム『ネオジオバトルコロシアム』のボスキャラクター。 グッマン グートマン
    2キロバイト (207 語) - 2021年10月24日 (日) 07:56


    グッドマンvs井上の対戦が実現したら、本当に楽しみですね。世界中のボクシングファンが待ち望んでいる一戦になりそうです。

    ネリ戦後にリングに招かれたグッドマンは、打倒・井上に対する想いを熱くさせている。(C)Getty Images

     世界に衝撃を与えた“怪物”の今後が注目を集めている。

     5月6日、ボクシング世界スーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥(大橋)は、東京ドームで行われた同級4団体タイトルマッチで、WBC同級1位の挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)を6回1分22秒TKOで撃破。4万3000人の大観衆が詰めかけた一大決戦で存在感を示した。

    【画像】鮮烈KOで防衛成功!”悪童”ネリを打ち砕いた井上尚弥の圧巻ファイトを厳選写真でプレーバック


     初回にプロ初ダウンを喫した井上だが、以降のラウンドはネリを圧倒。最終的に3度のダウンを奪う会心の勝利には世界も熱狂した。そんな迫力満点の試合後に、31歳の王者は、リングサイドに構えていたIBF&WBOスーパーバンタム級1位のサム・グッドマン(豪州)をリングに招き入れ、「次戦は9月ごろ、隣にいるグッドマンと防衛戦の交渉をしていきたいと思います」と堂々と宣言した。

     絶対王者からの“指名”を受けたグッドマンもリング上で「やろうぜ」と呼応。両陣営による水面下での交渉は明らかになったわけだが、現時点で互いに対決の詳細を決めかねている段階のようだ。

     米ボクシング専門サイト『Boxing Scene』によれば、今年3月にマーク・シュライブス(オーストラリア)戦を消化しているグッドマンの陣営は7月の対戦を切望。一方で井上陣営は9月開催を望んでおり、ここで折り合いがつかない可能性もあるという。


     実際、井上と共同プロモーションを担当している米興行大手『Top Rank』のボブ・アラムCEOは、現地時間5月9日に豪スポーツ専門局『Fox Sports』で「(TJ・)ドヘニーが対戦相手になる可能性もある」と言及。グッドマンの印象を語りつつ、交渉の現況を明かしている。

    「今の計画ではイノウエは9月に日本で再び戦うことになっている。そして、その経過次第で、年末にリヤド(サウジアラビア)で試合をするはずだ。私は、今週、東京でサムと短い会話をする機会があったが、彼の態度にはとても感銘を受けた。イノウエと戦うのが、9月になるか、12月になるかは分からない。だが、いずれにしましても、年内にサムが戦うのは間違いない」

     一方のグッドマン本人は井上戦実現に歩み寄る姿勢を見せている。『Boxing Scene』の取材に応じた25歳は、「(井上戦が)簡単な仕事ではないことは分かっているし、大きな挑戦であることも分かっている。だけど、俺は偉大になるためにこのスポーツに取り組んでいる」と強調。「このレベルになると、誰であっても打ち負かされる可能性があり、誰も無敵ではないし、誰かがスーパーヒーローにもなれるんだ」と論じ、自身の考えを打ち明けている。

    「可能なら7月にやりたい。ただ、場所は、現実的に、日本か、アメリカか、サウジアラビアになるだろうね。この3つの選択肢しかないと思う。オーストラリアに彼を呼び寄せるだけの吸引力があるとは思えないからね。俺はプロとしてまだ敵地で試合をやったことがない。でも、アマチュアでは何度も経験しているし、旅には慣れている」

     対戦そのものは決定的と見られている交渉はどのように落ち着くのか。両陣営の動静に引き続き注目だ。


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    「可能なら7月にやりたい」井上尚弥に牙をむくグッドマンが対戦時期を交渉か 米メディアに告白「誰も無敵ではない」


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【井上尚弥とグッドマンの熱い戦いの可能性が浮上!対戦時期交渉か】の続きを読む


    米リング誌が試合数と結果を評価、井上尚弥がPFPランキングでトップに!


    井上 尚弥(いのうえ なおや、1993年〈平成5年〉4月10日)は、日本のプロボクサー。神奈川県座間市出身。大橋ボクシングジム所属。現WBAスーパー・WBC・IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。元WBC世界ライトフライ級王者。元WBO世界スーパーフライ級王者。元WBAスーパー・WBC・I…
    162キロバイト (21,110 語) - 2024年5月10日 (金) 12:57


    井上尚弥は本当に凄いですね。世界最強と言われるだけのことはあります!

    ネリ戦で激闘を繰り広げた井上。そのパフォーマンスはきっちりと評価された。(C)Takamoto TOKUHARA/CoCoKARAnext

     世界を騒然とさせたエポックメーキングな勝利が、高く評価される形となった。

     現地時間5月9日、世界で最も権威あるボクシング老舗専門誌『The RING』が、階級を超越した最強ボクサーを決めるパウンド・フォー・パウンド(PFP)の最新ランキングを発表。6日に東京ドームで行われたルイス・ネリ(メキシコ)戦で6ラウンドTKO勝ちを収めた、世界スーパーバンタム級4団体統一王者の井上尚弥(大橋)が、約1年9か月ぶりに1位へ返り咲いた。

    【動画】悪童ネリに逆襲の右ストレート!井上尚弥がドームを熱狂させた貫禄のTKOの瞬間


     日本ボクシング界にとっての“敵”でもあったネリとの勝負は、文字通りの激闘だった。

     1ラウンドに死角から飛んできた左フックを被弾した井上は、プロキャリア初ダウンを喫するも、ここから“怪物”っぷりを発揮。そこから冷静に推し進めると、2回と5回にそれぞれ左フックでダウンを奪取。そしてネリを防戦一方とした6回に素早いコンビネーションから渾身の右ストレートを炸裂。相手をキャンバスに沈めた。

     約2年ぶりとなる王座防衛を果たした井上。昨年1月のスーパーバンタム転級後から3試合連続でのKO(TKOを含む)勝ちとあって、存在感がより一層、高まるなかで、『The RING』がPFPで高評価を下した。

     そんな井上に続くのは、昨年7月に史上初となる2階級での4団体統一を果たしたウェルター級のWBAスーパー・WBC・WBOスーパー統一王者であるテレンス・クロフォード(米国)だ。

     真夏のエロール・スペンスJr.(米国)戦勝利以降も1位の座に君臨してきたカリスマだが、そのスペンスJr.戦から試合をこなしておらず。その間に3試合を消化した“モンスター”が「上」と評価されたようだ。


     以下は、『The RING』のPFP順位である。

    1位:井上尚弥(大橋)
    2位:テレンス・クロフォード(米国)
    3位:オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)
    4位:カネロ・アルバレス(メキシコ)
    5位:アルツール・ベテルビエフ(カナダ/ロシア)
    6位:ディミトリー・ビボル(ロシア)
    7位:エロール・スペンスJr.(米国)
    8位:ガーボンタ・デービス(米国)
    9位:ジェシー・ロドリゲス(米国)
    10位:中谷潤人(M.T)


    [文/構成:ココカラネクスト編集部]


    井上尚弥が米リング誌のPFPで1位奪取! 名手クロフォードより試合数と結果を評価され、再び“世界最強”に


    (出典 news.nicovideo.jp)

    【米リング誌が試合数と結果を評価、井上尚弥がPFPランキングでトップに!】の続きを読む

    このページのトップヘ